フリーランスエンジニアの将来性は高い!どの分野が高いの?

「フリーランスエンジニアって将来性高いの?」

「どんな分野のエンジニアなら将来性が高い?」

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、フリーランスエンジニアの将来性について詳しく解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスエンジニアの将来性が高の活躍の場やメリット・デメリットなど理解することが可能です。

実際にフリーランスエンジニアとして活躍している人の体験も参考にしながら、自由なキャリアを描きましょう。

クラウドテッククラウドワークスが運営する「クラウドテック」は、病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートが充実しています。

クラウドテックを登録するメリット

  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • 参画後の評価で単価が上がる制度あり
  • 最短3日で稼働でき翌月15日に報酬が振り込み
  • 単価が高い案件が多い
  • ライター単価も平均月40万円※2021年9月現在
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!
目次
スポンサーリンク

フリーランスエンジニアの将来性は高い!理由を解説

結論からいうと、フリーランスエンジニアの将来性は非常に高いといえます。

理由は、以下の4点があげられます。

フリーランスエンジニアの将来性を示唆してくれる4つのポイントを、詳しく解説します。

将来性が高い理由①エンジニアが不足している

日本国内では、ITエンジニアが不足しています。

経済産業省が2019年に発表したIT人材に関するデータでは、2030年で最大79万人ほどの人材不足におちいるとされています。

ITエンジニアは多くの企業で必要とされていますが、育成から始められる余力を持つ企業はほんのわずかです。

1つの組織に縛られず、即戦力として働けるフリーランスエンジニアは、IT企業にとって大変心強い存在になるでしょう。

将来性が高い理由②ITの需要は増えている

ITの需要は年々増える一方です。

あらゆる産業にAI(人工知能)が取り入れられている他、VR(仮想現実)の分野も進化し続けています。

日常生活においてもITは欠かせなくなっており、今後も需要は伸びていくでしょう。

現在では、小学校の授業でノートパソコンを使い、プログラミング授業の義務化も進められています。

今後は、フリーランスエンジニアの仕事として講師という分野も確立される可能性もあります。

将来性が高い理由③体力勝負ではないので続けやすい

エンジニアは、年齢を重ねても続けていきやすい仕事です。

なぜなら、体力を使わないデスクワークがほとんどだからです。

企業に勤めるエンジニアには定年退職の時期がやってきますが、フリーランスエンジニアの引退は自分で決められます。

スキルと実績があれば、年齢に関わらずずっと継続できる職種といえるでしょう。

関連記事

「フリーランスエンジニアになれるのは何歳まで?」このような悩みや疑問を抱いていませんか?この記事では、フリーランスエンジニアとして独立できる年齢について、詳しくご紹介しています。最後まで読むことで、フリーランスエンジ[…]

フリーランスエンジニア 何歳

将来性が高い理由④AIに仕事を取られない

エンジニアは、AIに仕事を取られることがありません。

逆に、AI技術を駆使してシステムを開発・構築するのが、エンジニアの仕事です。

さまざまなシーンにAIが進出してきている現在において、AIの上に立つ数少ない職種といえます。

今後、AIを利用した製品やサービスがどんどん増えてきても、エンジニアは職を奪われるリスクが少ないでしょう。

フリーランスエンジニアでも将来性が高い分野は?

