クラウドソーシング初心者の月収(収入)やおすすめの稼ぎ方は?

クラウドソーシング初心者が収入を上げるためのおすすめの稼ぎ方は?

「クラウドソーシングでは初心者の月収(収入)はいくらくらいなんだろう?」

「クラウドソーシングでは初心者におすすめの稼ぎ方は?」

「クラウドソーシング」とは、ネット上で企業が不特定多数のワーカーに業務を外注することを言います。

この記事では、クラウドソーシングサイトを初心者が利用したとき、月収がどれくらいになるのか、初心者におすすめの稼ぎ方を解説していきます。

最後まで読むことで、クラウドソーシングを初心者が利用したら月収がいくらになるのかが深く理解できるでしょう。

ちゃんと稼ぐなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。
そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテック
クラウドテック」は、クラウドワークスが展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!
  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • ライター単価も平均月40万円
クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう! 詳細を見る

もくじ

初心者を含むクラウドソーシングを利用したときの月収

初心者を含むクラウドソーシングを利用したときの月収

手軽に副業をはじめる方法として、クラウドソーシングが注目されています。

しかし同じクラウドソーシングでも、初心者とベテランを比較すると月収にかなりの違いがありますが、クラウドソーシングを利用するならば、初心者とベテラン関係なく安定した月収を確保したいものです。

そこで、「クラウドソーシングではどれぐらいの月収を得られるのか」また、「月収の高い職種はどれなのか」など、クラウドソーシングを利用した際の月収について紹介します。

初心者を含むクラウドソーシングの平均月収は4万5,650円

クラウドソーシングを利用した際に得られる月収は、平均4万5,650円と言われています。

これは、専業・副業、初心者・ベテラン問わずクラウドソーシングの利用者全員の平均月収金額です。

クラウドソーシングで平均月収が高い職種は?

クラウドソーシングで平均月収が高い職種は?

クラウドソーシングには、たくさんのカテゴリーが存在します。

このカテゴリーは、それぞれの職種によって分類されていますが、どの職種が最も平均月収が高く、逆に平均月収が低い職種を紹介します。

システム設計・開発・プログラミング案件の平均月収高い

たくさんある職種の中でも、特に平均月収が高い職種は「システム設計・開発、プログラミング」の案件が、平均月収7万3,908円と高くなっています。

また、在宅ワークとして利用者が最も多い「文書・データ入力」などのライター業は、平均月収1万9,198円で、「システム設計・開発、プログラミング」とはかなり差が生じています。

クラウドソーシングなどのネット受注をしている人の月収(収入)

クラウドソーシングなどのネット受注をしている人の月収(収入)

クラウドソーシングで仕事をする人の中には、本業を持ち副業として仕事する人から、フリーランス(個人事業主)として専業で仕事をする人までたくさんの人が仕事を受注しています。

専業・副業などスタイルによって月収も違いはありますが、それぞれの月収について詳しく解説しましょう。

平均月収は約10万円

クラウドソーシングなどで仕事を受注している人は、初心者・ベテラン問わず平均月収は約10万円と言われています。

しかし、この金額は専業・副業・複業など働くスタイルによってさらに違いがあります。

  • 専業で受注している人の平均月収…168,600円
  • 副業で受注している人の平均月収…60,201円
  • 複業で受注している人の平均月収…85,960円

上記を見てわかるように、専業でと副業では10万円近くの差額が生じています。

なぜこのような違いが起こるのか解説しましょう。

フリーランス専業で受注している人の平均月収は168,600円

フリーランスは専業ということもあり、副業や複業などとは違いその仕事に集中することができます。

そのため、初心者であっても副業や複業と比較すると高い月収を得ることができます。

副業で受注している人の平均月収は60,201円

副業は、本業の空いた時間に収入を得るため、専業と比較すると仕事をする時間はかなり少なくなります。

また、これが初心者であった場合は、さらに案件獲得率も低くなるため月収も安い傾向にあります。

複業で受注している人の平均月収は85,960円

複業については、副業と比較するとより専門性を持って仕事を行うため副業より月収は高くなります。

しかし、こちらも専業と比較するとかなり金額安くなってしまいます。

クラウドソーシングの月収(収入)が低い理由とは?

クラウドソーシングの月収(収入)が低い理由とは?

