在宅ライターの確定申告方法は?源泉徴収や経費についても解説

本業や副業で在宅ライターを目指そうとしている方で、以下のような悩みがありませんか?

お悩み

在宅ライターの確定申告のやり方は?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、在宅ライターの確定申告方法を初心者でもわかりやすいように解説します。

最後まで読むことで、在宅ライター1年目でもスムーズに確定申告ができるようになるでしょう。

ライターの仕事なら『リクナビ』
リクナビNEXT
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめしません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
などの悪い口コミが多いのが事実です。
そこで、おすすめなのが「リクナビNEXT」です。
意外と知られていませんが、「リクナビNEXT」にもライターの仕事が掲載されています。 ライターの求人・案件 リモート(在宅)できる仕事もあるので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。
また、登録だけしておくことで、スカウト機能で企業からスカウトされることもあるので、隙間時間を使って登録だけしておくメリットもありますね!

公式サイトを見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

在宅ライターの確定申告

在宅ライターの確定申告

在宅ライターとして長く仕事をしている方なら、毎年2月になると確定申告を行うでしょう。

申告書の記入は、減価償却をはじめとする経費の計算や収入の内訳など大変です。

しかし、在宅ライターを始めてからまだ日が浅いという方にとっては、確定申告は一体どのようなものか悩んでしまうでしょう。

そこで今回は、確定申告初心者の方にもわかりやすいように、在宅ライターの確定申告について解説します。

経験者の方は、今までのおさらいとしてご一読ください。

在宅ライターは「雑所得」で確定申告できる

在宅ライターが確定申告を行う場合、最初に記載しなければいけないのが「収入」の部分です。

申告書の収入の欄を確認すると、いくつも記入する部分があり収入金額をどこに記載するといいのかわかり辛いでしょう。

仕事で得た収入のため「事業収入」に記載するといいように感じますが、在宅ライターの収入は「雑所得」の部分に記載するのが一般的です。

もし「事業収入」として記載する場合は、個人事業主として安定した収入を確保できていることや、営利目的として行っていることが大前提です。

また「事業収入」の場合は、「青色申告」として確定申告することも可能です。

その場合、事前に開業届などを税務署に申請する必要があります。

そもそも確定申告が必要なの?

