ITエンジニアの副業で必要なスキルは?土日案件や獲得方法も解説

「ITエンジニアが副業で稼ぐにはどんなスキルが必要?」

「ITエンジニアの副業案件の種類って?」

「エンジニア初心者に副業は無理?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事ではITエンジニアが副業を行うのに必要なスキルを紹介しています。

最後まで読むことで、副業案件を取得するために何をすべきなのか理解できるでしょう。

初心者がエンジニア副業案件を獲得するための戦略も参考にして、キャリアの幅を広げましょう。

クラウドテッククラウドワークスが運営する「クラウドテック」は、病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートが充実しています。

クラウドテックを登録するメリット

  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • 参画後の評価で単価が上がる制度あり
  • 最短3日で稼働でき翌月15日に報酬が振り込み
  • 単価が高い案件が多い
  • ライター単価も平均月40万円※2021年9月現在
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!
目次
スポンサーリンク

ITエンジニアが副業案件で稼ぐために必要なスキルや経験

ITエンジニアが副業案件で稼ぐために必要なスキルを紹介します。

自分に足りていないスキルがないか、参考にしてみてください。

  1. ITに関する専門スキル
  2. コミュニケーションスキル
  3. 自己管理・プロジェクト管理スキル
  4. 営業スキル
  5. エンジニアの実務経験

必要なスキル①ITに関する専門スキル

ITエンジニアが副業で稼ぐためには、ITに関する専門スキルがあると有利です。

特にプログラミング言語に関する知識やスキルがあると副業で案件を獲得しやすくなります。

エンジニア不足に悩んでいる企業は多く、プログラミングを扱えるエンジニアは貴重なので、案件獲得をしやすい要因の一つです。

必要なスキル②コミュニケーションスキル

ITエンジニアが副業する際には、コミュニケーションスキルも重要です。

副業の場合は、クライアントとのやり取りがメールやチャットだけになることもあり得ます。

メールやチャットでは、対面でコミュニケーションを取る時よりも、伝達ミスが起こる可能性が高いです。

また、メールやチャットはすぐに返信をしてもらえるとは限らないので、少ないやり取りで必要な情報を伝えたり、聞き出すためコミュニケーションスキルを磨きましょう

必要なスキル③自己管理・プロジェクト管理スキル

副業の進捗状況を管理するのは自分自身だけのため、自己管理。プロジェクト管理能力も必要になってきます。

副業で働く時間とプライベートとして過ごす時間でメリハリをつけて、納期までに作業を終わらせられるようにしなければなりません。

自己管理ができないと最悪納期に間に合わなくなってしまい、クライアントに迷惑をかけてしまいます。

クライアントの信頼を失わないためにも、自己管理能力をしっかり身に付けましょう。

必要なスキル④営業スキル

副業で優良案件を獲得するためには、営業スキルも重要です。

副業サイトやSNSで案件を獲得し、単価を上げるためにも自分の長所を売り込む必要があります。

自分がこれまで経験したこと、自分ができることをしっかりアピールすることができれば、単価が上がり収入も増えるので営業スキルは磨いておくことをおすすめします。

必要なスキル⑤エンジニアの実務経験

エンジニアとしての経験やスキルが大切です。

エンジニアとしての実務経験があれば、プロジェクトへ途中参加する場合でも、プロジェクトの流れについて理解があるためスムーズに溶け込むことができるでしょう。

スキルを身につける前に知りたい!ITエンジニアの副業案件の種類

スキルを身に付ける前に、ITエンジニアの副業案件には、以下のようなものが存在ます。

気になる案件があったら、その案件を獲得するためにはどんなスキルが必要か考えてスキルを身に付けていきましょう。

案件の種類①開発・テスト

ITエンジニアの副業の種類で、最も多いのはソフトウェアやシステムの開発・テストです。

開発にはプログラミング言語の知識が必要ですが、テストでは必ずしもプログラミング言語の知識がなくても業務を進めることはできます。

新人や経験の浅いITエンジニアは、開発かテストを担当することで経験を積むのが良いでしょう。

案件の種類②インフラ構築

ネットワークやサーバーの構築を担当するITエンジニアは、インフラエンジニアと呼ばれます。

インフラエンジニアには、大きく分けると以下の2種類です。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア

