【徹底比較】クラウドソーシングおすすめ人気ランキング【副業したい初心者向け】

profile-image
SUPERVISER
江波戸 純希
この記事の監修者

WEBBOX,LLCのCEO(SEOやWEBマーケ領域)&当サイトの運営責任者。実際に「クラウドワークス」などのクラウドソーシングでライターさんを募集していいます。Twitterのリンクはこちらをクリック。
  • 「副業を始めたい」
  • 「どんなクラウドソーシングサイトがあるのか知りたい」
  • 「今使っているクラウドソーシングサイトではなかなか稼げなくて困っている」

現在、クラウドソーシングサイトの数は増え続けており、ワーカーは潤沢な選択肢から、自分に合うサービスを細かく選べるようになりました。

広告などで見かける機会が多い『クラウドワークス』や『ランサーズ』をはじめ、ライティングに特化した『サグーワークス』や『シノビライティング』、手数料の安さが自慢の『__ist』など、サービスによって得意なことやメリット、デメリットが異なります。

しかし、その一方でクラウドソーシングサイトの数があまりにも増えすぎたため、これからフリーランスとして働こうと考えている人や、インターネットで副業を始めようと考えている人のなかには、どのサービスを選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

クラウドソーシングサイトを選ぶ上で抑えてべきポイントは下記の4点です。

ポイント
  1. 手数料が安いか
  2. 自分ができる・やりたい仕事が掲載されているか
  3. セキュリティ対策がされている安全なサービスか
  4. 高単価の案件が掲載されているか

この記事では、当サイトの運営者が実際に各クラウドソーシングサイトに登録し、利用してわかった事実をもとに、オススメのサービスを徹底的に紹介・解説します。

運営者

この記事は、上記のような悩みを持っている在宅ワーカーや副業を探している人に向けて、わかりやすく解説しているので、自分に合ったクラウドソーシングサイトを見つけるキッカケにしていただけたら幸いです。

また、当記事では全体ランキングのほかに、「手数料の安さ」「支払いスピード」などの各項目に注目したランキングも掲載しているので、そちらもぜひご一読ください。

_ist
手数料が
業界最安値
当日払いOK

詳細を見る

クラウディア
完全非公開の
高単価オファー
会員数100万人以上

詳細を見る

ビズシーク
すぐにお仕事
したい人向け
買い物代行なら

詳細を見る

【結論】初心者が絶対に登録したいおすすめのクラウドソーシングサイト

【結論】初心者が絶対に登録したいクラウドソーシングサイト

まず結論から言うと、初心者の方は下記の5つのクラウドソーシングサイトのうちいずれか、あるいは複数に登録しておくことをオススメします。

おすすめクラウドソーシング

運営者が実際にさまざまなクラウドソーシングサイトに登録し、短期間で稼げたのが、上記の5つでした。

いきなりすべてのサイトに登録することが難しい場合は、まず上記の中から2つ好きなものを選んで登録してみましょう。

例えば、以下の通りです。

  • 『__ist』と『ランサーズ』
  • 『クラウドワークス』と『ココナラ』
  • 『クラウドワークス』と『ランサーズ』

上記のように、自由に組み合わせていただいて構いません。

基本的にクラウドソーシングサイトは、複数サービスに登録したり、併用したりしても問題ありません。

在宅ワーカーとしてコンスタントに月間数万円から数十万円稼いでいる人は、複数サイトで案件を受注している場合が多いので、ぜひ参考にしてみてください。

登録するときのコツ

ビズシーク』は、買い物代行案件に特化したクラウドソーシングサービスです。

そのため買い物代行に興味がない・やるつもりがない方は登録する必要はありません。

選択肢から除外してしまって構いません。

そもそもクラウドソーシングサイトとは?

そもそもクラウドソーシングサイトとは?

