在宅ライターの正社員は未経験でも可能?東京の求人や新卒でもなれるのかまで解説

在宅ライターの正社員は未経験でも可能?東京の求人や新卒でもなれるのかまで解説

本業や副業で在宅ライターを目指そうとしている方で、以下のような悩みがありませんか?

お悩み

在宅ライターは未経験でも正社員として働けるの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、在宅ライターを未経験から目指そうとしている方に向けて、リモートでも活躍できる正社員になれるのかについて解説します。

また在宅ライターの東京が本社で働ける求人があるのか、新卒でも在宅ライターになれるのかまで詳しく解説します。

最後まで読むことで、未経験で在宅ライターの正社員になれるのかが理解できるでしょう。

ライターの仕事なら『リクナビ』
リクナビNEXT
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめしません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
などの悪い口コミが多いのが事実です。
そこで、おすすめなのが「リクナビNEXT」です。
意外と知られていませんが、「リクナビNEXT」にもライターの仕事が掲載されています。 ライターの求人・案件 リモート(在宅)できる仕事もあるので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。
また、登録だけしておくことで、スカウト機能で企業からスカウトされることもあるので、隙間時間を使って登録だけしておくメリットもありますね!

公式サイトを見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

在宅ライターに未経験からでも正社員として転職は可能?

在宅ライターとして活躍している人の中には、ライター業と別の仕事を兼業している人が多くいます。

在宅ライターとは、家に居ながら執筆業を仕事として活躍する人のことを言います。

最近では、大手企業が副業を解禁したことにより、在宅ライターを副業に選ぶ人が増えてきました。

「最初は副業として活動していたが、いつの間にか本業以上に稼ぐことができるようになった」という人も少なくありません。

このように、在宅ライターとして収入を得られるようになってくると、「副業ではなく本業である正社員として働きたい」と考えることもあるでしょう。

そこで、これから在宅ライター活動する場合、「正社員として転職は可能なのか」また、「未経験でも正社員として活動できるのか」などについて解説します。

正社員だからこそ未経験でなれる!

在宅ライターと聞くと、執筆経験が豊富でないとできないというイメージがありますが、実はそんなことは全くありません。

特に正社員の在宅ライターとして活動する場合は、むしろ未経験の方が良いのです。

なぜなら、正社員として働く場合は、未経験者でも即戦力となれるように、企業側が社員育成の一環として執筆業のノウハウなどを教育するからです。

在宅ライターの正社員求人にはどんな種類があるの?

在宅ライターと言っても、その仕事内容は多岐にわたっています。

在宅ライターの一般的な仕事内容は、主に下記ような種類があります。

  • テープ起こしライター
  • 求人原稿作成のライター
  • コピーライター
  • シナリオライター
  • SEO対策のライター
  • 取材ライター
  • 教材編集のライター

これは、副業・フリーランス・正社員など関係なく、在宅ライターであればどんな人でも行える仕事内容です。

それでは、これらの仕事内容について詳しく紹介しましょう。

テープ起こしライター

テープなどに録音された講演会や談話などの音声を聞き、それを文字にするのが「テープ起こしライター」です。

この仕事は、執筆した記事が雑誌の紙面やなどに掲載されることが多くあります。

求人原稿作成のライター

求人募集を行うページの原稿を作成するのが「求人原稿作成のライター」です。

以前は、求人雑誌が中心でしたが、最近はWebサイトがメインとなっています。

そのため、ある程度ネットの知識なども必要となります。

コピーライター

さまざまな広告の原稿や文案を作成するのが「コピーライター」です。

雑誌・新聞などの紙面をはじめ、ポスターやラジオなど幅広いジャンルで活動します。

そのため、専門的な知識やスキルなどが求められることがあります。

シナリオライター

一般的には「脚本家」ともよばれているのが「シナリオライター」です。

演劇やドラマなど芸能界での仕事が多く感じる職種ですが、最近は動画サイトで放送するシナリオ作りがメインとなりつつあります。

SEO対策のライター

検索エンジンで、上位に表示されるような記事を執筆することを仕事としているのが「SEO対策のライター」です。

この分野で執筆活動をするには、とにかくSEOの知識が求められます。

事前にSEOとは何かをしっかり学んでおく必要があります。

取材ライター

飲食店や人気のスポットなどに出向き取材を行い、その取材内容を執筆するのが「取材ライター」です。

取材ライターは、今の流行や話題性の高いものなど、高いリサーチ能力が求められます。

常にアンテナを張り、新しい情報を収集する能力が必要です。

教材編集のライター

通信教育をはじめとする、さまざまな教材の文面を作成するのが「教材編集のライター」です。

英語の教材では英語力、資格取得教材ではその資格の専門的知識などが要求されます。

あらかじめ英語などの外国語を学んでおくとよいでしょう。

在宅ライターの正社員に未経験からなる方法は?

