騙されるな!アットエンジニア(at engineer)の口コミは?500人の評判と総評

ITフリーランスエンジニアでエンドユーザーの割合が高く、元請からの直接依頼案件が多く、業界最速の即日払いがある「アットエンジニア(at engineer)」

お悩み

アットエンジニア(at engineer)の口コミや評判はどうなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事では、エンドユーザーの割合が高く、元請からの直接依頼案件が豊富と話題であり、口コミや評判を見ると好評が多い「アットエンジニア」についての口コミや評判を詳しく解説していきます。

最後まで読んで、アットエンジニアに登録するかどうかを判断してください。

エージェントに頼るな!
ITエンジニアの転職は無理に転職エージェントに頼る必要がありません。
エージェントだと、登録して面談する必要があり、応募して参画までに1ヶ月以上の時間を費やしてしまう可能性があります。
そのため、登録しなくても、すぐに案件を探すことができるITエンジニア向けの求人サイトを紹介します。
すぐに案件応募できる求人サイト 求人数 特徴

Reworks>>詳細を見る

350件 リモート案件のみを掲載
・未経験でも完全在宅案件に応募できる
(※エージェントは未経験不可)

クラウドテック>>詳細を見る

578件 週3〜4日の案件が多い
・案件の70%がリモートOK
・支払いサイクルは業界最速の翌15日

_ist>>詳細を見る

- ・当日払いができるクラウドソーシング

アットエンジニア(at engineer)|基本情報

アットエンジニア(at engineer)|基本情報

アットエンジニア」は、フリーランスITエンジニア向けのエージェントサービスで、株式会社アイスタンダードが運営しています。

アットエンジニアはエンジニアの独立を支援しており、公式ページ内にフリーランスとして働くためのコラム記事や情報が掲載されているところが特徴です。

そのため、公式サイトで案件を探しながら、今後フリーランスITエンジニアとして賢く働くための知識を身につけることができます。

上記のようなこまやかなサポートが評価され、2019年には登録者数が3,000人を突破しました。

現在は、2019年時よりも、さらに利用者数が増えていると言われています。

公式サイトへ

またアットエンジニアの詳しい特徴については下記をご覧ください。

株式会社アイスタンダードの口コミ・評判

株式会社アイスタンダードの口コミ・評判

アットエンジニア」を運営している「株式会社アイスタンダード」は、2014年に設立したITベンチャー企業です。

アットエンジニアのほかには、思いを伝えるアプリ「カラフル」などのサービスを展開しています。

自社でもアプリ開発を行ったりITエンジニアを育成したりしているところからも、IT業界やエンジニアという職業についての理解や知識を持っていることがわかります。

株式会社アイスタンダードはまだ設立したての若い企業ですが、若いからこそ、現代の働き方改革の風潮ややりがい重視の働き方に理解があると考えられます。

以上のことから、株式会社アイスタンダード、ならびにアットエンジニアは信頼できる企業・プラットフォームと言えます。

約78%がエンドユーザー及び元請け案件

アットエンジニア」に掲載されている案件の約78%が、エンドユーザーおよび元請け案件です。

元請け業者案件は、報酬の中抜きやマージンが少ない場合が多くあります。

またフリーランスエンジニア向けの案件には「常駐型案件」と呼ばれ、一般的な会社員と同様に、契約先の企業へ出勤しなければならないケースが多くあります。

そのため、元請け案件に携わることは、企業でコネクションを作るきっかけにもなるのです。

自分自身のフリーランスITエンジニアとしての市場価値を高めるために、エンドユーザーおよび元請け案件を狙うことはオススメです。

即日支払いで支払いサイトが業界最速

アットエンジニアには、報酬の即日支払いシステムがあります。

フリーランスITエンジニア向けのエージェントサービスには、報酬の支払いが遅く、なかには1カ月、2ヶ月と待たなければいけないものもあります。

フリーで働く人は、一般的な会社員のように、月々の仕事と報酬が安定しません。

そのため、働いた分の報酬の振込が遅いことは、生活に多大な影響を及ぼしてしまうのです。

振込が遅かったばかりに公共料金や税金の支払いに間に合わず、延滞料を取られてしまったフリーランスの話はしばしば耳にします。