そもそもクラウドソーシングサイトとは「仕事をしたい人」と「仕事を依頼したい人」が集まり、個人的に取引するためのプラットフォームのことを指します。

「仕事を依頼したい人」は、企業の場合もあれば、個人の場合もあります。

また、仕事内容は、下記のようにさまざまです。

  • アンケート回答
  • データ入力
  • 記事執筆
  • 動画制作
  • イラスト制作
  • CGモデリング
  • プログラミング
  • 買い物代行

例えば、一口に「記事執筆」と言っても、誰でも受注できる簡単なテーマもあれば、専門知識を要するものや、ユーモアを求められるものまで多岐に渡ります。

毎日大量に更新される案件のなかから、自分にできる仕事を見つけられるところが、クラウドソーシングサイトの醍醐味だと言えるでしょう。

近年は働き方改革や社会情勢の変化に伴い、クラウドソーシングサイトを利用する人が増えています。

そのため人気のクラウドソーシングサイト(『クラウドワークス』や『ランサーズ』など)はとくに利用者が多いので、いかに上手に自己PRや提案ができるかも大切になります。

運営者

少しでも案件獲得のチャンスを増やすために、利用するプラットフォームは複数持っておくと安心でしょう。

【2021年】副業や在宅ワークにおすすめクラウドソーシングサイトランキング

【2021年】副業や在宅ワークにおすすめクラウドソーシングサイトランキング

次に、副業や在宅ワークにオススメのクラウドソーシングサイトを3つ紹介します。

この項目で紹介するクラウドソーシングサイトは下記の3つです。

この3つのクラウドソーシングサイトには、ある1つの共通点があります。

それは「利用手数料が安い」ことです。

なぜなら、クラウドソーシングサイトには、どのサイトにもかならず「システム手数料」と呼ばれるものが存在しています。

「システム手数料」は「マージン」や「仲介手数料」とも表現され、ワーカーが受け取る報酬から自動的に差し引かれるようになっています。

運営者

手数料が高いと、せっかく高単価の案件を受注しても、実際の手取りが少なくなってしまいます。

受注量が多ければ手数料もカバーできますが、初心者にとっては大きな痛手ともなり得ます。

故に、とくに初心者の内は、システム手数料が安いサービスを使ったほうが、上手に稼げるのです。

各サービスの手数料

ちなみにもっとも有名なクラウドソーシングサイト

  • 『ランサーズ』や『クラウドワークス』では20%
  • 『ココナラ』では25%のシステム手数料

がかかります。

そのため、このランキングからは除外しています。

では『__ist』から順番に確認してみましょう。

稼げないは嘘!手数料が安く当日(即日)払いもある「_ist(イスト)」

手数料が安い!当日(即日)払いもある「_ist(イスト)」

__ist(イスト)』とは、2019年に誕生したばかりの新しいクラウドソーシングサイトで、ライティングを始め、翻訳やデザイン、画像編集など多岐に渡る案件が登録されています。

運営元は「株式会社キャブステーション」です。

そんな『__ist』の手数料は、5~10%です。

運営者

クラウドソーシングサイトの手数料は20~30%が相場なので、お得に利用できることがわかりますね。

また案件の報酬にかかる手数料以外の利用料(登録料や年会費)はかかりません!

口コミによる評価
手数料の安さ
 (5.0)
案件の数
 (4.0)
高単価案件
 (5.0)
サポート
 (4.0)
総合評価
 (5.0)

ブロガーの登録者が多数でライター向け案件が多い「Craudia(クラウディア)」

ブロガーの登録者が多数でライティング案件も多い「Craudia(クラウディア)」

Craudia(クラウディア)』は、株式会社エムフロが運営するクラウドソーシングサイトで、2012年に誕生しました。

『Craudia』はブロガーに人気のクラウドソーシングおすすめサイトで、ライター案件が豊富に登録されているところが特徴です。

システム手数料は3~15%で『__ist』と同じくらい安いので、より多くの報酬を手元に残したい人にオススメです。

運営者

また運営元の株式会社エムフロは、かねてよりレンタルサーバーや無料ホームページ作成サービスなどを展開しているところも特徴です。

ベンチャー企業ではありますが、このように複数の事業を持っているので、安心して利用できるでしょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
 (4.0)
案件の数
 (4.0)
高単価案件
 (5.0)
サポート
 (4.0)
総合評価
 (4.5)

