在宅ワークに必要なスキル5選!稼げる専門スキルやスキルなしの仕事も紹介

在宅ワークに必要なスキル5選!稼げる専門スキルやスキルなしの仕事も紹介

「在宅ワークに必要なスキルって何?」

「スキルなしでもできる仕事はある?」

「専門スキルを身に着ける勉強法って?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、在宅ワークや副業のために必要なスキルについて解説しています。

結論、在宅ワークに必要な最低限のスキルは5つです。一読することで、どんなスキルを習得すべきなのか理解できます。

習得がおすすめの専門スキルや具体的な勉強方法も参考にして、在宅ワークの夢を叶えましょう。

もくじ

在宅ワークに必要なスキルは全部で5つ

在宅ワークに必要なスキルは全部で5つ

在宅ワークを始める前に必ず身につけておきたいスキル5つを紹介します。

  1. 基礎的なパソコンスキル
  2. コミュニケーションスキル
  3. ビジネスマナースキル
  4. 自己管理能力
  5. 問題解決能力

以下で詳しく解説していきますので、自分に足りてないと思う箇所があったらチェックしてみてください。

基礎的なパソコンスキル

テレワークでは、すべての作業をパソコンで行います。

テレワークの種類によってはスマートフォンでも対応できるものもありますが、作業効率を考えるとパソコンのほうが断然早いです。

スムーズに作業をこなすためにも、最低限のパソコンスキルを身につける必要があります。

タイピング、基本機能の操作、メールの使用方法は、身につけておきましょう。

細かな確認作業などコミュニケーション

在宅ワークでは、メールやチャットツールによるコミュニケーションがメインとなるため、コミュニケーションスキルは重要です。

顔が見えない分、より密なコミュニケーションを取らないと思わぬところで認識の相違が生まれ、業務に大きな影響を与えてしまう可能性があります。

在宅ワークこそ、コミュニケーションスキルが重要であるということを覚えておいてください。

ビジネスマナースキル

在宅ワークといっても一社会人としてビジネスマナースキルも身につけておきましょう。

丁寧な言葉遣い、メールやチャットへの素早い返信を心がけてください。

返信はどんなに遅くても1日以内に返すようにしましょう。

事前に連絡が返せないとわかっていれば、前もってクライアントに伝えるようにしましょう。

止むを得ず連絡が遅れてしまった場合は、初めに「ご連絡が遅くなり大変申し訳ございません。」と謝罪することを心がけてください。

コミュニケーションと同様に、相手の顔が見えないからこそビジネスマナースキルも大切です。

自己管理能力

在宅ワークでは、自己管理をしっかりして働く時間を確保しなければなりません。

自己管理ができず納期がギリギリになってしまうと、納期に間に合わなくなってしまいます。

納期に遅れてしまうと、せっかく獲得した案件も失ってしまう可能性があります。

継続して案件を獲得するためにも、自己管理スキルを身につけておきましょう。

問題解決能力

在宅ワークをしていく上で、問題解決能力は重要です。

仕事でわからないことに直面しても、会社であれば周りの人に相談できますが、在宅ワークではそうはいきません。

メールやチャットで質問しても、すぐに回答が返ってくるわけではありません。

スムーズに仕事をこなすためにも、自分で調べて問題を解決する力があれば、クライアントから信頼も得られるでしょう。

在宅ワークでリモートワークは専門スキルなしでも可能!在宅勤務をパソコンスキルのみでできる仕事

在宅ワークでリモートワークは専門スキルなしでも可能!在宅勤務をパソコンスキルのみでできる仕事

在宅・リモートワークでは、専門知識がなくても始められる仕事があります。

どんな仕事があるか以下で詳しく紹介していきます。

スキルなしでできる仕事5選

在宅ワークの中には、専門的な知識やスキルが必要ない仕事もあります。

  • データ入力
  • シール貼り
  • 文字起こし
  • ポイントサイト
  • アンケートサイト

基本的なパソコンの操作ができれば、専門的な知識は必要ありません。

