在宅ライターになるには?未経験からなる方法と向いている人の特徴を解説

在宅ライターになるには?

本業や副業で在宅ライターを目指そうとしている方で、以下のような悩みがありませんか?

お悩み

在宅ライターになるには?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、未経験から在宅ライターになる方法を初心者でもわかりやすいように解説していきます。

最後まで読むことで、在宅ライターになる方法がわかるでしょう。

ライターの仕事なら『リクナビ』
リクナビNEXT
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめしません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
などの悪い口コミが多いのが事実です。
そこで、おすすめなのが「リクナビNEXT」です。
意外と知られていませんが、「リクナビNEXT」にもライターの仕事が掲載されています。 ライターの求人・案件 リモート(在宅)できる仕事もあるので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。
また、登録だけしておくことで、スカウト機能で企業からスカウトされることもあるので、隙間時間を使って登録だけしておくメリットもありますね!

公式サイトを見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

在宅ライターになるには?

在宅ライターになるには?

在宅ライターは誰でもなれます。

ネットのスキルや特別な資金はいりません。

パソコンがあれば在宅ライターとして始めることができます。

しかし、すぐ稼げるわけではありません。

案件をたくさんこなし、実績を積むことで収入も多くなります。

最初からたくさん稼ぐことは難しいかもしれませんが、続けていくことが大切でしょう。

まずは複数のクラウドソーシングに登録する

ライターになるには、メディアに応募したり求人広告に応募する方法もありますが、クラウドソーシングサイトに登録することが一番の近道といえるでしょう。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を発注するクライアントと受注するライターをマッチングするサイトをいいます。

会員登録無料のサイトがほとんどですが、サイトによって契約手数料やサポートが違うので、さまざまなサイトに登録して自分にあったサイトをみつけましょう。

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)
ポイント
  •  継続して仕事をこなしていくことが大切

「未経験から在宅ライターになるには?」を詳しく解説

「未経験から在宅ライターになるには?」を詳しく解説

「どうすればライターになれるのか知りたい。」

「やってみようと思ったけど何からしたらいいのかわからない。」

在宅ライターを目指すうえで疑問に思うこともあるでしょう。

未経験から在宅ライターになるにはどうしたらいいのか解説します。

クラウドソーシングに登録

まずは、さまざまなクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドソーシングサイトには、子育て中のママ向けや自分のスキルを販売できるなどそれぞれに特色があるからです。