しかし、アットエンジニアの場合は、即日支払いが可能なので、振込を長期間待つ必要がないので、すぐに報酬を受け取ることができます。

すぐに無料登録する

アットエンジニア(at engineer)のメリットと評判・口コミ

アットエンジニア(at engineer)のメリットと評判・口コミ

次に、寄せられた口コミのなかから、アットエンジニアのメリットだと考えられる評価を4点紹介します。

参画までのスピードが速い

1つ目のメリットは、アットエンジニアは案件応募から案件参画までのスピードが速い点です。

フリーランスITエンジニア向けのエージェントサービスでは、気になる案件を見つけたとしても、すぐに参画できるケースはまれです。

その理由は、案件応募から参画までの間に、契約先の企業と労働条件のすり合わせなどの商談工程を挟まなければならないからです。

この商談は、エージェントによっては、エンジニア自らが参加するのではなく、専属コンサルタントが代行してくれるところもあります。

しかし、商談を代わりにやってくれるばかりに時間がかかってしまい、その間に案件を逃してしまう可能性もあるのです。

アットエンジニアであれば、案件参画までのスピードが速いため、このような心配はありません。

フル常駐や週2〜3日の案件、リモート案件もある

2つ目のメリットは、アットエンジニアにはフル常駐案件のほかに、週2~3日の案件や、リモート案件もそろっていることです。

エージェントサービスに掲載されている案件は、通常一般的な会社員と同様に、週5日、約8時間勤務するフル常駐案件が多数を占めています。

しかし、アットエンジニアには、フル常駐以外の働き方を選択できる案件も掲載されています。

フリーランスITエンジニアのなかには、育児中や闘病中などの理由でフル常駐が難しい人もいます。

また現在はパラレルワーカーと呼ばれる働き方が話題になったこともあり、複数の仕事を両立しているエンジニアもいることでしょう。

そのような個人のスタイルにあった案件を見つけやすい点が、アットエンジニアの特徴です。

業界トップクラスな丁寧なサポート

3つ目のメリットは、アットエンジニアでは業界トップクラスのサポートを受けられることです。

アットエンジニアには、専属コーディネーターが複数在籍してます。

運営元の株式会社アイスタンダードはIT業界に造詣が深いので、フリーランスITエンジニアとしてのキャリア相談がしやすいところが魅力的です。

フリーランスITエンジニアとして働いていると、仕事面だけでなく、生活面、健康面、税金面などでさまざまな不安や疑問に直面します。

アットエンジニアのコーディネーターは、それらの疑問にも的確にアドバイスをしてくれるので、本業にのみ集中することができます。

勉強会と交流イベントを開催

4つ目のメリットは、アットエンジニアでは定期的に勉強会と交流イベントが開催されていることです。

フリーランスITエンジニアは基本的に企業や団体に属すことがないため、孤立しがちです。

自ら機会を探さない限り、人脈を得たり、新規契約先を発掘したりすることは難しいでしょう。

しかしアットエンジニアでは、定期的に勉強会や交流イベントが開催されるため、参加するだけでコネクションや仲間を得られるのです。

アットエンジニア(at engineer)のデメリットと評判・口コミ

アットエンジニア(at engineer)のデメリットと評判・口コミ

次に多数寄せられた口コミのなかから、アットエンジニアのデメリットと考えられる評価を4点紹介します。

全体的に案件が少ない

1つ目のデメリットは、ほかの大手エージェントサービスと比較して、全体的に案件が少ないことです。

アットエンジニアに掲載されている全案件数は約3,000件です(2021年5月現在)。

比較のために例を挙げると、同じくフリーランスITエンジニア向けエージェントサービス・テクフリの掲載案件数は4,400件にのぼります。

テクフリと比べると、アットエンジニアのほうがやや案件数が少ないことがわかりました。

しかし、アットエンジニアには、まだ会員数が少ない新興エージェントだという利点があります。

利用者数が少ないアットエンジニアは、たとえ掲載案件数が少なくても、競争率が高いというわけではないのです。

案件数が少ない点が不安だったが、登録してみると自身の希望条件にマッチした案件を紹介してもらえた」という事例もあるので、一度利用を検討してみることをオススメします。