サーバーエンジニアは、主にサーバーの構築・設計や保守運用を行います。

ネットワークエンジニアは、ネットワークの構築・設計・保守運用を行います。

インフラエンジニアは、24時間交代しながらサーバーやネットワークを保守運用していくため、夜勤対応を求められる場合があることは理解しておきましょう。

関連記事

「インフラエンジニアの副業ってどんなものがある?」「具体的に月にいくらくらい稼げるの?」「副業案件ってどうやって探せばいいの?」こんな悩みを抱えてはいませんか?この記事ではインフラエンジニアの副業について詳し[…]

インフラエンジニアにおすすめ副業6選!月30万円稼ぐ方法と案件の探し方も解説

案件の種類③システム設計

システム設計とは、プロジェクトの上流工程である「要件定義」や「設計」を担当するITエンジニアの仕事です。

「要件定義」はクライアントからの要求を聞き出し、「設計」では聞き出した要求を実現させるためにはどのようにしたら良いか考えます。

システム設計を担当するエンジニアには、クライアントの要求を聞き出すコミュニケーションスキルと要求を実現するための高いIT知識が求められます。

「用件定義」や「設計」の工程で問題を抱えたまま実装工程に入ってしまうと、問題を修正するのにコストと時間が大幅にかかってしまうため責任重大です。

そのため、上流エンジニアの仕事は経験を積んだITエンジニアが担当します。

案件の種類④PM

PMとはプロジェクトマネージャーのことで、プロジェクトの進捗を管理したり、プロジェクトの問題を解決したりとプロジェクトを成功に導くためのリーダーです。

ITの専門知識はもちろん必要ですし、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力、リスク管理能力など多くの能力が必要とされます。

他にもステークホルダーにプロジェクトの進捗状況やバグの発生状況を報告したりするため、プレゼン能力も必要です。

案件の種類⑤IT研修講師

IT研修講師は、IT系企業での新入社員向けのプログラミング指導やIT研修を行う仕事です。

指導するためには、ITに関する深い理解が必要になります。

人に物を教えたりするのが好きな方、得意な方はIT研修講師を目指してみるのがおすすめです。

ITエンジニアの副業案件や在宅案件の単価例

ITエンジニアの副業案件の内容や単価について、実際に募集されていた案件を例に紹介していきます。

プロジェクトスタートアップのPM

プロジェクトスタートアップのPMを募集する案件です。

求められるスキルとしてCTOの経験か顧問エンジニアリングの経験が必要となります。

報酬は90万円とPMとしては低い部類に入るでしょう。

Ruby開発業務

プログラミング言語Rubyを用いた開発案件です。

Rubyの開発経験が数年あることが求められるスキルとなっています。

報酬は100万円と開発案件にしては高い部類になります。

Azureインフラ業務

Azureを用いたインフラ案件です。

Azure環境でのインフラ構築、Webアプリケーション開発経験が求められるスキルとなっています。

報酬は97万5000円とインフラエンジニアの案件としてはやや高い部類になります。

機械学習に関する技術顧問

機械学習に関する顧問案件です。

求められるスキルについては明確な記載はありませんが、Pythonなどの知識があると良いでしょう。

報酬は90万円となっています。

ITエンジニアが副業のプログラミング案件などを獲得するポイント

ITエンジニアが副業を始めるには、まずは案件を獲得しなければなりません。

案件の獲得方法はいくつかあるので紹介していきます。

案件を獲得するときの参考にしてみてください。

副業獲得法①SNSで営業をかける

TwitterなどのSNSを利用して、営業をかける方法があります。

SNSで営業をかけるメリットとしては、直接クライアントとやり取りするので、仲介手数料などで報酬が引かれないため、もらえる報酬が大きく減ってしまうといったことがありません。

デメリットとしては、仲介してくれる人がいないので、トラブルになった際、報酬が支払われないということもあり得る

副業獲得法②友人に紹介してもらう

案件の種類①

友人に紹介してもらうメリットとしては、すでにやり取りをしているためクライアントが信頼できる

デメリットとしては、案件を紹介してもらえる友人がいないと案件を獲得できないといったこともあり得ます

副業獲得法③副業サイトで探す

副業案件を獲得する方法としてオーソドックスなのが、クラウドソーシングサイトなどを利用する方法です。

メリットとしては、案件数が豊富で、希望条件で絞り込みができる、サイトが仲介してくれるので、トラブルに巻き込まれる可能性が低い

デメリットとしては、手数料を取られるため、報酬が下がってしまうことです。

関連記事

「プログラマーで土日副業している人っているの?」「プログラマーが土日に副業するメリットって?」「案件ってどうやって探せばいい?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事ではプログラマーが土日に副業するメリットや[…]