エンジニアとしてフリーランスを目指すなら、将来性の高い分野を選びましょう。

今後伸びていくと予想されるおすすめの分野は、次の4つです。

現在、別の分野で活躍しているエンジニアも、今後を見据えて新しいスキルを身につけていきましょう。

将来性が高い分野①AIなど人工知能

AIや機械学習の分野は、今後ますます発展していくことが予想されます。

教育や医療の場でも、今以上にAIが応用されていくでしょう。

AIや機械学習にたずさわるエンジニアには、たくさんのデータやアルゴリズムを分析して活用する技術が必要です。

知識だけではなく、実際にシステムに導入するスキルが求められます。

将来性が高い分野②IoTの分野

近年急速に進化しつつあるIoTは、今後も需要が伸びていくと考えられています。

離れた場所に住む家族や留守宅のペットの見守りをはじめ、家電の遠隔操作など普段の生活においても普及し始めている技術です。

日常生活だけではなく、高度なセンサーによって生産現場の状況をチェックするなど、IoTはあらゆるシーンに取り入れられています。

今後さらに多くの場面で活躍するようになるでしょう。

将来性が高い分野③AWSなどクラウド技術

今後ますます導入が進んでいくと考えられているのが、クラウドシステムの運用です。

現在でもクラウドを導入する企業が増えており、サーバーやソフトウェアを設置するオンプレミス型の企業が減っていくと予想されています。

クラウド技術に精通しているエンジニアは、オンプレミス型からクラウド型への移行を進める企業に重宝されるでしょう。

クラウド型がメインになりつつあるIT業界において、クラウド技術を身につけることは大きな強みになります。

将来性が高い分野④セキュリティ関連技術

セキュリティ関連の技術は、情報サービスがなくならない限り不要になることはありません。

ITの発展とセキュリティの精度を上げることは、いわばセットです。

インターネットを利用した犯罪は巧妙化していくため、つねに新しいセキュリティ技術が求められます。

セキュリティ関連に詳しいエンジニアは、多くの企業で必要とされるでしょう。

フリーランスエンジニアとして将来性の高い人材になる方法

フリーランスエンジニアとして成功するためには、将来性の高い人材になることが必須です。

その方法は、以下の2つです。

日々の勉強と実践を組み合わせ、将来性の高いエンジニアを目指しましょう。

最新技術を学ぶ

最新のスキルを学ぶことは、エンジニアにとって欠かせないものです。

なぜなら、IT業界はつねに新しい技術を取り入れ、古いものは淘汰されていく傾向にあるからです。

また、さまざまなスキルを身につけているエンジニアは、受注する案件の幅が広がります。

すでに身につけている技術だけで満足せず、最新技術・需要の高い技術を学び続けましょう。

スキルアップできる案件を選ぶ

スキルアップできる案件を選んで仕事をすることで、お金をもらいながら学ぶことができます。

指示された仕様にもとづいてシステムを作ったり、プログラミングやコーティングをする技術者は、今後増えていきます。

将来性を高めるためには、その上を目指さなければなりません。

技術者として仕事をするだけではなく、クライアントとのヒアリングやプロジェクト管理などの上流工程を学べる案件を選んで仕事をしましょう。

フリーランスエンジニアは良いことが多い?メリット6選

フリーランスエンジニアのメリットは、主に6つあります。

簡単にまとめると、以下の通りです。

関連記事

「フリーランスエンジニアの在宅案件ってどんなのがあるの?」「在宅フリーランスエンジニアの年収が知りたい」「求めらえるレベルやスキルは?」こんな悩みを抱えてはいませんか?この記事では、在宅フリーランスエンジニア[…]

在宅OKのフリーランスエンジニア案件特集!在宅ワークできるの?

