クラウドワークスの悪質クライアントから避ける対処法を徹底解説

<画像>クラウドワークスの悪質クライアントから避ける対処法を徹底解説

在宅ワークや副業で使う日本最大級のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」

クラウドワークスで悪質クライアントと取引しないための対処法はあるの?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、クラウドワークスで悪質クライアントを身極める方法などをわかりやすく解説します。

最後まで読むことで、クラウドワークスで悪質クライアントから避ける方法が理解できるでしょう。

副業でちゃんと働くなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。なぜなら、コロナ禍の影響で在宅で働きたい副業ワーカーも増えたため、単価が安い案件でもワーカーが受注するようになったからです。 そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテッククラウドテック」は、クラウドワークスを運営している会社が展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実! クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!(ライターの単価も平均月収40万円※2021年9月現在) 公式サイトはコチラ

クラウドワークスに悪質クライアントはいるの?

クラウドワークスに悪質クライアントはいるの?

結論から言うと、悪質なクライアントは運営側の監視の目をくぐり抜け、今もワーカーを募集しています。

悪質クライアントは一定数存在する

クラウドワークス内には、もちろん良いクライアントはもちろんいますし、むしろ良質な場合がほとんどです。

しかし、なかには仕事が欲しいワーカーの心理につけこみ、低質な作業条件を課してくる者もいるので、注意が必要なのです。

悪質クライアントと呼ばれる発注者には、おおまかに下記の特徴のいずれかが含まれます。

  • 相場を崩すような報酬(0.1円/1文字など)を設定しているクライアント
  • 指示が抽象的または日本語が破綻しており、作業内容がわかりづらいクライアント
  • 途中で音信不通になるクライアント
  • 規約上認められていない行為(直接契約や身分証の送付)をしつこく求めてくるクライアント

このようなクライアントを見つけた際には、案件に応募しないよう心がけましょう。

詳しいクラウドワークスの利用体験談は下記の関連記事にまとめてあります。

ワーカーの本音を知りたい方はぜひご一読ください。

初心者こそ狙われやすい

クラウドワークスに登録したての初心者はとくに注意が必要です。

クライアントの質やクラウドワークス内の暗黙の了解や雰囲気を見極める力がついていないため、悪質な案件だと気がつかずに応募してしまう可能性があるからです。

なかには「実績がつく」「ライティングのノウハウがわかる」などの聞こえの良い言葉で初心者を誘い、労力を搾取するクライアントもいるので気をつけましょう。

ポイント
  • 仕事が欲しいワーカーの心理につけこみ、低質な作業条件を課してくる者もいる
  • クラウドワークスに登録したての初心者はとくに注意が必要

クラウドワークスの悪質クライアントから避けるための防止策

クラウドワークスの悪質クライアントから避けるための防止策

クラウドワークスで悪質なクライアントを避けるために、下記の7つの対策が有効です。

限られた作業時間を搾り取られないよう、ぜひ取り入れてみてください。

本人確認済みのクライアントと契約する

もっとも有効な防止策は、本人確認済みのクライアントと契約することです。

本人確認済みのクライアントは、身元がハッキリしています。

そのため、不祥事を起こした際に容易にアカウントを作り直せないので、誠実な対応を心がけています。

なかでも本人確認済みで、かつユーザーネームが「株式会社〇〇」のアカウントであれば安全でしょう。

法人アカウントはビジネスのルールや、規約に対する意識はもちろんのこと、仕事の発注方法やレギュレーションが明確なケースが多く、案件に集中しやすいところもメリットです。

