クラウドワークス初心者の時間単価相場はどれくらい?

クラウドワークス初心者の時間単価相場はどれくらい?

「初心者だけど、クラウドワークスでの時間単価ってどのくらい?」

「クラウドワークスで時間単価の高い仕事をもらうにはどうすればいいの?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、クラウドワークス初心者が仕事をする際の時間単価や高単価案件を獲得するコツについて解説しています。

最後まで読むことで、初心者がクラウドワークスで仕事をする際の時間単価がイメージできるでしょう。

時間単価の高い仕事をもらう方法も紹介するので、ぜひ収入アップに役立ててください。

ちゃんと稼ぐなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。
そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテック
クラウドテック」は、クラウドワークスが展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!
  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • ライター単価も平均月40万円
クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう! 詳細を見る

【仕事内容別】クラウドワークスの時間単価の相場とは?

クラウドワークスでの時間単価相場を、職種別に紹介します。

仕事内容時間単価
システム開発約3,000円~4,000円
ホームページ制作・Webデザイン約2,000円~3,000円

動画作成・編集約2,000円~3,000円
ライティング・記事作成約1,000円~2,000円
事務約1,000円~1,500円
データ入力約1,000円~1,400円

システム開発は、特別なスキルが必要なので、時間単価が高い傾向にあります。

システム開発は経験者を募集していることが多いので、初心者だともう少し単価は低くなります。

ライティング・記事作成は、1文字1円などの文字単価で報酬が支払われることが多いですが、時間単価案件もあります。

ただし、書類選考・複数回の面接があったりなど、採用に至るまでの難易度が高いです。

ライティング・記事作成は、契約金額の決まっている固定報酬制のプロジェクト形式案件に応募する方が得策かもしれません。

事務は、時間単価こそ低いものの、案件数は比較的多いです。

クラウドワークスの時間単価案件のメリット

クラウドワークスの時間単価案件のメリットは2つあります。

安定して収入を得られる

クラウドワークスの時間単価案件は、週ごとに報酬額が確定します。

毎週の稼働時間が確保できれば、週にどのくらい稼げるのかの目安がわかります

たとえば、時間単価が1,000円の案件でも、1日5時間稼働できれば、週5日働くと月に10万円を稼ぐことができます。

毎月安定して収入を得られるので、安心して業務に取り組めます

成果ではなく時間に対して報酬が支払われる

時間単価案件は、「時間」に対して報酬が支払われます

納期までに成果物を納品してはじめて報酬になる固定報酬案件よりもどちらかというと気軽に取り組めます

成果で評価をするのが難しい仕事(事務やシステム開発など)は、時間単価案件に最適です。

時間に対して報酬が支払われるという点で、時給で働くアルバイトやパートに似ています。

クラウドワークスの時間単価案件のデメリット

クラウドワークスの時間単価案件のデメリットは以下の3つです。

固定報酬制より案件数が少ない

時間単価案件は、固定報酬案件よりも圧倒的に件数が少ないです。

クラウドワークスに登録して検索をしても、少ない案件から自分に合った仕事を見つけるのは難しいです。

実際にはデザインやライティングなどは固定報酬制であることが多いです。

時間にシビアなクライアントが多い

クライアントは、ワーカーの稼働時間に対して報酬を支払うので、時間にシビアなことが多いです。

ワーカーは、タイムカードで管理されているとはいえ、在宅ワークで自由にできる環境のもと仕事をおこなうので、手を抜くことができます。

しかし、それではクライアントからすると時間単価制にするメリットはないので、きちんと働いているかチェックされたり、こまめにチャットやメールで報告が必要な場合もあります。

実際に、クライアントとやり取りをしはじめないとわからない部分も多いですが、口コミなどを参考に選んでみるのもよいでしょう。

タイムカードの入力が面倒

時間単価案件は、稼働した時間に応じて報酬が支払われます。

そのため、ワーカーはクラウドワークスの提供する「タイムカード」というアプリケーションで、稼働時間の入力をする必要があります。

「作業開始」と「作業終了」を選択するだけですが、うっかり忘れてしまうこともあり、毎回の作業となると少し面倒に感じる人もいるでしょう。

クラウドワークスの時間単価案件にぴったりなのはこんな人!

