フリーランスエンジニアで在宅ワークの案件例は?必要なレベルや年収・キャリアも紹介

フリーランスエンジニアで在宅ワークの案件例は?必要なレベルや年収・キャリアも紹介

「フリーランスエンジニアの在宅案件ってどんなのがあるの?」

「在宅フリーランスエンジニアの年収が知りたい」

「求めらえるレベルやスキルは?」

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、在宅フリーランスエンジニアの仕事例や年収などを詳しく解説しています。

一読することで、在宅フリーランスエンジニアになった際の具体的な生活をイメージできるでしょう。

フリーランスエンジニアのキャリアプランも参考にして、理想の働き方を手に入れましょう。

クラウドテック
リモート案件数が 業界トップクラス
口コミNo.1

詳細を見る

Midworks
登録者数が2021年7月で 16,000人を突破
エージェントの鉄板

詳細を見る

レバテックフリーランス
利用者の平均年収 862万円
高単価案件が豊富

詳細を見る

もくじ

フリーランスエンジニア案件例を紹介!在宅の仕事例は?

フリーランスエンジニア案件例を紹介!在宅の仕事例は?

フリーランスエンジニアの案件は大きく分けて2種類存在します。

  • Web系:消費者が使うWebサービス全般の開発
  • 業務系:金融機関や官公庁で使用される大規模システムの開発

2020年新型コロナウイルスの流行によりリモートワークが主流となってきているのはフリーランスエンジニアの案件でも同様です。

ここから、フリーランスエンジニアの在宅ワーク案件内容や、月収どれくらいもらえるのか詳しく解説します。

多い案件はWeb開発

フリーランスエンジニアの在宅ワークに多いのはWeb系の案件です。

業務系の案件は、システムの規模が大きくセキュリティが厳しく規定されています。

そのため、会社以外からのアクセスができない場合がほとんどなので、在宅案件は少ないのが現状です。

逆に、Web系の案件では業務系の案件ほど厳しくはないので、在宅案件が多くあります。

ただし、Web系の案件でも状況によっては出社を求められることがあることは理解しておきましょう。

Reactを用いたWebアプリの開発

Reactを用いたWebアプリの開発では、月収120万円の報酬が設定されています。

ただし、求められるスキルとしてReactでの2年以上の開発経験が必です。

即戦力となるスキルのあるエンジニアが求められています。

Javascriptを用いた業務系開発

JavaScriptを用いた開発案件では、月収97万5000円の報酬が設定されています。

求められるスキルとしては、3年以上のJavaScript、HTML5の開発経験が必要です。

さらに、svgやアニメーション系ライブラリの使用経験なども求められるので、幅広いスキルを身につけておくことが良いでしょう。

フリーランスエンジニア生活は楽?年収は1,000万円も超える?

フリーランスエンジニア生活は楽?年収は1,000万円も超える?

フリーランスエンジニアの報酬は高く、年収1,000万円を超えることも可能です。

しかし、1,000万円を超えるには相応の経験が必要になります。

初心者がいきなり年収1,000万円を超えるのは難しいため、まずは経験を積むことを大事にしましょう。

低い案件で月収50万~60万円

フリーランスエンジニアの単価が低い案件でも月収50万〜60万円になります。

報酬が低くても求められるスキルが高い場合もあるので、月収が低い=スキルがなくても大丈夫というわけではないのでご注意ください。

月100万円以上の案件も多い

エンジニアの仕事内容は専門知識が必要であるため、高単価の報酬が多くあります。

月収100万円以上の案件も多いので、スキルや経験に自信がある方は、積極的にチャレンジしてみてください。

フリーランスエンジニアとして在宅で働くメリット

フリーランスエンジニアとして在宅で働くメリット

フリーランスエンジニアとして働くメリットは以下の4つです。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

高単価を稼げる

フリーランスエンジニアは専門知識を必要とされるうえ、人材不足もあり高収入を得られます。

会社で働いていた場合、単価100万円の案件で働いても100万円がそのまま給与として振り込まれることはありません。

フリーランスの場合、保険や年金などの税金を自分で払う必要がありますが、それでも会社に勤めている場合より、高収入を得られるでしょう。

働く時間が比較的自由

フリーランスエンジニアの場合、働く時間や場所をある程度自由に決めることが可能です。

業務委託契約の場合は、決められた納期までに仕事を完了できれば良いので、自宅やカフェなどで作業しても問題ありません。

自由な働き方ができるのはフリーランスエンジニアならではのメリットといえるでしょう。

ただし、自由な時間に働くことはできますが納期までにきちんと仕事が完了できるように自分でスケジュールを管理する必要があります。

仕事を選べる

フリーランスエンジニアは自分で仕事を選んで受注することができます。

企業に勤めているとどんな案件を任されるかは自分で決めることができない場合がほとんどでしょう。

一方、フリーランスエンジニアは自分で仕事を選び、働くことができるので、得意な分野のスペシャリストを目指すこともできますし、幅広いジャンルで活躍を目指すことも可能です。

