クラウドワークスのタスク形式のやり方をわかりやすく解説

<画像>クラウドワークスのタスク形式のやり方をわかりやすく解説

在宅ワークや副業で使う日本最大級のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」

お悩み

クラウドワークスのタスク形式のやり方って…?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、クラウドワークスのタスク形式のやり方を初心者でもわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、クラウドワークスのタスク形式のやり方の理解が深まり、稼げるようになるでしょう。

当日払いがあるクラウドソーシング
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 悪質クライアントが多く納品してから連絡が取れなくなった
などの悪い口コミが多いのが現状です。

そこで、おすすめなのがクラウドソーシングで唯一「当日払い」ができる「_ist(イスト)」です。

<画像>_ist(イスト)
_ist(イスト)」は、手数料が業界No.1の安さで、当日払い制度があるため、報酬がすぐに手元に入ってくるクラウドソーシングサイトです。さらに、単価が高い案件も多いのが特徴です。

クラウドソーシングサイトは複数登録OKなので、登録だけでもしてみる価値があるでしょう。

\ 手数料が業界最安値 /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して実績と評価を積み上げていきましょう!

詳細を見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

そもそもクラウドワークスのタスク形式とは?

そもそもクラウドワークスのタスク形式とは?

仕事を始める前に、タスク形式にはどのような作業が求められるのか、またどのような流れで作業を進めるのかを知っておく必要があります。

誰でも作業ができる

タスク形式はプロジェクト形式と違い、誰でも作業できる案件です。

プロジェクトはクライアントの募集に対して自己PRや過去の執筆実績を提示し、クライアントに承認してもらう必要があり、必ずしも自分自身が選ばれるわけではありません。

しかしタスクであれば、プロジェクト形式のような自己PRや実績提示は不要。

そのかわり、タスク形式は誰でも作業できる分、アンケートや100~300字程度の短いライティングなどの簡単な案件が多数を占めています。

タスク形式の案件は、安全なものだけではありません。

なかには「火消し案件」と呼ばれる、政治や経済などの印象操作に関わる依頼もあります。

ポイント
  • タスク形式はプロジェクト形式と違い、誰でも作業できる案件

火消し案件については下記の関連記事で詳しく記述してあるので、気になる方はチェックしてみてください。

クラウドワークスのタスク形式のやり方

クラウドワークスのタスク形式のやり方

では実際にクラウドワークスでタスク形式の案件をやってみましょう。

タスク形式のやり方は簡単

タスク形式の始め方は簡単です。

当記事では、タスク形式を受注したい方(ワーカー)とタスク形式を発注したい方(クライアント)のそれぞれの進め方を解説します。

ワーカー(受注者)のタスク形式のやり方を解説

ワーカー(受注者)のタスク形式のやり方を解説

はじめにワーカー側の作業を紹介します。

ワーカーがすることは下記の4つのステップです。

仕事を探すから自分に合った仕事を探す

まずはクラウドワークスにログインしましょう。

その後ページ左上『CrowdWorks』ロゴの隣にある『仕事を探す』タブをクリックします。

クリックすると、ページの左側に『保存した検索条件』『仕事カテゴリ』『絞り込み』『スキル』の4つのタブが表示されます。

『絞り込み』欄に注目してください。

依頼形式のところに『プロジェクト』『コンペ』『タスク』と表示されています。

『タスク』のチェックボックスをクリックし、下部にある『絞り込む』ボタンを押すと、タスク形式の案件だけが並んで表示されます。

この絞り込み機能は案件を探す際に便利なので、ぜひ活用してください。

募集中のタスクのなかから、自分ができそうな案件を探しましょう。

作業フォームから作業を開始する

案件ページを開くと『応募状況』『仕事の詳細』『作業内容の詳細』『クライアント情報』が順番に表示されるので、作業前に確認します。

確認し終わったら『クライアント情報』の下にオレンジ色の『作業を開始する』ボタンがあるのでクリックしましょう。