クラウドワークスの時間単価案件にぴったりな人を紹介します。

働いた時間分だけ報酬をもらいたい人

働いた時間分だけ報酬をもらいたい人には、時間単価案件がおすすめです。

その時間さえ真面目に仕事に取り組めば、一定の収入が入ってきます。

固定報酬案件だと、成果に応じて報酬が支払われるため、成果物を納品するために予想以上に時間がかかってしまう場合があります。

その場合、時間単価に換算するとかなり低くなってしまうケースがあり、なんだか損をした気分になってしまいます。

時間単価案件なら、そのようなデメリットを避けることができます

働ける時間に余裕のある人

主婦などの働ける時間に余裕のある人にも時間単価案件は最適です。

基本的に家にいて、ある一定の作業時間を確保できる人であれば、時間単価案件は好都合です。

また、家事や育児で大変な主婦でも、メリハリをつけた働き方ができるのも特徴のひとつです。

決まった時間に管理されながらの仕事にはなりますが、裏を返せばその時間にきちんと作業できれば確実に報酬を得られます。

ただし、副業として仕事をしようと考えている人は、時間に余裕がない場合が多いので、時間単価案件よりも固定報酬案件をおすすめします。

特別なスキルがない人

クラウドワークスをはじめたばかりで、特別なスキルや経験がない人こそ時間単価案件に挑戦してみましょう

固定報酬案件は、報酬がスキルや経験に左右されやすいのが特徴です。

固定報酬案件に比べて、時間単価案件はスキルや経験というよりも、決まった時間にきちんと稼働できるかがポイントになります。

特別なスキルがなく、仕事未経験の初心者の方はぜひ時間単価案件に応募してみましょう。

クラウドワークスで時間単価の高い仕事をもらうには

クラウドワークスで時間単価の高い仕事をもらう方法を5つ紹介します。

必要なスキルを上げる

スキルがなくてもできるのが時間単価案件のよいところではありますが、スキルがあるに越したことはありません。

なぜなら、ルを上げることで仕事の幅が広がったり、効率よく仕事ができるようになることで、クライアントから時間単価アップの打診が来る可能性があるからです。

また、スキルを上げることで、クライアントから好条件のスカウトが届くこともあります。

自分のやりたい仕事をするうえで、どんなスキルが必要なのか調べてみるのもよいでしょう。

受注実績を積む

クラウドワークスのマイページのプロフィールには、「受注実績」という項目があります。

発注者は、受注者の受注実績を見て、この人が今までにどれくらいの実績を積んできたのかを確認します。

受注実績が数件のワーカーよりも、数十件・数百件の経験豊富なワーカーの方が、最後まで責任を持って仕事に取り組んでくれそうだという印象を与えられます

たとえば、ライターであれば、マニュアルを読み込んで文章の書き方を覚えるまで時間がかかりますが、継続案件を受注できるようになればそれだけ実績を積むことにもつながります。

クラウドワークスで仕事をするのが初めてであれば、隙間時間でできるアンケート回答(1件10円から)などのタスク形式の簡単な案件から取り組んでみましょう。

ロゴマークやキャッチコピーの募集に多いコンペ形式に応募してみるのもいいかもしれません。

応募する際の提案文をしっかりと作りこむ

時間単価案件に応募する際は、提案文をしっかりと作りこむことが大切です。

提案文は、自分のスキルや実績だけでなく、「採用してくれたらこんなメリットがありますよ」という自分を選んだときの特典をクライアントに伝える文章です。

クライアントは忙しい人が多いので、すべての応募者に返事をすることができません。

そのため、少しでもクライアントの目に留まるような提案文を書くことが必要です。

時間単価の高い案件にどんどん応募する

ある程度、実績を積んだら時間単価の高い案件にどんどん応募してみましょう

時間単価案件は、書類選考や面接などがあり、採用に至るまでが難しい場合もあります。

しかし、時間単価案件は企業が募集をかけていることも多いので、一度契約できれば継続してお仕事をもらえる可能性が上がります

また、仕事ぶりが評価されれば、企業の正社員に昇格することも夢ではありません。

ただし、初心者のうちは高単価案件が表示されないので、やはり実績を積むのが必要になってきます。

クライアントに時間単価アップの交渉をする

クライアントに時間単価の設定を上げてもらうよう交渉するのも、時間単価の高い仕事を受注するのに必要なことです。

自分から報酬金額アップの交渉をするのは、なかなか難しい気もしますが、ポイントが2つあります。

  1. クライアントと信頼関係を築けているか
  2. スキルアップできているか

ある程度の長期にわたって仕事を依頼されている場合は、クライアントから高い信頼を得ていることが多いです。

少なくとも半年間は一緒に仕事をした期間が必要ですが、該当する人は思い切って時間単価アップの交渉をしてみましょう

補足

時間単価アップに見合ったスキルアップができているかもポイントです。

スキルアップは常に頭において仕事をしていくのがいいでしょう。

クラウドワークスに限らず、単価アップの交渉をすることは、クラウドソーシングのサービスを利用してフリーランスとして生きていくうえで、非常に大切なことです。

クラウドソーシングは、手数料が発生する場合が多いので、その手数料分をカバーしてやるぞ!という気持ちで取り組むのもおすすめです。

まとめ|時間単価の高い仕事をもらって収入アップを目指そう!

今回は、クラウドワークスでの時間単価相場や初心者向けの高単価案件をもらうコツについて紹介しました。

時間単価案件のメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った案件を選びましょう。

クライアントと信頼関係を築き、スキルを上げていくことで時間単価の高い仕事をもらえるようになります

クラウドワークスのはじめ方さえ間違わなければ、どんどん収入アップを目指せます。

時間単価の高い仕事を獲得し、安定して月に20万円以上稼げるようになれば充実した生活を送れるようになるでしょう。

 

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