クラウドソーシングの副業は禁止なの?会社によるの?

「クラウドソーシング」とは、ネット上で企業が不特定多数のワーカーに業務を外注することを言います。

そんなクラウドソーシングサイトを初心者で利用したいと思ったとき、

クラウドソーシングの副業は禁止なの?本業の会社によるの?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、クラウドソーシングの副業は禁止なのか、会社によって副業禁止制度が異なるのかについて解説していきます。

最後まで読むことで、クラウドソーシングでの副業が禁止なのかわかるでしょう。

副業でちゃんと働くなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。なぜなら、コロナ禍の影響で在宅で働きたい副業ワーカーも増えたため、単価が安い案件でもワーカーが受注するようになったからです。 そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテッククラウドテック」は、クラウドワークスを運営している会社が展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実! クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!(ライターの単価も平均月収40万円※2021年9月現在) 公式サイトはコチラ

まずは副業禁止なのかを会社に確認する

まずは副業禁止なのかを会社に確認する

最近、さまざまな企業が社員の副業を認めるようになってきました。

これにより、副業をはじめる人も増えています。

しかし、副業を解禁し始めた企業が増えていると言っても、あなたが勤めている会社も同じように副業を認めているというわけではありません。

現状としては、副業を禁止している企業の方が多く見られますが、もし、今勤務している会社が副業を解禁した場合、チャレンジしてみようという気持ちになるでしょう。

しかし、いざアルバイトに出るとなるとなかなか時間の都合がつかないため、副業ができないことがあります。

そこで注目されているのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングは、数ある副業の中でも家にいながら手軽に始められるため注目されています。

副業禁止かどうかは会社規定で異なる

副業が可能か禁止かということは、企業により違います。

自分の会社はどうなのかを知りたい場合、会社の規定が記されている就業規定を確認しましょう。

就業規定には、その会社に勤める人が守らなければならない規則や、有給休暇や給与のことなど働く人に与えられている権利などが記載してあります。

これにより、副業禁止かどうかに関しても必ず就業規定に記載してあるので、これから副業をはじめようと考えている人は、事前に確認すると良いでしょう。

アルバイト・パート・派遣は副業OKな可能性が高い

社員の副業を認めている企業が増えていますが、副業を禁止している会社が多いのが現状です。

しかし、同じ企業で働いている人でもパートや派遣など、正社員ではない人には副業が認めていることもあります。

このようなケースでも企業によって違いがあります。

自分が働いている会社はどうなのか気になる場合は事前に就業規則を確認しましょう。

ポイント
  • 働いている会社は副業ができるのか確認するには就業規則をチェック

副業禁止な中でクラウドソーシングを利用するリスク

副業禁止な中でクラウドソーシングを利用するリスク

副業を解禁する企業が増えてきたといっても、まだまだ少ないのが現状です。

現在、企業の多くは副業を禁止しています。

もし、会社が副業を禁止している状態で副業をしていることが知られてしまった場合、どの様なリスクがあるのか解説しましょう。

減給される可能性がある

会社が副業を禁止している場合、考えられるリスクのひとつが減給です。

その理由としては、やはり社内規則に違反しているため、言及はその罰則と考えられます。

最悪の場合、クビも有り得る

減給のほかに考えられるリスクは、クビです。

一般的に考えて、会社に何らかの迷惑が掛からない限り、クビという罰則は少ないかもしれません。

しかし、社内規定によっては、「どんな業種であっても絶対副業を行ってはいけない」と記載されていた場合、クビの対象になる可能性があるので、注意が必要です。

ポイント
  • 副業禁止の中で副業をすると、減給やクビをされる可能性があるので注意が必要

副業禁止の中でクラウドソーシングを利用する方法

副業禁止の中でクラウドソーシングを利用する方法

会社が副業を禁止している中で、どうしても副業をしなければならない事情がある場合、できるだけばれないようにしなければなりません。

それにはクラウドソーシングが有効的といえるでしょう。

なぜ、副業禁止の中でクラウドソーシングが有効的なのかというと、クラウドソーシングは在宅ワークがメインだからです。

副業としてアルバイトなどを行った場合、人と顔を合わせてしまう可能性があるため、会社の人に知られてしまう可能性があります。

しかし、在宅ワークならば人と顔を合わせる機会がほとんどないため、副業をしていることを知られる可能性は低くなるので有効的といえます。

また、副業禁止の中でクラウドソーシングを利用する場合以下のような点に注意する必要があります。

  • 年間の所得を20万円以内に抑える
  • 住民税を自分で納付する
  • 上司や同僚、取引先に一切話さない

なぜこれらの点に注意しなければならないのか、解説しましょう。

年間の所得を20万円以内に抑える

会社などに勤めている人が副業を行った場合、税法上20万円を超えると確定申告をしなければなりません。

確定申告を行うと、収入によっては住民税などを納めなければなりません。

しかし、収入を20万円以内に抑えることができれば、確定申告を行う必要はありません。

こうすることで、副業をしていても収入金額から副業が知られる可能性は低くなります。

住民税を自分で納付する

会社に勤めている場合、源泉徴収という形で住民税を納めています。

副業の収入が20万円を超えた場合、税法上確定申告を行い住民税を納付する必要があります。

この際に、副業分の住民税が会社の源泉徴収に加算されてしまうため、副業がバレてしまうケースがあります。

そうならないためにも、確定申告後は住民税を自分で納付するようにしましょう。

そうすることで、会社の源泉徴収と合算されることはなくなるので、副業をしていることを知られる心配はなくなります。

上司や同僚、取引先に一切話さない

クラウドソーシングは、在宅ワークがメインなため副業をしているということが人に知られる心配ありません。

しかし、自ら人に話してしまうといくら隠していても副業をしているということを知られてしまいます。

これでは、どんな内容の副業だとしても、会社に知られてしまいます。

確実に知られないようにするためには、上司や同僚、取引先の人には一切話さないようにしましょう。

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 働いている会社は副業ができるのか確認するには就業規則をチェック
  • 副業禁止の中で副業をすると、減給やクビをされる可能性があるので注意が必要

最近副業を解禁する企業が増えてきましたが、現状としてはまだまだ禁止しているところが多いです。

しかし、どうしても副業で収入を得ないと生活ができないということもあります。

そのような人には、クラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングは、在宅ワークがメインなので人と顔を合わせる心配もないため、副業をしていることを知られる可能性は低いです。

今回ご紹介したことを参考に、あなたも副業で収入を得てみましょう。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ
\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