メリット①収入がアップすることが多い

フリーランスになると、収入がアップすることが多いです。

なぜなら、成果物に対して見合った報酬を丸ごと受け取ることができるからです。

企業に勤めるエンジニアは、どんなプロジェクトを成功させたとしても収入は変わりません。

フリーランスエンジニアになると収入が上がったというケースは珍しくなく、より高い収入を目指すモチベーションにもなります。

メリット②好きな仕事を選べる

フリーランスは、仕事の取捨選択をすることができます。

苦手な分野の案件は断り、効率良く作業できる案件のみを受けることも可能です。

逆に、より報酬の高い仕事にチャレンジすることも許されます。

リモート勤務の可否といった条件や勤務時間・日数などを選べる上、仕事のかけもちも自由にできます。

メリット③経費を使える

フリーランスで働くと、仕事に関連する出費を経費として計上することができます。

これは節税になるため、多くのフリーランサーが実際に行っています。

経費計上できる出費は、主に以下のものがあります。

  • 家賃の一部
  • 光熱費の一部
  • パソコンおよび周辺機器などの設備投資費
  • 交通費
  • 接待交際費

上記の他、カフェで仕事をしたときのコーヒー代や自宅をオフィスとした際の日用品の一部も経費になります。

これまで生活費として考えていた出費が経費になるのは、フリーランスの大きなメリットといえるでしょう。

メリット④人間関係で悩むことが少ない

フリーランスエンジニアは、基本的に1人で仕事をします。

そのため、上司・部下・同僚との人間関係にわずらわされることがありません。

プライベートのトラブルに巻き込まれることもなく、仕事に集中できます。

ただし、クライアントをはじめとした仕事関係者とのつながりを維持することは大事です。

仕事が途切れないよう、人脈を広げるための付き合いは欠かさないようにしましょう。

メリット⑤場所や時間に縛られない

フリーランスエンジニアは、好きな場所で好きな時に仕事ができます。

在宅ワークはもちろんのこと、カフェやコワーキングスペースを職場にすることも可能です。

また、必ずしも朝~夕方に仕事をする必要はありません。

クライアントとの打ち合わせなどは日中が多いですが、作業自体は好きな時間でOKです。

自分が集中しやすい時間帯に仕事に打ち込めるのは、大きなメリットとなるでしょう。

メリット⑥プライベートの時間も確保できる

フリーランスになると、仕事以外の時間を自由に使うことができます。

それだけではなく、ときには仕事量をセーブしてプライベートの時間を増やすことも可能です。

平日の日中に予定を入れたり、空き時間を使って新しいスキルの習得や資格取得のための勉強をするのもよいでしょう。

関連記事

「フリーランスエンジニアに資格は必要?」「もし取得するなら、どんな資格がいいの?」このような疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。この記事では、フリーランスエンジニアの資格取得について詳しくご紹介しています。[…]

フリーランスエンジニアにおすすめの資格は?そもそも必要?有利になるの?

フリーランスエンジニアは厳しいし大変?デメリット7選

フリーランスエンジニアのデメリットは、以下の7つにまとめられます。

関連記事

「フリーランスエンジニアのデメリットってなに?」「フリーランスエンジニアになるメリットはある?」「フリーランスエンジニアとして成功する方法は?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、フリーランスエンジニ[…]

フリーランスエンジニア デメリット

デメリット①社会的信用は低い

エンジニア職に限らず、フリーランスは社会的信用が低いです。

企業という後ろ盾がないため、特に金銭的な契約をする時に不便を感じることが多いでしょう。

例えば、以下のような契約はフリーランスでは難しいケースがあります。

  • 銀行や不動産のローン
  • クレジットカードの申し込み
  • 個人オフィスなどの賃貸契約

このような契約は、フリーランスに転身する前に審査を済ませておくことをおすすめします。

デメリット②収入が不安定で福利厚生もない

フリーランスエンジニアは、仕事の保証がありません。

受注できる仕事の量が変化すると、収入にも影響します。

会社員のように月々の収入の保証がなく、よいときと悪いときがあるところが大きなデメリットになります。

また、フリーランスには福利厚生がなく、仕事への対価は報酬のみです。

デメリット③税金や保険を自分で払う必要がある

フリーランスエンジニアは、得た報酬から税金や保険料を支払う必要があります。

会社員のように、総額から税金が天引きされることはありません。

年に1回の確定申告で所得税その他を計算し、個人で納付する形になります。

進行中の仕事をストップして事務作業をやらなければならないのは、多くのフリーランスが面倒に感じていることの1つです。

デメリット④エンジニアとして成長しにくい

フリーランスで仕事を請け負う場合、自分のスキルに合った案件を中心に受注することになります。

レベルの高いエンジニアの仕事を間近で見たり、技術を学んだりといったことができません。

エンジニアとして成長するためには独学で学ぶしかなく、レベルアップに時間がかかります。

デメリット⑤人との交流が減る

フリーランスエンジニアは、1人で在宅ワークをするケースが非常に多いです。

そのため、人と交流することができません。

IT業界の最新情報を入手したり、今後伸びそうな分野について話し合ったりすることができないのは、エンジニアとして大きなデメリットになります。

デメリット⑥仕事を獲得するために営業が必要

フリーランスエンジニアは、営業をして案件を獲得しなければ仕事ができません。

会社員と違い、つねに仕事が用意されているわけではないのです。

仕事が途切れると収入が減るため、受注した仕事を進めると同時に案件を探して獲得する必要があります。

デメリット⑦自己管理ができないとつらい

フリーランスを続けるためには、自己管理が必要になります。

仕事の量と稼働時間と納期を計算し、その日のうちに終わらせておくタスクをつねに管理して進めなければなりません。

優先順位を間違ったり作業を後回しにしたりすると、納期を守れずにクライアントからの信頼を失うおそれがあります。

将来性的にフリーランスエンジニアや在宅エンジニアの収入は高い?