プログラマーが副業で在宅勤務を土日にする方法!おすすめ副業エージェントも紹介

おすすめのITエンジニア向け副業サイト

クラウドテック|クラウドワークス運営の高単価サイト(副業案件もあり)
4.82

クラウドテック

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

副業で稼ぎたい方にもおすすめなうえ、フリーランスで安定した収入を稼ぎたい方は登録しておくべき、フリーランスの王道サイトです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。

案件数

14万社の求人があり

副業獲得法④副業エージェントで紹介して貰う

副業案件を獲得するポイントとして副業エージェントを活用する方法があります。

副業エージェントを活用するメリットとしては、企業との仲介をしてくれるので、トラブルにあった際は対応してくれるでしょう。

また一緒に案件を探してくれるサービスなども存在します。

デメリットとしては、エージェントの中にはしつこく連絡が来ることもあるので自分のペースで進めたいという方には向いていないでしょう。

スキルが活きるITエンジニア副業案件が豊富なサイト

  • Midworks|週3日・リモート案件が豊富
    4.83

    midworks

    Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

    案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

    正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

    例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

    組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

    登録者平均年収

    約700万円(当社調べ)

    案件数

    4,451件(2022年2月)

    マージン

    25%〜30%(当社調べ)

    最大の特徴

    正社員並みの手厚い保障

  • レバテックフリーランス|登録者数No.1
    4.30

    レバテックフリーランス

    レバテックフリーランス」は、フリーランスエージェントの中で、登録者数が最も多いエージェントです。

    エンド直請け案件が多いため、高収入を実現できるフリーランスエージェントです。

    年間の案件数だけでも100,000件以上と、レバテックフリーランスに登録するだけで案件探しに困ることはないでしょう。

    また、稼働している案件の終了前にブランクが空かないように次の案件も提案してくれる親切なエージェントです。

    登録者平均年収

    862万円

    案件数

    No.1

    マージン

    10〜20%

    最大の特徴

    業界最大手

  • フォスターフリーランス|最高報酬230万円
    3.62

    フォスターフリーランス

    フォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

    仕事に必要な、希望スペックのパソコンや携帯電話、モバイルルータの貸し出しも行なっています。

    さらにフォスターフリーランスに登録するだけで、確定申告ツールの「freee会計」の年間料金をキャッシュバックしてくれる上に、記帳代行を無償で利用できます。

    このように、フリーランスに優しいサービスなので、フリーランス初心者の方にもおすすめ。

    報酬金支払サイトの短縮や、ソフトとハードの両面でフォローしてくれるなど登録者に寄り添ったサポートで知名度があるエージェントです。

    登録者平均年収

    最高報酬230万円

    案件数

    6,000件

    マージン

    非公開

    最大の特徴

    登録者数20,000人超

ITエンジニア(プログラマー)が副業に必要なスキルを身につけるなら

  • DMM WEB CAMP|未経験からエンジニア転職
    4.89

    DMM WEB CAMP

    未経験からプログラミングを学べるスクールとして、まずおすすめなのが「DMM WEB CAMP」です。

    DMM WEB CAMPはゼネラルリサーチが行ったアンケート調査によると、未経験向けプログラミングスクールでNo.1を獲得した実績のあるスクールです。

    講師は全員現役のエンジニアとなっているため、現場に活かせるプログラミング学習を進めていくことができます。

    Webプログラミング関連のコースは、全部で4つのコースが用意されており、コースによっては実際にオリジナルのWebサービスを作成してWeb上に公開するところまで学べます。

    コースの種類

    はじめてのプログラミングコース、Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、JAVAコース

    コース料金

    各コース共通して4週間で169,800円、16週間で334,800円

  • TECH CAMP(テックキャンプ)|給付金で最大70%OFF
    4.10

    TECH CAMP

    自分の意志だけでは学習を継続できるか不安という場合は、TECHCAMP」の利用がおすすめです。

    TECHCAMPは、学習をやりきるための仕組みが整えられたプログラミングスクールです。

    学習で躓いたところをオンラインで何度でも質問できるのはもちろんのこと、パーソナルメンターと呼ばれるプログラミング教育のプロが個別に面談や相談にも乗ってくれます。

    場合によっては、仕事が忙しくてプログラミング学習の時間が取れないということもあるでしょう。

    TECHCAMPでは、あなたの学習状況に応じてパーソナルメンターが臨機応変にカリキュラムを組み立ててくれます。

    必ず学習を継続できる仕組みが整えられているため、誰でも安心して利用することが可能です。

    コースの種類

    エンジニア転職コース、プログラミング教養コース

    コース料金

    10週間で657,800円(毎日11~12時間、14日間返金保証、転職返金保証)

