フリーランスと在宅ワークの違いとは?隙間バイトを在宅でやる方法も解説

「フリーランスと在宅ワークの違いとは?」

「それぞれのメリット・デメリットを知りたい」

「クラウドソーシングとバイト、どっちがいいかな?」

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、フリーランスと在宅ワークの違いやメリットやデメリットについて解説しています。

一読することで、フリーランスと在宅ワークの違いを理解し、自分に合った働き方を選べるようになるでしょう。

在宅ワークをやる具体的な方法も参考にして、新しいキャリアにチャレンジしてみてください。

もくじ

フリーランスと在宅ワークの違いは雇用形態

フリーランスと在宅ワークの違いは雇用形態

フリーランスと在宅ワークの違いは、一言でいうと「契約の形」です。

フリーランスと在宅ワークは、それぞれ以下のような特徴を持っています。

この結論をもとに、両者を詳しく比較します。

フリーランスは個人で案件を請け負うこと

フリーランスは、企業や組織には属さず個人で仕事を受注する働き方です。

取引先には雇用されず、業務委託契約を結ぶか、あるいは納品物1件に対する報酬を受け取る形になります。

取引先の企業に出向いたり、依頼された場所へ行ったりすることもあり、必ずしも在宅ワークであるとは限りません。

報酬は給与ではないため、個人事業主としての届を出していなくても年間20万円以上の所得で確定申告が必要になります。

在宅ワークは自宅で働く働き方

在宅ワークとは、自宅で仕事をする働き方をいいます。

職場が自宅であれば在宅ワークであり、正社員でもアルバイトでも変わりません。

テレワーク/リモートワークという言葉もありますが、これは在宅とは限らず、カフェ・レンタルオフィス・ホテルなど会社から離れた場所で働くこと全般を意味します。

在宅ワークであっても、特定の企業と雇用契約を結んでいればフリーランスではありません。

フリーランスと在宅ワークはメリットもデメリットも違いが大きい

フリーランスと在宅ワークはメリットもデメリットも違いが大きい

契約の形そのものが違うフリーランスと在宅ワークは、メリット・デメリットの上でも違いが大きいです。

それぞれの違いを以下の4つにわけて紹介します。

フリーランスのメリットは自由に仕事を選べる

フリーランスは、自分の好きな仕事を選んで働くことが可能です。

初めから職種を限定して案件を探せるため、望まない仕事は避けられます。

取引先から、もともと望んでいない作業を頼まれたとしても、フリーランスなら断ることもできます。

ただし、柔軟な対応ができるフリーランスの方が重宝されるので、予定外の作業もできるだけ引き受けることをおすすめします。

フリーランスのデメリットは収入が安定しない

フリーランスの大きなデメリットの1つは、収入が安定しないことです。

業務委託契約を交わしていても、今は発注できる仕事がないと取引先にいわれればそれまでです。

新規開拓をしても、必ずしも継続して仕事が見つかるとは限りません。

仕事がなければ無職同然というのが、フリーランス最大のデメリットといえるでしょう。

在宅ワークのメリットは正社員でもできる

在宅ワークのメリットは、正社員でも契約社員でも職種によっては在宅勤務ができるところにあります。

会社員だから在宅ワークは無理と、あきらめる必要はありません。

会社側が認めてくれれば、フリーランスでなくても在宅ワークが可能です。

出社と在宅勤務の切り替えが難しいのは派遣社員だけで、これには労働者派遣法にもとづいて就業場所が決められているという理由があります。

在宅ワークのデメリットは勤務時間は決められている場合も

企業に雇用されている場合、在宅ワークでも勤務時間が決められていることが多いです。

職場が自宅になるだけで、タイムスケジュールは出社勤務と変わりません。

職種によっては、オンラインミーティングなどもあるでしょう。

また、勤務時間の縛りがなかったとしても、日中の稼働を求められることが多い在宅ワークもあります。

フリーランスと隙間バイトを在宅でするのはどちらがおすすめ?

フリーランスと隙間バイトを在宅でするのはどちらがおすすめ?