クリックすると作業フォームに移行するので、そこで作業を開始します。

作業完了後に作業完了報告をする

作業が完了したら、作業完了報告を押して終了です。

あとはクライアントが承認可否を通知するまで、ワーカー側がすることはありません。

そのあいだに新しい案件を探したり、休憩したりして次の仕事に備えましょう。

クライアントが承認すると報酬が確定

クライアントが作業を承認したら、報酬が支払われます。

これでタスクは終了です。

一連の流れのまとめ

はじめに
ログイン
仕事を探すから自分に合った仕事を探してください
手順1
案件ページ
作業フォームから作業を開始してください
手順3
作業終了後
作業完了後に作業完了報告をする
さいごに
クライアントの承認
クライアントが作業を承認したら、報酬が支払われます。

クライアント(発注者)のタスク形式のやり方を解説

クライアント(発注者)のタスク形式のやり方を解説

次にクライアント側の作業を解説します。

仕事を依頼する

まずは仕事を依頼しましょう。

クライアントページ上にある『新しい仕事を依頼』をクリックしてください。

仕事のカテゴリを選んだら、依頼形式は『タスク形式』を選択します。

ワーカーがどのような案件なのか判断できるよう、わかりやすい依頼タイトルをつけましょう。

依頼詳細画面では、太字や赤字などの簡単な文字装飾ができるので、注意点や作業ルールが一目で理解できるよう工夫するとよいでしょう。

次にページの順番に沿い、作業単価や募集件数、期限を決めます。

オプションを利用すると機密保持契約や本人確認、ワーカーへの通知機能などが利用できるので、必要であれば選択してください。

仮払いを行う

仕事詳細を入力し終わったら、次は仮払い処理をします。

仕事が公開される

仮払いを終えると、クラウドワークス上に仕事が公開されます。

今一度公開ページを開き、依頼詳細に不備がないか確認しておきましょう。

不備がなければ、あとはワーカーが作業開始するまですることはありません。

承認する

ワーカーから作業完了報告が送られてきたら、作業内容を確認しましょう。

問題がなければ承認して完了です。

一連の流れのまとめ

はじめに
クライアントページ
仕事を依頼する
手順1
仮払いを行う
ワーカーが決まったら、仮払いを行います
手順3
ワーカーの作業終了後
修正チェックを行い完了報告(承認)
さいごに
支払いの完了
取引の終了

タスク形式の注意点

タスク形式の注意点

タスクはプロジェクト形式に比べて容易に始められますが、2つ注意すべき点があります。

承認期間がある

1つ目の注意点は、タスク形式には承認期間があることです。

タスク形式では、クライアントが作業を承認してはじめてワーカーへ報酬が支払われます。クラウドワークスでは、承認期間は14日間に設定されています。

14日を過ぎてもクライアントによって作業の承認手続きが行われなかった場合は、自動的に承認されます。

期限切れに注意する

2つ目の注意点は、タスク形式には案件ごとに作業時間が定められていることです。

この作業時間を超過すると期限切れとなり、作業を完了させることができません。

しかし、タスクの完了件数が募集数に満たない場合に限り、再度作業することも可能です。

作業が間に合わなかったときは諦めず、再度挑戦してみましょう。

ポイント
  • タスク形式には承認期間がある
  • タスク形式には案件ごとに作業時間が定められている

タスク形式のやり方が簡単なおすすめクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • タスク形式はプロジェクト形式と違い、誰でも作業できる案件
  • タスク形式には承認期間がある
  • タスク形式には案件ごとに作業時間が定められている

クラウドワークスのタスク形式は、クライアント(またはワーカー)との契約やメッセージでのコミュニケーションを必要としない分、気軽に取り組める案件です。

作業自体も数分から数十分で終わるものが多く、クラウドワークスに登録したばかりの方の実績作りにもオススメです。

タスク形式は、すべての作業がかならず承認されるわけではありません。

クライアントが定めたルールから逸脱していたり、意味が通じない文章を送ったりすると非承認になる可能性もあるので、あらかじめ作業ルールを確認し、作業完了前の見直しを徹底することが大切です。

タスク形式を上手に活用し、実績作りやスキルアップにつなげましょう。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」