クラウドワークスの本人確認は安全なの?気になるギモンを解決!

<画像>クラウドワークスの本人確認は安全なの?気になるギモンを解決!

在宅ワークや副業で使う日本最大級のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」

お悩み

クラウドワークスの本人確認は本当に安全なの?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、クラウドワークスに登録した際に本人確認をすることになります。

最後まで読むことで、状況別にクラウドワークスで本人確認が安全なのかを理解することができるでしょう。

当日払いがあるクラウドソーシング
クラウドワークス」や「ランサーズ」などは正直おすすめできません。
  • 案件が多いが単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 悪質クライアントが多く納品してから連絡が取れなくなった
などの悪い口コミが多いのが現状です。

そこで、おすすめなのがクラウドソーシングで唯一「当日払い」ができる「_ist(イスト)」です。

<画像>_ist(イスト)
_ist(イスト)」は、手数料が業界No.1の安さで、当日払い制度があるため、報酬がすぐに手元に入ってくるクラウドソーシングサイトです。さらに、単価が高い案件も多いのが特徴です。

クラウドソーシングサイトは複数登録OKなので、登録だけでもしてみる価値があるでしょう。

\ 手数料が業界最安値 /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して実績と評価を積み上げていきましょう!

詳細を見る

おすすめのクラウドソーシングランキング12選 /

ランキング見る

【結論】クラウドワークスの本人確認は安全?

【結論】クラウドワークスの本人確認は安全?

結論から言うと、安全な場合とそうでない場合があります。

クラウドワークスへのアカウント登録時に行う本人確認は、安全な場合にカウントされます。

登録時の本人確認は安全

クラウドワークスに登録する際の本人確認では、免許証や保険証などの身分証明書をアップロードする必要があります。

これは仕事を発注するクライアントや、ほかのワーカーに公開されるわけではありません。

それに加え、本人確認済みアカウントには『本人確認済み』のマークがつきます。

これによりプロフィールを充実させられることと、いくつかメリットが得られるので、本人確認をしておいて損はないでしょう。

ポイント
  • プロフィールを充実させられることと、いくつかメリットが得られるので、本人確認をしておいて損はない

 

クラウドワークスで本人確認を行うメリット

クラウドワークスで本人確認を行うメリット

アカウントの本人確認には下記の2つのメリットがあります。

本人確認をすることで信頼性と信用性が高まる

本人確認することで、ワーカーの信頼性と信用性が高まります。

本人確認済みのアカウントにはそれを示すマークがつきますが、言い換えれば「このワーカーは信用できる」とクラウドワークス側が宣言してくれているようなものなのです。

クライアント側は、依頼した仕事を投げ出され、逃げられてしまわないか不安に思っています。

顔や名前がわからない相手に案件を依頼することにはリスクを伴うため、できれば避けたいと考えるのは明白です。

しかし本人確認済みマークがあれば、クライアント側も安心してそのワーカーに仕事を頼めることでしょう。

単価が上がる可能性がある

信頼性と通ずるものがありますが、本人確認済みであることは、仕事に対して誠実であることの証明にもなります。

そのため,

クライアント側も安心して仕事を発注できる上に、そもそも本人確認済みのワーカーしか応募できない案件が多数あるのも事実です。

そのようなコンプライアンスに気をつけている発注者は良クライアントの可能性が高く、良質な案件に巡り会える可能性も上がります。

本人確認を行い、良質な案件に応募し、ひとつひとつ丁寧に仕上げれば、そのクライアントにとっての「お得意様」にもなれるでしょう。

そうすれば実力に合わせて単価を上げてもらえる可能性もあるので、本人確認は早い段階で済ませておきましょう。

ポイント
  • 本人確認をすることで信頼性と信用性が高まる
  • 単価が上がる可能性がある

 