システム手数料が安いので稼げないわけない「Bizseek(ビズシーク)」

システム手数料が安いので稼げば稼ぐほどおすすめの「Bizseek(ビズシーク)」

Bizseek(ビズシーク)』は2013年に誕生したクラウドソーシングサイトで、株式会社アイランドが運営しています。

クラウドソーシングサイトとしては中堅の立場に属し、『__ist』などの新興サイトよりは案件がありますが『クラウドワークス』や『ランサーズ』と比較するとまだ少ないところが課題です。

知名度に関しても、大手サイトには劣ります。

運営者

手数料は業界最安値で、5%~10%です。

そのため、沢山稼ぎたい人がメインで利用するクラウドソーシングおすすめサイト。

案件は比較的少ないので、ほかのクラウドソーシングサイトと併用してデメリットをカバーしましょう。

口コミによる評価
手数料の安さ
 (4.5)
案件の数
 (4.0)
高単価案件
 (4.0)
サポート
 (3.0)
総合評価
 (4.0)

【補足】クラウドソーシングはおすすめしない!

運営者

そもそも、まったくスキルがない状態でクラウドソーシングサイトに参戦することはオススメできません。

クラウドソーシングサイトは、実績と評価とスキルがものを言う社会です。

たとえば、プログラマーとしてすでにゲームやアプリを開発した経験がある人であれば、すぐに仕事を見つけられるでしょう。

しかし「現在プログラミングの勉強中で、実績はこれから作ります」とプロフィールに書いてある人では、クライアントに「よし、このワーカーに発注しよう」とはなかなか思ってもらえないのです。

事前に把握しておきたいこと

そのため、最初の足取りとなる実績をクラウドソーシングサイト内で作ろうと思うと、ハードな案件を安請負しなくてはなりません。

また、もし仮に、既に豊富なスキルを持っていたとしても、発注者に注目してもらえるようになるためには、地道に案件をこなす努力をした上で、数ヶ月先の話です。

クラウドソーシングサイトにはすでに『認定ランサー』や『プロクラウドワーカー』などと呼ばれる仕事のプロフェッショナルがいるからです。

それに加え、あなたと同じレベルのワーカーも沢山在籍しており、常に仕事は取り合い状態です。

ある意味競争社会的な雰囲気があるので、なかなか成果を出せず、がっかりしたままクラウドソーシングサイトを退会する人だって後を絶ちません。

  • 現在金銭に余裕がある人
  • 実績ができるまで忍耐力がある人
  • スキマ時間に少しでも稼げれば良い人
  • 何が何でも自力で仕事をするという強い意志がある人

上記に当てはまる人以外は、クラウドソーシングサイトを使うよりも、企業の在宅ワーカーになったほうが得策です。

  • 「最初からしっかり働きたい」
  • 「発注者に自分を売り込むためのスキルに自信がない」

上記のような人は『Reworks』や『クラウドテック』などを用い、リモート求人のライターへと転職することをオススメします。

ちゃんと稼ぎたいならクラウドソーシングよりも「リクナビNEXT」

→ちゃんと稼ぎたいならクラウドソーシングよりも「リクナビNEXT」

まだスキルがない人や、毎月コンスタントに稼ぎたい人には『リクナビNEXT』がオススメです。

リクナビNEXT』はクラウドソーシングサイトとは違い、就職・転職・派遣に特化した求人情報サイトです。

リクルートが運営しており、スカウトサービスが充実しています。登録されている求人数は数万件単位であると言われており、経験者向けのものから未経験者まで応募できるものや、在宅ワーク・リモートワーク可能なものまで幅広くあります。

運営者

クラウドソーシングサイトを利用して稼ぐためには、常日頃から情報収集のためのアンテナを張り、自ら案件を探しに行く生活をしなければなりません。

それには苦労するシーンも多く、なかなか気が休まらない場合もあります。

そのため、案件獲得や実績獲得のための努力を惜しまない自信がある人以外は、正直に言って、あまりオススメできないところがあるのも事実です。

  • 案件を継続して獲得できる自信がない人
  • ある程度会社組織に守られていたほうが安心して働ける人
  • 在宅ワークができるならば、フリーランスではなく、正社員や派遣社員でもよい人