在宅ライターで正社員として働くことは、困難なことではありません。

しかし、未経験者の場合どこから求人を見つけると良いのかわかりません。

在宅ライターも含め、現在一般的な求人は、求人サイトで見つけることができます。

求人サイトから応募する

求人を探すと聞くと、ハローワークが一般的ですが、最近はWebサイトで求人を探すことができます。

そして、何より便利なのが、そのままWebサイトから求人に申し込めるということです。

ハローワークのように、さまざまな手続きは必要がないのでとても便利です。

転職サイト「リクナビNEXT」から応募する

数ある求人サイトの中でも「リクナビNEXT」には、在宅ライターを募集している求人がたくさん掲載されています、

中には、正社員としての募集もあるので、見逃さないようにしましょう。

在宅ライターの正社員になるメリット

在宅ライターとして正社員で仕事をするということは、在宅ライターを目指す人ならば多くの人が憧れます。

なぜなら、家に居ながら正社員として仕事をして収入を得るというメリットがあるからです。

それでは、この他に在宅ライターで正社員になった場合、どようなメリットがあるのか説明しましょう。

リモートワークだから人間関係に悩みづらい

在宅ワークは家に居ながら仕事をするため、出勤したときにある人間関係の煩わしさは全くありません。

在宅の場合、メール・電話・チャット・オンライン会議など、リモートでの連絡が基本です。

直接人と対面することはないので、人間関係に悩むことはありません。

メールやチャットなどで連絡をする際、文面に注意するだけでかなり人間関係はスムーズになるでしょう。

在宅ライターの正社員になるデメリット

在宅ライターとして正社員で仕事をするのはとても魅力的です。

しかし、メリットばかりではありません。

メリットがあれば必ずデメリットも存在します。

そのデメリットとは以下です。

  • チャットの連絡でストレスを抱えてしまう
  • 完全在宅でも常にビデオチャットを繋げないといけない

このような点です。

それではこの2点についてか詳しく解説しましょう。

チャットの連絡でストレスを抱えてしまうケースもある

在宅で仕事をする場合、リモートで連絡を取るのことがメインとなります。

チャットアプリやメールを頻繁に利用します。

メールやチャットはとても便利ですが、発信した相手の顔や様子を直接確認することができません。

文面だけでどのような様子か読み取る必要があります。

万が一怒りの内容の文章が送られてきた場合、相手がどのような様子なのかは直接確認できないため対応に苦労するでしょう。

在宅の場合、このようなことがストレスとなることが多く存在します。

完全在宅でも常にビデオチャットを繋げないといけない場合も

企業側が在宅ワーカーに対し一番意識している部分は「しっかり仕事をしているか」という点です。

なぜなら、出勤していないため直接仕事をしている様子を確認することができないからです。

そのため、企業によっては常にビデオチャットなどを起動し仕事を行っているか監視することもあります。

このビデオの起動により、常時監視されているというストレスを抱える可能性があります。

出勤して仕事をしているなら、ちょっとトイレに立つのもあまり意識されませんが、在宅の場合は仕事をサボっていると思われる場合もあるため注意が必要です。

正社員とはいえ、在宅ライターとして仕事をするなら、これらのデメリットもしっかり受け入れるようにしましょう。

在宅ライターの正社員に関するQ&A

未経験でも、正社員で在宅ライターとして仕事はできます。

しかし、同じ正社員でも新卒だった場合正社員として仕事ができるのかわかりません。

そこで、在宅ライターの正社員に関する疑問点についていくつかご紹介しましょう。

新卒でライターの正社員になれるの?

転職として、正社員で在宅ライターになることは可能です。

これが新卒ではどうかというと、もちろん可能です。

企業によっては、新卒で求人募集をしているところもないことはありません。

ただし、新入社員としての研修など、転職や中途での正社員にはない行事に参加しなければならない可能性があります。

東京で募集している在宅ライターの求人はある?

東京や神奈川など、地域を限定した求人についてはもちろんあります。

転職サイト「リクナビNEXT」には、全国各地の求人が揃っています。

東京の在宅ライターの求人を希望する人はぜひ確認しましょう。

「未経験歓迎」の求人は本当に未経験でも応募できるの?

求人募集に掲載されている「未経験歓迎」という言葉ですが、もちろんこれに偽りはありません。

企業側は未経験者でも働く意欲がある人の応募を待っています。

未経験者だからと躊躇せず自信をもって応募しましょう。

まとめ

正社員で在宅ライターとして仕事をすることは可能です。

これは、ライター経験者・未経験者問わず、採用されると誰でも仕事ができます。

ただし、在宅で仕事をするには、メリット・デメリットがあります。

今回ご紹介したメリット・デメリットをしっかり読み、自分が満足できる正社員の在宅ライターを目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」