未経験者には適してない

2つ目のデメリットは、アットエンジニアはエンジニア未経験者の利用を想定していないことです。

アットエンジニアに掲載されている案件のほとんどが、エンジニア経験者向けです。

そのため、最低でも2年以上の実務経験があるとよいでしょう。

エンジニア未経験から業務に携わりたい人は、ほかのエージェントサービスを利用するか、株式会社アイスタンダードが運営するITエンジニア育成プログラミングスクールなどの利用をオススメします。

1都3県と大阪のみ対応

3つ目のデメリットは、掲載案件の勤務地が関東一都三県および大阪に限られていることです。

アットエンジニアの案件は、ほかの大手エージェントサービス同様に、東京・神奈川・千葉・埼玉ならびに大阪で働くことを想定しています。

地方在住者向けの案件は、リモート案件を除き、存在していないと言っても過言ではありません。

案件参画に合わせて上京できる地方在住エンジニアはよいですが、地方にこだわりがある方は別のエージェントサービスと併用するとよいでしょう。

福利厚生がない

4つ目のデメリットは、福利厚生サービスがないことです。

ミッドワークス」や「テクフリ」などの大手エージェントサービスでは、フリーランスとして働きながら正社員並のサポートを受けられる点を魅力に掲げているところが多くあります。

しかし、アットエンジニアには、そのような手厚い福利厚生はなく、自助努力を求められるシーンが多々あると考えられます。

フリーランスとしてすでに地位を確立しており、仕事や生活に不自由がない人にとっては、無駄となるシステムがないためオススメです。

しかしまだ独立したての方や、フリーランスとして成功するためのサポートを求めている人は、ほかのエージェントサービスを利用したほうがよいと言えます。

口コミから分析!アットエンジニア(at engineer)がおすすめな人

口コミから分析!アットエンジニア(at engineer)がおすすめな人

口コミを分析した結果、アットエンジニアがオススメなのは、下記に当てはまる人だとわかりました。

エンド直&元請直の案件に参画したい人

アットエンジニアは、エンド直および元請け直の案件に携わりたい人にオススメです。

アットエンジニアに掲載されている案件の7割弱が、エンドユーザーおよび元請け案件です。

そのため、ほかのエージェントサービスを利用するよりも、高い確率で元請け案件に参画できると考えられます。

下請け案件の中抜きや、指示の曖昧さ、コネクションの作りづらさなどに辟易としており、現状を変えたいと考えている中級以上のエンジニアは、ぜひ利用してみてください。

求人を確認する

アットエンジニア(at engineer)のWebエンジニアフリーランス案件の例

アットエンジニア(at engineer)のWebエンジニアフリーランス案件の例

案件名 【Salesforce】各会社様向け開発・カスタマイズ
主要スキル Salesforce
ポジション システムエンジニア
単価 60~80万円/月
必須スキル Salesforceの開発経験2年以上