スマートフォンでもできるので、空いた時間にコツコツ進めることでお小遣い稼ぎができます。

スキルなしでできる仕事は報酬が低い

スキルを必要としない仕事は、在宅ワーク初心者が始めるにはおすすめですが、単価が低いというデメリットがあります。

毎日作業しても1ヶ月で数百円〜数千円にしかならないという場合がほとんどです。

在宅ワークでもっとお金を稼ぎたいと思っている方は、専門知識を身につけることをおすすめします。

在宅ワークで専門スキルは高収入を得るのに必要なスキル

在宅ワークで専門スキルは高収入を得るのに必要なスキル

在宅ワークで高収入を得るためのスキルには以下のようなものがあります。

以下で詳しく解説していきますので、自分に合いそうなスキルを見つけましょう。

Webライティングスキル

Webライティングスキルは、ブログや企業が運営するサイトで掲載されるネット記事を執筆するためのスキルです。

Webライティングに必要なスキルは主に3つあります。

  • 基本的なパソコンスキル
  • 情報収集し、情報を取捨選択するスキル
  • わかりやすい文章を書くスキル

Webライティングのコンテンツには様々なジャンルがあります。

自身の経験をもとに書けるジャンルであれば、記事として完成度が高くなるので、得意なジャンルを見つけて経験を積みましょう。

SEOやCV獲得などのWebマーケティングスキル

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」という意味で、サイトを上位表示させるためのスキルです。

ほとんどの人はGoogleなどで検索をした時、一番初めに表示されるページを閲覧します。

一番初めに表示されるサイトは、多くの人の目に留まるので、サイトの認知度アップ、集客力アップが望めます。

SEOはWebライティングスキルと併せて覚えることで、採用率が上がり、単価アップも可能です。

プログラミングスキル

プログラミングスキルは、プログラミング言語を使ってWebサイトやWebアプリを開発するためのスキルです。

プログラミング言語はいくつも種類がありますが、一つでも覚えることができれば十分稼ぐことができます。

エンジニアは専門知識が必要なので、人材が不足しがちです。

どの企業もエンジニア不足のため、案件数も多く狙い目でしょう。

高収入を目指すには相応の経験が必要になるので、クラウドソーシングサービスなどを利用し実績を積みましょう。

Webデザインスキル

Webデザインスキルは、起業のホームページやブログなどのWebサイトをデザインするスキルです。

プログラミングと同じく、専門知識が必要になるので、高単価の案件が多く存在します。

デザインということでセンスがないと難しいのでは?と思う方も多いでしょうが、法則や実例を覚えることが大切でセンスの有無は関係ありません。

photoshopデザインスキル

photoshopは、写真を加工したり、合成したり、グラフィックを作ったりするスキルです。

IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使いこなせるようになる必要があります。

PhotoshopはAdobeが提供しているソフトですが、日本語で使用できて、調べれば多くのサイトで使い方を紹介しています。

未経験者がスキルを習得するためには時間がかかりますが、写真の加工やデザインが好きな方は楽しく学ぶことができるでしょう。

ただし、photoshopは有料のソフトのため、一番安いプランでも1,078円/月(税込)がかかるのでご注意ください。(2021年11月時点)

動画編集スキル

動画編集スキルでは、動画編集ソフトを使いこなせる必要があります。

動画編集ソフトには、Adobe premiere Pro、Final Cut Proなどがありますが、併せてphotoshopもマスターしておくとよいでしょう。

Youtuberとしてデビューする人が増加している今は、動画編集の仕事も増加傾向にあります。

Adobe premiere Proは、一番安いプランで1,848円/月(税込)がかかります。(2021年11月時点)

