騙されるな!テックビズフリーランス(techbiz)の口コミは?500人の評判と総評

年間1万人の案件を受注しており、案件の決定率が90%で、ITフリーランス方向けに専門コンサルタントが専属でサポートしてくれる「テックビズフリーランス

他のITフリーランス向けのエージェントと異なり、記帳や確定申告を税理士がすべて無料でサポートしてくれます。

テックビズフリーランスの口コミや評判はどうなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、仕事で忙しい平日の業務時間後や土日でも対応してくれると話題であり、口コミや評判を見ると好評が多い「テックビズフリーランス」についての口コミや評判を詳しく解説していきます。

最後まで読んで、テックビズフリーランスに登録するかどうかを判断してください。

クラウドテック
リモート案件数が 業界トップクラス
口コミNo.1

詳細を見る

Midworks
登録者数が2021年7月で 16,000人を突破
エージェントの鉄板

詳細を見る

レバテックフリーランス
利用者の平均年収 862万円
高単価案件が豊富

詳細を見る

テックビズフリーランス|基本情報

テックビズフリーランス|基本情報

テックビズフリーランス」は、フリーITエンジニア向けのエージェントサービスで、株式会社NKC ASIA が運営しています。

テックビズフリーランスがほかのエージェントサービスと違う点は、記帳や確定申告代行を無料でしてもらえるところです。

専属コンサルトが独立から案件参画、就労後も包括的に支援してくれるサービスなのです。

運営元の株式会社NKC ASIA は2015年に設立したばかりの若い会社で、案件紹介やカード、記帳、不動産などのITフリーランス事業に従事しています。

エージェントサービス『テックビズフリーランス』のほかには、フリーランス向けのメディアサイト『テックビズメディア』なども運営しています。

\ 確定申告の代行が無料 /

公式サイトへ

案件数が豊富

テックビズフリーランスは、新興エージェントでありながら、常時豊富な案件を所有しています。

時期によって変動しますが、保有案件数は1万件以上と言われています。

案件が豊富なため、2015年にサービスを開始してから、6年間ですでに1万人以上が案件を受注した実績があります。

一人当たりの平均案件提案数は30件。

もちろん、ただやみくもに案件を提案しているわけではありません。

その証拠に、テックビズフリーランスを利用した90%以上のフリーランスITエンジニアが、案件参画を実現しています。

長期案件が多い

テックビズフリーランスの案件のほとんどが長期案件です。

長期案件は一つの案件でまとまった報酬を得られるので、会社員と比較して仕事の受注が安定しないフリーランスITエンジニアにとって魅力的です。

平均単価は60万円と高めに設定されており、案件の難易度はさまざま。

すでに豊富な実務経験があり、経歴に自信のあるフリーエンジニア向けのハイスキル案件から、独立したてで実績が少ない人でも活躍できるロースキル案件まであります。

長期案件が多く、求められるスキルの幅が広いことからも、実務経験が浅いフリーランスITエンジニアが、事業の安定やキャリアアップを目指しながら働くことに適しているとわかります。