上記の3つに当てはまる人は『リクナビNEXT』を利用し、自分の条件に合う求人を探してみることをオススメします。

公式サイトへ

補足

リモートであれば問題ないという人は、『Reworks』や『クラウドテック』などを用い、リモート求人のライターへと転職することをオススメします。

おすすめクラウドソーシングサイトランキング12選!人気クラウドソーシングを比較

クラウドソーシングのおすすめランキング12選!人気クラウドソーシングを比較

次に、有名どころからマイナーなサービスまでを含め、オススメのクラウドソーシングサイトを12社解説します。

自分の条件に合いそうなものがあれば、ぜひチェックしてみてください。

この項目で紹介する12社は下記の通りです。

1位:手数料が安い!当日(即日)払いもある「_ist(イスト)」

手数料が安い!当日(即日)払いもある「_ist(イスト)」

__ist(イスト)』とは、もっとも新しいクラウドソーシングサイトのひとつで、株式会社キャブステーションが運営しています。

『__ist』を利用するメリットは大きくわけて2つあります。

  1. メリット.手数料が業界最安値で、5~10%しかかからない
  2. メリット.利用者が少ないため、高確率で案件を獲得できる

手数料が安いため、クライアントが支払う報酬と、実際に受け取れる報酬にギャップが少ないところが特徴です。

利用者の多い『クラウドワークス』や『ランサーズ』では、1つの案件に数人から数十人単位でワーカーが殺到するので、なかなか提案を選んでもらえません。しかし利用者の少ない『__ist』であれば、ほぼ確実に提案を拾ってもらえるので、効率良く仕事を探せるでしょう。

注意

デメリットとしては、まだ案件数が少ない点が挙げられます。

案件数が少ないところは、ほかのサービスと併用することでカバーできるので、それほど気にする必要はありません。

詳細を見る

2位:ライターの登録者が多数「Craudia(クラウディア)」

ブロガーの登録者が多数でライティング案件も多い「Craudia(クラウディア)」

Craudia(クラウディア)』は、株式会社エムフロが運営するクラウドソーシングサイトで、ライティングやWeb系の案件が豊富に掲載されています。

『Craudia』を利用するメリットの1つは手数料が最低3%~15%と、業界最安値であることです。1案件毎の取引額が大きくなればなるほど、手数料も低くなるため、エンジニア職などの高単価案件を受注する際にもオススメです。

また、4つの取引方式を選べることも『Craudia』の魅力の一つです。各取引方式の特徴については下記の表をご覧ください。

取引方式 特徴
タスク形式 複数の成果物を採用する方式。アンケートやライティング向き。
コンペ方式 募集した成果物のなかからもっとも優れた作品を採用する方式。ロゴ作成やデザイン制作向き。
プロジェクト方式 クライアントと直接取引する方式。中長期型の案件向き。
時間制方式 作業時間に対して時給で払う方式。常駐型プロジェクトなど向き。
注意