Final Cut Proは、90日間の無料期間がありますが、無料期間以降は36,800円で購入が必要です。

英語など外国語スキル

英語などの外国語が扱えれば、翻訳の仕事を始めることができます。

英検やTOEICなど英語能力を証明するものがあれば、多くの仕事を受注できるでしょう。

翻訳の仕事はリーディングとライティングがメインなので、ヒアリングが苦手な方でも始められます。

在宅ワークで稼げる専門スキルはプログラミングがおすすめ

在宅ワークで稼げる専門スキルはプログラミングがおすすめ

在宅ワークで稼げる専門スキルの中で1番のおすすめはプログラミングです。

プログラミングがおすすめの理由は以下の3つです。

  1. プログラミングは高単価の案件が多い
  2. 未経験からでも始められる
  3. 特にWebサイト制作案件が多い

プログラミングは高単価の案件が多い

プログラミング案件は専門的な知識を要するため高単価の案件が多くあります。

クラウドソーシングサイトでも、プログラミング案件は5〜10万円の単価のものが多く、高いものであれば100万円を超える案件もあります。

ただし、高単価になればなるほど経験と実績が必要になるということは覚えておきましょう。

パソコンがあれば未経験からでも始められる

プログラミングはパソコンさえあれば始めることが可能です。

検索すれば情報もたくさん出てくるので、独学で勉強もできるでしょう。

ツールも無料で利用できるものが多く、初心者でも安心して始められます。

Webサイトの制作案件が多くておすすめ

Webサイト制作案件は、IT業界のエンジニア不足も相まって案件数が多くて狙い目です。

1つの案件が終了しても比較的すぐに次の案件を見つけることができるでしょう。

経験を積めば積むだけ、次の案件を獲得しやすく高単価の案件を狙うこともできます。

在宅ワークでWeb案件を未経験で取る方法

在宅ワークでWeb案件を未経験で取る方法

在宅ワークでWeb案件を獲得するためのコツを紹介していきます。

どれも難しいことではないので、ぜひ実践してみてください。

ポートフォリオを作成する

これまで自分の実績を証明するためにもポートフォリオを作成しましょう。

未経験でまだ実績がないという方は、練習で作ったサイトでもOKです。

ポートフォリオサイトは、WordPressを使って作成してみるのがよいでしょう。

ポートフォリオサイトを作ることで、レンタルサーバーの使い方や WordPressの基本的な操作も覚えることができます。

料金メニューを準備する

クライアントが見積もりを作りやすいよう、料金メニューを作成しましょう。

料金表を作るときは、週に何時間働けるか、月にどれだけ稼ぎたいかを意識しましょう。

週40時間働いて月30万円稼ぎたいのであれば、時給換算にすると1,875円になります。

40(時間)×4(週間)=160(時間)

300,000(円)÷160(時間)=1,875(円)

1ページ作成するのに4時間かかると想定したら、1ページの料金は7,500円と設定するとよいでしょう。

営業文を書く

仕事を獲得するためにも営業文は重要です。

営業文には最低でも以下の5点を記載しましょう。

  • 経歴
  • スキル
  • 連絡先
  • 対応納期の目安(1週間の作業時間等)
  • レスポンス時間の目安

営業文をしっかり書くことで案件の獲得率は大きく変わってきます。

スキルアップでおすすめの資格

スキルアップでおすすめの資格

スキルアップでおすすめの資格を紹介していきます。

気になるものがあれば、積極的にチャレンジしていきましょう。

ウェブデザイン検定・Webデザイナー検定

ウェブデザイン検定は、ウェブサイトのデザイン能力を問われる試験です。

国家資格であり1級から3級に分かれており、3級はもっとも難易度が低く、1級が最も難しくなっています。

3級であれば誰でも受験できますが、2級を受験するには実務経験が2年、1級を受けるには実務経験が7年必要です。

Webデザイナー検定は、コンセプトから、Webページのデザインなど様々な知識が問われる試験です。

Webデザイナー検定には、2種類あり、ベーシックとエキスパートの2つのコースがあります。

ベーシックの方は難易度が低いので、初心者の方でも基礎知識が身に付いていれば合格できるでしょう。

WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定は、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行するWebライター向けの民間資格です。