\ 単価が高いフリーランスエージェントなら /

テックビズフリーランスの公式サイトへ

テックビズフリーランスのメリットと評判・口コミ

テックビズフリーランスのメリットと評判・口コミ

次に、テックビズフリーランスの評判や口コミのなかから、以下の7つのメリットを紹介します。

業務時間後や土日でも対応してくれる

1つ目のメリットは、フリーエンジニアの相談事や連絡事に対し、コンサルタントが業務時間後や土日でも速やかに対応してくれることです。

とくに常駐型のフリーエンジニアは、一般的な会社員と同じように、平日の朝から夕方まで就業している人が多くいます。

そのため、日中は返信がままならないというケースも多いでしょう。

通常のエージェントサービスでは、平日の夜に連絡し、コンサルタントからは翌昼に返信、またその返信を確認するのが夜になってしまうなどして、なかなか相談が進みません。

しかし、テックビズフリーランスでは、時間帯を問わず、コンサルタントと連絡を取れます。

返信も早いので、相談から問題解決までの待ち時間がありません。

記帳や確定申告などをテックビズフリーランスの税理士が無料で対応

2つ目のメリットは、記帳や確定申告などを専属税理士が無料で代行してくれることです。

フリーランスITエンジニアにとって、日々の記帳や確定申告は、時間も労力もかかる煩わしい雑務です。

とくに確定申告は専門的で難しく、かといって税理士に依頼するのでは数万円から数十万円かかってしまいます。

しかしテックビズフリーランスであれば、それら雑務を所属税理士がすべてサポート。

フリーエンジニアは集中して本業に取り組むことができるのです。

さらに開いた時間は勉強に利用できるので、キャリアアップにもつながります。

福利厚生の優待などが受けられる

3つ目のメリットは、福利厚生の優待が受けられることです。

テックビズフリーランスは、会員限定のさまざまなサービスを受けられます。

2021年4月現在で、たとえば下記のような優待サービスを利用できるので確認してみてください。

  • LOLIPOP!レンタルサーバー優待クーポン
  • ADDress(定額制多拠点生活プラットフォーム)割引クーポン
  • フリーランス協会「テックビズベネフィットプラン」招待
  • レンタルマーケットでパソコンレンタル5%オフ

福利厚生の提携サービスは現在も拡大中です。

どのサービスも、フリーランスの業務を効率化、より収益化するためのツールがそろっています。

テックビズの法人クレジットカードに申し込みができる

4つ目のメリットは、テックビズの法人クレジットカードに申し込めることです。

企業や団体に属さないフリーエンジニアは、給与や雇用が安定していないため、クレジットカードの審査に通りにくい傾向があります。

しかしテックビズフリーランスの利用者であれば、ITフリーランス向けのビジネスゴールドカード『テックビズゴールドカード』を手に入れることができます。

年会費は初年度無料で、二年目以降は2,000円(税抜)と、維持費は高くありません。

最大1.1%の還元率に加え、フリーエンジニア向けの特典がそろっています。

独立経験のあるコンサルタントのみが所属している

5つ目のメリットは、独立経験のあるコンサルタントのみが所属していることです。

フリーランスのエンジニアは、会社員として転職する者と違い、自ら独立のための準備をしたり案件を獲得したりしなければなりません。

そこで重要になってくるのは、コンサルタントに自身が抱える不安や疑問に共感してもらえるかどうか、そして共感した上で解消してもらえるかどうかです。

テックビズフリーランスには、自らも独立経験のあるコンサルタントのみが所属しているので、言語化しづらい疑問や不安などにも、親身に対応してもらえるのです。

単価の交渉に強い

6つ目のメリットは、単価交渉に強いことです。

たとえば同時に2件スカウトをもらった場合、条件がよりよい案件に参画したいと考えるのが常です。

テックビズフリーランスでは、発注会社に直接単価交渉をし、単価アップに尽力してもらえます。

実際にテックビズフリーランスを利用した人のなかには、当初の予定より5万円も単価が上がったエンジニアもいます。

最短3日で案件に参画できる

最後のメリットは、テックビズフリーランスは案件応募から参画までの期間が短いことです。

テックビズフリーランスは、夜間や休日でも連絡を取ることができます。

そのため、商談や交渉から参画まで時間を要しません。

最短3日から案件に参画できるので、フリーランスにとってもっとも不安な「仕事がない」状態や「待っている間に案件が流れてしまった」「商談している間に、他のエンジニアに案件を取られてしまった」状態を回避できます。

求人をチェックするだけでもOK

テックビズフリーランス

テックビズフリーランス」は、フリーランスからいずれ独立を考えている方におすすめのエージェントです。

また、記帳や確定申告を税理士が一括無料で対応してくれるので、初心者のフリーランスにもおすすめでしょう。

\ 単価が高いフリーランスエージェントなら /

テックビズフリーランスの公式サイトへ

テックビズフリーランスのデメリットと評判・口コミ

テックビズフリーランスのデメリットと評判・口コミ

次に、テックビズフリーランスの口コミのなかから、デメリットを3点ピックアップしました。

  1. 口コミや評判が世に出回ってない
  2. 案件を公式ページで探すことができない
  3. コンサルタントの質にばらつきが出る

口コミや評判が世に出回ってない

テックビズフリーランスは新興エージェントサービスのため、まだ口コミや評判があまり多くありません。

そのため公式サイトの情報や、ごく少数のエンジニアによる利用感想のみを参考にしなくてはなりません。

客観的な意見をいくつか聞き、安心して利用したいという方には、テックビズフリーランスよりも歴史があるエージェントサービス『フォスターフリーランス』や『Midworks』などがオススメです。

