学生がクラウドワークスで働くメリットやデメリットも解説


「クラウドワークスは学生でも始められる?」

「学生が使うメリット・デメリットってある?」

「学生は技術力がなくても大丈夫?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事ではクラウドワークスが学生でも始められることやメリット・デメリットを解説しています。

最後まで読むことでで、学生でもクラウドワークスを利用すべきが判断することが可能です。

クラウドワークス利用の注意点や案件獲得の自己PRの書き方も参考にしながら、クラウドワークスを始めてみましょう。

ちゃんと稼ぐなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。
そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテック
クラウドテック」は、クラウドワークスが展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!
  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • ライター単価も平均月40万円
クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう! 詳細を見る

もくじ

クラウドワークスは学生でも始められる!

クラウドワークスは学生でも始められる

クラウドワークスは学生でも始めることが可能です。

18歳以上であれば、登録できるのでお小遣い稼ぎに始めてみてはいかがでしょうか?

実際に学生で登録している人も多い

実際にクラウドワークスに登録している学生も多く存在します。

クラウドワークスに登録しているワーカーの13%は学生です。

学生は自由な時間も多く、空き時間を活用してクラウドワークスでお小遣い稼ぎができるでしょう。

18歳以上でも未成年は親権者等の同意書の提出が必要

学生でも登録はできますが、未成年者は親権者の同意書の提出が必要です。

クラウドワークスの公式サイトから雛形があるので、ダウンロードして提出しましょう。

18歳未満は登録できないので注意

残念ながら18歳未満は、クラウドワークスに登録することが不可能です。

18歳になるまで待つか、18歳未満でも登録できるクラウドソーシングサイトを探しましょう。

18歳未満でも登録できるクラウドソーシングサイトでは、shinobiライティングサグーワークスがあります。

クラウドワークスで学生が働くメリット

クラウドワークスなどクラウドソーシングで学生が働くメリット

学生がクラウドソーシングサービスで働くメリットは4つあります。

  1. 好きな時間に好きな場所で働ける
  2. 豊富な仕事を選べる
  3. 一人で作業ができる
  4. 自分で仕事を取る経験ができる

メリット①好きな時間に好きな場所で働ける

クラウドソーシングサイトを使って働くメリットは、好きな時間、場所で働けることです。

アルバイトと違って、シフトに合わせて働く必要もなく、職場まで行く手間も省けます。

スマホでできる仕事内容であれば、電車通学の時間などちょっとした時間も利用して働くことができるでしょう。

メリット②豊富な仕事を選ぶことができる

クラウドワークスは、クラウドソーシングサイトの中でも最大の規模なので、案件の種類も豊富です。

案件の種類が豊富なので、自分の得意分野を活かせるお仕事も見つかるでしょう。

自分の力量に合わせて、案件も選ぶことができるので自信の成長を実感できます。

メリット③一人で黙々と作業ができる

基本的にパソコンまたはスマートフォンがあれば、一人で作業が完結します。

アルバイトでは、人間関係が面倒という場合もありますよね。

クラウドワークスでは、面倒な人間関係がないため、一人で黙々と作業するのが好きな人にはおすすめです。

メリット④自分で仕事を取る経験が得られる

クラウドワークスでは、自分で仕事を取る経験が得られます。

自分で仕事を取るという経験は、アルバイトでは得られない経験です。

普通では得られない経験をすることで将来役に立つ可能性が高いでしょう。

クラウドワークスで学生が働くデメリット

クラウドワークスなどクラウドソーシングで学生が働くデメリット

学生がクラウドソーシングサービスで働くデメリットは以下の4つです。

  1. 学生は単価が低い
  2. クライアントによっては対応がひどい
  3. 手数料が引かれる
  4. 自制心がないとお金を稼ぐのは難しい

デメリット①学生は単価が低め

初めは単価が低い案件しか取れず、アルバイトに比べると全然稼げないということもあり得ます。

単価の低い案件では、時給換算すると数十円〜数百円にしかならないものもあります。

単価を上げていくためにも根気強く続けて、実績を積むことが大切です。

デメリット②ひどいクライアントも中にはいる

クライアントの中にはひどい対応するクライアントが存在します。

連絡してもなかなか返信がこなかったり、商品の購入と発送をさせて音信不通になったりとお金を稼ぐどころか損をしてしまう可能性もあります。

クライアントの評価を確認して、ひどいクライアントに遭わないよう気をつけましょう。

デメリット③手数料が引かれる

クラウドワークスでは、報酬と振込に対して手数料が引かれます。

手数料は、タスク形式なら20%、10万1円〜20万円なら10%、20万1円以上なら5%です。

ほとんどの場合で、手数料20%がかかると覚えておいてください。

また、報酬が振込まれるときにも500円の手数料が発生します。

ただし、楽天銀行であれば振込手数料が100円になるので、振込先は楽天銀行がおすすめです。

デメリット④自制心がない人には難しい可能性がある

クラウドワークスで働くにあたり、納期を守ることは絶対です。

自制心がないと納期を守れず、クライアントの信頼を失います。

自制心を持って、納期を守ることを心がけましょう。

クラウドワークスで「学生」と自己紹介に書くべき?