多くのサイトはアカウントの登録無料なので、いくつか登録することにより、自分にあっているサイトがみつかることでしょう。

初心者の在宅ライターは、プロジェクト形式で案件を確認することをオススメします。

ライティング案件が多く受注されており、なかでもタイトルに「未経験OK」や「マニュアルあり」の案件があるので初心者でも応募しやすいからです。

「金融関係の知識がある方」や「未就学児を育てている方」などさまざまな案件があるので、書けそうな案件が募集されていないか確認しましょう。

興味がある案件に応募する

書けそうな案件があれば積極的に応募してみましょう。

クライアントから初心者をスカウトする可能性は少ないので、書けそうと感じた案件には積極的に応募することが大切といえます。

過去に経験したことや、知識のあることがテーマの案件は書きやすいのでオススメです。

応募をするときは提案文の記入欄があるので、あいさつや自己紹介、過去の実績は自己PRになるので詳しく記入し、納期や返信可能な時間帯なども忘れずに書きましょう。

応募先から連絡が来る

応募が完了するとクライアントより連絡がくるので、納期や金額などの確認をするとよいでしょう。

クライアントによっては数日後に連絡がくることもあるので、すぐに連絡がこなくても心配することはありません。

テストライティングを実施

そのまま採用される場合もありますが、テストライティングを受ける場合もあります。

テストライティングをすることで、ライティングの実力がわかるからです。

文字数が少ないことが多いので曖昧な表現をさけ、読み手が分かりやすい文章で、結論から先に書くことをオススメします。

テストライティングにも報酬は支払われるので、必ず報酬の確認をしましょう。

合格すれば採用となりライティングを開始

テストライティングに合格すれば正式に採用となります。

マニュアルがある場合は必ず確認し、クライアントの仮入金を確認したのちに、ライティングを開始しましょう。

その場合はマニュアルにそって書き、納期日を守ることが大切です。

納品後、クライアント側と方向性の違いなどで修正依頼がくることがあるので対応します。

そして納品完了となり、報酬が入金されるのでクライアントへの評価とあいさつを忘れずにしましょう。

ポイント
  •  クラウドソーシングサイトに登録
  • 興味がある案件に応募する
  • 応募先から連絡があったら納期や金額を確認する
  • テストライティングを受ける

未経験から在宅ライターになるにはポイントをおさえておく

未経験から在宅ライターになるにはポイントをおさえておく

未経験から在宅ライターを始めるポイントは、プロフィールを詳しく書くことです。

その理由は、クライアントが最初に提案文とプロフィール欄を確認するからです。

プロフィールには、ブログを運営している場合はURLなど、過去の経験やライティングに関することを詳しく書くことにより、クライアントへのアピールとなるでしょう。

採用されなければ実績を積むことはできないので、採用につながるようにアピールすることが大切です。

そしてプロフィールの内容が充実しているとクライアントから直接依頼がくることもあります。

しかし悪質なクライアントもなかにはいるので注意が必要です。

例えば個人情報を聞いてきたり、外部サービスへの登録を誘うことは違反になります。

悪質なクライアントか見分けるには、評価とコメントは必ず確認することが大切です。

よくないコメントが多いクライアントは悪質な可能性があるので受注しないようにしましょう。

コツコツと実績を作る

多くの実績を積むことによって、作業にもなれスキルが身に付いていきます。

そして過去の実績が集まったものをポートフォリオと呼び、そのポートフォリオが充実してくると経験者という大きなアピールポイントとなるので、採用されやすくなるでしょう。

また、実績が増えていくと自信にもつながります。

少しずつでも実績を積むことが大事でしょう。

ポイント
  • 未経験から在宅ライターを始めるポイントは、プロフィールを詳しく書くこと
  • 少しずつでも実績を積むことが大事

Webライターが向いている人の特徴は?

Webライターが向いている人の特徴は?

Webライターはどのような人が向いているのか解説します。

考えて文章を書くことができる人

まず、Webライターは文章を考えて書くことが必要です。

すでに掲載されている文章をコピペすることは絶対にいけません。

そのため、構成を考え、オリジナルの文章を書ける人が向いているでしょう。

リサーチが得意な人

次に、スマホを使って検索したり本を読んだりして調べるとこが得意な人です。

誤った情報は書けないので、さまざまな方法で収集をし、正しい情報を伝えることが大切だからです。

最後に、Webライターを継続できる人が向いているでしょう。

継続することにより、スキルや自信のほか、実績も身につきます。

したがって、文章を考えて書く、情報収集が得意、継続できる人がWebライターに向いているといえるでしょう。

ポイント
  • 考えて文章を書くことができる人
  • リサーチが得意な人

まとめ

未経験から在宅ライターになる方法と、向いている人について解説しました。

在宅ライターになるには、資格もスキルも特別な資金もいりません。

ネット環境とパソコンがあれば、好きな時間、好きな場所で作業ができます。

まとめ
  • パソコンがあれば在宅ライターとして始めることができる
  • 複数のクラウドソーシングに登録する
  • 初心者の在宅ライターは、プロジェクト形式で案件を確認することがおすすめ
  • 書けそうと感じた案件には積極的に応募することが大切
  • マニュアルにそって書き、納期日を守ることが大切
  • 未経験から在宅ライターを始めるポイントは、プロフィールを詳しく書く
  • 少しずつでも実績を積むことが大事
  • Webライターは文章を考えて書くことが必要

未経験でもなれる在宅ライターはとても魅力的な仕事といえるでしょう。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」