クラウドテックの支払サイトは?最短でどれくらいなの?

在宅ワークやリモートワークで仕事をしたい方にとっておきの「クラウドテック」

「クラウドテックの支払サイトは?最短でどれくらいなの?」

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、家で仕事をしたい方に向けて、クラウドテックを利用検討する上で、支払サイトについて公式サイトよりも詳しく解説します。

最後まで読んで、クラウドテックの支払サイトから確定申告まで理解できるでしょう。

クラウドテック
リモート案件数が
業界トップクラス
口コミNo.1

詳細を見る

Midworks
登録者数が2021年10月で
16,000人を突破
エージェントの鉄板

詳細を見る

レバテックフリーランス
利用者の平均年収
862万円
高単価案件が豊富

詳細を見る

【結論】クラウドテックの支払サイトは?

クラウドテックの支払いサイトは15日です。

フリーランスエージェントの多くは、支払いサイトが30日~60日になります。

クラウドテックも昔は、支払いサイトが35日でしたが、リニューアルされてから15日になりました。

支払いサイト15日は、業界トップクラスの短さなので、就業後早く給料を受け取りたい方におすすめです。

支払サイトは当月末締めの翌月15日支払い

支払サイトは当月末締めの翌月15日支払い

支払いサイトとは、取引代金の締日から給与が支払われる日までの期間をいいます。

つまり、支払いサイトが15日の場合は、当月末締めで翌月15日に給与が支払われるということです。

勘違いされやすいですが、働き始めてから15日後に給与が支払われるということではありませんので注意してください。

働き始めから支払いまでの流れは以下のようになります。

  1. 9月1日に働き始める
  2. 9月30日に締められる
  3. 10月15日に給与が支払われる

9月30日から10月15日までが15日間なので、支払いサイトは15日ということです。

月額制の支払いについて

月額制の支払いについて

クラウドテックは、給与が月額制です。

そのため、会社員のように毎月一定の報酬を得ることができます。

フリーランスだと報酬は不規則になると思われますが、毎月一定の報酬が受け取れるのは安心ですよね。

例えば、月の契約稼働時間が140~180時間なら、契約時間の180時間を超えて働いた場合は、超過分の給与が支払われます。

逆に、契約時間の140時間に満たなければ、足りない時間分の給与は差し引かれることになるので注意が必要です。

確定申告をする必要がある?

フリーランスの場合、所得が48万円を超えたら確定申告が必要です。

ただし、所得が48万円以下の場合でも、確定申告しないと損する場合があります。

国民健康保険や住民税は、確定申告をしておかないと本来払うべき金額より多く支払うことになってしまう可能性があるので、確定申告しましょう。

フリーランスは確定申告をすることでメリットも存在します。

  • 収入の証明になる
  • 節税できる
  • 還付金をもらえる
  • 赤字の繰り越しができる

確定申告をしなかった場合、以下の税金がプラスされてしまいます。

  • 延滞税
  • 無申告加算税
  • 重加算税

最近では、スマートフォンアプリ「freee会計」などでも申請可能なので、忘れずに確定申告しましょう。

クラウドテックの福利厚生

クラウドテックは、福利厚生のサービスが充実しています。

他のフリーランスエージェントでは、福利厚生がないところがほとんどです。

利用可能サービスは100種類以上もあり、会社員のような福利厚生を受けることができます。

クラウドテックは、保険も完備されているので安心です。

「クラウドワーカー安心保険」に加入すれば、けがや病気で働けなくなってしまった場合でも、最長10年間、毎月5万円ずつ支給されます。

フリーランスライフサポート

フリーランスライフサポート

フリーランスサポートに申し込むことで、全国のレジャー施設、飲食店、旅行に出かけた時の割引を受けられます。

大企業や上場企業でも導入されている「ベネフィットステーション」によってサービスが提供されるので、手厚い福利厚生が満載です。

フリーランスライフサポートの利用条件は、以下の3つです。

  • クラウドテック経由で案件に参画している
  • 毎月10日までに申し込みをする
  • 案件終了後も3ヶ月間利用可能

3つの条件を満たしていれば、誰でも利用できます。

ベビーシッター

クラウドテックには、ベビーシッターのサービスもあります。

子育てしながら、働いているパパママフリーランサーもベビーシッターサービスがあるので安心して働くことが可能です。

リモートワークが主流となり、Web会議が当たり前となってきていますが、急な召集にも対応できるのはありがたいですよね。

支払いサイトを早めるために直接契約するのは禁止

支払いを早めるために、クライアントとの直接契約は禁止されています。

直接契約は、クラウドテックの利用規約に違反することになるので、絶対にやめましょう。

直接契約の違反行為は、罰則も厳しくなっていて、違約金を請求される可能性があります。

クラウドテックを経由して契約することで、専任のキャリアアドバイザーのサポート、福利厚生などのサービスを受けられるメリットを考えたら、直接契約するメリットのほうが少ないでしょう。

支払いサイトを早めたいならレバテックフリーランスがおすすめ

2分で登録できる「複業クラウド(Another works)」

支払いサイトを早めたいならレバテックフリーランスがおすすめ

支払いサイトが早いフリーランスエージェントでは、レバテックフリーランスもおすすめです。

レバテックフリーランスは、支払いサイトがクラウドテックと同じ15日になります。

レバテックフリーランス利用者の平均年収は、2018年7月には862万円の実績を誇っています。

ITエンジニア向けの高単価案件が多く揃っているので、IT業界に勤めていた経験がある方はレバテックフリーランスもねらい目です。

まとめ|クラウドテックは業界トップクラスの支払いサイト

クラウドテックの支払いサイトは15日なので、業界トップクラスの早さです。

クライアントとの面談から最速3日で作業に取り掛かれるため、働きだしてから給与を受け取るまでの期間が業界トップクラスの短さになります。

また、フリーランスとして働く上で確定申告の方法や必要書類は、事前に確認しておきましょう。

確定申告は、初めての方にとって面倒な作業になりますが、メリットも大きいので必ずしてください。

スマートフォンアプリから申請もできるので、インストールしておくことをおすすめします。

支払いサイトが短いところで働きたいならクラウドテックへの登録を検討してみてはいかがでしょうか?