騙されるな!join(フリーランスエンジニア)の口コミは?500人の評判と総評

はじめてフリーランスに挑戦したい人に定評がある「join(フリーランス専門エンジニア)」

お悩み

join(フリーランス専門エンジニア)の口コミや評判はどうなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、ITエンジニアで未経験でフリーランスの仕事をしたいという人に向いていると話題であり、口コミや評判を見ると好評が多い「join」についての口コミや評判を詳しく解説していきます。

最後まで読んで、joinに登録するかどうかを判断してください。

エージェントに頼るな!
ITエンジニアの転職は無理に転職エージェントに頼る必要がありません。
エージェントだと、登録して面談する必要があり、応募して参画までに1ヶ月以上の時間を費やしてしまう可能性があります。
そのため、登録しなくても、すぐに案件を探すことができるITエンジニア向けの求人サイトを紹介します。
すぐに案件応募できる求人サイト 求人数 特徴

Reworks>>詳細を見る

350件 リモート案件のみを掲載
・未経験でも完全在宅案件に応募できる
(※エージェントは未経験不可)

クラウドテック>>詳細を見る

578件 週3〜4日の案件が多い
・案件の70%がリモートOK
・支払いサイクルは業界最速の翌15日

_ist>>詳細を見る

- ・当日払いができるクラウドソーシング

join(フリーランス専門エンジニア)|基本情報

join(フリーランス専門エンジニア)|基本情報

当記事で紹介する「join」はフリーランス向けのエージェントサービスで、「H.R.I 株式会社」が運営しています。

案件はエンジニア向けのものが多く、Webデザイナーなどクリエイティブ職向けのものも充実している印象です。

joinは2020年10月にサービス開始したばかりの新興エージェントサービスですが、企業との直接契約案件が多く、高報酬を目指せる可能性がある点が話題になっています。

フリーランスを支援する福利厚生サービスが充実しており、給与の支払いが遅すぎないところも魅力の1つで、さらなるキャリアアップが目指せることでしょう。

joinは自らのエージェントとしての立場を「あなたに寄り添うキャリアパートナー」と表現しています。

上記のキャッチフレーズからも、joinでは手厚いサポートを期待できます。

公式サイトへ

はじめてのフリーランスに向いている

join」はこれからフリーランスになる方や、独立を考えている人にオススメのエージェントです。

joinは新興エージェントではありますが、すでにフリーランスやエンジニアについてのノウハウが豊富にあります。

フリーランスとして働くことの何がメリットなのか、また何が課題なのかを「見える化」して提供しているので、フリーランス未経験者でも働き方を学びながら案件を探せるのです。

フリーランスには職探しだけでなく、生活面や税金面などのさまざまな側面で学ぶべき課題や解決すべき問題があります。

「独立のためにやることが多すぎて、何から始めたらいいのかわからない」と悩んでいるエンジニアの方は、まずはjoinに会員登録してみることをおすすめします。

join(フリーランス専門エンジニア)のメリットと評判・口コミ

次に多数寄せられたjoinの口コミのなかから、メリットと考えられる評判を6点紹介します。

直接契約で高収入を実現

直接契約で高収入を実現

1つ目のメリットは、企業との直接契約で高収入を目指せることです。

joinには企業との直接契約案件が多く、中間マージンがかからないところが特徴です。

直接案件ではないデメリット

下請け案件を受注する場合は自分と元請けの間に企業が入るため、マージンがかかり、実際の給与が低くなりがちです。

また下請け案件には、指示の曖昧さや、エンジニアのもとに届くまでタイムラグなどの課題があります。

指示の曖昧さやタイムラグは、業務を進める上で障害となり得ます。

障害があると、エンジニア本来の力が発揮できず成果が出せないばかりでなく、ストレスの原因にもなりかねません。

直接契約を結べるということは、上記のようなトラブルを回避できるということです。

そのため、直接案件は高収入を目指せるだけでなく、フリーランスとしてキャリアを向上させることにもつながるでしょう。

支払いサイトは当月末締め、翌月25日払い

支払いサイトは当月末締め、翌月25日払い

2つ目のメリットは給与支払いが25日サイトで、平均的なことです。

エージェントサービスには給与の支払いが遅く、1~2カ月待たなければならないケースも多々あります。

しかし、joinの給与は「月末締め翌25日払い」で、支払いサイトが一般的な会社員と変わりません。

そのため、給与を待っている間に税金や公共料金の請求が来てしまい、生活費が圧迫されるなどの心配もありません。

福利厚生がある

福利厚生がある

3つ目のメリットは、福利厚生サービスが充実していることです。

フリーランスは、正社員のように企業・団体に属すことはありません。

どの企業にも属さないということは、雇用保険や社会保険、厚生年金などの福利厚生を受けられないことを意味します。

フリーランスは自分の身を自分の力で守らねばならず、常に大きな責任や金銭的負担などが伴います。

joinでは、上述のようなフリーランスの金銭的負担を和らげるためのサポートが充実しています。

下表をご覧ください。

あんしん補償 仕事中の事故や物損、納品物の欠陥などを補償。

情報漏えいや著作権侵害にも対応可能。

即日支払い すぐに給与がほしいとき、手数料3~10%で即日支払いサービスを利用可能。
コロナminiサポほけん 新型コロナウイルス含め特定感染症と診断された際に特定感染一時金10万円が支払われる。

