クラウドワークスのセキュリティは大丈夫?対策方法も解説

クラウドワークスのセキュリティは大丈夫?対策方法も解説

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトの一つで、知名度も最も高いと言っても過言ではありません。

登録者もかなり多いので、

「クラウドワークスのセイキュリティ対策は大丈夫なの?」

という不安が生じてもおかしくはありません。

そこで、この記事では、クラウドワークスのセキュリティ対策についてわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、クラウドワークスのセイキュリティを理解できるので、安心して仕事をすることができるでしょう。

※セキュリティ対策のお仕事を探している人はこの記事とは異なるので、以下のページから「セキュリティ対策の仕事」を探してくださいね。

ちゃんと稼ぐなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。
そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテック
クラウドテック」は、クラウドワークスが展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!
  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • ライター単価も平均月40万円
クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう! 詳細を見る

結論|クラウドワークスのセキュリティについて

クラウドワークスのセキュリティ対策について、発注する「クライアント側」と受注する「ワーカー側」で解説していきます。

クライアント側のセキュリティについて

クライアント側のセキュリティについて

クラウドワークスはクラウドワークスが仕事を受注する仕組みではなく、クラウドワークスを介して発注先を探す仕組みです。

なので、クラウドワークス経由で発注したワーカー側がセキュリティに問題があるかどうかなので、クラウドワークスのセキュリティは関係なくなります。

クラウドワークスがあなたのサーバーなどをいじることはありません。

そのため、注先がいじることだけになるので、信頼性のあるワーカーを選ぶことをおすすめします。

また、そのセキュリティ面においては、クラウドワークスは一切の保障をしません。

ワーカー側のセキュリティについて

ワーカー側のセキュリティについて

ワーカー側も受注先にトラブルを起こさないようにするためにも、セキュリティ対策をしておく必要があります。

例えば、Nortonの最新版はセキュリティソフトでも比較的安価であるためおすすめです。

トラブルに遭わないようにするためにも、セキュリティソフトなしで仕事を請け負うことは避けるべきでしょう。

もし、クライアント側にウイルス等を感染させてしまった場合、高額な損害賠償が発生する危険性もありえます。

そのため、クライアント側からのデータにも注意が必要ですが、あなたが作成したデータにもウイルス等が入らないように注意が必要です。

◆ワーカー側ができるセキュリティ対策とは?

次に、ワーカー側にできるセキュリティ対策をご紹介します。

以下のセキュリティ対策は極力行っておきましょう。

  1. セキュリティソフトの活用
  2. ソフトを最新版にする
  3. データのバックアップする

本人確認提出のセキュリティは大丈夫?

クラウドワークスには本人確認がありますが、そのときに提出する免許証や保険証がセキュリティ的に大丈夫なのかという不安を持つ人もいるでしょう。

このセキュリティについては、銀行でも個人情報が漏洩したりもしているので、100%の安心はないと言えます。

ただ、クラウドワークスは上場企業でもあるうえ、政府関連も使用しているクラウドソーシングサイトなので、セキュリティもかなり強いと思われます。

セキュリティ対策が万全な在宅ワーク・副業向けサイトは?

セキュリティ対策が万全なクラウドソーシングサイトを紹介します。

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ|クラウドワークスのセキュリティは万全にしておこう

この記事では、クラウドワークスのセキュリティ対策について紹介してきました。

この記事の内容をまとめると以下のとおりです。

まとめ
  • クラウドワークスは関係ないので、発注先のセキュリティ対策を信頼する必要がある。
  • クライアント側からのデータにも注意が必要ですが、あなたが作成したデータにもウイルス等が入らないように注意が必要。
  • 銀行でも個人情報が漏洩したりもしているので、100%の安心はない。

クラウドワークスのセキュリティに問題はないにしろ、とくにワーカー側はセキュリティ対策をしておく必要があるでしょう。

仕事をもらうだけでなく、クライアント側のことも考えて、セキュリティ面は万全な状態で仕事を請け負うのが望ましいです。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