クラウドワークスで学生と自己紹介に書くべきかは欲しい案件による

クラウドワークスで、自己紹介に学生であることを明記すべきか悩むところでしょう。

学生と明記するかどうかは、応募する案件によって変えましょう。

学生を理由に断られることはある


案件の中には、学生を理由に断られる場合があります。

学生を理由に断られるかどうかはクライアントや仕事内容次第です。

また学生ということで舐められることもあり得ます。

募集内容に学生不可となければプロフィールにも学生と明記しなくてもよいでしょう。

技術系はアドバイスが貰えることも


プログラミングなど技術系の案件では、アドバイスをもらえることもあります。

技術系案件に申し込む時は、プロフィールに学生と明記しておくとよいでしょう。

学生が働くならデータ入力など在宅ワークがおすすめ

クラウドワークスで学生が働く際に初心者はデータ入力など在宅ワークがおすすめ

クラウドワークスで働き始める学生は、まずデータ入力などの在宅ワークからやってみるのがおすすめです。

単価はそこまで高くないですが、特別な専門知識も必要なく、実績を積むことができます。

データ入力は専門知識不要

データ入力の案件なら基本的なパソコンの操作、文字入力ができれば、専門知識は必要ありません。

プログラミングのように専門知識がなくても始められるため、初心者におすすめです。

アンケートはクライアントと直接連絡を取る必要がないことも

アンケート案件はタスク形式として発注されているものがほとんどです。

タスク形式とは、クライアントとの契約手順がなく、「作業を開始する」ボタンを押してすぐに作業を始められます。

そして、そのまま作業が完了すれば報酬がもらえます。

ライティングは学生には難易度高め

ライティング案件は学生には難易度が高めなのでおすすめできません。

ライティング案件では、SEOの知識を用いた記事の執筆を求められる場合がほとんどです。

SEO知識がない場合は、ライティング案件の応募はやめておいたほうがよいでしょう。

絵が描ける人はイラスト作成やロゴ作成

絵やデザインに自信がある方は、イラスト作成やロゴ作成の案件がおすすめです。

データ入力やアンケートなどに比べると単価も高く、自身の強みを活かしてお金を稼げるなら継続もしやすいでしょう。

大学生のうちにプログラミングを経験するのもあり!

クラウドワークスで大学生のうちにプログラミングを経験するのもあり!