案件を公式ページで探すことができない

2つ目のデメリットは、テックビズフリーランスの公式ページで案件を探せないことです。

フォスターフリーランスなどのエージェントサービスでは、公式ページで実際の求人例を確認し、気になるものがあれば自ら応募できます。

しかしテックビズフリーランスでは、それができません。

基本的に、会員登録した後は、コンサルタントが紹介してくれる案件を中心に選ぶケースがほとんどです。

コンサルタントの質にばらつきが出る

3つ目のデメリットは、専属コンサルタントの質にばらつきがあることです。

いくら独立経験があるコンサルタントとはいえ、フリーエンジニアとの関わり方は十人十色です。

性格や、手法の不一致などもあるでしょう。

テックビズフリーランス自体がまだサービスを開始して日が浅いエージェントであることも要因の一つです。

現在はまだ質にばらつきがありますが、いずれはテックビズフリーランス内のノウハウが蓄積し、どのコンサルタントでも均一のクオリティが保たれるようになると考えられます。

一度テックビズフリーランスを使ってみて、コンサルタントの質が悪かったり、相性があまりよくないと感じたりしたときは、ほかのエージェントサービスを使ってみるのもよいでしょう。

テックビズフリーランスを利用した方の口コミ

テックビズフリーランスを利用した方の口コミ

次に、テックビズフリーランスを利用した方の口コミを3件紹介します。

20代エンジニア

エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

テックビズフリーランスは、すでにエンジニアとして実務経験を積んでいる人向けのフォスターフリーランスやFREE-DAとは違い、未経験者でも携われる案件が多数あります。

この20代エンジニアの方のように、独立したてでまだ実績が少ないフリーランスでも、キャリアアップにつながるような案件を紹介してもらえることでしょう。

公式サイトにも書いてある通り、テックビズフリーランスは、エンジニアの独立から案件参画までを全面的にサポートしています。

もし今後独立を考えているエンジニア、まだ経験が浅いフリーエンジニアの方がいれば、ぜひチェックしてみてください。

20代エンジニア

独立経験のあるコンサルタントの方が専属でサポートいただけるので、安心感がありました。

独立したばかりのフリーランスの悩みや不安は、独立経験がある者にしかわかりません。

テックビズフリーランスでは、独立時の不安や疑問を解消し、フリーエンジニアが本業に集中できるように、独立経験があるコンサルタントのみを採用しているのです。

エンジニアとしての疑問だけではなく、フリーランスとして働くことそのものについての不安や悩みにも、親身に相談に乗ってもらえます。

30代エンジニア

開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。 記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

フリーランスはただ本業だけすればいい、というわけではありません。

開業届の提出はもちろんのこと、日々の支出の記帳を行い、年度末には確定申告などもしなければいけないのです。

本業に集中するために、確定申告を税理士に代行依頼するとなると、数万円から数十万円の費用がかかります。

数十万円の出費は、開業したてのフリーランスにとって痛い出費で、できれば避けたいものです。

テックビズフリーランスでは、案件紹介だけでなく、開業届や記帳代行、確定申告まですべて無料でフルサポートしてもらえるので、支出を抑えつつ、本業に集中できます。

テックビズフリーランスで掲載されている求人の例

※テックビズフリーランスでは、公式ページで求人は公開されていません。

テックビズフリーランス以外におすすめのエージェント

エンジニア向けのエージェントは、テックビズフリーランスだけではありません。

自分の条件がテックビズフリーランスとマッチしない方や、そのほかの選択肢が知りたい方は、ぜひ下記の3つのエージェントもご確認ください。

Midworks

Midworks
Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

\ 登録者数が16,000人突破(2021年7月) /

Midworksの公式サイトへ

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスレバテックフリーランス」は、フリーランスエージェントの中で、登録者数が最も多いエージェントです。

エンド直請け案件が多いため、高収入を実現できるフリーランスエージェントです。

年間の案件数だけでも100,000件以上と、レバテックフリーランスに登録するだけで案件探しに困ることはないでしょう。

また、稼働している案件の終了前にブランクが空かないように次の案件も提案してくれる親切なエージェントです。

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスフォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

