クラウドソーシングで源泉徴収しないことは可能?

クラウドソーシングで源泉徴収しないことは可能?

「クラウドソーシング」とは、ネット上で企業が不特定多数のワーカーに業務を外注することを言います。

そんなクラウドソーシングサイトを初心者で利用したいと思ったとき、

お悩み

クラウドソーシングで源泉徴収しないことはできるの?納税しなくてもいい?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、クラウドソーシングで源泉徴収しないという手段ができるのかについてわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、クラウドソーシングで源泉徴収しないという手段が可能なのかが理解できるでしょう。

当日払いがあるクラウドソーシング
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 悪質クライアントが多く納品してから連絡が取れなくなった
などの悪い口コミが多いのが現状です。

そこで、おすすめなのがクラウドソーシングで唯一「当日払い」ができる「_ist(イスト)」です。

<画像>_ist(イスト)
_ist(イスト)」は、手数料が業界No.1の安さで、当日払い制度があるため、報酬がすぐに手元に入ってくるクラウドソーシングサイトです。さらに、単価が高い案件も多いのが特徴です。

クラウドソーシングサイトは複数登録OKなので、登録だけでもしてみる価値があるでしょう。

\ 手数料が業界最安値 /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して実績と評価を積み上げていきましょう!

詳細を見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

クラウドソーシングでは源泉徴収しないことができる?

クラウドソーシングでは源泉徴収しないことができる?

会社の給料明細を見ると、社会保険料や厚生年金などと一緒に源泉徴収が記載されているのを見たことがあるでしょう。

源泉徴収とは、毎月の貰う給与より税金分を差し引き納税することです。

税法上、納税は国民の義務なので、源泉徴収を含め納税をしないということは不可能です。

源泉徴収とは、一般的には所得税にあたるもので、毎年年末になると年末調整として、給料に対し多く源泉徴収していた場合は還付され、少なく徴収していた場合は納税する必要があります。

このように、会社で働いていた場合年末調整を会社が行うため納税をすることはとても便利です。

しかし、副業などでクラウドソーシングを利用していた場合、源泉徴収はどのような形になっているのか心配になる人もいるでしょう。

そこで今回は、クラウドソーシングサイトでは、源泉徴収しないことは可能なのか、また、源泉徴収した場合どのように処理されてるのかなどについて解説します。

クラウドソーシングで源泉徴収しないのは可能

クラウドソーシングで仕事を受け収入を得た際、会社での給料と同様に源泉徴収しないのか、それとも源泉徴収するのか気になるでしょう。

源泉徴収するのか、しないのか、単刀直入に区別するならば、どちらでも可能というのが現状です。

クラウドソーシングの源泉徴収については、クラアント側が仕事を発注し支払いを行う際に設定するものとなっています。

つまり、クライアントが源泉徴収の設定を行えば支払いの際に源泉徴収される形となる上に、設定をしなければ源泉徴収しない形となります。

ポイント
  • 源泉徴収するのか、しないのか、単刀直入に区別するならば、どちらでも可能

詳しくは、以下の源泉徴収義務者であるかをご覧ください。

源泉徴収してしまった場合は?

源泉徴収してしまった場合は?

クラウドソーシングの案件を見ていると、源泉徴収についてしっかり記載されています。

源泉徴収しない仕事を受けた場合、収入は全てワーカーが受け取ることとなり、確定申告にて所得税などの税金を納税する必要があります。

逆に、源泉徴収してしまった場合は、報酬の支払いを受け取る際に、クライアントより源泉徴収されたことが記載された書類を貰いましょう。

そして、確定申告の際にクラアントからもらった書類を参考に、源泉徴収された金額を記載し申告する必要があります。

納税する必要がある

クラウドソーシングで源泉徴収しない場合、税法に則り納税する必要があります。

これは、本業としているか副業としているかで金額は違ってきます。

副業としてクラウドソーシングで収入を得ている場合、20万以上の収入があれば確定申告し納税する必要があり、本業としてクラウドソーシングで仕事をしている場合、年間で38万円以上の収入があれば確定申告し納税する必要があります。

ポイント
  • 副業としてクラウドソーシングで収入を得ている場合、20万以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある
  • 本業としてクラウドソーシングで仕事をしている場合、年間で38万円以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある

源泉徴収しないクラウドソーシングサイトを他で選ぶ

「面倒だから、できれば源泉徴収しない仕事を選びたい」と考える人もいるでしょう。

そのような人には、別のクラウドソーシングサイトを利用するのもひとつの方法です。

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 源泉徴収するのか、しないのか、単刀直入に区別するならば、どちらでも可能
  • 副業としてクラウドソーシングで収入を得ている場合、20万以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある
  • 本業としてクラウドソーシングで仕事をしている場合、年間で38万円以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある

クラウドソーシングで収入を得た場合、源泉徴収しないことは可能です。

しかし、源泉徴収しない場合は、確定申告をしっかり行い所得税を納税する必要があります。

今回紹介したことを参考に、源泉徴収というものをしっかり把握し、クラウドソーシングで安定した収入を得るようにしましょう。

手数料業界最安値&当日払い可能
在宅ワーク・副業におすすめの「_ist」
無料登録はコチラ
在宅ワーク・副業なら「_ist」