専業・副業・複業・初心者・ベテラン、それぞれの働くスタイルで月収はかなり違います。

それぞれの働くスタイルで月収に違いは生じますが、特に収入が低い場合は以下のような理由が考えられます。

  • 優秀なワーカーは直接契約を結ぶ
  • 単価が安い案件を受けている

この2つの理由について詳しく解説しましょう。

優秀なワーカーは直接契約を結ぶ

クラウドソーシングを利用し仕事を受注した場合、サイトのシステム利用手数料も支払う必要があります。

これはサイトにもよりますが、収入の約2割に当たる金額を支払う場合もあります。

仮に2万円の仕事を受けた場合、2割の4千円をシステム手数料としてクライドソーシングに支払い、手元には1万6千円入ることとなります。

しかし、これがクラウドソーシングなどを利用せず、直接的に契約を結んでいた場合、システム手数料を支払う必要がないため、満額である2万円を受け取ることができるのです。

優秀なワーカーはその点考慮し、クライアントと直接契約を結ぶのです。

案件の単価が安い

クラウドソーシングを利用したばかりの初心者は、経験が浅いため仕事を獲得することが大変です。

そのため、実績を積んだベテランや専業の人はほぼ申し込まない単価の安い案件を受ける傾向があります。

仕事を獲得するためには仕方がないことではありますが、できれば初心者でも単価の高い仕事を受けるようにすると良いでしょう。

クラウドソーシング初心者が収入を上げるためのおすすめの稼ぎ方は?

クラウドソーシング初心者が収入を上げるためのおすすめの稼ぎ方は?

クラウドソーシングをこれから利用しようと考えている人や、最近利用し始めたという初心者の人は月収額は低い傾向にあります。

しかし、以下のようなポイントをおさえるだけで、月収をアップさせることができます。

  • プロフィールを充実させる
  • スキルや資格を身につける
  • タスク案件で実績を積み立てる
  • 高い案件に応募する
  • 直接契約を結ぶ
  • 複数のクラウドソーシングを利用する

それでは、このポイントについてより詳しく解説しましょう。

プロフィールを充実させる

クラウドソーシングに登録すると、マイページと呼ばれている自分だけの専用ページが作られます。

クライアントが仕事を発注する際、どんなワーカーに仕事を発注するのか判断するためマイページを回覧します。

この回覧により、ワーカの能力や持っている資格やスキルが判断できます。

プロフィールが充実していると、どのような能力があるワーカーなのかわかりやすくなるので、新たな仕事の獲得にもつながるでしょう。

スキルや資格を身につける

クライアントがクラウドソーシングで仕事を依頼する場合、専門知識を持った人に仕事依頼することがあります。

例えば、医療に関する記事執筆の仕事があったとしましょう。

この場合、全く同じ内容の記事であっても、医療に関して専門知識のない素人が執筆した記事と、医師や看護師など医療の知識を持った人が執筆した記事では、記事内容の信用度は大きく違います。