仕事に必要な、希望スペックのパソコンや携帯電話、モバイルルータの貸し出しも行なっています。

報酬金支払サイトの短縮や、ソフトとハードの両面でフォローしてくれるなど登録者に寄り添ったサポートで知名度があるエージェントです。

\ パソコンや携帯の貸し出しも可能 /

フォスターフリーランスの公式サイトへ

テックビズフリーランスの登録手順

テックビズフリーランスの登録手順

次にテックビズフリーランスの登録手順について解説します。

登録手順は以下のステップです。

  1. 会員登録
  2. 面談&ヒアリング
  3. 案件の紹介
  4. 案件に参画

それでは、手順に沿って解説します。

会員登録

まずはテックビズフリーランスの公式サイトにアクセスし、会員登録をしましょう。

公式サイト上の「コンサルタントに無料相談(する)」と書かれている赤いボタンをクリックしてください。

ボタンをクリックすると、ログインページに遷移します。

下部の新規会員登録を選び、テックビズID(メールアドレス)とパスワードを入力し、規約を確認したら仮登録メールが送信されます。

届いたメールから、個人情報をいくつか入力し、本登録まで済ませてしまいましょう。

公式サイトへ

面談&ヒアリング

会員登録をした後は、専属コンサルタントと面談します。

面談時には、今までの経験や、希望する職種や分野、理想の働き方などを積極的に共有しましょう。

案件の紹介

ヒアリングが終わると、専属コンサルトに案件を紹介してもらえます。

気に入った案件があれば、速やかに連絡を取りましょう。

また、紹介案件を確認するうちに、自身の働きたい条件がより明確化したり、変化したりする場合もあります。

希望条件が変化したときも、コンサルタントにその旨を伝えましょう。

案件に参画

気に入った案件が見つかったら、次はクライアントと商談します。

必要なスキル、および労働条件などのすり合わせをし、双方の同意を得たら晴れて契約成立です。

案件に参画し、自身のスキルを発揮しましょう。

テックビズフリーランスを利用する際の注意点

テックビズフリーランスを利用する際の注意点

テックビズフリーランスは実務経験が浅いエンジニアにオススメですが、週5日のフルタイム案件が多いことに注意しなければなりません。

フリーランスといえば「好きな時間に好きなだけ働ける」ことが最大のメリットとして挙げられますが、テックビズフリーランスの案件はその限りではないのです。

週2~3日で働く案件は少なく、基本的には会社員と同様の働き方になるでしょう。

  • 週5日のフルタイム出勤で、稼げるだけ稼ぎたい
  • スキルアップと実績作りも兼ね、フルタイム出勤でも構わない

テックビズフリーランスは、上記のように考えているエンジニアにとって相性がよいのです。

テックビズフリーランスのサービスに関するQ&A

最後に、テックビズフリーランスを利用するにあたり、よくある質問を3点まとめました。

1度目を通し、不安や疑問を解消した上で、テックビズフリーランスをご利用ください。

利用料金は?

テックビズフリーランスは無料で利用できます。

会員登録からコンサルトとのキャリア面談、プロジェクトへの参画まですべて無料で利用できます。

退会費用などもかからないので、気軽に始められるところが特徴です。

リモートの案件はある?

リモート案件も多数掲載されています。

まだまだ常駐型が多い印象ですが、現在は社会情勢の変化に伴い、リモートワーク環境作りを意識している企業が増えています。

そのため今後は、現在よりもさらにリモート案件が増加すると考えられます。

リモートで働きたいと考えているエンジニアは、気軽にコンサルタントに相談しましょう。

支払いサイトは?

支払いサイトは『月末締め・翌20日払い』の20日サイトです。

資金繰りに困っている方や、すぐに報酬がほしい方は即日払い対応可能なので、担当コンサルタントに相談してみましょう。

まとめ

実務経験が長いエンジニア向けのエージェントサービスが多いなか、テックビズフリーランスには独立したての方でも案件を獲得するチャンスがあります。

実際に案件参画が決まった人のなかには、実務経験6カ月や8カ月の駆け出しエンジニアもいます。

また仕事だけでなく、テックビズフリーランスには無料の記帳代行や確定申告代行サービスがあり、フリーランスエンジニアの金銭面や生活面のサポートも欠かしません。

すでに実務経験を長く積んでいる人はもちろん、今後独立を考えているエンジニアの方も、ぜひテックビズフリーランスに登録し、キャリアアップにお役立てください。

\ 登録者16,000人を突破 /
Midworksはコチラ
\ 登録者16,000人を突破 /
Midworksはコチラ