在宅ライターの収入相場はどれくらい?

在宅ライターの収入相場はどれくらい?

本業や副業で在宅ライターを目指そうとしている方で、以下のような悩みがありませんか?

お悩み

在宅ライターの収入はどれくらいなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、在宅ライターを目指そうとしている方に向けて、在宅ライターの収入がどれくらいかをわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、在宅ライターの収入がどれくらいなのかという相場を理解できるでしょう。

ライターの仕事なら『リクナビ』
リクナビNEXT
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめしません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
などの悪い口コミが多いのが事実です。
そこで、おすすめなのが「リクナビNEXT」です。
意外と知られていませんが、「リクナビNEXT」にもライターの仕事が掲載されています。 ライターの求人・案件 リモート(在宅)できる仕事もあるので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。
また、登録だけしておくことで、スカウト機能で企業からスカウトされることもあるので、隙間時間を使って登録だけしておくメリットもありますね!

公式サイトを見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

そもそも在宅ライターの収入はどのように決まる?

そもそも在宅ライターの収入はどのように決まる?

手軽に始められる副業として、在宅ライターが注目を浴びています。

手軽に始められる副業だと耳にしても、これから挑戦しようと考える人にとっては、どれくらい収入があるのか、仕事は安定しているのかなど気になるはずです。

一般企業などに勤めていた場合の収入は、日給・月給・時間給など雇用形態などにより違いがあります。

同じ収入を得る制度ですが、在宅ライターとなると「文字単価制」「記事単価制」「時給制」となり、一般企業とは違った報酬制度となります。

文字単価制

、ライターは言葉の通り文章を書く仕事です。

そのため、ライター収入単価設定は文字数がベースとなります。

これは、1文字〇円といったもので、専門的で質が要求される記事や、在宅ライターが有名人だった場合は、1文字当たりの単価も高くなる傾向にあります。

記事単価制

在宅ライター収入制度として「文字単価制」の他に、「記事単価制」があります。

これは、何文字になろうとも記事1本の金額で設定されているものです。

このような記事の場合は、基本的に記事の文字数が決められていることが多いので、決められた文字数内で執筆するものです。

時給制度

一般企業などと同じように「時給」による収入の制度もあります。

「時給制度」として在宅ライターが収入を得る場合、企業に属してる人がほとんどです。

このような人は、「文字単価」や「記事単価」とは違い、記事完成までに有した時間で収入を得ることができます。

3つの制度
  • 文字単価
  • 記事単価
  • 時給

「収入が安定しにくい」という事実

「収入が安定しにくい」という事実

在宅ライターの収入の制度は、「文字単価」や「記事単価」などにわかれています。

この制度だけを見ていると、文字が執筆できれば収入が得られるため、収入が安定しているように見えるでしょう。

しかし、現実的には在宅ライターの収入は安定しにくいと言われています。

その理由としては、「報酬がすぐに手元に振り込まれない」「契約が解除される可能性もある」ということがあるからです。

この理由について詳しく解説しましょう。

すぐに手元に振り込まれない

一般企業で仕事をしていた場合、余程の事情がない限りは勤務した翌月には給与を得ることができます。

しかし、在宅ライターなど執筆を主とする職種の場合、執筆した記事によっては記事が掲載されるまで執筆料が支払われないことがあります。

このように、いくら記事をたくさん執筆してもこのような事情により収入が得られないため、収入が不安定と言われるのです。

契約が解除される可能性もある

これは、執筆していた雑誌などの媒体が廃版などになった場合、その後の執筆依頼が来なくなるものです。

クライアント側の事情ではありますが、このように突然仕事がなくなってしまう可能性があるため、収入が不安定だと言われているのです。

ポイント
  • 報酬がすぐに手元に振り込まれない
  • 突然の契約解除がある

在宅ライターで収入をアップさせる方法

在宅ライターで収入をアップさせる方法

クライアントの事情にもよりますが、在宅ライターの収入は不安定ですが、収入をアップさせることで収入の安定さを保つことができます。

では、在宅ライターが収入をアップさせるには、どのような方法が良いのか解説しましょう。

単価が高い案件に応募する

在宅ライターが収入をアップさせるなら、文字単価や記事単価の高い案件に応募することです。

単価の高い案件は、人気が高くなりやすいですが、採用されると単価がアップされるため効率よく収入を得ることができます。

手数料が安いクラウドソーシングに登録する

在宅ライターとして収入をアップさせるなら、より幅広く案件を確保することが大切です。

在宅ライターをしている人の多くは、クラウドソーシングサイトを利用しているでしょう。

クラウドソーシングサイトで収入を得る場合、手数料を支払う必要があります。

この手数料ですが、その月の収入金額により支払う金額は違い、サイトにもよりますが、収入の20%くらいを手数料と支払うこともあります。

仮に、20万の収入を得た場合、20%の手数料のサイトだと4万円を手数料として支払い、手元には16万円入ることとなります。

もしこれが10%のの手数料だった場合、支払う手数料は2万円となり、手元には18万円入ります。

この2万円の差額を考えると、手数料を軽視することはできなくなるでしょう。

つまり、手数料がより安いサイトを利用した方が手にする収入は高くなるのです。

スキルを身につける

在宅ライターとしてより多く収入を得るなら、ジャンル問わず幅広い記事の執筆ができることも大切です。

自分が得意とするジャンルでの執筆は当然ですが、不得意なジャンルの記事でも執筆できるようになると、仕事を確保する確率も上がり収入も増えます。

それには、やはりスキルや資格を身につけることがポイントです。

在宅ライターに限らず、スキルや資格は働くうえでは武器となります。

また、在宅ライターの場合は専門家が執筆する記事は信用性も高くなるので、クライアントからのリピート率も高くなり、結果収入アップにつながるのです。

講座を受講する

スキルや資格を取得することは、在宅ライターとしての仕事の幅も広がります。

このようなスキルや資格を身につけるなら、講座を受講することが一番です。

講座によっては無料で受けられるものもあるので、積極的に参加しスキルアップを目指しましょう。

クライアントと交渉する

クラウドソーシングサイトを見ると、同じような案件でもクライアントにより設定されている単価は違います。

もし、気になる案件があった場合、応募する前に直接クライアントと交渉するのもひとつの手段でしょう。

容易なことはありませんが、クライアントとの関係が長く良好だった場合は、単価アップも夢ではありません。

ぜひチャレンジしてみましょう。

収入アップのコツ
  • 文字単価や記事単価の高い案件に応募する
  • 幅広く案件を確保することが大切
  • ジャンル問わず幅広い記事の執筆ができることも大切
  • スキルや資格を身につける
  • 応募前に直接クライアントと交渉する

収入を確保するのにおすすめのクラウドソーシングサイト

在宅ライターが安定した収入を確保するなら、クラウドソーシングサイトを利用すると良いでしょう。

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ

在宅ライターは家に居ながら仕事ができるため、副業として始める人が増えています。

しかし、収入が不安定なこともあり、仕事を続けていくことが困難になることがあります。

在宅ライターとして安定した収入を得るなら、好条件の案件を探すことや資格取得や必須です。

今回ご紹介したことを参考に、あなたも在宅ライターとして仕事始めて見ましょう。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」