在宅でできる仕事を選ぶなら、フリーランスと隙間バイトどちらがいいだろう?と悩んでいる人も多いでしょう。

向き不向きはありますが、フリーランスと隙間バイトの特徴は主に以下の4つに分けられます。

それぞれを比較して、自分に合うスタイルを検討してみましょう。

在宅バイトは単純作業が多い

在宅でできるアルバイトは、単純作業やパソコン不要の仕事が多いという特徴があります。

在宅バイトで多い仕事は、以下の通りです。

  • 在宅テレアポ
  • シール貼り
  • 部品組み立て
  • 採点業務

在宅バイトの場合は、応募から採用までオンラインで完結するとは限りません。

特に、内職系のバイトは依頼された品の受け渡しなどで出社するケースもあります。

バイトの場合は確定申告が不要

在宅であっても、アルバイトは企業に雇用される形になるため、報酬は給与所得です。

つまり、個人で確定申告をする必要がありません。

在宅ワーカーになりたいけれど確定申告が面倒という人は、在宅バイトで稼ぎましょう。

フリーランスは技術力を求められることも

フリーランスは、職種にもよりますが技術力に左右されることが多い働き方です。

なぜなら、スキルの高いフリーランスと契約したいと考える企業が圧倒的に多いからです。

スキルがなく経験が浅いフリーランスは、仕事の契約を取るところからつまずいてしまう可能性があります。

サイトによっては業務委託で単純作業もある

在宅バイトではなくても、業務委託で単純作業を募集している企業もあります。

報酬単価は決して高くありませんが、パソコンさえ扱えれば仕事は見つかるでしょう。

業務委託の単純作業には、主に以下の案件があります。

  • eBayなどの商品登録作業
  • データ入力
  • データ収集

これらの作業は、1件いくらで報酬が決まります。

作業を増やせば増やすだけ収入が増えるので、計画的に稼ぐことが可能です。

在宅ワークで1日1時間や1日3時間など短時間でどれくらい稼げる?

在宅ワークで1日1時間や1日3時間など短時間でどれくらい稼げる?

短時間の在宅ワークで稼げる金額は、単純作業か要スキル案件かによって異なります。

在宅でどのくらい稼ぎたいかで、請け負う案件や作業時間を計画することが大事です。

単純作業の場合は5万円程度

工程が決められている単純作業の場合、在宅で1~3時間稼働して1ヶ月5万円程度というケースが多いでしょう。

マニュアル通りに作業をすることが求められるため、必要なスキルはスピードです。

作業に慣れてスピードが上がれば成果物を量産することができ、収入UPが見込めます。

ITなどは技術力による

専門スキルが必要な仕事は、案件ごとの報酬自体が異なるため、作業時間から収入を予想することはできません。

高度なスキルを持ち、さらに経験も豊富な在宅ワーカーなら短時間の作業でも高収入に期待ができます。

まったくの初心者が在宅ワークをする場合は、単純作業の方が収入が安定するでしょう。

フリーランスがおすすめな人と在宅ワークのバイトがおすすめな人の違いは?

フリーランスがおすすめな人と在宅ワークのバイトがおすすめな人の違いは?