『Craudia』のデメリットには『__ist』同様、案件が少ないことが挙げられます。

こちらも複数サイトの併用でカバーできるので『Craudia』を使わない理由にはならないでしょう。

詳細を見る

3位:稼げない悩みがある人におすすめ「Bizseek(ビズシーク)」

システム手数料が安いので稼げば稼ぐほどおすすめの「Bizseek(ビズシーク)」

Bizseek(ビズシーク)』は株式会社アイランドが運営するクラウドソーシングサイトで、Web分野に特化しています。

『Bizseek』を利用するメリットも『__ist』や『Craudia』と同様に、手数料が安いことです(5~10%)。

ほかには在宅ワークの定番案件であるライティングのほか、システム・アプリ開発やWebデザイン、グラフィックデザインなどの案件が豊富にあるところもメリットです。

Web系の案件を受けたいのであれば『Bizseek』の登録は必須と言えるでしょう。

注意

『Bizseek』のデメリットは、依頼形式の種類が少ないことです。

基本的にはプロジェクト方式での作業になるので、クライアントとの迅速なコミュニケーションや一般的なビジネススキルが求められます。

詳細を見る

4位:初心者の鉄板で大手のクラウドソーシング「クラウドワークス」

初心者の鉄板で最大手のクラウドソーシングの「クラウドワークス」

クラウドワークス』は株式会社クラウドワークスが運営するクラウドソーシングサイトで、現在日本でもっとも大きなプラットフォームとも言えるべき存在です。

掲載されている案件数は群を抜いて多く、さまざまな仕事に巡り会えることがメリットと言えるでしょう。

また、法人企業が仕事を外注しているパターンも多くあります。法人企業は、個人のクライアントよりもビジネス感覚が整っていたり、報酬の払いが良かったりするので、気持ちよく仕事を続けるために、ぜひ信頼関係を築きたい相手です。

注意

デメリットとしては、ワーカーが多すぎることと、手数料が高いことが挙げられます。

『クラウドワークス』内のワーカーは常に飽和状態と言われており、1つの案件に数十人単位で応募が集まっている光景が多々見受けられます。

また、手数料も20%と高いので、苦労して案件を見つけたのに、手元に残る金額が少なかったと感じることも多いかもしれません。

『クラウドワークス』で案件を獲得する際は、かならず手数料で差し引かれる金額を考慮しましょう。

詳細を見る

5位:案件数が200万件以上でライター向けの「ランサーズ」

案件数が200万件以上の「ランサーズ」

ランサーズ』は、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサイトで『クラウドワークス』と並んで二大巨頭とされているプラットフォームです。

『ランサーズ』を利用する最大のメリットは、案件数が豊富で、200万件以上あることです。

案件が豊富なため、自分に合った条件の仕事を探しやすく、実績を作りやすいところが魅力の一つと言えるでしょう。

また、利用者同士が質問したり、悩みを相談できたりする掲示板のようなものがあるため、初心者でも先輩ランサーの力を借りながら働けるところもメリットです。

注意

デメリットとしては、現状ランサー(ワーカー)にとって不利になりやすいシステムがあることと、利用者が多いことです。

『ランサーズ』にはランサーの評価制度があり、それは報酬や評価、連絡の迅速さなどの項目を元に自動的にランク付されます。

その評価項目が、全体的にランサーに対して不利に働きやすく、不本意にランクが下げられてしまうケースがあるのです。

基本的なビジネスマナーに気をつけてクライアントと接すれば、不当な評価をつけられることはほとんどないので、案件1つ1つを丁寧にこなして評価を積み上げていきましょう。

