クラウドソーシングはオワコンって本当?オワコンと言われている理由とは?

「クラウドソーシング」とは、ネット上で企業が不特定多数のワーカーに業務を外注することを言います。

そんなクラウドソーシングサイトを初心者で利用したいと思ったとき、

クラウドソーシングはオワコンなの?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、クラウドソーシングは本当にオワコンなのかわかりやすく解説します。

最後まで読むことで、クラウドソーシングはオワコンだから他のクラウドソーシングを使うべきだと理解できるでしょう。

副業でちゃんと稼ぐなら…
クラウドソーシングはおすすめできません。 そこでおすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。※60秒で簡単に登録OK

クラウドテック

クラウドテック」は、クラウドワークスを運営している会社が展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!

クラウドテックの料金表

これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!(ライターの単価も平均月収40万円※2021年10月現在) 公式サイトはコチラ ※クラウドワークスのアカウントでログインすると簡単に登録できます。

クラウドソーシングはオワコン?

クラウドソーシングはオワコン?

クラウドソーシングとは、企業が社員以外の人に業務を発注したり、個人が勤務先以外に業務を発注することであり、Cowd(群衆)とSourcing(調達)を合わせた造語をいいます。

最近では、クラウドソーシングはオワコンだと耳にします。

本当にクラウドソーシングはオワコンなのか解説しましょう。

クラウドソーシングはオワコンという事実

まずオワコンとは「終わったコンテンツ」の略であり、流行りのピークを過ぎたものや過去の人という意味でつかわれています。

仕事を発注するクライアントや仕事を受注するワーカーがいる限り、クラウドソーシングはこれからも続くといえるでしょう。

しかし、案件数よりもワーカーが増えたことにより、受注が難しくなっている傾向があります。

このことから、クラウドソーシングはオワコンである可能性と言うこともできるでしょう。

クラウドソーシングがオワコンと言われている理由は?

クラウドソーシングがオワコンと言われている理由は?

昨今では在宅勤務や副業可能な企業が増えたことによりクラウドソーシングへの登録が増え、案件の価格が下落している傾向があります。

よって案件数と受注者数のバランスがとれていないことから、オワコンであるといわれています。

手数料が高い

クラウドソーシングサイトのなかには、システム手数料として報酬額から20%~30%ひかれるサイトもあります。

例えば、10万円の案件を納品した場合は、システム手数料の他に税金もひかれるので、入金される金額は7万円程度となり、高額案件を受注しても手数料も高額なため報酬額が少なく感じるでしょう。

アカウントを無料で登録できるサイトがほどんどですが、システム手数料はさまざまなので注意が必要です。

そして、システム手数料の他に振込手数料も0円~500円とサイトによって違うので、システム手数料や振込手数料のような「手数料」はオワコンの大きなポイントといえるでしょう。

単価が低い

ジャンルによって単価の相場は異なりますが、どの案件も単価が低くなった理由として、自宅待機などで在宅が多くなりクラウドソーシングに登録する人が増えた結果、案件1件に対する競争率が高く、クライアントも低価格を提示する応募者を採用するようになったことがあげられます。

よって、クラウドソーシングによって単価の低価格化が進むことは、オワコンといわれる要因になるでしょう。

登録者が多く受注しにくい

誰でもできる案件が多いため、案件によっては1名のみの採用に対し100件の応募がくることもあります。

なので、倍率が高い案件に採用されることは困難であり、もし採用されても継続案件にならなかった場合はまた応募することからスタートとなるでしょう。

さまざまな案件があるのですべて倍率が高いわけでありませんが、評価や実績が多い人から採用される場合もあるので登録者数の多いクラウドソーシングでは受注が難しいといえます。

オワコンじゃない!手数料も安いクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングにはさまざまなサイトがあります。

無料でアカウント登録ができるサイトばかりなので、まずは複数登録してみることをオススメします。

システム手数料が安かったり、振込手数料が無料のサイト、まだ登録者数が少なく今後に期待できるサイトなどオワコンではないサイトを解説しましょう。
クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ

クラウドソーシングはオワコンであることについて解説しましたが、すべてのサイトがオワコンではありません。

報酬未入金などのトラブルを防止する機能があるサイトも多く、安心して利用できることが魅力です。

トラブルを未然に防ぐと考えると、クラウドソーシングを利用することにもメリットがあるといえるでしょう。