サグーワークスを利用時の確定申告などの税金制度について

<画像>サグーワークスを利用時の確定申告などの税金制度について

サグーワークス」はウィルゲートが運営している記事の外注・作成代行を頼みたいクライアントとWebライターで仕事をして稼ぎたい方のための国内トップクラスの記事作成サービスです。

2021年2月現在で、発注しているクライアント数は3,500社で、ライターの数は279,402人です。

<画像>サグーワークス

これから登録する方で、

お悩み

「サグーワークス利用時の税金ってどうなるの?」

という疑問を、この記事では解決していきます。

最後まで読むことで、サグーワークスの確定申告などの税金事情について全て理解することができますよ!

ちゃんと稼ぐなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。
そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテック
クラウドテック」は、クラウドワークスが展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!
  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • ライター単価も平均月40万円
クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう! 詳細を見る

サグーワークスで働く場合、確定申告や税金の支払いは必要?

<画像>専業主婦がサグーワークスで働く場合、確定申告や税金の支払いは必要?

まず、根本的に確定申告や税金の支払いが必要なのかについて解説していきます。

確定申告は収入により異なるが税金の支払いは必須

専業主婦に限らず、サグーワークスで働く働かないに限らず税金の支払いは必要です。

確定申告については、収入によるので人それぞれですが、税金は必ず支払う必要があるものです。

確定申告については、個人の収入によるので、詳しくは以下の参考にしてください。

 

主婦目線で見るサグーワークスの税金について

<画像>主婦目線で見るサグーワークスの税金について

サグーワークスの税金について解説していきますが、一番気になる部分は「扶養」についてでしょう。

この記事では、主に扶養について解説していきます。

配偶者控除とは?

「配偶者控除」とは、世帯主の妻(主婦)や夫(旦那)のバイトや派遣、業務委託での年収が103万円以下もしくは専業主婦(主夫)のときに適用される所得税控除のことを言います。

この所得税控除は、世帯主の所得から38万円控除される仕組みです。

内訳は以下の通りです。

給与所得控除65万円 + 基礎控除38万円 = 103万円

この基礎控除に関しては、日本国民の全員が誰でも対象になります。

サグーワークスで収入20万円を超えると税金を納める必要がある?

<画像>サグーワークスで収入20万円を超えると税金を納める必要がある?

サグーワークスやランサーズ、クラウドワークスなどの在宅ワークでの年収が20万円以上超えるとなると確定申告をする必要性も出ててきます。

その際に、税金を納める必要があるのかについて解説していきます。

20万円を超えた収入が課税対象

20万円を超えた収入に対して、税金の支払いが必要になります。

この税金は、「所得税」と「住民税」です。

課税所得の1万円単位で切り捨てた額に、所得税の税率5%がかかります。

主婦が夫の扶養に入るには?

<画像>主婦が夫の扶養に入るには?

主婦の年収が103万円を超えなければ、夫の扶養内になります。

つまり、夫の扶養に入ることができます。

ただ、住民税は33万円かかってしまうので、住民税も0円(無税)に抑えたい場合は、年収を103万円よりも低い98万円に抑える必要があります。

最新の配偶者控除・配偶者特別控除が改定とは?

2018年から、配偶者控除・配偶者特別控除が改定され、配偶者控除対象の年収上限が103万円から150万円に変更されることになりました。

つまり、年収150万円以下であれば配偶者特別控除を受けることができるように対象が広がりました。

サグーワークスで働く主婦の配偶者控除について解説

<画像>サグーワークスで働く主婦の配偶者控除について解説

サグーワークスなどの在宅の仕事でも、「報酬」扱いになるので、103万円の給与所得控除65万円を受けることはできません。

ただ、基礎控除の38万円は誰でも対象となる控除額です。

そのため、サグーワークスやランサーズ、クラウドワークスなどの在宅ワークであっても、年間の所得が38万円以下であれば、夫の扶養に入れるようになります。

サグーワークスで働く主婦でも「青色申告」は可能

在宅ワークであっても、確定申告をすれば「青色申告特別控除」の適用を受けることができます。

そうすると、給与所得控除65万円と同額の控除を受けられることもあります。

在宅ワークは給与所得控除がNG、所得が38万円以下ならOK

サグーワークスなどの在宅ワークでは給与所得控除を受けることができません。

ただ、所得が38万円以下であれば、夫の扶養に入ることができます。

確定申告をするならサグーワークス以外のクラウドソーシングサイトも併用しよう

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ|主婦であれ、サグーワークスの利用有無に関係なく税金の支払いは必須

この記事では、サグーワークスの税金について主婦目線で解説してきました。

まとめると以下の通りです。

まとめ
  • 確定申告は収入により異なるが税金の支払いは必須
  • 20万円を超えた収入に対して、税金の支払いが必要
  • 主婦の年収が103万円を超えなければ、夫の扶養内になる
  • サグーワークスで働く主婦でも「青色申告」は可能

サグーワークスに関係なく、税金の支払いは必須になるので気をつけましょう。

ご不明点がありましたら、お近くの税務署に訪問するのが一番良いです。

在宅・副業におすすめは「_ist」
在宅・副業におすすめは「_ist」