詳細を見る

6位:子育てコラムに特化している「コノビー」

子育てコラムに特化している「コノビー」

Conobie(コノビー)』は、NTTドコモが運営する子育て情報メディアです。

『Conobie』では、子育て中の方を中心に動画や企業タイアップ記事の出演、読者座談会への参加、新製品のモニターなどの案件に参加できます。

メリットとしては、子育てしながら副業感覚で稼げることです。

注意

デメリットとしては、子育て中の方しか案件に参加できないことが挙げられます。

自分の子育ての経験が、ほかのママさんやプレママさん、お父さんたちを勇気づけたり、助けたりできるところが魅力的なメディアです。

なお『Conobie(コノビー)』でライターになるためには、年に1度開催される記事投稿コンテストで入賞する必要があります。

ライティングに自信がある方は、ぜひふるってご参加ください。

詳細を見る

7位:Webデザイナーにおすすめでスキル販売ができる「ココナラ」

Webデザイナーにおすすめでスキル販売ができる「ココナラ」

ココナラ』は株式会社ココナラが運営するスキルマーケットです。

『ココナラ』はほかの『ランサーズ』や『クラウドワークス』とは違い、既に実績やスキルを持っている人にオススメのサービスです。

利用するメリットは、利用者が多く、出品できるサービスのカテゴリーが幅広いことです。

たとえば「Vtuberが利用する3Dモデルの作成」や「同人誌の校正お手伝い」や「占い」など、かなりニッチな需要も見込めるところが魅力のひとつだと言えるでしょう。

注意

クラウドソーシングサイトのなかでは群を抜いて手数料が高いことです。

25%ほど中抜きされてしまうので、案件を安請け合いしすぎると、コストパフォーマンスが悪化します。

スキルを出品するときは、できるだけ値引きには応じない、時給換算を意識する、などのビジネス感覚を持つとよいでしょう。

詳細を見る

8位:ライティングに特化した求人が多い「Shinobiライティング」

ライティングに特化した求人が多い「Shinobiライティング」

Shinobiライティング』は、CROCO株式会社が運営するクラウドソーシングサイトで、名前の通りライティングに特化しています。

現在『Shinobiライティング』に登録しているライターの数は50万人以上と言われており、各クラウドソーシングサイトのなかでも群を抜いて多いところが特徴です。

『Shinobiライティング』を利用するメリットは、やはりライティングの案件のみを探せることです。

クラウドソーシングサイトの特徴として「一見掲載案件数が多いように見えるが、カテゴリー別で見ると、あまり多くない」という点が挙げられます。

しかし『Shinobiライティング』であれば、ライティングの案件しか掲載されていないので、全体の案件数を把握しやすく、効率良く仕事を見つけられるでしょう。

注意

デメリットとしては、案件の単価が安いことです。

『Shinobiライティング』で高単価案件を受けるためには「CROCO認定ライター制度」でシニアライターに選ばれることが必須なので、コツコツと記事執筆をこなしましょう。

詳細を見る

9位:ママ向けに特化している「shufti(シュフティ)」

ママ向けに特化している「shufti(シュフティ)」

shufti(シュフティ)』とは、株式会社うるるが運営するクラウドソーシングサイトです。

名前の通りママさんや主婦の方向けに特化したサイトで、アンケートやデータ入力などの簡単な案件からライティングや在宅コールなどのようなしっかり稼げる案件までそろっています。