クラウドワークスでプログラミング案件の単価は、5万〜10万円です。

学生のうちにプログラミングを勉強し、経験することで高い報酬を得られるだけでなく、将来必ず役に立つでしょう。

就職後も副業としてお金を稼ぐこともできるので覚えておいて損はありません。

就活の際に実績としてアピールできる

プログラミングを勉強し、クラウドワークスで実績を残すことで就活の際に大きなアピールができます。

学生のうちにプログラミングの勉強をする人はいても、実際に働いた経験もある人はごく僅かでしょう。

他の学生と差をつけるためにもプログラミングを勉強することをおすすめします。

一般的なアルバイトよりも稼げる

プログラミング案件の単価相場は5〜10万円ほどです。

コンスタントにプログラミング案件を獲得できれば、一般的なアルバイトよりも稼ぐことができます。

実務経験でプログラミング技術があがる

学生のうちでは、プログラミングを勉強することはできても実務経験を得る機会は、なかなかありません。

しかし、クラウドワークスでなら実務経験を積み技術を磨くことが可能です。

学生が仕事を得るための自己PRの書き方

クラウドワークスで学生が仕事を得るための自己PRの書き方

学生がクラウドワークスで仕事を得るための自己PRの書き方で5つのポイントを紹介します。

  1. クラウドワークスでの実績
  2. 経歴と現在の状況
  3. 対応できる業務や取得技術
  4. 週の稼働時間
  5. 自分が心掛けたい事

以下で各ポイントについて詳しく解説していきますので実践してみてください。

学生必見①クラウドワークスは実績が大事

クラウドワークスで仕事を取るには実績が重要です。

実績がある場合は、積極的に自己PRに記載しましょう。

案件で携わった企業名やURLを記載しておくことで実績の証明となります。

クラウドワークスでの実績がない場合は、応募する案件に関する知識を勉強中であることを記載しましょう。

学生必見②経歴と現在の状況を記載

現在までの経歴と状況を記載を大まかにでも書いておきましょう。

アルバイトの経験があれば職種などを記載しましょう。

個人を特定できるような名称は出さなくても問題ありません。

学生必見③対応できる業務や習得技術

クラウドワークスで対応できる業務やスキルをアピールしましょう。

例えば、対応できる業務をプログラミングとしたのであれば、使用可能なプログラミング言語や使用できる開発ツールなども記載してください。

また、スキル以外の部分で連絡手段も記載しておくとよいでしょう。

連絡手段のツールとして、Chatworkを使用しているクライアントが多いため、Chatworkはインストールして使えるようにしておきましょう。

学生必見④週の稼働時間は一番大切

週どれくらい稼働できるのか記載しておくことは一番大切です。

平日○時間、土日○時間、週○時間と分けて記載しておくと良いでしょう。

学生必見⑤自分が心掛けたい事

初心者の場合、心掛けたいことを記載することでやる気をアピールすることができます。

「素早い返信を心掛けています。」や「納期より早い納品を心掛けています。」などできる範囲のことでアピールしましょう。

学生はクラウドワークスでやばい案件を選びがち?働く際の注意点

学生はクラウドワークスでやばい案件を選びがち?働く際の注意点

クラウドワークスで働くにあたり、ちゃんとクライアントの評価を確認しないとやばい案件に当たってしまいます。

働く際の注意点を紹介していきますので、以下のような案件やクライアントには気を付けてください。

商品を買わせるなど金品を要求する案件は注意

商品を買わせたり、金品を要求してくる案件には注意しましょう。

商品を購入させて報酬が支払われない場合があります。

普通の案件であれば、ワーカーに商品を買わせたり金品を要求するといったことはあり得ません。

相場よりも極端に高いor低いものは受けない

相場より極端に単価が高いものや低いものは受注しないようにしましょう。

作業内容に対して極端に単価が高い案件は、詐欺案件である可能性が高いです。

そんな簡単にお金が稼げることはありえないということを理解しておきましょう。

逆に相場より極端に単価が低い案件も注意が必要です。

募集内容に「初心者歓迎」、「未経験者募集」、「マニュアル完備」などが書いている案件は単価が相場より低く設定されているケースが多いです。

初心者がわからないことをいいことにタダ同然で働かせようとしている案件の可能性があります。

初心者だから案件が取れなくて不安になることもあるでしょうが、単価が極端に低い案件には応募しないようにしましょう。

lineなど個人情報は教えない

契約前にLineなどの個人情報は、教えないようにしましょう。

契約後にチャットツールを使うことはありますが、契約前にチャットツールを使用してのやり取りはクラウドワークスの規約違反になります。

契約後にチャットツールを使用する場合は、GmailのフリーメールやChatworkなどにしておきましょう。

他サイトに誘導してくる案件は詐欺の可能性も

他サイトに誘導しようとしてくる案件にも注意が必要です。

外部サイトに接続させて個人情報を抜き取ったり、ウイルスに感染させようとしている可能性もあります。

他サイトに誘導された場合、URLは絶対に開かないようにしてください。

変な案件の場合は運営に報告する

案件で少しでも「怪しい」、「おかしいな」と思ったらクラウドワークスの運営に報告しましょう。

良いクライアントと悪いクライアントを見極められるようになることで、自分自身を守ることにつながります。

【重要】クラウドワークスで得た利益の確定申告は学生でも必要

【重要】クラウドワークスで得た利益の確定申告は学生でも必要

クラウドワークスで報酬を得たら確定申告が必要な場合があります。

確定申告をしないと法律で罰せられますので、確定申告が必要か理解しておきましょう。

所得が38万円を超える場合は確定申告が必要

クラウドワークスで得た所得38万円を超えた場合は確定申告が必要です。

38万円を超えた場合は、確定申告をして納税しなければ、法律違反となります。

クラウドワークスで働く際は、所得が38万円を超えないようにするのが得策です。

ちなみにアルバイトの場合は103万円を超えなければ問題ありません。

なぜなら、アルバイトで得た給与には給与所得控除の65万円が適用されるため、基礎控除38万円と合わせて103万円までは課税対象とならないからです。

扶養から外れる可能性もある

所得が38万円を超えてしまうと扶養から外れる可能性があります。

扶養から外れると所得税や住民税を自分で払わなければなりません。

さらに親は特定扶養控除を得られなくなるため、税金の負担が大きくなってしまいます。

クラウドワークス以外に大学生や学生におすすめサイト

クラウドワークス以外にも大学生や学生におすすめのクラウドソーシングサイトを紹介します。

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ|クラウドワークスは学生利用も可!お金を稼ぐ経験をしよう

自分で仕事を取り、収入を得る経験は将来役に立つ貴重な経験

クラウドワークスは18歳以上の学生であれば利用は可能です。

初めの頃は案件もなかなか取れず、報酬を得られないことの方が多いかもしれません。

しかし、クラウドワークスで自分で仕事を取り、収入を得る経験は将来役に立つ貴重な経験です。

将来のためにも、クラウドワークスで働くことをおすすめします。

ただし、働く際に注意すべき点は多くあります。

クライアントを見極めて、着実に実績を積みましょう。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