アットエンジニア」には、実際に上記のような案件が掲載されています。

この案件は、クラウド型ビジネスアプリケーションであるSalesforceを用い、各会社向けのカスタマイズや開発業務に携わることができます。

この案件では、上記表に書いてあるとおり、2年以上のSalesforce開発経験を求められます。

アットエンジニアには、この案件のように2年ないし3年以上の実務経験が必須の仕事が多数掲載されています。

自身のスキルに自信があるエンジニアは、一度チェックしてみてください。

アットエンジニアで案件を探す際は、JavaやPythonなどのスキル・言語ごとに条件を絞ることができます。

そのほかポジションや報酬、エリアごとにも検索できるので、ご活用ください。

アットエンジニア(at engineer)を利用した人の口コミ体験談

アットエンジニア(at engineer)を利用した人の口コミ体験談

特に最初の登録後のオンラインでの面談では、僕の情報を伝えるだけでなく僕が知りたいようなフリーランスの現状や必要なスキルを教えていただき、大変ためになりました。

引用元:https://piroseblog.com/at-engineer

アットエンジニアに登録すると、はじめにオンライン面談が行われます。

その際、アットエンジニア所属のコンサルタントと、働く上での希望条件や、フリーランスITエンジニアとしての将来像についてイメージのすりあわせをします。

アットエンジニアのコンサルタントは、ただ利用者の希望を尋ねるだけではありませんでした。

フリーランスとして働く上で求められるスキルや、現状について有益なことを包み隠さずに教えてくれたとのことです。

このことからも、アットエンジニアはキャリアアップにつながる有益なエージェントサービスだとわかります。

アットエンジニア(at engineer)以外でITエンジニア向けおすすめエージェント

エンジニア向けのエージェントは、アットエンジニアだけではありません。

自分の条件がアットエンジニアとマッチしない方や、そのほかの選択肢が知りたい方は、ぜひ下記の5つのエージェントもご確認ください。

Midworks

Midworks

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

一口でエンジニアと行っても、扱う言語やスキル、ポジションは人によって違います。

そのためMidworksでは、PHPやJava、Pythonなどのスキル別はもちろん、プロジェクトにおけるポジションでも検索できるようになっています。

また、案件の検索機能はもちろん、表示機能もわかりやすいように工夫されています。

月毎の単価表示に加え、開発環境がタグで表示されるので、自分の条件に合うプロジェクトを直感的に検索可能です。

特徴としては、Midworksは保障の手厚さを売りにしており、その手厚さは正社員並みとのこと。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

詳細を見る

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスの総評|基本情報

フォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

『フリーランスITエンジニアにこそパートナーが必要だ』という理念のもとに、個人で働くエンジニアのプロジェクト参画を支援します。

フォスターフリーランスは1996年にサービスを開始して以来、15,000人以上のフリーエンジニアをサポートしてきました。

業界内でも単価報酬が高いところが特徴で、全案件中90%が非公開案件とのこと。

すでに実務経験があり、収入アップを目指したいフリーランスITエンジニアにオススメのサービスです。

詳細を見る

テクフリ

テクフリ

テクフリ」は、常に4,000件以上の案件を保有しているエージェントサービスです。

『フリーランスエンジニアで今より年収をあげるならテクフリ』というキャッチフレーズからもわかるように、各エンジニア向けの案件が多数揃っています。

案件はサーバーサイドエンジニアの募集がもっとも多く1500件以上、次いでフロントエンドエンジニア、アプリケーションエンジニアの求人掲載数がそれぞれ300件を超えています(2021年4月現在)。

テクフリは、エリアやカテゴリ別の求人数が一覧表示されているため、複数案件を掛け持ちしたい際の営業手段として優れています。

詳細を見る

ソフトウェアジョブズ

ソフトウェアジョブズ|基本情報

ソフトウェアジョブズ」は、テストエンジニアおよびITエンジニア向けのエージェントサービスです。

テスト・品質案件の掲載数が多く、登録数は業界最多の700件です。

ソフトウェアジョブズのオススメポイントは、資格支援制度にあります。

またフリーランスにとって、資格は自身のスキルを示す際に重要な判断基準ですが、ソフトウェアジョブズでは、ソフトウェア国際認定技術者資格(JSTQB)の資格取得を支援しています。

実際に働きながらJSTQBの資格取得を目指したいと考えているフリーランスエンジニアの方はぜひチェックしてみてください。

詳細を見る

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチ」は実務経験があるエンジニアにオススメの転職サイトです。