クラウドワークスで本人確認ができない時の対処法

クラウドワークスで本人確認ができない時の対処法

本人確認のためには、運転免許証などの身分証を撮影またはスキャンしてアップロードする必要があります。

本人確認では下記のようなトラブルも見受けられるため、あらかじめ対処方法を確認しておきましょう。

アップロードできないとき

アップロードできない場合は、添付した本人確認書類画像のファイル形式が異なるか、データが重すぎる可能性があります。

とくにスマートフォンやiPhone、iPadからの提出時は要注意です。

近年のスマホ搭載カメラは高解像度になり、データサイズが大きくなる傾向にあります。

一度ペイントアプリや画像編集アプリで読み込み、画像サイズを小さくすることで解決する場合がありますので、チェックしてみてください。

それでもアップロードできない場合は、ファイル形式が異なる可能性があります。

iOS端末を使用している方はカメラ設定を見直してみましょう。

『フォーマット』欄が『効率化』になっている場合は『互換性優先』に変更した上で、再度撮影してみてください。

パスポートでもできる?

2020年2月4日以降に発行されたパスポートは使用できませんが、それ以前のものであれば可能です。

2020年2月4日以前のパスポート、および運転免許証のほかには下記の書類を提出できます。

  • 健康保険証と住民票※ただし『記号』『番号』『保険者番号』を隠して提出すること。
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 履歴事項全部証明書※法人の場合(3カ月以内のものに限る)

トラブル時は問い合わせページから

本人確認でトラブルが起きたら、クラウドワークスのお問い合わせページから連絡してみましょう。

ほかにもクラウドワークスには『みんなのお仕事相談所』と呼ばれる掲示板があります。

そこでは仕事についてのトラブルや疑問が共有されているので、一度目を通してみるのもよいでしょう。

些細な疑問であれば、『みんなのお仕事相談所』上で解決できるケースが少なくありません。

安全ではない本人確認の危険性とは?

安全ではない本人確認の危険性とは?

登録時の本人確認ならばよいですが、そのいっぽうで安全ではない本人確認も存在します。

それは仕事を発注しているクライアントから、直接本人確認書類の提出を求められたときです。

クライアントから本人確認のために身分証明書を提示するように言われたとき

クラウドワークス上には、本人確認書類のアップロードを求めるクライアントが一定数存在します。

クラウドワークスの掲示板『みんなのお仕事相談所』上には、案件に応募したワーカーがクライアントに直接身分証を求められた際の対処方法を尋ねる質問が多数見受けられます。

直接本人確認を求められた際には、まずはそのクライアントの実績や評価を確認しましょう。

応募した案件がクラウドワークスの利用規約やガイドラインに反していないかの確認も忘れずにしてください。

クライアントに本人確認書類を提出する必要はない

そもそもクラウドワークスでは、応募段階で身分証明書やそのほか個人情報、連絡先を提示することは禁止されています。

ワーカー選定の段階で求められた場合は、はっきりと断りましょう。

契約後に求められた際も、身分証提出が必要な案件かそうでないのかよく考えるべきです。

そもそもアカウントが本人確認済みであれば、クライアントに提出する必要がないのですから、身分証がなぜ必要なのかクライアントに質問し、納得できる理由かどうか確かめましょう。

住所などの個人情報の提示は危ないので自己責任

身分証明書の提示は自己責任です。

相手が個人の場合は、悪事のための個人情報収集や詐欺に使おうとしている可能性もあるので要注意です。

法人であっても、容易に信頼せず、相手がどのような会社なのかよく調べましょう。

実在する会社かどうか、また取引について悪評がないかどうかも確認事項です。

断っても執ように求められる、あるいは説明された理由が怪しく納得できないようであれば案件を辞退するか、クラウドワークスの運営に問い合わせすることをオススメします。

ポイント
  • 応募段階で身分証明書やそのほか個人情報、連絡先を提示することは禁止
  • 身分証明書の提示は自己責任
  • 相手が個人の場合は、悪事のための個人情報収集や詐欺に使おうとしている可能性もあるので要注意

また下記の関連記事では、クラウドワークスで悪質なクライアントを避けるための対処方法を解説しています。

クラウドワークスを安全に利用したい方や、アカウントを作ったばかりで初心者の方はぜひご一読くださいませ。

在宅ワークや副業におすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトは複数登録が可能なので、できるだけ多くのサイトに登録して、案件を探していきましょう。