とくに「コロナminiサポほけん」は、あるのとないのとでは安心感が違います。

新型コロナへの確実な対抗策や特効薬は未だ見つかっておらず、いつ自分自身が濃厚接触者や感染者となり、仕事ができなくなるかはわかりません。

企業・団体に属さないフリーランスにとって、休業や隔離は給与と信頼面で大打撃となりかねないので、ぜひjoinの福利厚生サービスを活用してください。

常駐だけでなくリモート案件もある

常駐だけでなくリモート案件もある

4つ目のメリットは、joinには企業常駐案件だけでなく、リモート案件も多数掲載されていることです。

joinのようなエージェントサービスに掲載されている案件は「常駐型案件」と呼ばれる、一般的な会社員と同様フルタイム出勤を求められるものが多数を占めています。

しかしjoinは、在宅で働けるリモート案件の数も掲載されているところが特徴です。

「ぜんそくや高血圧などの基礎疾患があるため、可能なら公共交通機関を利用したくない」

「エンジニア職と子どもの世話を両立したい」

上記のように考えている方は、joinの案件を一度チェックしてみてください。

短期ではなく6ヶ月以上の長期の案件が豊富

節税対策をサポート

5つ目のメリットは、joinには長期案件が多数掲載されていることです。

joinには、6カ月以上の長期契約案件が多くあります。

短期案件はさまざまな企業を渡り歩くことになるため、コネクションが作りやすい点がメリットですが、常に契約更新の不安がつきまとうという大きなデメリットがあります。

しかし、長期案件であれば、一度受注すれば半年以上は契約更新のことを気にしなくてよいので、のびのびと自分自身の実力を発揮できるでしょう。

また長期案件で1つの企業に長く常駐することは、確実なスキルアップにもつながります。

結果的に、自分自身のフリーランスとしてのキャリアをより豊かにしてくれるので、長期案件獲得を目指せる点はjoinの大きなメリットと言えるのです。

節税対策をサポート

節税対策をサポート

6つ目のメリットは、節税対策のサポートをしてもらえることです。

フリーランスは、自分自身の力のみで確定申告をしなければなりません。

しかし確定申告は複雑で、専門的な知識を求められるケースが多々あります。

joinでは確定申告時に見落としやすいポイントをしっかりサポートし、節税対策を支援してくれるところが特徴です。

無料登録する

join(フリーランス専門エンジニア)のデメリットと評判・口コミ

次に、多数寄せられた口コミのなかから、デメリットだと考えられる評価を1つ紹介します。

フリーランス未経験はOKだが、エンジニア未経験はNG

join唯一のデメリットは、エンジニア未経験で応募できる案件が存在しないことです。

joinはフリーランス未経験者にとってオススメのサービスです。

しかし、「エンジニア未経験でもサポートしてもらえる」というわけではありません。

むしろ、エンジニアとしては実務経験年数2年ないし3年以上を求められるシーンが多々あります。

エンジニア未経験からフリーランスになりたいと考えている方はH.R.I 株式会社が運営しているプログラミング学習ツール「DAWN」や、その他プログラミングスクールなどを受講し、技術を身につけてから利用しましょう。

あるいは、エンジニア未経験OKのエージェントサービスを探し、そちらを利用することをオススメします。

公式サイトへ

口コミから分析!join(フリーランス専門エンジニア)がおすすめな人

口コミから分析!join(フリーランス専門エンジニア)がおすすめな人

口コミを分析した結果、joinの利用がオススメなのは、下記に当てはまる方だとわかりました。

はじめから高単価を実現したい人

joinはフリーランスとして独立した直後から高単価を実現したい人にオススメです。

フリーランスITエンジニア向けエージェントサービスであるjoinには、企業と直接契約できる案件が多数そろっています。

そのため、下請け案件に散見される中間マージンがなく、高額報酬が見込めるのです。

フリーランス独立したての頃は、保険の見直しや勉強代や設備投資などで、費用がかさみがちです。

引っ越しや新生活の適応のために、まとまったお金が必要な場合もあるでしょう。

費用がかさんだとしても、フリーランスのスタートダッシュを高単価で決められれば、金銭的にも精神面的にも安心して仕事に従事できます。

join(フリーランス専門エンジニア)で掲載されている案件の例

join(フリーランス専門エンジニア)で掲載されている案件の例

案件業種 フロントエンドエンジニア
業務内容 既存製品の改善調査、改修、新規開発
依頼元 大手パッケージベンダー
案件単価 80~100万円/月
必要なスキル PHP、Python、Angular、AWSなど(実務経験必須)

