クラウドワークスはお金がかかるの?発注者側と受注者側に分けて解説

<アイキャッチ>クラウドワークスはお金がかかるの?発注者側と受注者側に分けて解説

クラウドワークスに登録しようか迷っていませんか?

迷っている点として、

「クラウドワークスはお金がかかるの?」

という点が気になってるという人もいるでしょう。

また、クラウドワークスで発注をしようとしている発注者側(クライアント)もお金がかかるのか気になっているのではないでしょうか?

そこで、この記事では、クラウドワークスはお金がかかるのかを、発注者側と受注者側の2つに分けて解説していきます。

最後まで読むことで、お金がかかるのかがざっくりわかるはずなので、まずクラウドワークスに登録して案件をチェックしてみましょう。

当日払いがあるクラウドソーシング
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 悪質クライアントが多く納品してから連絡が取れなくなった
などの悪い口コミが多いのが現状です。

そこで、おすすめなのがクラウドソーシングで唯一「当日払い」ができる「_ist(イスト)」です。

<画像>_ist(イスト)
_ist(イスト)」は、手数料が業界No.1の安さで、当日払い制度があるため、報酬がすぐに手元に入ってくるクラウドソーシングサイトです。さらに、単価が高い案件も多いのが特徴です。

クラウドソーシングサイトは複数登録OKなので、登録だけでもしてみる価値があるでしょう。

\ 手数料が業界最安値 /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して実績と評価を積み上げていきましょう!

詳細を見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

クラウドワークスはお金がかかるの?

まず結論から言ってしまうと、クラウドワークスでお金がかかるのは「発注者側(クライアント)」のみです。

それもそのはず、受注者側に依頼料として報酬を支払う必要があるので、発注者は必然的にお金がかかってしまいます。

ただ、受注者側(ワーカー)にもお金がかかる場面があるので、詳しく解説していきます。

受注者側(ワーカー)にお金がかかる場合

受注者側(ワーカー)にお金がかかるときは以下の2つの場合です。

  1. システム利用料
  2. 振り込み手数料

上記の2点がクラウドワークスでお金がかかるときです。

◆システム手数料

受注者側(ワーカー)はクラウドワークスで得た報酬のうちの5%〜20%がシステム利用料として差し引かれてしまいます。

ここがお金がかかるタイミング1つです。

◆振り込み手数料

受注者側(ワーカー)がお金がかかるタイミングは振り込み手数料です。

受注者側(ワーカー)は、クラウドワークスで得た報酬を、口座に振り込んでもらうときに振り込み手数料としてお金がかかってしまいます。

クラウドワークスでは、出金形式を自由に変更することができるので、この振り込み手数料も抑えることができます。

受注者側(ワーカー)は、うまくシステムを活用して、できるだけお金がかからないようにすることがクラウドワークスで稼ぐポイントの一つです。

クラウドワークスの報酬のしくみについて詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

お金がかからないクラウドソーシングサイト5選

お金がかかるか気になっている人向けに、手数料が安いクラウドソーシングサイトを紹介します。

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ|クラウドワークスでお金がかかるタイミング

発注者側(クライアント)は、もちろんお金がかかるのはおわかりいただけたと思います。

受注者側(ワーカー)でお金がかかるタイミングは、

  1. システム手数料
  2. 振り込み手数料

の2つのタイミングです。

つまり、

  • クラウドワークスの登録
  • 案件の確認と応募
  • クライアントとの契約

などのときにはお金がかかるということは一切ありませんので、ご安心してください。

仕事を受注し、クライアントからの報酬が確定したタイミングからお金がかかるので、それまでは一切かからないので気軽に登録してみてくださいね。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」