在宅ライターの募集には詐欺が多いという事実を詳しく解説!

本業や副業で在宅ライターを目指そうとしている方で、以下のような悩みがありませんか?

お悩み

在宅ライターの募集って詐欺ばかりなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、在宅ライターの募集が詐欺が多いのかということについてわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、応募する際にどんなことに気をつければいいのかということがわかるはずです。

ライターの仕事なら『リクナビ』
リクナビNEXT
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめしません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
などの悪い口コミが多いのが事実です。
そこで、おすすめなのが「リクナビNEXT」です。
意外と知られていませんが、「リクナビNEXT」にもライターの仕事が掲載されています。 ライターの求人・案件 リモート(在宅)できる仕事もあるので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。
また、登録だけしておくことで、スカウト機能で企業からスカウトされることもあるので、隙間時間を使って登録だけしておくメリットもありますね!

公式サイトを見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

在宅ライターの募集は詐欺が多い!

在宅ライターの募集は詐欺が多い!

最近副業を解禁しはじめる企業が増えてきました。

これにより、気軽に始められるからと在宅ライターの仕事を選ぶ人も増えています。

また、クラウドソーシングサイトで提供されている案件を見ても、在宅ライターを募集している案件がたくさんあり、在宅ライターの需要は高まっています。

しかし、これらの案件を1つひとつじっくり見てみると、かなり怪しい内容の募集もあります。

実は、たくさんある在宅ライターの案件の中には、詐欺や犯罪に関わる酷い内容の案件もあるのです。

募集文句に「簡単」「コピペでOK」「初心者でもOK」は詐欺かも!

たくさんある在宅ライターの案件ですが、「簡単」「コピペでOK」「初心者でもOK」といった言葉での募集は、詐欺の可能性があります。

それでは、なぜこのような言葉に詐欺の可能性があるのか解説しましょう。

在宅ライターは、ある程度文章構成とタイピングが得意ならどんな人でもできる仕事です。

どんな人でもできる仕事とはいえ、与えられたテーマで文章を作成することは容易ではありません。

人によっては、2000文字の文章でも1日かかってしまう場合もあるでしょう。

その部分を意識した詐欺が、「簡単」「コピペでOK」「初心者でもOK」という言葉での募集です。

「簡単」「コピペでOK」「初心者でもOK」という言葉で、在宅ライターを狙う詐欺には以下のようなものがあります。

  • テストライティングだけで作業終了
  • マルチ商法などへの誘い

以上のような内容の募集です。

それではこの2つの詐欺の内容について、さらに詳しく解説しましょう。

テストライティングだけで終了されることもある

在宅ライターを狙った詐欺はとても悪質です。

なかでも、詐欺と感じさせないテストライティングを使った手法での募集は悪質です。

どのような詐欺かというと、

  1. 募集案件の内容が魅力的
  2. 本採用前にテストライティングがある
  3. 採用されず終了する

以上のような内容になっています。

まず案件を見ると、1文字3円など文字単価が高く、「継続的に記事を執筆して頂きます」といった、在宅ライターには魅力的な案件内容です。

そして、案件の下の方をよく見ると、「テストライティングを1記事執筆していただき、内容が良かった方を採用します。テストライティングは1記事50円お支払います」などと記載し募集しています。

文字単価が高く継続して執筆できる案件は安定性があるため、多くの在宅ライターはこの案件で仕事をしたいと感じます。

また、在宅ライターを募集する案件にはテストライティングは一般的にみられるため、ほとんどの人は何の不安もなく応募するでしょう。

しかし、この案件はいつもテストライティングだけで、本採用される在宅ライターはいません。

なぜなら、テストライティングという言葉を隠れ蓑に、クライアント側が希望する良質な記事を低価格で多量に獲得する、といった悪質極まりない詐欺だからです。

しかし、在宅ライター側としては、「テストライティングがダメで採用されなかった」、「50円とは言え記事の執筆報酬を貰えた」と感じてしまうため、詐欺とは気がつき辛い詐欺なので注意が必要です。