フリーランスエンジニアや在宅エンジニアは、企業に勤めるエンジニアよりも収入が高いといわれます。

その理由と、フリーランスエンジニアの収入の特徴を解説します。

年収1,000万円を目指すのも夢ではない

フリーランスエンジニアは、年収1,000万円を得るのも夢ではありません。

なぜなら、報酬の高い仕事を選んで受けたり単価の交渉をしたりすることが可能だからです。

スキルと実績があれば、会社員よりも高い年収を得られます。

また、仕事に関わる出費を経費として申告することができるため、節税することもできます。

関連記事

「フリーランスって収入が低いって聞くけどホント?」「フリーランスエンジニアで年収1,000万円なんて可能なの?」「フリーランスエンジニアで年収1,000万円稼ぐ方法は?」こんな悩みを抱えてはいませんか?この記[…]

フリーランスエンジニアで年収1,000万円稼げる?
関連記事

「フリーランスエンジニアの手取りを簡単に知りたい!」「フリーランスが支払う税金の種類って?」「フリーランスエンジニアが手取りを増やす方法って?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事ではフリーランスエンジニア[…]

まるわかり!フリーランスエンジニアの手取りは?税金はいくら?

プログラマーやフリーランスエンジニアの案件は取り方は?

プログラマーやフリーランスエンジニアの案件の取り方を、2chの体験談を交えて紹介します。

プログラミングやエンジニアの求人を探している人は、ぜひ参考にしてください。

ITは成長分野だから仕事はある

IT業界はつねに成長しているため、さまざまなジャンルの求人が見つかります。

なぜなら、IT業界でもっとも重要視されるのはスキルと実績だからです。

正社員としての経験がなくても、プログラミングのような下請けや簡単な開発案件なら見つけることができるでしょう。

また、フリーランスはいろいろな経験が強みになります。

異なる言語を扱う案件やジャンルに挑戦し、対応力を身につけることも大事です。

フリーランスエンジニアになるにはフリーランスエージェントの利用がおすすめ

フリーランスエンジニアを目指すなら、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。

その理由を、以下の3つにまとめました。

  • 仕事獲得のための営業をする必要がない
  • アドバイザーが相談に乗ってくれる
  • 正社員並みの保証を受けられることも

フリーランスエージェントに登録すると、スキルや経験に応じて最適な案件を紹介してもらえます。

掲載案件に応募をすることもできるため、仕事を探す手間が減り作業に集中することができます。

フリーランスエンジニアになるのにおすすめのフリーランスエージェント

  • Midworks|週3日・リモート案件が豊富
    4.83

    midworks

    Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

    案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

    正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

    例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

    組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

    登録者平均年収

    約700万円(当社調べ)

    案件数

    4,451件(2022年2月)

    マージン

    25%〜30%(当社調べ)

    最大の特徴

    正社員並みの手厚い保障

  • レバテックフリーランス|登録者数No.1
    4.30

    レバテックフリーランス

    レバテックフリーランス」は、フリーランスエージェントの中で、登録者数が最も多いエージェントです。

    エンド直請け案件が多いため、高収入を実現できるフリーランスエージェントです。

    年間の案件数だけでも100,000件以上と、レバテックフリーランスに登録するだけで案件探しに困ることはないでしょう。

    また、稼働している案件の終了前にブランクが空かないように次の案件も提案してくれる親切なエージェントです。

    登録者平均年収

    862万円

    案件数

    No.1

    マージン

    10〜20%

    最大の特徴

    業界最大手

  • フォスターフリーランス|最高報酬230万円
    3.62

    フォスターフリーランス

    フォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

    仕事に必要な、希望スペックのパソコンや携帯電話、モバイルルータの貸し出しも行なっています。

    さらにフォスターフリーランスに登録するだけで、確定申告ツールの「freee会計」の年間料金をキャッシュバックしてくれる上に、記帳代行を無償で利用できます。

    このように、フリーランスに優しいサービスなので、フリーランス初心者の方にもおすすめ。

    報酬金支払サイトの短縮や、ソフトとハードの両面でフォローしてくれるなど登録者に寄り添ったサポートで知名度があるエージェントです。

    登録者平均年収

    最高報酬230万円

    案件数

    6,000件

    マージン

    非公開

    最大の特徴

    登録者数20,000人超

将来的にフリーランスエンジニアになって活躍する方法

フリーランスとして生計を立てるのは、簡単なことではありません。

後から悔やむことのないよう、独立前には以下の4点に注意しましょう。

関連記事

「フリーランスエンジニアになると後悔するの?」「独立して失敗しないためにはどうすればいい?」このような悩みは不安を抱いていませんか?この記事では、フリーランスエンジニアになって後悔したことと、失敗しないための対策につ[…]

フリーランスエンジニアになって後悔したことは?