メリットとしては、子育てや家事のスキマ時間にできる案件が多いことです。

注意

タスク形式の案件が多いため、月に10万円単位で稼ぐのは難しいことです。

ガッツリ稼ぎたい場合は、ほかのクラウドソーシングサイトとの併用が必須です。

詳細を見る

10位:在宅勤務がOKな副業が見つかる「ママワークス」

在宅勤務がOKな副業が見つかる「ママワークス」

ママワークス』は株式会社アイドマ・ホールディングスが運営するクラウドソーシングサイトで『shufti』同様、主婦の方にオススメの案件がそろっています。

フリーランス(業務委託)のほかに、正社員や契約社員、アルバイトなど多種多様な働き方を実現できるところが特徴で、登録されている職種も豊富です。

メリットとしては、初心者でも簡単に仕事を始められることです。

主婦業に注力しながらも仕事で社会と繋がっていたい方や、自分のお小遣いは自分で稼ぎたい方、1から何かしらのスキルを身につけたい方にオススメです。

注意

高単価案件を継続的にゲットするためには、スキルが必要なことです。

スキルを身につけるまでは、低単価で受注することになるので、忍耐力のあるママさんにオススメです。

詳細を見る

11位:ママのための情報サイト「ママオモイ」

ママのための情報サイト「ママオモイ」

ママオモイ』はコープ共済が運営するサイトで、食事や生活、遊びについての情報に特化しています。

「知る」「学ぶ」「作る」「遊ぶ」「使う」の5つのカテゴリーについてのコラムや情報が集まるため、子育て中のママに人気のサイトです。

なかでも「学ぶ」のカテゴリーでは、お金の情報や教育の情報、怪我や病気の対処方法などが、優しい口調で語られているところがポイントです。

詳細を見る

経験者歓迎の「暮らしニスタ」

経験者歓迎の「暮らしニスタ」

暮らしニスタ』とは、毎日の生活を楽しく、かつ便利にするためのアイディアを持ち寄るメディアのことで、株式会社主婦の友社が運営しています。

『暮らしニスタ』では、ほかのクラウドソーシングサイトのように個人間での取引が盛んなわけではありませんが、常にライターを募集しています。

ライターに応募できるのは、紙媒体またはWeb媒体での執筆経験がある者に限ります。

生活ジャンルの執筆経験がある方や、生活についての魅力的なメソッドをお持ちの方は、ぜひ一度応募してみてはいかがでしょうか。

詳細を見る

手数料が安いおすすめクラウドソーシングサイト人気ランキング

手数料が安いおすすめクラウドソーシング人気ランキング

手数料が安いクラウドソーシングサイトを使うメリットは、ひとえに受け取れる報酬額が多いことです。

せっかく高単価の案件に恵まれても、手数料が多いのでは、手元に残る金額は少なくなってしまいます。

運営者

ここで紹介する手数料が安いサービスには「サービス自体の知名度が低い」「掲載案件数が少ない」などのデメリットがありますが、複数サイトを併用することでカバーできます。

1位:手数料の安さは業界No.1の「_ist(イスト)」

手数料が安い!当日(即日)払いもある「_ist(イスト)」

運営者

クラウドソーシングサイトのなかでもっとも手数料が安いのが『__ist(イスト)』です。

その割合は、案件1つに対して5~10%です。

5~10%と幅があるのは、1案件の価格によって割合が変わるためで、1回20万円以下の案件に対しては10%、20万円以上のものに対しては5%と定められています。

『__ist』にある案件は20万円以下の報酬である場合が多いので、基本的に10%だと考えてよいでしょう。

10%だとしても業界最大手の『クラウドワークス』や『ランサーズ』で支払う手数料の半分に収まります。

そのため『__ist』で上手く案件を見つけることができれば、賢く稼ぐことができるでしょう。

詳細を見る

2位:手数料も安いが単価が高いのが特徴の「Craudia(クラウディア)」

ブロガーの登録者が多数でライティング案件も多い「Craudia(クラウディア)」

運営者

ブロガー御用達の『Craudia(クラウディア)』は、手数料が安く、かつ高単価案件の掲載が多いため、ぜひ利用したいサービスです。

手数料は3~15%で『__ist』同様、案件1つあたりの報酬額によって変動します。

5万円以下の案件であれば15%、10万円以下だと10%で、100万円以下は5%です。

100万円以上の案件だと3%まで下がりますが、そこまで高単価の案件はなかなか見つからないのが現状です。

1~10万円の案件が多いので、実際に支払う手数料は10~15%と見ておくとよいでしょう。

なお、時間制案件の場合、支払う手数料は一律10%と定められているので、注意してください。

詳細を見る

3位:システム手数料が安い「Bizseek(ビズシーク)

