クラウドワークスの手数料は高すぎる?実態を徹底調査

<アイキャッチ>クラウドワークスの手数料が高すぎる件

在宅ワークや副業が広まり、一躍有名になったクラウドワークス。

実際に、クラウドワークスに登録してみようかと考えている人も多いでしょう。

登録したユーザーからは、以下のような問題が生じています。

「クラウドワークスの手数料は高すぎる!手数料を抑える方法はないの?」

こんな疑問を解決していきます。

この記事では、クラウドワークスの手数料が高すぎるのか、高すぎると言われている手数料抑える方法があるのかををわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、クラウドワークスの手数料が果たして高すぎるのかを知ることができるでしょう。

副業でちゃんと働くなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。なぜなら、コロナ禍の影響で在宅で働きたい副業ワーカーも増えたため、単価が安い案件でもワーカーが受注するようになったからです。 そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテッククラウドテック」は、クラウドワークスを運営している会社が展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実! クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!(ライターの単価も平均月収40万円※2021年9月現在) 公式サイトはコチラ

【結論】クラウドワークスの手数料は高すぎる

まず結論から言ってしまうと、クラウドワークスの手数料は高すぎます。

クラウドワークスで仕事を依頼しているクライアントの手数料も高すぎるうえ、仕事を受注するワーカーにとっても手数料が高すぎます。

そのため、クラウドワークスで仕事を募集しているクライアントは、「直接契約」を結んでこようとしている発注者も多いのが実態です。

クラウドワークスは、仕事の報酬が高額になればなるほど、手数料が高くなる仕組みです。

ですから、高額な仕事ほど、クライアントは直接契約を結びたいと考えているケースが多いでしょう。

※クラウドワークスの直接契約は原則禁止とされています。

クラウドワークスの手数料が高すぎるときの解決策

クラウドワークスの手数料が高すぎると感じた時は、他のクラウドソーシングサイトを併用して登録することをおすすめします。

なぜなら、クラウドソーシングサイトは複数登録しても問題ないからです。

できるだけ手数料を抑えなければ、いつまで経っても収入は増えません。

手数料が安いクラウドソーシングサイトもあるので、登録してみることをおすすめします。

極論、クラウドワークスの手数料が高すぎると感じているのであれば、クラウドワークス上で仕事を受注することを辞めればいいのです。

クラウドワークスの手数料をできるだけ抑える方法

クラウドワークスの手数料を抑える方法は以下の2つです。

  1. 楽天銀行の口座を作る
  2. クイック出金は利用しない

それぞれ詳しく解説していきます。

楽天銀行の口座を作る

クラウドワークスでは振り込み口座によって手数料が異なります。

それは「楽天銀行」と「その他の銀行」の2つで分けられます。

それぞれの手数料は以下の通りです。

  • 楽天銀行は1回の振り込みで「100円の手数料」
  • その他の銀行は1回の振り込みで「500円の手数料」

上記の通り、振り込み口座を楽天銀行にするだけで、400円も手数料が抑えられます。

そのため、クラウドワークスで仕事を受注するのであれば、楽天銀行口座の作成及び登録をおすすめします。

クイック出金は利用しない

※クイック出金がわからない人は以下のボックスを開いてください。

クイック出金とは?

決められた振り込み日より前に、報酬を振り込んでくれるサービスのこと。

クイック出金を利用してしまうと、出金する額の3.5%の手数料を取られてしまうので気をつけてください。

たとえば、10,000円の報酬を決められている振り込み日より前にすぐ欲しい場合、3.5%の350円が手数料として引かれてしまうのです。

クイック出金と振り込み手数料(その他の銀行)を利用してしまうと、合計850円が手数料として引かれることになるので注意しておく必要があります。

一方で、このクイック出金を利用しなければ、手数料が振り込み手数料以外に引かれることはないので安心してくださいね。

手数料がないおすすめTOPサイト

手数料が安いクラウドソーシングサイトで評価を付け、仕事を受注できるようになれば、収入は必然と上がっていきます。

そこで、手数料がないおすすめのサイトを3つ紹介します。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。

公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。

公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトはコチラ

まとめ

この記事では、クラウドワークスの手数料が高すぎる問題について紹介してきました。

クラウドワークス上で手数料を安くすることはできませんが、できるだけ抑えることなら可能です。

楽天銀行の口座を作成し、振り込み回数を少なくするだけでも手数料を抑えることができます。

ただ、クラウドワークスの手数料は安くなることはないので、手数料が安い「クラウディア」などのクラウドソーシングサイトと併せて利用することで手数料を抑えることができるでしょう。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ
\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