【ココナラ】源泉徴収とは?源泉徴収しないことはできるの?

在宅ワークや副業が広まり、一躍有名になった「ココナラ」。

実際に、ココナラに登録してみようかと考えている人も多いでしょう。

ココナラに登録する前に以下のような疑問を抱いていませんか?

お悩み

ココナラで源泉徴収しないことはできるの?納税しなくてもいい?

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、ココナラで源泉徴収しないという手段ができるのかについてわかりやすく解説していきます。

最後まで読むことで、ココナラで源泉徴収しないという手段が可能なのかが理解できるでしょう。

ちゃんと稼ぐなら…
クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングはぶっちゃけおすすめできません。
  • 単価が安すぎてバイトした方がマシ
  • 手数料がかなり引かれるので報酬が手元に残らない
  • 時給換算すると300円くらい
などがクラウドソーシングの現状です。
そこで、おすすめなのが最短3日で稼働でき翌月15日には報酬が振り込まれるクラウドテック」です。 クラウドテック
クラウドテック」は、クラウドワークスが展開しているサービスで病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートも充実!
  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • ライター単価も平均月40万円
クラウドテックの料金表 これから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう! 詳細を見る

ココナラでは源泉徴収しないことができる?

ココナラでは源泉徴収しないことができる?

会社の給料明細を見ると、社会保険料や厚生年金などと一緒に源泉徴収が記載されているのを見たことがあるでしょう。

源泉徴収とは、毎月の貰う給与より税金分を差し引き納税することです。

税法上、納税は国民の義務なので、源泉徴収を含め納税をしないということは不可能です。

源泉徴収とは、一般的には所得税にあたるもので、毎年年末になると年末調整として、給料に対し多く源泉徴収していた場合は還付され、少なく徴収していた場合は納税する必要があります。

このように、会社で働いていた場合年末調整を会社が行うため納税をすることはとても便利です。

しかし、副業などでココナラを利用していた場合、源泉徴収はどのような形になっているのか心配になる人もいるでしょう。

そこで今回は、ココナラなどのクラウドソーシングサイトでは、源泉徴収しないことは可能なのか、また、源泉徴収した場合どのように処理されてるのかなどについて解説します。

ココナラで源泉徴収しないのは可能

ココナラで仕事を受け収入を得た際、会社での給料と同様に源泉徴収しないのか、それとも源泉徴収するのか気になるでしょう。

源泉徴収するのか、しないのか、単刀直入に区別するならば、どちらでも可能というのが現状です。

ココナラの源泉徴収については、クラアント側が仕事を発注し支払いを行う際に設定するものとなっています。

つまり、クライアントが源泉徴収の設定を行えば支払いの際に源泉徴収される形となる上に、設定をしなければ源泉徴収しない形となります。

ポイント
  • 源泉徴収するのか、しないのか、単刀直入に区別するならば、どちらでも可能

源泉徴収してしまった場合は?

源泉徴収してしまった場合は?

ココナラの案件を見ていると、源泉徴収についてしっかり記載されています。

源泉徴収しない仕事を受けた場合、収入は全てワーカーが受け取ることとなり、確定申告にて所得税などの税金を納税する必要があります。

逆に、源泉徴収してしまった場合は、報酬の支払いを受け取る際に、クライアントより源泉徴収されたことが記載された書類を貰いましょう。

そして、確定申告の際にクラアントからもらった書類を参考に、源泉徴収された金額を記載し申告する必要があります。

納税する必要がある

ココナラで源泉徴収しない場合、税法に則り納税する必要があります。

これは、本業としているか副業としているかで金額は違ってきます。

副業としてココナラで収入を得ている場合、20万以上の収入があれば確定申告し納税する必要があり、本業としてココナラで仕事をしている場合、年間で38万円以上の収入があれば確定申告し納税する必要があります。

ポイント
  • 副業としてココナラで収入を得ている場合、20万以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある
  • 本業としてココナラで仕事をしている場合、年間で38万円以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある

源泉徴収しないクラウドソーシングサイトを他で選ぶ

「面倒だから、できれば源泉徴収しない仕事を選びたい」と考える人もいるでしょう。

そのような人には、ココナラ以外のクラウドソーシングサイトを利用するのもひとつの方法です。

クラウドワークスのほかにもクラウドソーシングサイトはたくさんあります。

どのサイトもさまざまな特色があり、なかにはまだ利用者が少なく受注しやすいサイトもあるので自分にあったサイトを見つけるためにも複数のサイトでアカウント登録をすることをオススメします。

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドワークスが運営している「クラウドテック」

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

フリーランスのリモート求人を掲載

上記のように、登録だけでもする価値のあるサービスばかりです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。
公式サイトはコチラ

リモートワークにおすすめ求人サイトNo.1「ReWoks」

reworks(リワークス)

ReWoks(リワークス)」は、フルリモート求人に特化している求人を掲載しており、未経験でも在宅で働ける求人をメインに掲載しています。

Rweorksの案件種類

掲載している求人はフルリモート(完全在宅)で働くことができるのが特徴。

種類もさまざま掲載されており、未経験からも応募できる求人ばかりなので、これからリモートワークで働きたい方におすすめの求人サイトです。
公式サイトはコチラ

副業で稼ぎたいなら「WorkAny」

ワークエニー

WorkAny」は、職種とスキルを入力しておくだけで、副業人材を探してる企業とマッチングしてくれるスカウト型サイトです。

WorkAnyの案件種類

本業以外の仕事にチャレンジしてみたい方や、休日や仕事終わった夜、出勤前などに働きたい方におすすめです。

最短5分〜働くことができる案件もあるので、ぜひチェックしてみてください。
公式サイトはコチラ

まとめ

この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 源泉徴収するのか、しないのか、単刀直入に区別するならば、どちらでも可能
  • 副業としてココナラで収入を得ている場合、20万以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある
  • 本業としてココナラで仕事をしている場合、年間で38万円以上の収入があれば確定申告し納税する必要がある

ココナラで収入を得た場合、源泉徴収しないことは可能です。

しかし、源泉徴収しない場合は、確定申告をしっかり行い所得税を納税する必要があります。

今回紹介したことを参考に、源泉徴収というものをしっかり把握し、ココナラで安定した収入を得るようにしましょう。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ
\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