人間関係の悩みが減る

フリーランスエンジニアになることで人との関わりが少なくなります。

会社のように上司、先輩、後輩はいませんので、飲み会などの付き合いも当然ありません。

クライアントとは業務の連絡や打ち合わせなどでコミュニケーションを取る必要はありますが、最低限のマナーを守っていればそこまで悩むことは多くないでしょう。

フリーランスエンジニアとして在宅で働くデメリット

フリーランスエンジニアとして在宅で働くデメリット

フリーランスエンジニアとして働くデメリットは以下の4つです。

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

気軽に質問できない

フリーランスで働いているとわからないことに直面した時、気軽に質問できません。

クライアントに質問してもすぐに返答してくれるとも限らないため、自分で問題を解決する力が重要になってきます。

わからないことを自分で解決できるよう問題解決力を身につけておきましょう。

エンジニアとして成長しにくい

フリーランスエンジニアでは、エンジニアとして成長しにくくなってしまいます。

仕事を自分で選べるため、できる仕事ばかり選んでしまうと成長する機会を失ってしまいます。

エンジニアとして成長するためにも、積極的に新しいことにチャレンジできる案件にも応募してみましょう。

社会的信用が落ちる

フリーランスエンジニアになると、社会的信用が落ちてしまいます。

高収入を得ていたとしても収入が安定しないため、会社員と比べ社会的信用が落ちる原因です。

社会的信用が落ちることで、住宅ローンやクレジットカードの審査が通らないこともあるので、フリーランスになる時は十分気をつけましょう。

確定申告が必要

フリーランスエンジニアになると確定申告を自分でする必要があります。

会社員であれば、税金や年金の支払い、年末調整が全てやってもらえるので、確定申告したことがない人も多いのでしょう。

フリーランスの場合、年間の所得が48万円を超えた場合、確定申告をしなければなりません。

確定申告をしないと法律違反となるので、必ず確定申告をするようにしましょう。

フリーランスエンジニアやフリーランスSE・在宅プログラマーに求めらえるレベルは高い

フリーランスエンジニアやフリーランスSE・在宅プログラマーに求めらえるレベルは高い

フリーランスエンジニアに求められていることは即戦力となる人材です。

そのため、求められるスキルもレベルが高いものになります。

実務経験はもちろん+αとなるスキルや経験も求められるでしょう。

以下で実際にどんな人材が求められるか見ていきます。

高単価案件は実務経験4年以上やマネジメント経験

実務経験4年以上に加えて、PMでの実務経験や英語のスキルが求められます。

このように経験以外にも求められるスキルがあるので、案件で求められるスキルについてはよく確認しておきましょう。

実務経験1年以上の案件もある

中には実務経験が1年以上あれば大丈夫な案件も存在します。

初心者、未経験者の方はまずは、実務経験があまりなくてもOKな案件に挑戦して実績を積むことが大切です。

コミュニケーション能力やビジネススキルも大切

普通の仕事でもそうですが、在宅ワークでもコミュニケーション能力はかなり重要です。

在宅ワークでは、クライアントとのやりとりはメールやチャットになります。

文章でのコミュニケーションでは、対面に比べて相手に伝えたいことがちゃんと伝わらないことも多いでしょう。

相手にきちんと考えを伝えるためにも、コミュニケーション能力が求められます。

フリーランスエンジニアや在宅プログラマーとしてフルリモート案件を獲得する方法

フリーランスエンジニアや在宅プログラマーとしてフルリモート案件を獲得する方法

フリーランスエンジニアとして活動するにあたり、どうやってリモート案件を獲得していったらいいかそのための方法を解説していきます。

フリーランスエンジニアた案件を獲得する方法は主に以下の2つの方法があります。

  • クラウドソーシングサイトを利用
  • フリーランスエージェントを利用

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトを利用することで案件を獲得することができます。

フリーランスエンジニアになりたての初心者や未経験者の方は、クラウドソーシングサイトを利用して経験を積むのがおすすめです。

単価は低いですが、初心者でも応募可能な案件が多く存在するため、経験を積むにはもってこいです。

おすすめはフリーランスエージェントの利用

ある程度経験を積んだエンジニアであれば、フリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

フリーランスエージェントを利用することで、案件獲得の手伝いをしてもらえます。

フリーランスエージェントでは、単価の高い案件も多いので、高収入を目指すのであれば、フリーランスエージェントを活用してみましょう。

フリーランスエンジニアや在宅プログラマーにおすすめなフリーランスエージェント

midworks

Midworks

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

公式サイトはコチラ

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス」は、フリーランスエージェントの中で、登録者数が最も多いエージェントです。