確定申告と聞くと面倒なイメージがあります。

「できれば確定申告をせず仕事をしたい」とか、「確定申告しなくてもバレることはないだろう」と考える人もいるのでしょう。

このような気持ちになる程確定申告は難しいものですが、結論から言うと、どんな人でも収入を得ている以上納税の義務があるため、確定申告は必要です。

また、確定申告をしていないことは必ず税務署にバレてしまいます。

なぜなら、あなたが確定申告を行わなくても、あなたにお金を支払った人が、誰に・いくら支払ったか税務署に申告しているからです。

つまり、税務署はあなたがお金お受け取っていることを把握してるため、必ずバレるのです。

もし確定申告をしていないことがバレた場合、通常の納税金額より高い金額を納税しなければならなかったり、最悪の場合は財産が差し押さえられたりすることもあります。

このようなことにならないためにも、確定申告を行うようにしましょう。

副業のwebライターは年間20万円以上の収入で必要

在宅ライターに限らず、収入を得ている人は確定申告は必要ですが、確定申告をするには、税法上決められた金額を満たしている必要があります。

例えば、会社に勤めながら在宅でwebライターをしていたとしましょう。

この場合、本業が別にあるため副業で収入を得ていることとなります。

副業で収入を得ているという人は、年間20万円以上の収入があった場合確定申告を行う必要があります。

会社に勤めていた場合、給料で得た収入については年末調整が行われます。

「年末調整をしているから確定申告は必要はない」と考える人もいるかもしれませんが、年末調整には副業の収入分は含まれていないため、別途確定申告が必要となります。

もし「確定申告は避けたい」と考えるならば、収入を年間20万円未満に抑えるようにしましょう。

収入を年間20万円未満することで確定申告の必要はなくなり、確定申告を避けることができます。

本業のwebライターは年間38万円以上の収入で必要

副業でwebライターをしていた場合、年間20万円以上の収入で確定申告をする必要があります。

それでは、本業としてwebライターをしていた場合はどうなのか、ということについて解説しましょう。

本業でwebライターをしていた場合は、年間38万円以上の収入で確定申告を行う必要があります。

もちろん副業のときと同様に、38万円未満だった場合は確定申告の必要はありません。

しかし、もし得た収入が源泉徴収されていた場合、金額によっては還付金が発生する可能性があります。

このようなことがあるので、もし年間収入が38万円未満だった場合でも、できれば確定申告を行うようにしましょう。

ポイント
  • 仕事で得た収入のため「事業収入」に記載するといいように感じますが、在宅ライターの収入は「雑所得」の部分に記載するのが一般的
  • 「事業収入」の場合は、「青色申告」として確定申告することも可能
  • どんな人でも収入を得ている以上納税の義務があるため、確定申告は必要
  • 税務署はあなたがお金お受け取っていることを把握してるため、必ずバレる
  • 副業で収入を得ているという人は、年間20万円以上の収入があった場合確定申告を行う必要がある
  • 本業でwebライターをしていた場合は、年間38万円以上の収入で確定申告を行う必要がある

雑所得の確定申告方法

雑所得の確定申告方法

在宅ライターで収入を得ている場合、確定申告を行う必要があります。

確定申告を行う際、在宅ライターが得た収入は雑所得として記載します。

そこで、具体的に雑所得の確定申告方法について解説しましょう。

総収入金額に経費を記載する

雑所得として確定申告するには、まず年間の総収入金額を計算します。

次に、電気代やパソコンの減価償却など、在宅ライターとして必要な経費や支払った保険料などを計算し記載しましょう。

経費を差し引きした利益を記載

総収入と経費などの計算を終えたら、今度は最終的な収益を導き出します。

総収入から経費や保険料などの合計金額を引き、申告書の雑所得の欄に記載します。

また、このほか収入を得た際に源泉徴収された場合は、源泉徴収された金額も計算し申告書に記載しましょう。

これで確定申告の計算・記載は終了となります。

もし記入方法がわからない場合は、ある程度計算を済ませ必要書類を持参していけば、税務署で記入方法を教えてもらえます。

記入方法がわからないと悩んだときは、直接税務署へ行ってみましょう。

ポイント
  • 在宅ライターが得た収入は雑所得として記載

在宅ライターの経費とは?

在宅ライターの経費とは?

在宅ライターが確定申告を行う場合、得た収入は「雑所得」として記載します。

この「雑所得」を導き出すには、総収入から経費などを差し引く必要がありますが、そもそも、在宅ライターの経費にはどのようなものがあるのか疑問に感じている人もいるでしょう。

そこで、在宅ライターの経費にはどのようなものがあるのか解説します。

経費として計上できるもの

在宅ライターが経費として計上できるのは以下のものです。

  • 事務用品費
  • 消耗品費
  • 会議費
  • 交通費
  • 事務所費(家賃)
  • 減価償却
  • インターネット費
  • 電気代
  • 参考書代

以上です。

事務所費については、自宅で仕事をしている人は発生しません。

また、電気代に関しては自宅の私的な電気代と一緒になっているため、時間換算する必要があります。

このほか、減価償却費はパソコンやマウスなど、ライターとして必要な備品が当てはまるので、計算しましょう。

経費には領収書は必要なし

確定申告をする際、領収書などがなければ経費として計上できないイメージがありますが、法律では定められていません。

仮に、領収書などを紛失したとしても帳簿などに記載していれば、経費として計上できるので、忘れずに記帳しましょう。

まとめ|在宅ライターの確定申告は「雑所得」で!

この記事でお伝えしたことをまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 仕事で得た収入のため「事業収入」に記載するといいように感じますが、在宅ライターの収入は「雑所得」の部分に記載するのが一般的
  • 「事業収入」の場合は、「青色申告」として確定申告することも可能
  • どんな人でも収入を得ている以上納税の義務があるため、確定申告は必要
  • 税務署はあなたがお金お受け取っていることを把握してるため、必ずバレる
  • 副業で収入を得ているという人は、年間20万円以上の収入があった場合確定申告を行う必要がある
  • 本業でwebライターをしていた場合は、年間38万円以上の収入で確定申告を行う必要がある
  • 在宅ライターが得た収入は雑所得として記載

副業・本業問わず、収入を得た場合は確定申告をしなければなりません。

在宅ライターが確定申告する場合、収入は「雑所得」として申告します。

これから在宅ライターとして活動しようと考えている人は、今回ご紹介したことをしっかり頭に入れ、確実に確定申告を行いましょう。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」