読む人の立場になって考えると、医療の知識を持った人が執筆した記事の方が確実に信用度が高くなります。

これこそが、スキルや資格の差です。

専門的な知識を持っていると、それだけ信用度の高い仕事ができるようになるのでスキルや資格を身につけるようにしましょう。

タスク案件で実績を積み立てる

クラウドソーシングでは、タスク・プロジェクトなど仕事の受注にいくつかのスタイルがあります。

タスクは、プロジェクト案件などと比較すると、開始から納品までとても簡単に済ませることができる仕事です。

初心者はとにかく実績が不足しているため案件獲得が大変ですが、タスク案件をこなすことで実績も積み重ねられるため能力も高まるでしょう。

高い案件に応募する

クラウドソーシングを見ると、単価が高い案件はたくさんの人が申し込んでいたり、経験3年以上などワーカーを限定募集していたりすることがあります。

そのため、初心者は躊躇してしまい高い案件に申し込むことを避けることがあります。

仮に初心者だったとしても、スキルがあったり資格を有していたりする場合は、経験年数が長い人よりも採用される確率は高くなります。

このようなこともあるので、初心者だからと浅慮せずに積極的に高い案件に応募しましょう。

直接契約を結ぶ

クラウドソーシングを利用した場合、報酬に応じてサイト利用手数料を支払う必要があります。

しかし、クライアントと直接契約を結ぶことができるとクラウドソーシングは関係なくなるため、サイト利用料を支払う必要もなくなります。

これにより、今まで支払っていたサイト利用手数料分も収入となり、月収がアップします。

しかし、直接契約はクラウドソーシングによっては禁止している場合もあるので注意が必要です。

複数のクラウドソーシングを利用する

現在クラウドソーシングのサイトは多数あります。

案件を確実に獲得したいならば、1つのサイトに登録するのではなく複数のクラウドソーシングを利用する方がおすすめです。

複数のサイトに登録することで案件の獲得率もアップするでぜひ登録するようにしましょう。

初心者向け!平均月収10万円を目指すおすすめの稼ぎ方

初心者向け!平均月収10万円を目指すおすすめの稼ぎ方

初心者がクラウドソーシングで10万円の月収を得ることは容易ではありません。

しかし、少し努力するだけで月収を10万円近くにまで上げることは可能です。

その方法は以下です。

  • スキルアップを常に意識する
  • 目標額を設定する
  • 同じクライアントから継続して案件を受ける

それでは、この方法についてより詳しく解説しましょう。

スキルアップを常に意識する

スキルを身につけていたり、専門的な知識を持っている人が行った仕事は、無資格者と比較し信用度・完成度が高くなります。

また、クライアントが案件を募集する際、スキルや資格を身につけている人限定で募集をすることもあります。

スキルや資格を身につけている人限定で募集している案件は単価も高い傾向にあります。

収入アップを目指すなら、ぜひスキルや資格を身につけるようにしましょう。

目標額を設定する

仕事に限らずどんなことでも、目標を持つというものは大切です。

そして、「目標に少しでも近づくこと」「目標を達成すること」は、日々のやりがいにも繋がります。

クラウドソーシングサイトにもよりますが、マイページで目標額を入力することができるので、ぜひ設定しましょう。

同じクライアントから継続して案件を受ける

クラウドソーシングで仕事をしていると、1度限りの単発案件を見かけます。

このような単発案件に申し込むことは悪いことではありませんが、安定した収入にはつながりにくくなります。

安定した月収を得たいならば、同じクライアントから継続して案件を受けるようにしましょう。

初心者におすすめのクラウドソーシング以外のサイト

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

初心者が知っておきたい収入と税金

初心者が知っておきたい収入と税金

クラウドソーシングなどを利用し初心者が仕事を始めた場合、必ずぶつかるのが収入と税金の壁です。

クラウドソーシングで得た収入は、金額にもよりますが確定申告を行う必要があります。

確定申告は年間20万円以上の所得を得たときに行う必要がある

副業・専業問わず年間で20万円以上の所得があった場合、税法上確定申告を行い所得税を納税する必要があります。

この他に、副業で得た収入かどうかということや、年間の総所得金額によっては所得税のほかに、住民税の納税なども必要になります。

自分の仕事スタイルと併せ、確定申告や納税について仕事を始める前にしっかり勉強しておきましょう。

初心者がクラウドソーシングを利用するときの流れ

初心者がクラウドソーシングを利用するときの流れ

初心者がより高い収入を得る方法や税金のことを学んだ後は、本格的にクラウドソーシングをスタートさせましょう。

初心者がクラウドソーシングを利用するには以下のような点がポイントとなります。

  • タスク形式の複数の案件に応募する
  • スピーディーに案件をこなす
  • クライアントとの報連相は必須

それではこれらのポイントについてより詳しく解説しましょう。

タスク形式の複数の案件に応募する

初心者は、実績がないため案件に申し込んでも獲得に苦戦します。

その場合、タスク形式の案件がおすすめです。

タスク形式の案件は、プロジェクト形式の案件と比較すると、手軽な内容となっているため初心者でも気軽に取り組むことができます。

つまり仕事に慣れていない初心者は、タスク形式の案件で実績を積む方が案件獲得への近道となるのです。

スピーディーに案件をこなす

クライアントの多くは、質のいい仕事を早くこなしてくれそうなワーカーを希望します。

案件を受けた際納期を指定されますが、定められた納期より早く納品すると好印象を持ってもらえることがあります。

この好印象は、「納品が早いから別の仕事も依頼しよう」といった、次の仕事にもつながっていく可能性があるのでとても重要です。

ぜひ案件を獲得した場合は、早めに納品するように心がけましょう。

クライアントとの報連相は必須

仕事をする上で、クライアントとワーカーの信頼関係は重要です。

特に、クラウドソーシングを利用した仕事は相手に会うことなく仕事を進めていかなければなりません。

そのためには、報連相はとても大切です。

相手に「報告」「連絡」「相談」することはスムーズな仕事のやり取りにも繋がります。

どんなに些細なことでも、報連相をしっかり行うようにしましょう。

まとめ|クラウドソーシングで月収(収入)を増やそう!

初心者でもクラウドソーシングで収入を得ることは可能です。

しかも、スキルや資格などを活かすことができると、高い月収を得ることも夢ではありません。

しかし、そのためには、クライアントと信頼関係を築くことやこまめな連絡は欠かせません。

クラウドソーシング初心者の人は、高い月収を得られるように頑張りましょう。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