クラウドソーシングは儲からないからやめとけ!理由も解説

「クラウドソーシング」とは、ネット上で企業が不特定多数のワーカーに業務を外注することを言います。

そんなクラウドソーシングサイトを初心者で利用したいと思ったとき、

クラウドソーシングは儲からないんじゃない?

と疑心暗鬼になっている人もいるでしょう。

そこで、この記事では、クラウドソーシングで働くのが儲からない理由とクラウドソーシングにあるいい案件を紹介していきます。

最後まで読むことで、どうすれば初心者でも稼ぐことができるのか、稼ぎ方を知ることができますよ。

副業でちゃんと稼ぐなら…
クラウドソーシングはおすすめできません。 そこでおすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。※60秒で簡単に登録OK

クラウドテック

クラウドテック」は、クラウドワークスを運営している会社が展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!

クラウドテックの料金表

これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!(ライターの単価も平均月収40万円※2021年10月現在) 公式サイトはコチラ ※クラウドワークスのアカウントでログインすると簡単に登録できます。

クラウドソーシングが儲からない理由とは?

<画像>クラウドソーシングが儲からない理由とは?

まず結論を言ってしまうと、クラウドソーシングが儲からない理由は、予想以上に安い単価設定や時間がかかる作業の割りに単価が安すぎる案件が存在しているからです。

どのように稼ぎたいのか、どのくらい稼ぎたいのかを明確にしておかないと、いつまで経っても稼ぐことが難しいので、初心者でもわかるように稼ぎ方を詳しく解説していきます。

クラウドソーシングで儲からないときの対処法

クラウドソーシングで全然稼げない時の対処法はまず「ベース」を作ることです。

なぜなら、「儲かる」「儲からない」などの価値観も人によって異なるからです。

たとえば、「このくらいの時間でこのくらいの単価だったら働く」「この作業量ならこの単価が妥当」などどいったあなたなりのベースを作成してみましょう。

そうすることで、案件の分別もできるので、効率よく稼ぐことができるようになります。

ポイント
  • クラウドソーシングで儲からない時は、まず「ベース」を作る!

クラウドソーシングの報酬を時給に換算してみる

<画像>時給に換算してみる

次に、クラウドソーシングの単価を時給に換算して、儲からない案件から避ける方法を紹介します。

たとえば、アルバイトだと1時間働くときの時給は「800円〜1200円」くらいになるはずです。

この時給を基準にすることで、報酬の適正価格を測ることができます。

ライティングの時給

初心者とベテランで作業時間が異なりますが、初心者が2,000文字を1記事執筆するのにかかる時間は約2時間です。

この単価が2,000円だとします。

この場合、時給に換算すると、このライティング業務の時給は1,000円になります。

このようによく募集されている仕事で、1時間の稼働がどのくらいになるのか、どのくらいの報酬となるかを考えることで、時間の対価にあっているかなどを確認することができます。

データ入力の時給

データ入力の仕事はクラウドソーシングでの掲載が多い案件です。

たとえば、1件50円のデータ入力で、1件の入力に5分かかるとすれば、時給換算すると600円になります。

これを「簡単に稼げた!」「全然儲からないじゃん!」と思うかはその人次第になりますが、時給に置き換えることで、その案件の報酬が適正価格なのかを知ることができます。

ポイント
  • ライティングの時給は1,000円
  • データ入力の時給は600円

クラウドソーシングで全然稼げない理由は?

<画像>クラウドソーシングで全然稼げない理由は?

初心者がクラウドソーシングで稼げない理由は以下の通りです。

  • 記事作成が不慣れ
  • 実績がない
  • 連絡を頻繁に取る必要がある
  • 納品後の審査が通らないと報酬が発生しない
  • 単価が安いものが多い
  • 単価が安いからモチベーションが下がる

上記のようなことが原因で初心者が稼げていないということが起きています。

記事作成にはある程度の知識が必要

記事作成の仕事は簡単そうに見えて、ある程度の知識が必要です。

それに掲載するWebサイトによってライティングマニュアルも異なってしまうので、「です・まず調」などの文章体が度々変わってきてしまうのです。

それに納品をしたとしても、納品後にクライアントチェックが済んだら報酬が発生するしくみなので、いくらあなたが早く納品したとしても、クライアントのチェックが遅かった場合、報酬も全然もらえないということが起きてしまうのです。

ポイント
  • 記事作成ですぐに稼ぐことは難しい

儲かるか心配な人へ。初心者の稼ぎ方を解説

<画像>初心者の稼ぎ方は?

