ランサーズの利用料はいくら?システム手数料についても解説

<画像>ランサーズの利用料はいくら?システム手数料についても解説

クラウドソーシングの中で、知名度が高くライターの案件が多い「ランサーズ」。

「ランサーズの利用料はいくら?」

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事では、ランサーズの利用料はいくらなのかとシステム手数料の計算方法を解説していきます。

最後まで読むことで、ランサーズの利用料がいくらくらいなのかを理解できることでしょう。

副業でちゃんと稼ぐなら…
クラウドソーシングはおすすめできません。 そこでおすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。※60秒で簡単に登録OK

クラウドテック

クラウドテック」は、クラウドワークスを運営している会社が展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!

クラウドテックの料金表

これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!(ライターの単価も平均月収40万円※2021年10月現在) 公式サイトはコチラ ※クラウドワークスのアカウントでログインすると簡単に登録できます。

ランサーズの利用料は無料

<画像>ランサーズ

ランサーズは、会員登録をはじめ、仕事の依頼・提案、各種機能は全て無料で利用できます。

しかし、仕事の成約時にのみ、ランサー(受注者)の契約金額からシステム手数料が引かれます。

ランサーズの料金体系は?

システム手数料などのような料金体系なのか解説しましょう。

まず、ランサーへの契約金額と呼ばれる支払報酬からシステム手数料が引かれます。

ちなみに、システム手数料は納品完了時、契約金額(税込)から5%~20%がランサーズに自動的に支払わる仕組みです。

よって、契約金額によって引かれる金額が異なります。

より詳しく解説すると、契約金額が10万円(税込)以下の場合はシステム手数料は20%です。

10万円~20万円以下の場合は10%、20万円を超えた場合は5%となります。

ランサーズの手数料は高いため、報酬が高かったとしても手数料を引かれてしまい、手元に入る報酬は低くなってしまいます。

そのため、クラウドソーシングはできるだけ手数料が安いサービスを利用するようにしましょう。

手数料が安いサービス
  • 業界No.1に手数料が安く当日払いがある「_ist
  • 高単価が多く手数料も安めの「craudia

クライアントは利用料ではなく報酬の支払いが必要

クライアントは、ランサーズを利用する際に手数料はかかりません。

ですが、ランサーとの仕事を契約する前に、仮払いとして契約金額を先に支払う必要があります。

ランサーからの納品が完了となったときに仮払いされていた報酬が正式に支払われます。

ランサーズの法人アカウントは料金がかかる?

ランサーズで法人アカウントとして登録する場合も、登録料はかかりません。

しかし、登録の際に法人登記簿謄本が必要になる場合があります。

法人登記簿謄本を発行するときに別途発行手数料がかかるので注意しましょう。

ポイント
  • クラウドソーシングはできるだけ手数料が安いサービスを利用する
  • クライアントは、ランサーズを利用する際に手数料はかからない
  • ランサーズで法人アカウントとして登録する場合も、登録料はかからない

ランサーズ手数料計算方法

ランサーズ手数料計算方法

ランサーズで契約金額にかかるシステム手数料の計算方法を解説します。

契約金額が、税込10万円以下の場合はシステム手数料は20%です。

例えば、契約金額税込50,000円ではシステム手数料は税込10,000円となり、ランサーの手取りは税込40,000円になります。

 

次に、契約金額が税込10万円~20万円以下の場合はシステム手数料は10%です。

 

例えば、契約金額が税込150,000円ではシステム手数料は税込25,000円となるので、ランサーの手取りは税込125,000円になります。

 

そして、契約金額が税込20万円以上の場合はシステム手数料は5%です。

 

例えば、契約金額が税込250,000円ではシステム手数料は税込32,500円となるので、ランサーの手取りは税込217,500円になります。

ランサーズストアの手数料は?

ランサーズストアは、自分の得意とすることや持っているスキルを商品としてサイトに掲載し、販売できるマーケットです。

ランサーズストアも、ランサーズと同様に契約金額によってランサーがシステム手数料を支払うことになります。

手数料の利率も同じであり、契約金額(税込)の5%~20%がシステム手数料として差し引かれます。

ポイント
  • ランサーズストアの手数料は、契約金額(税込)の5%~20%がシステム手数料

事務の仕事なら他のクラウドソーシングサイトも利用しよう

ランサーズのほかにも、さまざまなクラウドソーシングサイトがあります。

事務の仕事はどこのサイトでも多く募集されており、アカウント登録も無料なのでとりあえず複数のサイトに登録してみましょう。

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • クラウドソーシングはできるだけ手数料が安いサービスを利用する
  • クライアントは、ランサーズを利用する際に手数料はかからない
  • ランサーズで法人アカウントとして登録する場合も、登録料はかからない
  • ランサーズストアの手数料は、契約金額(税込)の5%~20%がシステム手数料

登録手数料は無料のランサーズですが、システム手数料が主に20%なので少し高く感じるでしょう。

しかし、ランサーズには仮払いシステムなどを導入しており、未然にトラブルを防ぐことができます。

トラブル防止代としてとらえれば、安心して利用できるランサーズはとてもオススメできるでしょう。