フリーランスと在宅ワークは特徴やメリット・デメリットが大きく異なるため、向いている人とそうではない人にも違いがあります。

それぞれの向き不向きを検証すると、以下のパターンにまとまりました。

それぞれのケースを詳しく解説します。

フリーランスがおすすめな人①時間を自由に使いたい人

1日の時間を自由に使い、自分のペースで作業をしたい人にはフリーランスがおすすめです。

なぜなら、フリーランスは成果物に対して報酬が支払われることが基本なので、1日のうちどの時間帯を仕事に使っても問題ないからです。

ただし、業務委託契約でも時給制をというケースもあり、取引先の人と連絡が取りやすい日中の稼働がメインになることもあります。

フリーランスがおすすめな人②技術力を活かしたい人

高い技術力と経験を活かしたいなら、フリーランスに挑戦してみましょう。

企業に属して働くよりも、職種によっては高収入を得られる可能性があります。

報酬が高い職種は、主に以下の通りです。

  • エンジニア
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • 動画編集者

スキルと実績が高いほど、好条件の契約が取りやすくなります。

仕事内容によっては出社勤務のケースもあるので、在宅ワークを希望している人は案件の内容を事前に確認しましょう。

在宅ワークのバイトがおすすめな人①すぐにお金が欲しい人

在宅ワークのバイトは、できるだけ早くお金が欲しい人におすすめです。

単純作業のバイトは採用されやすいため、即日勤務ができるケースもあります。

締め日や給与支払い日にもよりますが、仕事を始めて1~2ヶ月後には給与を受け取れるでしょう。

作業時間を増やせば自然と収入も増えるので、目標額が決まっている人にもおすすめです。

在宅ワークのバイトがおすすめな人②確定申告などが面倒な人

確定申告などの手続きが面倒な人には、フリーランスよりも在宅バイトがおすすめです。

アルバイトなら、確定申告を自分で行う必要がありません。

ただし、以下のように確定申告をしなければならないケースもあります(いずれも年収が103万円をこえる場合)。

  • 会社が年末調整をしなかった
  • 12月31日前にバイトを辞めた
  • 2件以上のバイトをかけもちしている

上記に該当するアルバイトをしている人は、確定申告不要のメリットは得られないので注意が必要です。

フリーランスや在宅ワークで1人で仕事が向いている人の特徴

フリーランスや在宅ワークで1人で仕事が向いている人の特徴

フリーランスや在宅ワークが向いている人の特徴は、以下の4つです。

自分が向いているかどうか、早速チェックしてみましょう。

自己管理能力が高く自己研鑽ができる

自己管理能力が高い人は、1人だけの仕事に向いています。

自己管理能力が高ければ作業の順番やその日のタスクをしっかり管理し、スケジュールにそって仕事を進めることができるでしょう。

また、つねに自己研鑽をおこたらないことも大事です。

周りの状況が見えない分、日々新しいことを吸収しスキルをみがかなければなりません。

一人でいることが好きor楽

一人でいることが好きな人や一人が気楽という人は、フリーランスや在宅ワークに向いています。

自宅での仕事は、仕事中のおしゃべりやランチに付き合う必要がありません。

一人で黙々と仕事を進めたい人にとっては、出社勤務よりも作業がはかどるでしょう。

退社後の付き合いもなくなるため、プライベートの時間も大切にできます。

自分で物事の判断ができる

フリーランスや在宅ワークは、自己判断能力が問われます。

ちょっとした疑問や迷いは自分で判断して解決し、課せられた作業をスムーズに終わらせなければなりません。

指示待ちが習慣になっている人にとっては、1人だけで進める仕事は難しく感じるでしょう。

契約の前に、疑問点を質問できる相手や窓口があるかどうか、確認しておくことが大事です。

ストレス発散方法がある

フリーランスや在宅ワークに向いている人には、1人でストレスを発散する方法を持っているという共通点があります。

フリーランスや在宅ワークのストレス発散方法には、例えば以下のようなものがあります。

  • VODで映画鑑賞
  • 1人カラオケ
  • ソロ飲み
  • フィットネスや水泳
  • SNSやゲーム

フリーランスや在宅ワークを目指すなら、ストレスを適度に発散することが大事です。

普段から、友人知人と外出をしたりおしゃべりをしたりすることでストレスを発散している人は、1人でもできるストレス発散方法を考えてみましょう。

在宅ワークにおすすめの副業にも使えるサイト3選

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

フリーランスエンジニアにおすすめのフリーランス向けエージェント

Midworks

Midworks

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

公式サイトはコチラ

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス」は、フリーランスエージェントの中で、登録者数が最も多いエージェントです。

エンド直請け案件が多いため、高収入を実現できるフリーランスエージェントです。

年間の案件数だけでも100,000件以上と、レバテックフリーランスに登録するだけで案件探しに困ることはないでしょう。

また、稼働している案件の終了前にブランクが空かないように次の案件も提案してくれる親切なエージェントです。

公式サイトはコチラ

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

仕事に必要な、希望スペックのパソコンや携帯電話、モバイルルータの貸し出しも行なっています。

報酬金支払サイトの短縮や、ソフトとハードの両面でフォローしてくれるなど登録者に寄り添ったサポートで知名度があるエージェントです。

公式サイトはコチラ

まとめ|フリーランスも在宅ワークも1人で仕事ができる!合う働き方を選ぼう

まとめ|フリーランスも在宅ワークも1人で仕事ができる!合う働き方を選ぼう

フリーランスと在宅ワークにはさまざまな違いがありますが、基本的に1人で仕事をするところに共通点があります。

企業や組織に縛られず自由に働きたい人は、フリーランスを目指すのもよいでしょう。

専門スキルを持っていないけれど在宅ワークがしたい人は、在宅勤務可の求人を探すのがおすすめです。

現在は、フリーランスでも正社員やアルバイトでも在宅ワークができる時代です。

自分に合う働き方を選び、自宅を職場にして仕事をしてみましょう!