マルチ商法の可能性も

在宅ライターを狙った詐欺には、マルチ商法への勧誘もあります。

どのような内容かというと、

  1. 月収300,000~500,000円と記載し募集
  2. 応募後別のサイトやSNSへ誘導される
  3. 仕事をするためのセミナー受講などを求められる

といった内容です。

まず報酬の金額がかなり常識外れなうえ、外部へ誘導されるという形はほぼ詐欺の手口といえるでしょう。

そこでさらに、仕事をするためにセミナーの受講を勧められたうえ、セミナー受講費を要求される、といった流れの詐欺となります。

しかし、マルチ商法の案件は、募集の時点であまりにも好条件すぎるため、すぐに怪しいと感じる人もいます。

また、このような案件があった場合、クラウドソーシングサイト側が詐欺案件と判断し掲載を削除するため、かなり安全にはなってきました。

ポイント
  • 在宅ライターの需要は高まっている
  • 在宅ライターは、ある程度文章構成とタイピングが得意ならどんな人でもできる仕事
  • 詐欺と感じさせないテストライティングを使った手法での募集は悪質
  • 報酬の金額がかなり常識外れなうえ、外部へ誘導されるという形はほぼ詐欺の手口

在宅ライターの募集で詐欺を見極める方法

在宅ライターの募集で詐欺を見極める方法

在宅ライターをとして仕事をするならば、できれば詐欺などの被害には合わず安全に仕事をしたいものです。

そこで、詐欺に合わないためにも、在宅ライターの募集で詐欺案件かどうかを見極める方法をご紹介しましょう。

詐欺案件かどうかを判断するには、「マイページで評価を見る」ことです。

クラウドソーシングサイトには、案件が終了すると相手を評価できるシステムがあります。

このシステムを利用することにより、相手の過去の実績が確認できます。

仮に、テストライティング詐欺を行っているクラアントならば、評価の中に「採用されませんでしたがまたよろしくお願いします」などの文章をたくさん見かけるでしょう。

また、勘のいいワーカーなら「テストライティングだけで本採用しない悪質なクライアントです」とハッキリ評価コメントを残す人もいます。

このように、評価を確認するだけでクライアントの情報を得ることができるため、詐欺を回避することができるでしょう。

実名か企業のクライアントに応募するのみ

詐欺を見極めるには、マイページで評価を確認する方法がありますが、このほかに、「実名か実在する企業のクライアントの案件のみ応募する」という方法もあります。

クラウドソーシングサイトを利用する際、登録するアカウント名は自由に設定できます。

誠実に仕事をするワーカーを募集したいクラアントならば、企業名や実名を使ったアカウントを作成するでしょう。

つまり、企業名を明記したアカウントならば、企業の信用問題にも関わってくるため詐欺のような悪質な内容の案件の提供はないということです。

ポイント
  • 評価を確認するだけでクライアントの情報を得ることができるため、詐欺を回避することができる

募集に詐欺が多いので複数のクラウドソーシングを利用しよう

クラウドソーシングサイトには、どれだけ注意していても詐欺に関わる案件の募集を見かけることがあります。

このような詐欺の被害にあう確率を少しでも減らすには、複数のクラウドソーシングサイトに登録することが有効的です。

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ|詐欺を見極めて応募しよう

この記事でお伝えしたことをまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 在宅ライターの需要は高まっている
  • 在宅ライターは、ある程度文章構成とタイピングが得意ならどんな人でもできる仕事
  • 詐欺と感じさせないテストライティングを使った手法での募集は悪質
  • 報酬の金額がかなり常識外れなうえ、外部へ誘導されるという形はほぼ詐欺の手口
  • 評価を確認するだけでクライアントの情報を得ることができるため、詐欺を回避することができる

クラウドソーシングサイトには、在宅ライターを狙った詐欺案件の募集を見かけることがあります。

このような詐欺案件は、「簡単」「コピペでOK」など好条件な内容になっています。

今回、詐欺を未然に防ぐための方法や詐欺案件を見極める方法をご紹介しました。

ぜひ今回紹介したことを参考に、詐欺案件の募集に申し込まないようにしましょう。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」