ランサーズの利用料はいくら?システム手数料についても解説

<画像>ランサーズの利用料はいくら?システム手数料についても解説

クラウドソーシングの中で、知名度が高くライターの案件が多い「ランサーズ」。

お悩み

「ランサーズの利用料はいくら?」

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事では、ランサーズの利用料はいくらなのかとシステム手数料の計算方法を解説していきます。

最後まで読むことで、ランサーズの利用料がいくらくらいなのかを理解できることでしょう。

当日払いがあるクラウドソーシング
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 悪質クライアントが多く納品してから連絡が取れなくなった
などの悪い口コミが多いのが現状です。

そこで、おすすめなのがクラウドソーシングで唯一「当日払い」ができる「_ist(イスト)」です。

<画像>_ist(イスト)
_ist(イスト)」は、手数料が業界No.1の安さで、当日払い制度があるため、報酬がすぐに手元に入ってくるクラウドソーシングサイトです。さらに、単価が高い案件も多いのが特徴です。

クラウドソーシングサイトは複数登録OKなので、登録だけでもしてみる価値があるでしょう。

\ 手数料が業界最安値 /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して実績と評価を積み上げていきましょう!

詳細を見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

ランサーズの利用料は無料

<画像>ランサーズ

ランサーズは、会員登録をはじめ、仕事の依頼・提案、各種機能は全て無料で利用できます。

しかし、仕事の成約時にのみ、ランサー(受注者)の契約金額からシステム手数料が引かれます。

ランサーズの料金体系は?

システム手数料などのような料金体系なのか解説しましょう。

まず、ランサーへの契約金額と呼ばれる支払報酬からシステム手数料が引かれます。

ちなみに、システム手数料は納品完了時、契約金額(税込)から5%~20%がランサーズに自動的に支払わる仕組みです。

よって、契約金額によって引かれる金額が異なります。

より詳しく解説すると、契約金額が10万円(税込)以下の場合はシステム手数料は20%です。

10万円~20万円以下の場合は10%、20万円を超えた場合は5%となります。

ランサーズの手数料は高いため、報酬が高かったとしても手数料を引かれてしまい、手元に入る報酬は低くなってしまいます。

そのため、クラウドソーシングはできるだけ手数料が安いサービスを利用するようにしましょう。

手数料が安いサービス
  • 業界No.1に手数料が安く当日払いがある「_ist
  • 高単価が多く手数料も安めの「craudia

クライアントは利用料ではなく報酬の支払いが必要

クライアントは、ランサーズを利用する際に手数料はかかりません。

ですが、ランサーとの仕事を契約する前に、仮払いとして契約金額を先に支払う必要があります。

ランサーからの納品が完了となったときに仮払いされていた報酬が正式に支払われます。

ランサーズの法人アカウントは料金がかかる?

ランサーズで法人アカウントとして登録する場合も、登録料はかかりません。

しかし、登録の際に法人登記簿謄本が必要になる場合があります。

法人登記簿謄本を発行するときに別途発行手数料がかかるので注意しましょう。

ポイント
  • クラウドソーシングはできるだけ手数料が安いサービスを利用する
  • クライアントは、ランサーズを利用する際に手数料はかからない
  • ランサーズで法人アカウントとして登録する場合も、登録料はかからない

ランサーズ手数料計算方法

ランサーズ手数料計算方法

ランサーズで契約金額にかかるシステム手数料の計算方法を解説します。

契約金額が、税込10万円以下の場合はシステム手数料は20%です。

例えば、契約金額税込50,000円ではシステム手数料は税込10,000円となり、ランサーの手取りは税込40,000円になります。

 

次に、契約金額が税込10万円~20万円以下の場合はシステム手数料は10%です。

 

例えば、契約金額が税込150,000円ではシステム手数料は税込25,000円となるので、ランサーの手取りは税込125,000円になります。

 

そして、契約金額が税込20万円以上の場合はシステム手数料は5%です。

 

例えば、契約金額が税込250,000円ではシステム手数料は税込32,500円となるので、ランサーの手取りは税込217,500円になります。

ランサーズストアの手数料は?

ランサーズストアは、自分の得意とすることや持っているスキルを商品としてサイトに掲載し、販売できるマーケットです。

ランサーズストアも、ランサーズと同様に契約金額によってランサーがシステム手数料を支払うことになります。

手数料の利率も同じであり、契約金額(税込)の5%~20%がシステム手数料として差し引かれます。

ポイント
  • ランサーズストアの手数料は、契約金額(税込)の5%~20%がシステム手数料

事務の仕事なら他のクラウドソーシングサイトも利用しよう

ランサーズのほかにも、さまざまなクラウドソーシングサイトがあります。

事務の仕事はどこのサイトでも多く募集されており、アカウント登録も無料なのでとりあえず複数のサイトに登録してみましょう。

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • クラウドソーシングはできるだけ手数料が安いサービスを利用する
  • クライアントは、ランサーズを利用する際に手数料はかからない
  • ランサーズで法人アカウントとして登録する場合も、登録料はかからない
  • ランサーズストアの手数料は、契約金額(税込)の5%~20%がシステム手数料

登録手数料は無料のランサーズですが、システム手数料が主に20%なので少し高く感じるでしょう。

しかし、ランサーズには仮払いシステムなどを導入しており、未然にトラブルを防ぐことができます。

トラブル防止代としてとらえれば、安心して利用できるランサーズはとてもオススメできるでしょう。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」