joinには、上記のようなエンジニア案件が多数掲載されています。

上記表の案件は、フロントエンドエンジニア向けの案件で、新規開発から既存製品の改善まで幅広い業務に携わることができます。

必要なスキル・言語はPHPやPythonなど複数あり、実務経験を求められます。

joinには、この案件のように複数スキルの実務経験を求められるものが多いですが、その分単価が高めに設定されています。

joinの単価相場は70~100万円と、ほかのエージェントサービスと比較しても高額なので、チェックしてみてください。

公式サイトへ

join(フリーランス専門エンジニア)を利用した人の口コミ体験談

join(フリーランス専門エンジニア)を利用した人の口コミ体験談join(フリーランス専門エンジニア)を利用した人の口コミ体験談

何もかもはじめてでしたので複数のエージェントにお願いしましたが、一番素早く希望する案件が決まったサービスがjoinでした。また、他と比べてjoinの運営チームには元々フリーランス経験者が複数名いて、不安な点の相談、フリーランスとしての立ち回り方など、意見を聞ける機会があったのでそこも大きかったです。

引用元:https://join-tech.jp/member/register/02

上記のように話すのは、現在Webディレクターとして活躍するN.Kさんです。

N.Kさんは、30代前半でフリーランスITエンジニアになるために独立し、現在フリーランス歴2年目です。

N.Kさんはフリーランスとして独立するために、joinを含め多数のエージェントサービスを利用したと語ります。

joinはN.Kさんが利用したサービスのなかでもっとも早く案件が決まり、かつフリーランスとしての働き方について相談できた点がよかったとのことです。

joinでは利用登録時に、すべての登録者に対してキャリア面談が行われます。

その際担当してくれるのは、実際にフリーランスとしての働き方を体験したことがあるスタッフです。

そのためフリーランスとして働く上での不安や疑問を熟知しているところがポイントで、利用者に寄り添ってくれるのです。

その結果、N.Kさんは希望案件に参画でき、フリーランスとしてよいスタートダッシュをきることができました。

join(フリーランス専門エンジニア)以外でITフリーランス向けおすすめサイト

エンジニア向けのエージェントは、join(フリーランス専門エンジニア)だけではありません。

自分の条件がjoin(フリーランス専門エンジニア)とマッチしない方や、そのほかの選択肢が知りたい方は、ぜひ下記の5つのエージェントもご確認ください。

Midworks

Midworks

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

一口でエンジニアと行っても、扱う言語やスキル、ポジションは人によって違います。

そのためMidworksでは、PHPやJava、Pythonなどのスキル別はもちろん、プロジェクトにおけるポジションでも検索できるようになっています。

また、案件の検索機能はもちろん、表示機能もわかりやすいように工夫されています。

月毎の単価表示に加え、開発環境がタグで表示されるので、自分の条件に合うプロジェクトを直感的に検索可能です。

特徴としては、Midworksは保障の手厚さを売りにしており、その手厚さは正社員並みとのこと。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

詳細を見る

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスの総評|基本情報

フォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

『フリーランスITエンジニアにこそパートナーが必要だ』という理念のもとに、個人で働くエンジニアのプロジェクト参画を支援します。

フォスターフリーランスは1996年にサービスを開始して以来、15,000人以上のフリーエンジニアをサポートしてきました。

業界内でも単価報酬が高いところが特徴で、全案件中90%が非公開案件とのこと。

すでに実務経験があり、収入アップを目指したいフリーランスITエンジニアにオススメのサービスです。

詳細を見る

テクフリ

テクフリ

テクフリ」は、常に4,000件以上の案件を保有しているエージェントサービスです。

『フリーランスエンジニアで今より年収をあげるならテクフリ』というキャッチフレーズからもわかるように、各エンジニア向けの案件が多数揃っています。

案件はサーバーサイドエンジニアの募集がもっとも多く1500件以上、次いでフロントエンドエンジニア、アプリケーションエンジニアの求人掲載数がそれぞれ300件を超えています(2021年4月現在)。

テクフリは、エリアやカテゴリ別の求人数が一覧表示されているため、複数案件を掛け持ちしたい際の営業手段として優れています。

詳細を見る

ソフトウェアジョブズ

ソフトウェアジョブズ

ソフトウェアジョブズ」は、テストエンジニアおよびITエンジニア向けのエージェントサービスです。

テスト・品質案件の掲載数が多く、登録数は業界最多の700件です。

ソフトウェアジョブズのオススメポイントは、資格支援制度にあります。

またフリーランスにとって、資格は自身のスキルを示す際に重要な判断基準ですが、ソフトウェアジョブズでは、ソフトウェア国際認定技術者資格(JSTQB)の資格取得を支援しています。

