<画像>「クルーゾフ効果」の意味や語源とは?色温度と照度の関係性やマーケティングで活用する例も解説

「クルーゾフ効果」の意味や語源とは?色温度と照度の関係性やマーケティングで活用する例も解説

  • 2021年3月3日
  • 2021年5月30日
  • 心理学
  • 242view

「クルーゾフ効果」は、スーパーやデパートなどのマーケティングで活用されている心理学用語です、結論から言ってしまうと、「クルーゾフ効果」とは、光の明るさや色の組み合わせによって快適や不快などと感じる心理効果を言います。

つまり、1つの物でも光の演出によって物をきれいにはっきり見せたり、逆に陰気で寒々しい雰囲気に見せたりできるということです。

この記事では、「クルーゾフ効果」の意味や語源などを解説しながら、色の微調整をすることでユーザーの購買意欲を高めさせる「クルーゾフ効果」を使ったマーケティング方法を紹介します。

最後まで読むことで、色の使い方だけであなたが売りたい商品やサービスを売れるようになります。

自己分析は済んでいますか?<画像>rikunabiリクナビNEXT」の「グッドポイント診断」は、あなたが知らない自分の強みを見つけてくれる無料診断ツール。診断結果は「8,568通り」で、診断した人から「怖いほど当たる!」との声が集まるほど…!履歴書や職務経歴書の作成や面接の対策に活用できるなどメリットしかないので、まずは気軽に試してみてくださいね。

「クルーゾフ効果」の意味とは?

まず、クルーゾフ効果の意味について解説します。

「クルーゾフ効果」の意味は、「光の明るさや色の組み合わせによって快適や不快を感じる」

「クルーゾフ効果」とは、光の明るさや色の組み合わせによって清潔感のあるはっきりとした印象を感じたり、また逆に陰気な暗い印象を感じるといった心理効果です。

光の度合いを表現する尺度

光の度合を表す尺度を「色温度」といい、色温度は主に5つに分かれています。

色温度が高い順に以下の通りです。

  1. 昼光食
  2. 昼白色
  3. 白色
  4. 温白色
  5. 電球色

上記の5つに分類されています。

色温度が低いと、穏やかな温かみのある印象に、色温度が高いと白に近い温度となり、さわやかで明るい印象を与えます。

あなたが表現したい雰囲気を演出できるようにしっかりと色温度を理解しておきましょう。

「クルーゾフ効果」の英語・英語表現

続いて、クルーゾフ効果の英語表現を解説します。

「クルーゾフ効果」は英語で「kruithof effect」

「クルーゾフ効果」は英語表記で”Kkuithof effect”と表記します。

「Kruithof」とはクルイトフと呼び、クルイトフ曲線を発表した人物からきています。

そこからクルーゾフと呼ばれるようになっているようです。

「クルーゾフ効果」の語源と由来

次に、クルーゾフ効果の語源と由来を知っておきましょう。

「クレーゾフ効果」に関係しているのは「色温度」と「照度」です。

「色温度」と「照度」との関係は、オランダの物理学者「Arie Andries Kruithof(クルイトフ)」が1941年にクルイトフ曲線を用いて発表しています。

  • 色温度
  • 照度

それぞれの意味は以下の通りです。

「色温度」の意味は、「照明などの色の変化を表した尺度」

色温度とは、照明などの高原が発する光の色の変化を表すための尺度のこと。

単位は熱力学的温度のK(ケルビン)を用いて表します。

色温度だけでなく、照度とも関連していることが実験で明らかにされています。

「照度」の意味は「照明における指標の単位」

照度は、一般的に照明における指標として用いられていて単位はルクス、またはフォトで表します。

「クルーゾフ効果」の具体例

次に、クルーゾフ効果の事例を紹介します。

「クルーゾフ効果」という心理用語は、具体的にどの場面で利用されているのかを解説していきます。

  • クルーゾフ効果はスーパーやデパートで使われている

クルーゾフ効果はスーパーやデパートで使われている

例えば、スーパーマーケットやデパートの店内では、売り場ごとに異なる照明が使われています。

野菜や果物は新鮮でみずみずしい印象を与えたいので色がくっきりと見えるように、色温度は「昼白色~昼光色」の照明を使っています。

また、同じ食品でも焼きたてや作りたてを連想させるために、パンやお惣菜には「暖色系の電球色」が使われています。

他にも、化粧品売り場の照明では、やわらかい印象を与える「昼白色」を用いることで表情を明るく見せながらシミやシワが目立たないようにしているのです。

「クルーゾフ効果」の類語は「色温度と照度の関係」と「サバンナ効果」

クルーゾフ効果に似ている用語である「色温度と照度の関係」についての理解も深めておきましょう。

「クルーゾフ効果」には以下の類語・言い換え表現があります。

  • 色温度と照度の関係
  • サバンナ効果

それでは解説していきます。

「色温度と照度の関係」の意味とは?

<画像>色温度と照度の関係性

出典:ゼウス

「色温度と照度の関係」とは、効果の度合によって人に影響を与え、人の状態や行動に印象や雰囲気付をするために建築やインテリアなどの設計業務で使われている心理効果です。

照明の明るさや色で心理を考慮した設計が行われており、その効果を発揮しています。

「サバンナ効果」の意味とは?