手数料が安すぎ!当日払いあり「_ist(イスト)」

<画像>_ist(イスト)
  • クラウドソーシングで唯一当日払いがある
  • 手数料が業界No.1
  • 知名度がないことからライバルが少なく受注しやすい
_ist(イスト)」は、手数料が業界最大級に安いクラウドソーシングサイトです。

手数料が安い分、報酬から引かれる金額が少なくなるので、結果的に手元に入る金額が多くなります。

また、あまり知られてないこともあり、穴場で高単価案件の数が多く、報酬も当日払いの受け取りも可能なので、まずは登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

\ 手数料が今なら安い /

<画像>_ist(イスト)の手数料表
口コミによる評価
手数料の安さ
(5.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

会員数が急増中!「Craudia(クラウディア)」

クラウディア
  • 非公開の高単価オファーがある
  • すぐに働ける急募案件を掲載
  • 手数料が「_ist」に次いで安い
Craudia(クラウディア)」は、会員登録者数が急増しているクラウドソーシングサイトです。

ブロガーなどの利用者も多いので、仲間を見つけやすいというメリットもあります。

手数料も「_ist(イスト)」に次いで業界2位の安さなので、「_ist(イスト)」と一緒に登録することをおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.0)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

人気急上昇中!「Bizseek(ビズシーク)」

<画像>ビズシーク
  • 買い物代行案件をしたい人におすすめ
  • 楽天銀行を使えば振込手数料が110円
Bizseek(ビズシーク)」は、最近リニューアルしたばかりのクラウドソーシングサイトです。

フリーランスでWeb業務に携わっている人に人気で、高額な案件を希望する人におすすめです。

また買い物代行の案件がとても人気で通販の代行をしたい方におすすめのクラウドソーシングです。

クラウドソーシングサイトは、複数登録しても問題ないので、Web業務に携わっている人は登録しておくと良いでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
(4.5)
案件の数
(4.0)
高単価案件
(4.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)

初心者の鉄板!「クラウドワークス」

<画像>クラウドワークス
  • 登録者数No.1
  • 業界No.1
  • 取引額No.1
  • 手数料が高い
クラウドワークス」は、テレビや日経新聞などで取り上げられるほど有名なクラウドソーシングサイトです。

会員登録と発注手数料が一切無料なので、安心して登録して仕事を進められます。

登録者数110,000名を突破し、業界No.1のシェアを誇っているのがクラウドワークスです。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

WEBライターが多い!「ランサーズ」

<画像>ランサーズ
  • WEBライターにオススメ
  • ワーカーにランクがある
  • 満足度が高いがライバルが多い
ランサーズ」は、WEBライターの知名度が高く、会員数も多いクラウドソーシングサイトです。

知名度が高まった分、単価が安い案件も増えているので、あまりおすすめはできません。

ランサーズ」を利用するなら、手数料が圧倒的に安い「_ist(イスト)」との併用をおすすめします。

口コミによる評価
手数料の安さ
(3.5)
案件の数
(5.0)
高単価案件
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

まとめ

この記事では安全な本人確認とそうでない本人確認について紹介しました。

まとめ
  • プロフィールを充実させられることと、いくつかメリットが得られるので、本人確認をしておいて損はない
  • 本人確認をすることで信頼性と信用性が高まる
  • 単価が上がる可能性がある
  • 応募段階で身分証明書やそのほか個人情報、連絡先を提示することは禁止
  • 身分証明書の提示は自己責任
  • 相手が個人の場合は、悪事のための個人情報収集や詐欺に使おうとしている可能性もあるので要注意

クラウドワークスのアカウント作成時の本人確認は安全で、身分証明書を悪用される心配はありません。

むしろクライアントとの信頼関係にもつながりますので、確認しておいて損はないでしょう。

ただし、身分証の提出を個人的に求めるクライアントには気をつけてくださいね。

そのクライアントが個人であれ法人であれ、直接身分証を提出することは推奨されていませんので、求められた際は断るか、提出理由を尋ねましょう。

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」