登録されている求人は12万件以上で、そのうちの3分の1以上が年収1,000万円クラスと言われています。

厳選された企業と直接コンタクトが取れる点も、ビズリーチの特徴です。

それに加え利用時には経験豊富なヘッドハンターに相談できるので、狙った企業に効率良くアプローチできることでしょう。

詳細を見る

アットエンジニア(at engineer)の登録手順

次に、アットエンジニアの登録方法について解説します。

無料登録

無料登録

まずは、アットエンジニアの公式ページから会員登録を済ませましょう。

無料登録のボタンを押すと、氏名や生年月日、メールアドレスなどを入力する画面へ遷移します。

アットエンジニアの場合は、会員登録の段階で仕事探しのエリアや稼働希望日、希望単価などを任意で入力できます。

あらかじめ登録しておけば、後にスムーズに商談へ進むことができるので、この段階で隅々まで入力しておきましょう。

公式ページへ

カウンセリング&キャリア面談

会員登録後は、アットエンジニア所属のコンサルタントとカウンセリングおよびキャリア相談をします。

希望の労働条件や、現段階でのスキル、フリーランスITエンジニアとしての将来像などを、共有しておきましょう。

専属コンサルタントから紹介してもらえる案件は、カウンセリング&キャリア相談の内容を元にしています。

またアットエンジニアは公開求人もあるので、自分自身で案件を探してもよいでしょう。

クライアントとの商談

気に入る案件が見つかったら、クライアントと商談を行います。

労働条件や業務のすりあわせをし、企業とエンジニア双方の合意を得たら、無事契約完了です。

参画&参画後のフォロー

案件に参画したあとも、所属のコンサルタントのアフターフォローは続きます。

常駐先で疑問や不安がある場合は、その都度コンサルタントに相談しましょう。

アットエンジニア(at engineer)を利用する際の注意点

アットエンジニアを利用する際は、案件ごとに設定されている実務経験年数に注意してください。

案件のなかには、実務経験年数を指定していないものもあれば、2年、3年と細かく設定されているものもあります。

また「エンジニア歴3年」の案件もあれば「Pythonの実務経験3年」のようにスキル自体に経験年数を設定しているものもあるのでよく確かめましょう。

アットエンジニアは経験者向けのエージェントサービスのため、ほぼすべての案件に実務経験年数の指定があるといっても過言ではありません。

案件に申し込む前に、かならずチェックしてみてください。

アットエンジニア(at engineer)のサービスに関するQ&A

最後に、アットエンジニアを利用する際によくある質問を紹介します。

コーディネーターの紹介はある?

コーディネーターの紹介

アットエンジニアでは、カウンセリング終了後にコーディネーターから案件を紹介してもらえます。

また担当コーディネーターの対応が気に入らないときや、紹介してくれる案件が自分の希望に合わない場合は、ほかのコーディネーターを指名することも可能です。

アットエンジニアの公式ページには、コーディネーターの紹介とオススメの担当案件が掲載されているので事前にチェックしてみることをオススメします。

まとめ

アットエンジニアは、さまざまな言語やスキルの案件が集う、フリーランスITエンジニア向けの新興エージェントサービスです。

案件の多くは実務レベルのスキルを求められるので、エンジニア職経験者の方にオススメです。

エンジニア経験者であれば、フリーランス未経験者や独立を考えている人でも、高確率で良質な案件を紹介してもらえます。

案件紹介のためのサポートも手厚く、元請け案件も多いので、ぜひチェックしてみましょう。

会員登録は無料なので、情報収集目的で登録することもオススメです。

さらなるキャリアアップにつなげられるよう、アットエンジニアを活用してください。

 

\ 手数料業界最安値&当日払い可能 /
在宅ワーク・副業におすすめは「_ist」
無料登録はコチラ
\ 手数料業界最安値&当日払いOK /
在宅ワーク・副業なら「_ist」