クラウドワークスがやめたほうがいい?仕事がもらえないって本当?

クラウドワークスがやめたほうがいい?仕事がもらえないって本当?

在宅ワークや副業で使う日本最大級のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」

お悩み

クラウドワークスで仕事をするのをやめたほうがいいの?仕事がもらえないの?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、クラウドワークスに登録して仕事をすることをやめたほうがいいのか、仕事がもらえないのかわかりやすく解説します。

最後まで読むことで、なぜクラウドワークスはやめたほうがいいと言われるのか理解できるでしょう。

当日払いがあるクラウドソーシング
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 悪質クライアントが多く納品してから連絡が取れなくなった
などの悪い口コミが多いのが現状です。

そこで、おすすめなのがクラウドソーシングで唯一「当日払い」ができる「_ist(イスト)」です。

<画像>_ist(イスト)
_ist(イスト)」は、手数料が業界No.1の安さで、当日払い制度があるため、報酬がすぐに手元に入ってくるクラウドソーシングサイトです。さらに、単価が高い案件も多いのが特徴です。

クラウドソーシングサイトは複数登録OKなので、登録だけでもしてみる価値があるでしょう。

\ 手数料が業界最安値 /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して実績と評価を積み上げていきましょう!

詳細を見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

【結論】クラウドワークスの利用はやめたほうがいい?

クラウドワークスは無料でアカウントの登録ができ、仕事の受注も無料です。

クラウドワークスは案件が多いなどメリットも多いですが、悪質案件など注意をしないとデメリットばかりになる可能性もあります。

そして、特に初心者は特別なスキルや経験がないと受注が難しく感じるでしょう。

クラウドワークスを利用するかしないかをどう判断すればいいのかを解説します。

利用者が急増しているのでおすすめしない

数多くあるクラウドソーシングサイトの中で、最大手とよばれるクラウドワークスですが、昨今利用者が急増しているため、受注が困難だといわれているでしょう。

理由は、利用者が増えることにより、仕事の案件数に対して利用者数の方が上回っており均等がとれていない可能性がるあるからです。

例えば、採用人数が1名の案件に対し、単価などの条件次第で応募者が20人以上になることがあります。

実績が多い人が受注されることが多いため、初心者は受注を難しく感じることもしばしばあるでしょう。

そのため、利用者が多いと案件を受注することは困難だといえます。

手数料が高い

受注者が受け取る報酬金額に対して5%~20%がシステム手数料として差し引かれます。

詳しく解説すると、10万円以下の報酬金額の場合は、その金額から20%の手数料がかかり、10万円以上20万円以下だと10%、20万円を超えると5%の手数料がかかることになります。

そして、システム手数料だけでなく振込手数料も注意が必要です。

楽天銀行への振込の場合は100円ですが、その他の金融機関への振込は500円になります。

振込手数料を安くおさえるためには、まず最初に楽天銀行の口座開設をしなければならないでしょう。

では、結局いくら手元に入金されるのか例をあげて解説します。

報酬金額が1万円の仕事をした場合は、システム手数料20%が引かれて8,000円となり、振込手数料500円も引かれ、実際に入金となる金額は7,500円です。

そして納品までに20時間かかったとすると、時給換算で375円となります。

高単価の仕事を受注することも難しいなか、システム手数料と振込手数料まで引かれると仕事のモチベーションが下がる可能性があるでしょう。

なぜクラウドワークスで仕事がもらえないの?