技術力やスキルをつけてから独立する

フリーランスに転向する前には、1人で案件を請け負えるだけのスキルを身につけておくことが必須です。

企業では細かく担当が分かれていたことでも、フリーランスは1人ですべてをこなさなければなりません。

エンジニアとしてのスキルはもちろんのこと、営業力やヒアリング力も必要です。

仕事を獲得するところから納期までに仕事を完成させるところまでを、具体的にシミュレーションしておきましょう。

個人事業主としての働き方を理解しておく

フリーランスとして独立する前に、個人事業主の働き方や実態を詳しく調べておきましょう。

何も知らないままで会社を辞めると、煩雑な手続きや仕事の準備などに手間取ってしまいます。

また、個人事業主として開業届を出してもすぐに仕事ができるとは限りません。

案件の獲得の仕方や価格交渉の仕方など、事前に調べておくことが肝心です。

自分のスキルの需要や単価を知っておく

フリーランスになるなら、自分のスキルや経験で請け負える仕事の量・種類・単価を把握しておく必要があります。

フリーランスエンジニアは、業務内容やスキルに応じて報酬に幅があり、金銭面では会社員よりシビアです。

競争率の激しい分野や単価が低い下請け仕事のスキルしかないようであれば、フリーランスエンジニアとしては厳しいかもしれません。

関連記事

「フリーランスエンジニアの単価相場ってどのくらい?」「フリーランスエンジニアの単価の決め方は?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、フリーランスエンジニアの単価相場について解説しています。最後まで読む[…]

フリーランスエンジニアの単価相場は?単価交渉のタイミングなども解説

生活費を確保しておく

独立前には、1~2年分の生活費を確保しておくことが必須です。

なぜなら、フリーランスは仕事や収入が安定するとは限らないからです。

まったく仕事がないときや、単価の低い仕事しか見つからない場合に備えて生活費を確保しておきましょう。

日々の生活に困らないだけの貯金があれば、お金のために不本意な仕事を受けたりたくさんの仕事をかけもちしたりする必要がなくなります。

将来性を感じた人必見!フリーランスエンジニア目指すのにおすすめプログラミングスクール

  • DMM WEB CAMP|未経験からエンジニア転職
    4.89

    DMM WEB CAMP

    未経験からプログラミングを学べるスクールとして、まずおすすめなのが「DMM WEB CAMP」です。

    DMM WEB CAMPはゼネラルリサーチが行ったアンケート調査によると、未経験向けプログラミングスクールでNo.1を獲得した実績のあるスクールです。

    講師は全員現役のエンジニアとなっているため、現場に活かせるプログラミング学習を進めていくことができます。

    Webプログラミング関連のコースは、全部で4つのコースが用意されており、コースによっては実際にオリジナルのWebサービスを作成してWeb上に公開するところまで学べます。

    コースの種類

    はじめてのプログラミングコース、Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、JAVAコース

    コース料金

    各コース共通して4週間で169,800円、16週間で334,800円

  • TECH CAMP(テックキャンプ)|給付金で最大70%OFF
    4.10

    TECH CAMP

    自分の意志だけでは学習を継続できるか不安という場合は、TECHCAMP」の利用がおすすめです。

    TECHCAMPは、学習をやりきるための仕組みが整えられたプログラミングスクールです。

    学習で躓いたところをオンラインで何度でも質問できるのはもちろんのこと、パーソナルメンターと呼ばれるプログラミング教育のプロが個別に面談や相談にも乗ってくれます。

    場合によっては、仕事が忙しくてプログラミング学習の時間が取れないということもあるでしょう。

    TECHCAMPでは、あなたの学習状況に応じてパーソナルメンターが臨機応変にカリキュラムを組み立ててくれます。

    必ず学習を継続できる仕組みが整えられているため、誰でも安心して利用することが可能です。

    コースの種類

    エンジニア転職コース、プログラミング教養コース

    コース料金

    10週間で657,800円(毎日11~12時間、14日間返金保証、転職返金保証)