タスク形式の案件を選ぶ

クラウドワークスの仕事形式は4つあります。

  • プロジェクト形式(固定報酬)
  • プロジェクト形式(時間報酬)
  • コンペ形式
  • タスク形式

そのなかでも、はじめはタスク形式の案件を選びましょう。

タスク形式の案件ではクライアントと直接連絡を取り合う必要がなく、クラウドワークス上で執筆および納品できます。

初心者にとっては、いきなりプロジェクトに応募するよりもタスク形式のほうが、安全に実績を稼ぐことができます。

過去の募集をチェックする

案件に応募する前に、発注アカウントの過去の募集や実績を確認しましょう。

同じ条件の募集がいくつもある場合は要注意です。

ワーカーの大量募集と、クライアントに不信感を持ったワーカーの辞退を繰り返している可能性があるからです。

チャットワークなどの外部ツールを使用するのを避ける

クライアントのなかには、クラウドワークス内での連絡を避ける人が一定数います。

『チャットワーク』『スラック』『Skype』などの連絡手段を強要してくる発注者は、はじめのうちは避けたほうが無難でしょう。

実際に悪質クライアントに当たった事例で、外部ツールに誘導され、募集案件内容とはまったく異なる業務を与えられたケースがありました。

このケースでは最終的に、業務内容について質問したワーカーが暴言を吐かれ、ブロックされてしまいました。

ほかにも外部ツールおよび直接契約への誘導が発覚し、クライアントのアカウントが凍結。

そのままクライアントと連絡が取れず、案件がお流れになったケースも存在します。

以上のようなケースに巻き込まれないよう、初心者のあいだはクラウドワークス内でのやりとりを徹底してください。

ライティング案件は単発報酬の方が良い

プロジェクト形式のライティング案件には、単発報酬(1記事ごとの支払い)とまとめ報酬(5記事〇〇円)の2つがあります。

ライティング案件では、単発報酬が望ましいです。

単発報酬であれば、発注クライアントが悪質だと後から発覚した場合、1記事納品のみで終了させられます。

しかし例えば「5記事で10,000円」の案件の場合だと、どれだけクライアントが悪質であっても、最後の5記事目を納品しなくてはなりません。

実際に6記事まとめ報酬の案件で、クライアントからの修正指示が抽象的(〇〇をもっと良い感じにしてください、など)なあまり、プロジェクトを完了させるのに2ヶ月もかかってしまったケースがあります。

評価が悪いクライアントとは契約しない

案件に応募する前に、クライアントの評価を確認しましょう。

評価が平均以下、あるいは案件の中止・キャンセル率が高い場合は高確率で悪質です。

評価に対して疑問や不安を感じる際は無理に応募せず、違う案件を探しましょう。

メッセージで細かく連絡する

クライアントとは、メッセージで細かく連絡を取り合いましょう。

悪質クライアントの特徴の1つに「修正指示が理不尽かつわかりづらい」というものがあります。

理不尽な修正は、作業前の質問で予防できます。

また質問することで、そのクライアントが信用に足るかどうか見極めることが可能です。

ならびに「この案件なら応募できそうだけど、信用しても良いのか不安」と感じたときは、契約前に労働条件や案件内容について詳細を尋ねることをオススメします。

ポイント
  • 本人確認済みのクライアントと契約
  • タスク形式の案件を選ぶ
  • 同じ条件の募集がいくつもある場合は要注意
  • 『チャットワーク』『スラック』『Skype』などの連絡手段を強要してくる発注者は、はじめのうちは避けたほうが無難
  • ライティング案件では、単発報酬が望ましい
  • 評価が平均以下、あるいは案件の中止・キャンセル率が高い場合は高確率で悪質

悪質クライアントと契約してしまったときの対処法

悪質クライアントと契約してしまったときの対処法

悪質クライアントと契約してしまった場合には、下記の2つの対処法が効果的です。

契約を終了させる

1つ目の対処法は、早期に契約を終わらせてしまうことです。

クライアントがあまりにも悪質で労働力を搾取されるリスクがある場合、プロジェクトを辞退することも可能だと覚えておいてください。

プロジェクト完了率を下げたくない場合は、その案件だけは勉強だと思って完遂し、その後継続受注を断りましょう。

通報する

クラウドワークス内には通報システムがあります。

規約に違反しているクライアントや、連絡が取れないクライアントは運営に通報してしまいましょう。

そのほか、どう対処すれば良いか迷った際にはクラウドワークスの掲示板『みんなのお仕事相談所』で質問してみることもオススメです。

クラウドワークスを長く使っている先輩方が親身に回答してくれることもあります。

対策方法
  • 早期に契約を終わらせてしまう
  • 規約に違反しているクライアントや、連絡が取れないクライアントは運営に通報

悪質クライアントを見極めるためにも他のクラウドソーシングも併用する

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」
クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 仕事が欲しいワーカーの心理につけこみ、低質な作業条件を課してくる者もいる
  • クラウドワークスに登録したての初心者はとくに注意が必要
  • 本人確認済みのクライアントと契約
  • タスク形式の案件を選ぶ
  • 同じ条件の募集がいくつもある場合は要注意
  • 『チャットワーク』『スラック』『Skype』などの連絡手段を強要してくる発注者は、はじめのうちは避けたほうが無難
  • ライティング案件では、単発報酬が望ましい
  • 評価が平均以下、あるいは案件の中止・キャンセル率が高い場合は高確率で悪質
  • 早期に契約を終わらせてしまう
  • 規約に違反しているクライアントや、連絡が取れないクライアントは運営に通報

クラウドワークス内には、一定数悪質なクライアントが存在します。

悪質なクライアントに労働力を搾り取られないためには、案件応募時に気をつけなければなりません。

とくに発注者の評価や実績、本人確認済みかどうかの確認は効果的です。

案件に応募する前の数分間でできる対策なので、ぜひ取り入れてみてください。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ
\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