  • GEEK JOBキャンプ|受講料0円&最短就職22日
    3.82

    GEEK JOB

    短期に集中してプログラミングを学びたいという人には、GEEK JOBの利用もおすすめです。

    GEEK JOBでは、2ヶ月間という短い期間に集中してプログラミングを学ぶことができます。

    言語に関してはJavaかRubyを選択し、その他開発環境によく使われる技術を中心にスキルを身に着けられます。

    HTMLやCSSといったフロントサイド言語に加えて、eclipseやGithub、Jsonといったシステム開発に必須となるツールの使用方法も完全網羅可能です。

    早い人では1ヶ月でプログラマーデビューを果たしている人もいるため、>やる気次第ですぐに副業案件を獲得することも目指せるでしょう。

    コースの種類

    プログラミング教養コース、プレミアム転職コース、スピード転職コース

    コース料金

    上記それぞれ217,800円、437,800円、無料

ITエンジニアが副業をするメリット

ITエンジニアが副業をするメリットは以下の4つです。

  1. 収入が増えてスキルが身に付く
  2. 会社以外の人脈が増える
  3. 隙間時間を有効活用できる
  4. フリーランスになるきっかけとなる

以下で詳しく解説していきます。

副業メリット①収入が増えてスキルも身に付く

副業をすることで、収入が増えるだけでなく、スキルを身に付けることもできます。

なぜなら、普段の業務と異なる経験をすることで、新しいスキルを身に付けることができるからです。

副業をすることで、収入を増やしつつ新たなスキルを身に付けられるので、一石二鳥です。

副業メリット②会社以外の人脈が増える

副業をすることで人脈を広げることが可能です。

働いていると決まった人と関わることが多く、人脈を広げる機械は少ないですよね?

会社に勤めて働いているだけでは、本来関わることができない人とも関われるところが副業のメリットです。

人脈を広げることで新しい案件を任されるようになったりすることもあります。

副業メリット③隙間時間を有効活用できる

ITエンジニアの副業には、リモートワークの案件が多く存在するため、自宅にいるときの隙間時間などを有効活用できます。

リモートワークで作業できる作業であれば、本業の仕事終わりや休日の隙間時間を活用して収入を得ることができます。

隙間時間を有効活用できるので、空き時間を持て余していれば、副業を始めてみるのもおすすめです。

副業メリット④フリーランスになるきっかけになる

副業で自分で仕事を取ることができるようになれば、フリーランスとして活動するための基礎を築けます。

案件を継続して獲得できるようになれば、フリーランスとして独立することもできるでしょう。

フリーランスとして活動すれば、今まで以上に好きな働き方ができるようになるでしょう。

将来フリーランスとして独立したいと考えているのであれば、副業で経験を積んでおくことをおすすめします。

ただし、フリーランスとなった場合、確定申告を忘れずに行う必要があるのでご注意ください。

ITエンジニアの副業はスキルがない初心者や未経験では難しい!

