本業はやめとけ!クラウドソーシングを本業として働くには?

本業はやめとけ!クラウドソーシングを本業として働くには?

「クラウドソーシング」とは、ネット上で企業が不特定多数のワーカーに業務を外注することを言います。

そんなクラウドソーシングサイトを初心者で利用したいと思ったとき、

「クラウドソーシングで本業として稼ぎたい!」

と思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事では、クラウドソーシングを本業として稼ぐ方法、どのようにすれば本業にしていけるのかをわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、稼ぎ方を知ることができるので、本業にして稼ぐことができますよ。

副業でちゃんと稼ぐなら…
クラウドソーシングはおすすめできません。 そこでおすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。※60秒で簡単に登録OK

クラウドテック

クラウドテック」は、クラウドワークスを運営している会社が展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!

クラウドテックの料金表

これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!(ライターの単価も平均月収40万円※2021年10月現在) 公式サイトはコチラ ※クラウドワークスのアカウントでログインすると簡単に登録できます。

クラウドソーシングを本業にして稼げるの?

クラウドソーシングを本業にして稼げるの?

まず、結論から言ってしまうと、クラウドソーシングを本業にして稼いでいる人もいるので、本業で稼ぐことはできます。

ただ、クラウドソーシングを本業にして稼ぐことには限界があります。

実際にクラウドソーシングを本業にして稼いでいる人も、時間をかけて、最低半年から2年くらいを目安に稼げるようになっているので、この期間は見ておくべきでしょう。

ライターとして本業として稼ぐのは難しい

クラウドソーシングで募集している案件は、比較的低安価の案件が多いので、直接取引をしてもらわないと難しいと言えます。

そのため、高単価を出してくれるクライアント、もしくは継続的に仕事をすれば単価を上げてくれるような単価を見つける必要があります。

クラウドソーシングの報酬を詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

クラウドソーシングの本業と副業の割合は?

クラウドソーシングの本業と副業の割合は?

では、実際にクラウドソーシングを利用している人の本業と副業の割合を見てみましょう。

結論ですが、クラウドソーシングを利用している人のほとんどは「副業」が圧倒的に多いです。

つまり、副業として稼げるくらいの収入しか得ることができないということになります。

クラウドソーシングの利用者の割合は以下の通りです。

  • 主婦・主夫:28%
  • 正社員・契約社員・派遣社員:27%
  • パート・アルバイト:19%
  • 学生:13%
  • 自営業・個人事業主:9%
  • ネット業務専門:2%
  • 士業・専門職:2%

上記の利用者の割合から計算すると、クラウドソーシングの利用者で本業として稼いでいるのは13%ほどです。

一方、副業として稼いでいるのは87%だと考えられます。

さらに、クラウドソーシングの希望収入や興味分野について詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてくださいね。

クラウドソーシングで本業として稼ぐ方法とは?

クラウドソーシングで本業として稼ぐ方法とは?

クラウドソーシングを利用して稼ぐ一般的な方法は、クラウドソーシングを介さずに「直接契約」することです。

なぜなら、クラウドソーシングは報酬額に応じて、20%のシステム手数料がかかってしまいます。

ですから、なるべく多くの報酬を獲得するためには、クラウドソーシングを通さずに、直接契約を結んで、報酬を得る必要があるのです。

まだクラウドソーシングに登録していない人は登録だけでも大丈夫なので、登録だけして案件を確認してみてみるのもいいでしょう。

クラウドソーシングの本業で30万円を稼ぐには?

直接契約以外でクラウドソーシングで30万円を稼ぐには、シンプルですが、高単価の案件を獲得する必要があります。

ライティングの案件の場合、単価が低いので、月収30万円を稼ぐのは難しいと言えます。

そのため、ライティング以外の案件も視野に入れて仕事を探す必要があります。

なかには、高単価の案件もありますが、どれも専門性の高い仕事が多いです。

たとえば、ナレーションや動画のシナリオ制作、画像・動画加工、デザイン制作などの案件です。

このような高単価の案件をこなすことで、月収30万円を稼ぐことができるようになるでしょう。

本業として稼ぐなら他のサイトにも登録しておこう!

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ|クラウドソーシングで本業は難しい

この記事では、クラウドソーシングで本業として稼げるのかという観点から本業で稼ぐ方法について紹介してきました。

最後にまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • ライターとして本業として稼ぐのは難しい
  • クラウドソーシングを利用している人のほとんどは「副業」が圧倒的に多い
  • クラウドソーシングを利用して稼ぐ一般的な方法は、クラウドソーシングを介さずに「直接契約」する

クラウドソーシングは誰にでもできる案件が多いので、単価が安く設定されている案件が多いです。

ただ、専門的なスキルを要する、アプリ開発のような案件だと50万円〜100万円の報酬を得ることができます。

つまり、あなた自信が専門的なスキルを持つことで、クラウドソーシングで本業として稼げるようになるのは間違いありません。