クラウドテックの手数料は高い?気になるマージンはいくら?

「クラウドテックの手数料はいくら?マージンはいくらくらいなの?」

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、家で仕事をしたい方に向けて、クラウドテックを利用検討する上で、クラウドテックの手数料について公式サイトよりも詳しく解説します。

最後まで読んで、クラウドテックの手数料とサービス利用料について理解できるでしょう。

クラウドテック
リモート案件数が
業界トップクラス
口コミNo.1

詳細を見る

Midworks
登録者数が2021年10月で
16,000人を突破
エージェントの鉄板

詳細を見る

レバテックフリーランス
利用者の平均年収
862万円
高単価案件が豊富

詳細を見る

そもそもクラウドテック利用時に手数料はかかる?

クラウドテックでは、発注金額に対してのみ手数料(マージン)が発生します。

実際に働いて報酬を得た時、手数料が発生するので、認識しておきましょう。

しかし、クラウドテックの基本サービス利用に手数料はかかりません。

クラウドテックは登録料金やサービス利用料金が一切ないので安心して利用ができます。

ただし、稼働時間が指定の時間に満たなかった時は、注意が必要です。

稼働時間がクライアントと定められた契約時間に満たなければ、報酬が控除されてしまいます。

例えば、1ヶ月間の最低労働時間140時間で契約した場合に、130時間しか働かなかったら10時間分の報酬は手数料とは別に引かれてしまいます。

体調不良など働けなくなった場合も考慮して、稼働時間に十分注意して働きましょう。

クラウドテックの利用料はすべて無料

クラウドテックのサービスは全て無料で利用可能です。

      • クラウドテックには14万件以上の案件に応募できる
      • 専任のキャリアアドバイザーが仕事を紹介してくれる
      • 会社員以上の福利厚生を受けられる

クラウドテックは、面談から最短3日で、働き始めることができます。

基本サービスは無料で利用できるので、案件に参画してから報酬を得るまで費用の負担が必要ありません。

フリーランス初心者にとって、利用料金が抑えられてサービスが充実しているクラウドテックはおすすめです。

クラウドテックで手数料が発生するケース

クラウドテックで手数料が発生するケースは、案件で報酬を獲得した時です。

手数料は、一律で決まっておらず案件次第で異なります。

クラウドテックの手数料は非公開ですが、発注金額の20%前後が相場となっています。

プログラマーやデザイナーなど、高単価の案件だから手数料も高くなるというわけではないのでご安心ください。

働き方が出社かリモートワークかも手数料に関係はありません。

自分にとって働きやすい方法で、仕事を探しましょう。

案件に対するマージンのみ

クラウドテックの発注金額に対して手数料が発生します。

手数料の割合は非公開ですが、案件によって割合が異なるようです。

クラウドテックは、株式会社クラウドワークスが運営しています。

そして、クラウドワークスの手数料は5〜20%なので、クラウドテックの手数料も20%前後と予測できるでしょう。

フリーランスエージェントの手数料は10%〜25%が相場となるので、クラウドテックの手数料は、相場より多少高く設定されているといえるでしょう。

報酬額の振り込み手数料もクラウドテックが負担

クラウドテックでは、報酬の振り込みに対して手数料はかかりません。

振り込み手数料は、クラウドテック側で負担してもらえます。

そのため、手数料を抑えるために新しく銀行口座を作る必要もまりません。

振り込み手数料がかからないので、お持ちの銀行口座をそのまま使えるのはありがたいですよね。

クラウドテックの手数料に関するよくある質問

クラウドテックの手数料に関する質問をまとめました。

手数料に関する疑問があれば参考にしてみてください。

仕事の報酬額から手数料が引かれることはある?

クラウドテックでは報酬額から手数料が引かれることはありません。

クラウドテックでは、企業とフリーランサーをマッチングさせることで利益を生み出しています。

そのため、発注金額の20%が手数料として設定されています。

手数料の明確な割合は非公開で、案件によって異なりますが、20%程度のものがほとんどです。

ただし、クラウドテックで発声する手数料は報酬に対してのみで、基本サービスや銀行への振り込み手数料は一切かかりません。

まとめ|クラウドテックで発生する手数料はマージンのみ

クラウドテックで手数料が発生するのは、発注金額に対してのみです。

手数料の割合は非公開ですが、ほとんどの案件が20%程度になっています。

また、案件によって多少の増減があります。

フリーランスエージェントの手数料は、10〜25%が一般的なので、クラウドテックの手数料は平均よりやや高いといえるでしょう。

クラウドテックのサービスは、以下の特徴があり全て無料で利用できます。

      • 14万件以上の案件から仕事を探すことができる
      • 専任のキャリアアドバイザーが一緒に仕事を探してくれ、アフターサポートもしてくれる
      • 大企業でも利用されている「ベネフィットステーション」によって会社員以上の福利厚生を受けられる

クラウドテックには充実したサポートがあるので、手数料以上の価値があるでしょう。

「手数料がいくら引かれているかちゃんと知りたい方」、「もっと低い手数料のフリーランスエージェントを利用したい方」はクラウドテック以外のフリーランスエージェントがおすすめです。

クラウドテック以外のフリーランスエージェントだと、テクフリは手数料が10%、PE-BANKは手数料が12%なので検討してみてください。

手数料を考慮するのも大切ですが、携わる案件の内容や、得られるスキル、将来自分がどうなりたいかを考えることも重要です。