初心者としてクラウドソーシングを始めるにあたって、稼ぐためのキャリアステップを解説します。

先に言っておくと、クラウドソーシングに登録してすぐに稼ぐことは不可能です。

すぐに月5万稼ぐためには、それなりの労力と時間が必要になります。

なかには「すぐに月5万円をクラウドソーシングで稼げました!」という方もいますが、それは稀なことであり、むしろ少数だと考えておくべきです。

ただ、将来的に、3ヶ月後には安定して稼ぐことができるようになるので、初心者が稼ぐためのコツを解説していきます。

  1. 低単価の案件でも受注して評価を増やす
  2. 長期的に働ける仕事を見つける
  3. プロフィールを常に更新する
  4. 継続的に仕事を続ける

低単価の案件でも受注して評価を増やす

いくらスキルや知識があっても、登録直後に月5万円以上を稼ぐことは不可能と言えます。

初心者が稼ぐためには、まず土台づくりを行っていきましょう。

詳しく言いますと、「評価を増やす」ことです。

クラウドソーシングでは、ワーカーとクライアントともに、5段階評価で評価が掲載されています。

とくにクライアント側は、ワーカーに仕事を依頼するときの判断として、「評価」を重視する傾向があります。

一方、ワーカーもクライアントの評価を参考にして仕事を選ぶこともあります。

そのため、まずはこの「評価」を上げないことには何も始まらないというわけです。

実績がない初心者でも簡単に高評価をもらえる仕事は以下の4つです。

  1. アンケート
  2. レビュー・体験談
  3. データ入力
  4. ライティング

上記の4つは比較的、高評価をもらいやすい仕事です。

まずは上記の4つの仕事から取り組んでいきましょう。

ただ、最初に低評価がついてしまうと、なかなか受注しにくくなってしまうので、慎重に行いましょう!

長期的に働ける仕事を見つける

継続依頼できる仕事を見つけることができれば、安定して収入を得ることができます。

単発で行う仕事の方が案件として多いですが、なかには長期的に依頼してくれるような仕事もあります。

例えば、募集要項に

  • 「継続依頼あり」
  • 「長期歓迎」
  • 「長期的に〜」

などの記載がある案件が長期的に働ける可能性がある案件です。

このような長期的に働ける仕事に応募して受注できれば一定の収入を得ることができるようになります。

プロフィールを常に更新する

プロフィールの変更はとても大切です。

好印象を与えるプロフィールを作成するように心がけましょう。

とくに、自分のスキルや人柄をアピールすることを重要視して作成してください。

あなたの履歴書だと思えば、正確に伝わりやすく作成できるはずです。

また職務経歴書のようなものもないので、プロフィールに経歴を書くのもおすすめです。

クライアントが知りたい情報は、「このワーカーは依頼する仕事をきちんと期限とマナーを守ってこなせる人材だろうか?」という点です。

あなたのこれまでの実績を詳しく記載することで、クライアントはワーカーの能力をスムーズに判断できるようになります。

またクライアントへのメッセージを盛り込むことで、クライアントが好感をもってらいやすくなります。

例えば、以下のような項目をプロフィールに盛り込むと良いでしょう。

  • 現在の職業
  • これまでの職業
  • これまでの実績
  • 趣味・特技
  • クラウドソーシングでの実績
  • 週にどれくらい作業できるか
  • 連絡の取れる時間帯

クライアントの中には、依頼したい仕事のジャンルをフリーワードで検索する場合もあります。

あなたのプロフィールの中の文言がヒットすれば、検索結果の上位に表示されるので仕事を依頼されやすくなることもあるので、できるだけ詳しく文字数いっぱいに書きましょう。

継続的に仕事を続ける

クラウドソーシングで掲載している仕事は慣れれば慣れるほど、簡単に稼げるようになっていきます。

はじめは全ての仕事に対して時間がかかってしまうことがあっても、初心者ですから当たり前です。

継続的に作業をこなしていくことで、徐々に慣れて作業スピードも早くなっていきます。

それに継続的に案件をこなして実績をつけていくことで、文字単価が上がっていきます。

文字単価が上がっていけば、必然的に報酬も上がっていくので、継続して仕事をしていくことがいかに大切であるかがわかるはずです。

儲からないと感じた人におすすめのクラウドソーシングサイト5選

クラウドソーシングで儲かるには手数料の安さがポイントです。

ここでは、手数料が安いクラウドソーシングサイトを紹介します。

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

クラウドソーシングの儲け方とは?

クラウドソーシングの儲け方とは?

クラウドソーシングで儲けるには、初心者でもできる案件をこなしていくことです。

初心者におすすめで、クラウドソーシングで仕事を募集している案件を紹介します。

上記の2つが初心者におすすめの仕事です。

それぞれの理由を詳しく解説します。

データ入力

データ入力とは、企業や個人のデータをテキスト化していく仕事です。

たとえば、

  • 成果や売上、損失などのデータ化
  • 顧客情報などのデータ化・リスト化
  • アンケート情報の集計
  • セミナーや会議の議事録やテキスト化
  • セミナーや動画の文字起こし

などデータ入力でもさまざまな内容があります。

データ入力で求められるのは、「正確性」と「納品スピード」です。

スキルはタイピングスピードがあれば効率よく仕事をこなせるでしょう。

時給換算にすると、約1,000円くらいなので、すぐに収入を得たい人におすすめの仕事です。

ライター

データ入力の次に挑戦しやすいのがライターです。

初心者でもやりやすい仕事ですが、クライアントの指示に従ってきちんとマニュアルなどに沿った文章をライティングするようにしましょう。

またライターの仕事は納期が遅くても大丈夫なことが多いので、手が出しやすいでしょう。

まとめ|クラウドソーシングは儲からない!

この記事では、クラウドソーシングは儲からないのか、いい案件と全然稼げない理由まで具体的に紹介してきました。

クラウドソーシングの案件の特徴は、誰でも気軽に仕事ができることです。

つまり、簡単で単調な仕事が多いということになります。

専門的なスキルがない場合は、安定した収入を得ることができないので、儲からないということになります。

もし、あなたがクラウドソーシングで本気で儲かりたいと考えているのであれば、専門的なスキルをつけることが一番手っ取り早く儲かることができます。