エンド直請け案件が多いため、高収入を実現できるフリーランスエージェントです。

年間の案件数だけでも100,000件以上と、レバテックフリーランスに登録するだけで案件探しに困ることはないでしょう。

また、稼働している案件の終了前にブランクが空かないように次の案件も提案してくれる親切なエージェントです。

公式サイトはコチラ

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

仕事に必要な、希望スペックのパソコンや携帯電話、モバイルルータの貸し出しも行なっています。

報酬金支払サイトの短縮や、ソフトとハードの両面でフォローしてくれるなど登録者に寄り添ったサポートで知名度があるエージェントです。

公式サイトはコチラ

フリーランスエンジニアや在宅プログラマーにおすすめな副業サイト

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

フリーランスエンジニアになるためにおすすめの言語は5つ

フリーランスエンジニアになるためにおすすめの言語は5つ

フリーランスエンジニアになるためにも、プログラミング言語の取得は必須です。

プログラミング言語にはいくつも種類があり、言語によって取れる案件数や単価も異なってきます。

ここでは、案件数も豊富で単価も高い初心者におすすめのプログラミング言語を紹介していきます。

PHP

Webページの開発といったら真っ先に出てくるのがPHPです。

PHPは、他のプログラミング言語と比較して、文法がわかりやすいのが特徴です。

そしてPHPは、昔からあるプログラミング言語なので、検索すれば情報がたくさん出てきます。

わからないことがあっても調べれば答えがすぐに見つかるので初心者でも独学で勉強できるでしょう。

Ruby

Rubyは日本で開発されたプログラミング言語です。

Rubyの特徴は、コードの記述が少なくわかりやすいところです。

シンプルですができることは多いため、様々なシステム開発に利用されています。

Rubyも昔からある言語なので、ネット上に多くの情報が溢れています。

Python

Pythonはオープンソースで運営されているプログラミング言語です。

Pythonでは人工知能や機械学習の開発に注目されています。

初心者でもわかりやすく、学習途中で挫折することもないのがPythonの特徴といえるでしょう。

Go

GoはGoogleが開発したプログラミング言語です。

Goの特徴は、シンプルかつ高速処理を可能とするプログラミング言語となっています。

シンプルな文法で、複数のエンジニアでの同時開発が可能なため、大規模なシステム開発に向いているのもGoの良いところです。

Goを使って開発された代表的なWebアプリには、「YouTube」や「メルカリ」、「ぐるなび」があります。

JavaScript

Java Scriptを使えばWebページに動きをつけることが可能です。

そしてJavaScriptはHTMLやCSSと併せて利用することが多いため、JavaScripを覚えるのであれば、HTML・CSSもセットで覚えておくのがおすすめです。

HTMLは「HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略称で、主にWebページの見た目を作成します。

CSSは「Cascading Style Sheets(カスケーディングスタイルシート)」の略称で、Webページのレイアウトを形成します。

フリーランスエンジニアや在宅プログラマーのキャリアプランは?

フリーランスエンジニアや在宅プログラマーのキャリアプラン

フリーランスエンジニアや在宅プログラマーとして働いてくと、キャリアプランも自分で考えていく必要があります。

会社であれば、上司に相談したり、アドバイスをもらえるでしょうが、フリーランスでは自分で考え決めなければなりません。

キャリアプランを決定するためにも、今後の在宅ワーク案件の傾向やキャリアの積み方について解説していきます。

フルリモートなどの在宅案件は増加傾向

新型コロナウイルスの流行から2020年以降、在宅フリーランスエンジニアの案件は増加傾向にあります。

案件が増加している理由は、エンジニア不足の問題があるためです。

スキルを持ったエンジニアを確保できず、多くの企業が悩んでいます。

そのため、今から在宅フリーランスエンジニアを目指しても案件が無くなって困るということにはならないでしょう。

経験を積んでからフリーランスとして独立するのがおすすめ

フリーランスエンジニアとして独立するには、まずはIT系の企業に就職して経験を積むのがおすすめです。

会社に勤めることで、上司や先輩など多くの方にフォローしてもらえ、会社独自のノウハウなども身につけられます。

会社に勤めながら副業でクラウドソーシングサイトを利用し、経験を積めば早い段階で独立できるでしょう。

経験を積んで自信を持てるようになったら、フリーランスとして独立するのが良いでしょう。

まとめ|フリーランスエンジニアの在宅案件は増加傾向!キャリアを積んでチャレンジしよう

フリーランスエンジニアの在宅案件は増加傾向!キャリアを積んでチャレンジしよう

フリーランスエンジニアの在宅案件は増加傾向のため、今からでも焦ることなくフリーランスエンジニアを目指すことは可能です。

フリーランスとして独立するためにも、いきなりフリーランスとして働くのではなく、会社に勤めて経験を積むのが良いでしょう。

フリーランスエンジニアとして活動するにあたり、メリットもありますがデメリットも存在します。

本記事でメリットとデメリットをしっかり把握して自分がフリーランスエンジニアに向いていそうか判断の参考にしてみてください。

もしあなたが、フリーランスエンジニアを目指し継続して高収入を得たいのであれば、新しい技術を常に学んでいく姿勢を持ち続けましょう。