ITエンジニアの副業は、以下のような方では始めるのにとっかかりがつかめず苦戦することがあるでしょう。

ITエンジニア初心者の方で、副業を始めたいという方は以下の3つのポイントを参考にしてみてください。

プログラミングスキルが足りない

ITエンジニア初心者や未経験者にIT系の副業が難しい理由は、プログラミングのスキルが足りていないことです。

プログラミングスキルが足りていないと、案件を獲得することが極めて難しくなります。

多くの案件情報で求められる人材は、即戦力となる人が求められているため、スキルのない初心者、未経験者は案件を獲得するまで苦労するでしょう。

経験がないからといって、絶対案件が取れないというわけではないので、なかなか案件が取れなくても根気強く応募する必要があります。

スキルの習得は時間がかかる

プログラミングを1から取得するには相当な時間がかかることが予想されます。

独学で学ぶことも可能ですが、わからないことが出るたびに自分で調べて解決しなければなりません。

仮にプログラミングスクールに通ったとしても数ヶ月の勉強と数十万円の費用が必要になります。

高単価案件になるほど実務経験が求められる

高単価な案件を受注するには、長い実務経験が求められます。

高単価の案件はほとんどが、チームで開発するような複雑なシステムやアプリの開発です。

そのため、高単価案件を獲得するためには、何年もの実務経験を求められます。

初心者の方は、いきなり高単価案件を目指さずに低単価でも経験を積める案件を獲得するのがおすすめです。

ITエンジニアの副業案件をスキルがない初心者や未経験者が獲得するための戦略

スキルのない未経験者や初心者エンジニアが案件を獲得するためには、いくつか戦略を練ってポイントを押さえる必要があります。

副業戦略①案件の多いプログラミング言語に絞って学習する

スキルがない初心者が案件を獲得するためには、案件数の多いプログラミング言語に絞って勉強するのがおすすめです。

特に案件数が多いプログラミング言語は、Java、PHP、JavaScriptなどがあります。

案件数が多ければ、初心者でも獲得できる案件の数も多いでしょう。

そのため、案件数の多いプログラミング言語をマスターするのは、おすすめなです。

副業戦略②Web開発の場合はポートフォリオを準備する

Web開発案件に応募する場合、これまで自分の実績を証明するためにもポートフォリオを作成しましょう。

まだ案件で働いたことがないという未経験者の方は、練習で作ったサイトでもOKです。

WordPressを使ってポートフォリオサイトを作成してみてください。

ポートフォリオサイトを作ることで、レンタルサーバーの使い方や WordPressの基本的な操作も覚えることができるでしょう。

副業戦略③プログラミングスクールに通う

独学で勉強するのが苦手という方は、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。

プログラミングスクールに通うことで、独学ではつまずいてしまう箇所も講師に教えてもらうことで、挫折することなく勉強を進めていくことができます。

プログラミングスクールは、有料なので通わないと損をしてしまうので、勉強のモチベーションも保ちやすいでしょう。

スキルがないITエンジニア初心者や未経験におすすめのプログラミング言語

おすすめ言語①Java

Javaは日本でも長年使われ続け、案件数も多く人気のコンパイラ言語です。

Javaは「一度書けばどこでも動く」という特徴があり、一度書けば違う種類のコンピュータ上でも動きます。

Webアプリケーション、Androidアプリなど幅広いジャンルで使用されています。

Javaの取得難易度は高いですが、案件数も多く身に付けていて損はないでしょう。

おすすめ言語②PHP

PHPは、Webページの開発に特化しているプログラミング言語です。

PHPの特徴は、他のプログラミング言語と比較して、文法がわかりやすいのでプログラミング初心者でも比較的取得しやすい部類に入ります。

そしてPHPは、昔からあるプログラミング言語なので、検索すれば情報がたくさん出てきます。

わからないことがあっても調べれば答えがすぐに見つかるので初心者でも独学で勉強できるでしょう。

おすすめ言語③JavaScript

Java ScriptはWebページに動きをつけることができるプログラミング言語です。

HTMLやCSSと併せて利用することが多いため、JavaScripを覚えるのであれば、HTML・CSSもセットで覚えておくのがおすすめです。

HTMLは「HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略称で、主にWebページの見た目を作成します。

CSSは「Cascading Style Sheets(カスケーディングスタイルシート)」の略称で、Webページのレイアウトを形成します。

おすすめ言語④HTML・CSS

HTMLは「HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略称で、主にWebページの見た目を作成します。

CSSは「Cascading Style Sheets(カスケーディングスタイルシート)」の略称で、Webページのレイアウトを形成します。

HTML・CSSを覚えるのであれば、JavaScripもセットで覚えておくのがおすすめです。

まとめ|ITエンジニアの副業はスキルが命!エージェントも積極的に使おう

ITエンジニアとして副業を始めるには何かしらのプログラミング言語が扱えないと稼ぐのは難しいでしょう。

1から学んで取得することも可能ですが、相当な時間とコストがかかることは覚悟しましょう。

ある程度のプログラミングスキルがある方は、副業エージェントを活用するのがおすすめです。

副業エージェントがおすすめの理由は、一緒に自分に合った案件を探してもらえ、企業と仲介してくれるため報酬が支払われないなどといったトラブルに巻き込まれることも少ないからです。

副業エージェントを活用し慣れてきたら、SNSを活用し案件を探してみるのも良いでしょう。

副業エージェントは基本無料で利用できるので、副業を始めようと悩んでいる方はこの機会に登録してみてはいかがでしょうか?