  • GEEK JOBキャンプ|受講料0円&最短就職22日
    3.82

    GEEK JOB

    短期に集中してプログラミングを学びたいという人には、GEEK JOBの利用もおすすめです。

    GEEK JOBでは、2ヶ月間という短い期間に集中してプログラミングを学ぶことができます。

    言語に関してはJavaかRubyを選択し、その他開発環境によく使われる技術を中心にスキルを身に着けられます。

    HTMLやCSSといったフロントサイド言語に加えて、eclipseやGithub、Jsonといったシステム開発に必須となるツールの使用方法も完全網羅可能です。

    早い人では1ヶ月でプログラマーデビューを果たしている人もいるため、>やる気次第ですぐに副業案件を獲得することも目指せるでしょう。

    コースの種類

    プログラミング教養コース、プレミアム転職コース、スピード転職コース

    コース料金

    上記それぞれ217,800円、437,800円、無料

将来性を感じたけど失敗した時にできること

将来性が高いといわれるフリーランスエンジニアですが、いろいろな理由でうまくいかないこともあります。

失敗したと感じたときにできることには、以下の3点があります。

  1. 失敗の原因を分析する
  2. フリーランスエージェントに相談する
  3. 再就職を検討する

フリーランスでの失敗は、1つの経験になります。

それを活かして、次のステップに進みましょう。

原因を自分で振り返る

フリーランスエンジニアとして失敗してしまった原因を、自分で分析してみましょう。

何が悪かったのか、何が足りなかったのかがわかると次につながります。

失敗をそのままにしておくと、また同じことを繰り返すおそれがあります。

失敗をプラスに変えるためには、自分に対する客観的な分析とその後の対策が必要です。

フリーランスエージェントに相談する

フリーランスエージェントに相談すると、スキルに合った求人を紹介してもらえる他、案件獲得に足りていない面をアドバイスしてくれることがあります。

ポートフォリオや経歴書の作り方、面談や交渉の仕方なども細かく相談してみましょう。

専任のキャリアアドバイザーがいるエージェントサービスなら、気軽に相談に乗ってくれます。

再就職も1つの選択肢

エンジニアとして成長するためには、フリーランスを一旦中断して再就職するのもおすすめです。

何よりも収入が安定しますし、同業者と一緒に仕事をしたり交流を持ったりすることで、エンジニアとしてのスキルを高めることができます。

企業で経験を重ね、改めてフリーランスとして独立することも可能です。

フリーランスエンジニアの将来性に関するよくある質問

フリーランスエンジニアに関する疑問を、Q&A形式で解決していきます。

よくある質問は、以下の2点です。

フリーランスって不利って聞くけどどんな点が不利なの?

会社員に比べると、フリーランスは保障の面で圧倒的に不利です。

具体的には、次にあげる5つのデメリットがあります。

  • 雇用保険がない
  • 労災がない
  • 健康保険料が高い
  • 年金が安い
  • 産休・育休・有給がない

フリーランスは組織に属さず、仕事に対する報酬を受け取ることがすべてです。

そのため、会社員であれば当然のオプションであるさまざまなサポートが受けられません。

関連記事

「フリーランスエンジニアの末路は闇?」「フリーランスエンジニアの悲惨な末路を避ける対策はある?」「フリーランスエンジニアとして独立するメリットは?」こんな迷いを抱えていませんか?この記事では、フリーランスエン[…]

フリーランスエンジニア 末路

フリーランスはなぜ給料が高いの?

フリーランスとは、企業にとっていつでも契約解除できる使い勝手のよい存在です。

フリーランスに対しては成果物への報酬そのものを支払うため、会社員の給与よりも1つの仕事の対価を高く設定することができます。

一方で、雇用している社員に対しては最低限の保証と義務があるため、給与を低めに設定しなければなりません。

また、会社員の給与手取り額は税金その他を天引きした後の金額です。

そのため、1カ月の給与として収入を見ると、会社員よりもフリーランスの方が高く感じるのです。

フリーランスは契約がすぐ切れる点を参考にしてください。

関連記事

「フリーランスエンジニアの平均年収はどのくらい?」「フリーランスエンジニアのなかでも年収が高い分野は?」「フリーランスエンジニアで高年収を目指す方法を知りたい」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、フリ[…]

フリーランスエンジニアの年収を徹底解説!収入を増やすコツやリスク対策も

まとめ|フリーランスエンジニアの将来性は高い!技術を付けてチャレンジしよう

フリーランスエンジニアは、将来性の高い業種です。

スキルと実績があれば、企業に勤めるエンジニアよりも高い収入を得ることが可能です。

また、何にでもチャレンジできる自由さがあり、プライベートを充実させることもできます。

その反面、スキルがなければ高単価の案件を受けることができず、仕事は安定しません。

フリーランスエンジニアになるには、スキルを身につけてさまざまな案件を経験することが大事です。

どんな仕事でも対応できるようキャリアを積み、将来性の高いフリーランスエンジニアを目指しましょう。