資格取得することで以下のようなメリットがあります。

  • ライティングスキルの向上
  • ライティングスキルの証明
  • 合格者特典

合格特典として、クラウドソーシングサイト各社からクライアントに対して紹介してもらえたり、報酬がアップしたりといった特典を受けられます。

WEBライティングならFPや宅建もおすすめ

Webライターとして働くのであれば、FPや宅地建物取引士といった専門資格を取ることで高単価案件を獲得しやすくなります。

資格をもっていることで知識の裏付けとなるので、メディアの権威づけやSEO対策につながります。

宅建やFP以外でも専門知識を証明する資格であれば、案件獲得に役立つので興味がある資格があれば挑戦してみましょう。

Photoshopクリエイター能力検定

Photoshopクリエイター能力認定は、サーティファイが行う民間資格の1つです。

Photoshopによる画像編集や加工の技術を証明できる資格であり、Webデザイナーを目指す人は取得しておくことをおすすめします。

難易度は、スタンダードとエキスパートの2種類あり、スタンダードの試験は実技問題のみ、エキスパートの試験は実技問題と知識問題が出題されます。

TOEICなど語学系資格

TOEICは、「Test Of English for International Communication」の略称で、直訳すると「国際的な意思疎通のための英語のテスト」となります。

TOEICの受験者数は日本で年間約245万人(2018年)で一度は受験したことのある人も多いのではないでしょうか?

TOEICで高得点を取ることができれば、翻訳の仕事獲得に役立つこと間違いなしです。

クラウドソーシングの認定資格

WEBライター検定3級は、クラウドワークス登録者なら誰でも無料で受験することができます。

講義動画を見て、学習することが可能です。

試験に合格できなかったとしても、講義動画を見るだけで十分役立つ知識を身につけられるでしょう。

講義動画も無料で見れるので、クラウドワークスへ登録してみてください。

副業で在宅ワークするためのスキルアアップや勉強法

副業で在宅ワークするためのスキルアアップや勉強法

副業で在宅ワークするためのスキルアップ・勉強方法を紹介していきます。

書籍などで独学する

スキルアップのための勉強方法でおすすめは、本やネットで調べて独学する方法です。

本やネットで調べるのであれば、勉強にかかる費用を抑えることができます。

自分のペースで学習できますが、わからないことがあっても自分で調べるしかありません。

セミナーや勉強会に行く

独学での勉強が苦手な方は、セミナーや勉強会を利用するのがおすすめです。

セミナーや勉強会は、数時間の講義が週1回のペースで開催されるので、週に何度も時間を作る必要はありません。

初めのうちはセミナーで基礎を学び、基礎が身に付いたらあとは独学で勉強するといった方法もよいでしょう。

Udemyなどの教材サイトで学習する

独学での勉強が苦手な方は、Udemyなどの教材サイトで学習するのもおすすめです。

Udemyでは、10万以上の講座が開かれています。

Udemyの講座は、1万円前後のものがほとんどですが、セールが頻繁に行われるので、時には半額以下の価格で受講することが可能です。

スクールに通う

専門知識を効率的に学びたいという方はスクールに通うのがおすすめです。

独学、セミナーや勉強会、Udemyを利用する方法よりも費用はかかりますが、集中的に学習ができます。

スクールに通うことで就職支援などのサポートも期待できるでしょう。

まとめ|主婦でも在宅ワークは可能!スキルを磨いて仕事を取ろう!

まとめ|主婦でも在宅ワークは可能!スキルを磨いて仕事を取ろう!

在宅ワークで稼げる専門スキルはプログラミングがおすすめです。

在宅ワークならば、好きな時に好きな働き方ができます。

専門知識を身につけ経験を積むことで高単価の案件も獲得できるでしょう。

自分に合った勉強方法を見つけることで効率よく知識を身につけることができます。

ただし専門知識も大切ですが、どんな職種でもコミュニケーション能力や、自己管理能力、問題解決能力も重要であることは覚えておきましょう。

勉強し、スキルを磨くことで主婦でも在宅ワーカーとして活躍することができます!

隙間時間を活用して在宅ワーカーデビューを目指しましょう。