「サバンナ効果」とは、森の中で迷った人が、森の外に広がっている太陽光を森の中から透かして見えたことで、くらい森からダッシュで草原へ駆け出たことにより由来された心理学用語です。

ほとんとの意味は、「クルーゾフ効果」と一緒なので、「クルーゾフ効果」を覚えておきましょう。

「クルーゾフ効果」をマーケティングで活用する方法

続いて、「クルーゾフ効果」をマーケティングで使う方法を解説します。

売りたい商品やサービスが売れるようになる

「クルーゾフ効果」を活用できれば、購買意欲をそそるような心理的な仕掛けを盛り込むことが可能です。

つまり、あなたが売りたい商品やサービスが売れるようになるかもしれないということです。

例えば、

  • 目玉商品の棚は他よりも明るくする
  • 店を奥を明るくして入りやすい雰囲気を作る

などの方法を取り入れるのがおすすめです。

ブロガーやサイト運営者、広告をやっている方は以下の色を使うと良いとされているのをご存知でしょうか?

以下のような色は「カラーマーケティング」と言われているので、覚えておきましょう。

赤…気持ちを高める、熱や温かさを感じさせる
青…気持ちをリラックスさせる、集中力を高める
緑…ストレスを減らす、心を癒す
オレンジ…陽気な気分にする、親しみが生まれ仲間意識を高める
白…清潔な印象を与える、気分を一新させる
黒…物を実際よりも重く感じさせる、強さを感じさせる
紫…ヒーリング効果がある、感性を刺激する
ピンク…愛情が欲しくなる、幸せな気持ちになる
茶色…安定感を与える、緊張を和らげる
灰色…控えめな印象を与える、上品さを感じさせる
黄色…喜びや希望を与える、判断力を高める

引用元:https://www.cardservice.co.jp/netshop-tips/sales/014.html

このように色で読者や消費者に与える印象をコントロールすることができるのも事実として検証されています。

これを「カラーマーケティング」と言いますが、色彩をうまく使うことで消費行動に影響を与ることができるのです。

文字色や装飾もそうですが、サイト全体の配色にもかなりこだわると良いでしょう。

「クルーゾフ効果」を使ったサイト全体の配色のコツ

クルーゾフ効果をサイト全体に使うことで、ブランディングができます。

サイトデザインの配色のコツは以下のカラーを使用します。

  1. ベースカラー
  2. メインカラー
  3. アクセントカラー

上記の3つの色を使用することがほとんど。

その配分率は、以下の通りが望ましいと言われています。

  • ベースカラー:70%
  • メインカラー:25%
  • アクセントカラー:5%

上記の配色するのが最もバランスが良いサイトデザイン構造であると言われています。

「ベースカラー」とは

「ベースカラー」は配色の中で最も広い面積を占める色です。

つまり、サイトの基本となる色のことです。

配色の割合で言うと、「白」が使われることが最も多く、次に「黒」、「グレー」などが使用されています。

「メインカラー」とは

「メインカラー」は最も主張したいテーマ色です。

つまり、サイトのテーマとして推したい色ですね、このサイトで言うと「赤」です。

先ほどご紹介したカラーマーケティングを駆使して、「青」、「緑」、「オレンジ」などの色の特徴を考慮し、3つのどれかをメインカラーに選ぶことをおすすめします。

「アクセントカラー」とは

「アクセントカラー」は、読者や消費者に注目してもらいたいポイントに使用する色。

このアクセントカラーは、メインカラーの反対色(補色)を選ぶのが良いとされています。

カラーマーケティングの重要性

ブログなどのサイトでは「カラーマーケティング」を考えることがとても大切です。

あなたが売りたい商品やサービスを考慮し、配色のバランスを考えるようにしましょう。

伝えたい訴求や、売上(成果)につながる色を使い分けてみることをABテストなどでしてみるのも良いかもしれません。

「クルーゾフ効果」で注意すべきこと

さいごに、クルーゾフ効果の注意点を解説します。

自然な雰囲気を心がける

「クルーゾフ効果」は環境や商品によって光の明るさや色の組み合わせを分けることで快適な印象を与えることができます。

しかし、イメージを全面的に出しすぎてしまうと逆効果となります。

ユーザーにとって快適と感じる照明を考えて快適で自然な雰囲気作りをしましょう。

まとめ|「クルーゾフ効果」とは、光の明るさや色の組み合わせによって快適や不快などと感じる心理効果

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

  • 「クルーゾフ効果」とは、光の明るさや色の組み合わせによって快適や不快などと感じる心理効果。
  • 「クルーゾフ効果」は英語表記で”kruithof effect”と表記。
  • 「クルーゾフ効果」をマーケティングで活用すると、あなたが売りたい商品やサービスが売れるようになるかもしれない。

「クルーゾフ効果」は清潔感や温かみのある印象を与えたり、逆に暑苦しい雰囲気や陰気な印象を与えれる心理効果です。

照明は場の雰囲気を決める重要なポイントなので、色温度を理解して目的に合った快適な環境を作るようにしましょう。

集客率があがったり、購買意欲をそそるなどの効果が期待できるのでぜひこの心理効果を応用してください。

スポンサーリンク