クラウドワークスで仕事を受注することについて難しく感じる人もいるでしょう。

アカウントの登録をして、スカウトを待つだけではなかなか受注ができません。

なぜクラウドワークスで仕事をもらうことが困難なのか解説します。

登録者が増加傾向でライバルが多く受注できない

テレワークや外出自粛が増え、家にいる時間が長くなったことと、情勢が不安定なこともありクラウドワークスの利用者が増えています。

よって、高単価の案件は競争率が高くなり、初心者の場合は実績がないため受注が困難になる可能性があるでしょう。

とはいえ、ライバルが少ない低単価の案件を何件か受注できても、時給に換算すると低すぎるという事態になることもあります。

例えば、タスク案件で1件1円、所要時間5分の仕事をした場合、1時間で12円しか稼ぐことができません。

登録者が多いとライバルも多く、受注するまでに時間もかかり、単価の低い案件ばかりだと収入も少なく、結果的に士気が下がることになりかねないでしょう。

専門的な知識やスキルを求められる案件が増えた

高額案件を受注するには、専門的な知識やスキルが必要となることが多いでしょう。

例えば、翻訳をするには語学のスキル、ウェブデザイナーの仕事をするにはデザインの専門的な知識が必要です。

特にシステム開発やアプリなどの開発のジャンルは、高額案件が多いでしょう。

そのようなスキルや専門的な知識がない場合は、簡単な案件をこなしていくことになり、誰でもできそうな内容では単価が低いことも多いです。

なにより、どのジャンルでも続けることが大事といえるので、クラウドワークスは地道にこなし続ける能力こそが必要なスキルといえます。

よって、スキルや知識が必要な案件が増えたことにより、対応できれば高単価の案件を受注できる可能性もあるが、対応できない場合は低単価の案件ばかりを受注することになるでしょう。

悪質でやばい案件の見分け方

クラウドワークスには数多くの案件がありますが、なかには悪質なクライアントや案件も存在します。

次に解説する事項を注意することによって、悪質案件の見分け方がわかるでしょう。

個人情報を開示しないといけない案件には応募しない

クラウドワークス内での取引において、本人確認が完了している場合は個人情報の開示は必要ないといわれています。

よって、メールアドレスや電話番号、LINEなどを聞かれた場合は悪質な案件であると判断しましょう。

例えば、契約する前に履歴書の提示を求められた場合も、応じる必要がないので注意することが大切です。

条件が良かったとしても、個人情報を聞いてくる案件には応募しないよう気を付けましょう。

利用規約に反しているクライアントと契約しない

利用規約を反する悪質なクライアントとは契約しないようにしましょう。

例えば、受注者に条件確認の手続きや仮払いの手続きを完了していないのにChat workのIDを聞いてきたり、LINEを登録するよう誘導することは規約違反になります。

そのような悪質クライアントは契約を断ると「損害がでるのでやめることができない」などと言ってくるケースもあるので、事前に悪質クライアントと見抜く必要があるでしょう。

悪質クライアントを見抜くには、次のことを確認することが大事です。

それは「クライアントが本人確認済みであるか」と「クライアントの評価や実績の確認をする」です。

理由は、信用を重視するクライアントは本人確認済みであることと、悪質なクライアントは悪い評価やコメントなどがつけられると新しくアカウントを作り直す場合が多く、実績や評価がないことが見受けられるからです。

以上のことに注意して悪質クライアントを見抜き、契約しないようにしましょう。

ネットワークビジネスの勧誘がありそうな案件に応募しない

ネットワークビジネスは、言葉たくみに人をだまして勧誘してくるので、いつの間にか話を聞かされているというケースもあるので気を付ける必要があります。

例えば案件のタイトルに「コピペのみで何十万も稼げる」や「動画視聴するだけで会社員並みの月収」など、誰でも簡単に大金を稼げるという内容の案件には注意しましょう。

簡単作業のみで楽に多くの収入を得られるように謳う案件は、マルチ商法やねずみ講などネットワークビジネスの可能性があるので応募しないことが大切です。

クラウドワークスはおすすめしない!他のクラウドソーシングを利用しよう

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。
クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ

クラウドワークスは案件がたくさんあることが魅力のサイトです。

案件が多いと仕事が選べるメリットがありますが、悪質な案件もあるので気を付ける必要があります。

クラウドワークスは着々と実績をつむことで稼ぐことができるでしょう。

悪質な案件・クライアントを見抜くことができればオススメのサイトといえます。

手数料業界最安値&当日払い可能
在宅ワーク・副業におすすめの「_ist」
無料登録はコチラ
在宅ワーク・副業なら「_ist」