実際に働きながらJSTQBの資格取得を目指したいと考えているフリーランスエンジニアの方はぜひチェックしてみてください。

詳細を見る

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチ」は実務経験があるエンジニアにオススメの転職サイトです。

登録されている求人は12万件以上で、そのうちの3分の1以上が年収1,000万円クラスと言われています。

厳選された企業と直接コンタクトが取れる点も、ビズリーチの特徴です。

それに加え利用時には経験豊富なヘッドハンターに相談できるので、狙った企業に効率良くアプローチできることでしょう。

詳細を見る

join(フリーランス専門エンジニア)の登録手順

join(フリーランス専門エンジニア)の登録手順

次に、joinの登録手順について解説します。

会員登録

まずはjoinの公式ページにアクセスし、会員登録をしましょう。

「無料会員登録」と書かれたボタンをクリックすると、個人情報の登録画面にジャンプします。

氏名、電話番号、メールアドレスを登録したら、スキルシートを添付します。

公式サイトへ

スキルシートの提出

joinを利用開始するためには、スキルシートの提出が必須です。

エンジニアのスキルシートは、インターネット上にテンプレートや記述方法がまとめられれているので、それを参考にして書いてみましょう。

案件名や携わった業務内容について、joinのスタッフやクライアントにあなたの経験が伝わるようなスキルシートを目指しましょう。

joinのスタッフと面談(オンラインOK)

スキルシートを提出したら、joinのスタッフと面談を行います。

自分自身がフリーランスITエンジニアとしてどのように働きたいのか、またどのような案件に携わりたいのかを明確にします。

面談でヒアリングした情報を元に、joinのスタッフが各エンジニアに最適な案件を提案してくれるので、かならず目を通しましょう。

実際に案件を見ていると、面談時には気がつかなかった自分自身の希望が可視化されます。

希望条件が変わった場合や追加したい場合は、その都度スタッフに伝えましょう。

クライアントとの面談

気に入る案件が見つかったら、いよいよクライアントと面談します。

労働条件や業務内容について確認し、双方同意したら晴れて契約完了です。

契約したあとは、その企業で思う存分実力を発揮しましょう。

参画&参画後のフォロー

joinでは、案件参画後にも定期的なフォローがあります。

常駐先での疑問や不安は一人で抱え込まず、joinのスタッフに相談してみましょう。

join(フリーランス専門エンジニア)を利用する際の注意点

join(フリーランス専門エンジニア)を利用する際の注意点

joinはこれからフリーランスになるエンジニア経験者をターゲットにした新興エージェントサービスです。

そのため、すでにフリーランスとして地位を確立し、ほかのエージェントサービスで満足している方にとっては、あえて乗り換える必要がないサービスだということに注意してください。

ただし現在ほかのエージェントサービスを利用しており、下記のような不満を抱えているフリーランス初心者~中級者の方にはオススメです。

  • フリーランスになるための支援が少ない
  • 独立のための準備や知識収集は自助努力が必要で、ほとんどサポートしてもらえない
  • サービスが混み合っており、独立支援を後回しにされている

join(フリーランス専門エンジニア)のサービスに関するQ&A

おわりに、joinを利用する上でよくある質問をまとめました。

運営会社のH.R.I株式会社の口コミと評判は?

joinを運営しているH.R.I株式会社は2016年に設立したベンチャー企業です。

H.R.I株式会社はHR事業とTech事業に携わっており、未経験エンジニアからトップエンジニアまですべての技術者が学び、働ける場所を提供しています。

まだ若い企業ですが、自社サービスの開発・運営しながら蓄えたノウハウを活用し、現代の働き方の風潮にマッチしたサービスを提供しているところが特徴です。

今後成長が期待されるベンチャー企業100社を選出した「ベストベンチャー100」にも選ばれたH.R.I株式会社、ならびにjoinは、期待できる企業・サービスだと断言してもよいでしょう。

まとめ

2020年にサービス開始したばかりの新興エージェントサービス、join。

join」はフリーランスになってまだ間もないエンジニアや、これから独立を目指す方にとってオススメのサービスで、福利厚生やサポートが充実しています。

キャリア面談時のスタッフは、実際に独立経験があり、フリーランスの先輩です。

そのため単純な一般論や想像で相談に乗るのではなく、経験談をもとにアドバイスをしてくれるので、安心して利用できるでしょう。

joinは無料で利用できるので、情報収集のために会員登録することもオススメです。

フリーランスITエンジニア向けエージェントサービスのjoinに登録して、ぜひ今後のキャリアアップにご活用ください。

公式サイトへ

 

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」