偽名でも大丈夫?クラウドワークスの登録について解説

<画像>偽名でも大丈夫?クラウドワークスの登録について解説

日本最大級でクラウドソーシングサイトの中で最も知名度が高いと言っても過言ではない「クラウドワークス」。

クラウドワークスで仕事をするにあたって、会員登録が必須になります。

「登録は偽名でもOK?」

こんな疑問を、この記事では解消できます。

この記事では、あなたが心配している会員登録時に本名で登録しないといけないのか、偽名で登録して良いのかについて解説していきます。

クラウドワークスの登録は偽名でもOK【本名は不要】

<画像>クラウドワークスの登録は偽名でもOK【本名は不要】

偽名やニックネームでの登録は問題ない

まず、結論を先に言ってしまうと、クラウドワークスで登録するときには偽名やニックネームで登録することは可能です。

実際に私もクラウドワークスでも使っていますが、本名で登録する必要はなかったです。

クラウドワークス上に、たくさんのワーカーがいますが、偽名で登録しているワーカーの方がむしろ多いです。

なので、あなたが「本名がバレてしまうのではないか…」「身バレしてしまうのではないか…」と心配なのであれば、偽名やニックネームで登録することをおすすめします。

しかし、偽名で登録してしまうと、銀行振込での報酬の受取りができないので注意が必要です。

またクラウドワークスは登録だけでもOKか知りたい人は以下の記事もチェックしてくださいね。

自己PRにも本名を記載する必要なし

自己PR欄に本名を記載する必要もありません。

偽名でも大丈夫です。

クラウドワークスの自己PRは、履歴書のようなものに当たりますが、本名ではなく、スキルと性格の面をおもに書いてください。

なぜなら、意外とクライアント側は、スキルのほかに社会人としてのマナーやルールを重視するクライアントも多いからです。

偽名だと本登録ができない

先ほどにも記述しましたが、偽名だと本登録できません。

また本名を記載してしまうと、本名が公開されて身バレしてしまうのかと心配になってしまうかもしれませんが、「非公開」にすることができるので、公になることはありません。

公開される情報は以下の通りです。

  • 個人か法人か
  • 表示用の名前(偽名でOK)
  • プロフィール画像
  • 性別

上記の4点は、クライアントにも公開される情報です。

個人情報として公開されない非公開情報は以下の通りです。

  • 氏名(本名)
  • 郵便番号と住所
  • 電話番号

また、クラウドワークスでは、「なりすまし」を防ぐために、証明書の提出をして本人確認をしています。

任意なので、必ずする必要はありませんが、個人情報を登録することで、クライアントの信頼を勝ち取ることができます。

ポイント
  • クラウドワークスで登録するときには偽名やニックネームで登録するのは問題ない
  • クライアント側は、スキルのほかに社会人としてのマナーやルールを重視するクライアントも多い
  • 偽名だと本登録ができない

クラウドワークスで登録した本名はばれるの?

登録した本名がバレることはない

クラウドワークスでは本名がバレることがないので安心してください。

再度確認しますが、以下の3つの情報は非公開になるので本名はバレることはありません。

  • 氏名(本名)
  • 郵便番号と住所
  • 電話番号

クラウドワークスの公式サイトでも以下のように記載されています。

氏名や会社名などの基本情報を登録できます。
「非公開」となっている情報 は他の会員には公開されません。
「公開」となっている項目は、クラウドワークスの会員以外でも閲覧することができます。

個人情報が漏れるのではないかと不安な人もいると思いますが、あなたから名乗らなければバレることはないので安心してください。

稀にクライアントから本名を名乗るように言われてしまうこともあるそうですが、本名を名乗る必要は全くありません。

クラウドワークスでは、匿名で仕事ができるようになっているので、クライアントに理由を詳しく聞いてみるのも良いでしょう。

ポイント
  • クラウドワークスでは本名がバレることはない

クラウドワークスで名前を本名から偽名に変更する方法とは?

<画像>クラウドワークスで名前を本名から偽名に変更する方法とは?

もし、間違えて表示名に本名を登録してしまった場合に偽名に変更する方法を紹介します。

本名から偽名に変更する手順

以下の流れで進めていきます。

  1. ページ右上の名前のプロフィール編集をクリックします。
  2. 画面の左に表示されている基本情報編集をクリックします。
  3. 表示用の名前を編集し、ページの下部にある基本情報を更新するをクリックします。

上記の3つのステップをすることで、表示名を変更することができます。

ただ、ユーザー名は変更することができません。

偽名登録でもOK!おすすめクラウドソーシングサイト3選

偽名で登録ができるクラウドソーシングサイトを紹介します。

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が1番安い!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
Craudia(クラウディア)」は、日本最大級のクラウドソーシングサイトで、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多いので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

最近急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

Crauddia(クラウディア)」に並んで、手数料が業界最大級。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。
口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

絶大な人気!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録社数110,000名突破を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。
口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ

この記事では、クラウドワークスは偽名でも登録できるのかについて紹介してきました。

本名を登録することは必要ありませんが、本名を登録しなければ本人確認をすることができません。

本人確認をすることで、

  • クライアントの信頼を得ることができる
  • 秘密保持対応ができる

本名を登録しても公開されることはないので登録する価値はあるでしょう。

在宅・副業におすすめはCraudia
在宅・副業におすすめはCraudia