システム手数料が安いので稼げば稼ぐほどおすすめの「Bizseek(ビズシーク)」

運営者

Bizseek(ビズシーク)』も、業界内でもっとも手数料の安いサイトのひとつです。

10万円以下の案件では10%、10万円以上の案件であれば5%の支払い額で済むところが最大の魅力です。

案件はシステム開発からWebデザイン、ライティングまで豊富で、スキマ時間を有効活用できる軽作業もそろっています。

登録されている案件は『__ist』や『Craudia』と比べれば多いですが『ランサーズ』や『クラウドワークス』には到底叶いません。

効率良く案件を探したい方は『Bizseek』も含め、複数のクラウドソーシングサイトに登録しておきましょう。

詳細を見る

フリーランスにおすすめのクラウドソーシングおすすめ人気ランキング

フリーランスがクラウドソーシングサイトを使う場合、もっとも重視したいのは、下記の3点です。

  • 案件が豊富にあるかどうか
  • 高単価案件があるかどうか
  • 自分からスキルを出品できる機会があるかどうか

この3点を満たしたクラウドソーシングサイトは『クラウドワークス』『ランサーズ』『ココナラ』の3つでした。

1位:どの業界・職種にも対応の「クラウドワークス」

初心者の鉄板で最大手のクラウドソーシングの「クラウドワークス」

フリーランスとして活動する方は『クラウドワークス』への登録が必須だと行っても過言ではありません。

フリーランス人口の多い業界・職種をほとんど網羅しており、どの業種の案件も豊富に掲載されていることが最大のメリットです。

1日単位で案件が更新され続けているので、根気よく提案を続けていれば、未経験者でも8割以上の確率で何かしらの案件に採用してもらえます。

とにかく絶対数が多いことが『クラウドワークス』のメリットですが、絶対数が多い故に「超低単価の悪質案件も多い」ところが難点です。

補足

超低単価の悪質案件とは、ライティングであれば「1字あたり0.02円」や「15,000字で2,000円」などと記述してあるもののことを言います。

これらの案件は、多くの場合で労力を搾取されるだけなので、見つけてもあまり近づかないようにしましょう。

詳細を見る

2位:認定ランサーに認定されると高単価が期待できる「ランサーズ」

案件数が200万件以上の「ランサーズ」

『クラウドワークス』と並んで大きな『ランサーズ』も、ぜひ活用してください。

『ランサーズ』は『クラウドワークス』同様に数多くの案件が掲載されているので、長期的にフリーランスとして働くための「拠点」として最適なクラウドソーシングサイトです。

『ランサーズ』のメリットは、ランサー(『ランサーズ』内ではワーカーのことを「ランサー」と呼びます)に評価制度があることです。

ランサーは、実績と稼いだ金額を元に

  • レギュラーランク
  • ブロンズランク
  • シルバーランク
  • 認定ランサー

のいずれかの称号が与えられます。

認定ランサーになることは、すなわち「安心して仕事を任せられるワーカー」だと証明されることなので、高単価案件の獲得が期待できるのです。

注意

『クラウドワークス』と同様に「超低単価の悪質案件」が多いことです。

労力を搾取されないために、時給感覚やビジネス感覚を磨くことも必須です。

詳細を見る

すでに実績・スキルがあるフリーランスにおすすめの「ココナラ」

Webデザイナーにおすすめでスキル販売ができる「ココナラ」

すでに実績・スキルがあるフリーランスは、ぜひ『ココナラ』に登録しておきましょう。

ココナラはほかのクラウドソーシングサイトとは違い、スキルを出品し、依頼したい人(クライアント)のほうからこちらに相談を持ちかけてもらえるスキルマーケットです。

そのため『ランサーズ』などのように自分から案件に応募するのではなく、受け身で仕事を得ることができるのです。

注意

「仕事を得るための第二、第三のプラットフォーム」として最適な『ココナラ』ですが、手数料がもっとも高いことがデメリットです。

かかる手数料は25%なので、スキルを出品するときは、手取り報酬を意識した金額設定をしましょう。

詳細を見る

即日で報酬を受け取れるおすすめのクラウドソーシングサイト

即日で報酬を受け取れるおすすめのクラウドソーシング

在宅ワーカーにとって、報酬獲得から報酬支払いまでの期間の長さは重要です。

しかし即日報酬に対応しているクラウドソーシングサイトは現状あまり多くありませんでした。

唯一『__ist』のみが、即日支払いシステムとシステム手数料のバランスが優れている模様です。

システム手数料が安く当日出勤が可能な「_ist(イスト)」

手数料が安い!当日(即日)払いもある「_ist(イスト)」

__ist』は、当月払いのほかに、即日払いにも対応していることが特徴です。

フリーランスワーカーは、月々の報酬額にムラがあり、雇用が安定しません。

そのため「5月はあまり仕事がなかった。6月は5月の低報酬をカバーできるくらいの報酬があった。そして5月は固定費で口座残高を圧迫されているので、クレジットカードの引落し日に合わせて出金したい」というようなシチュエーションでも安心して利用できるのです。

もちろん、副業として『__ist』を利用する場合も重宝します。

「明後日遊びに行くから、お金下ろしておこう!」というニーズにも対応しているので、ぜひチェックしてみてください。

アプリで使えるおすすめのクラウドソーシングサイト

アプリで使えるおすすめのクラウドソーシング

クラウドソーシングサイトで稼ぐためには、クライアントへのレスポンスの速さが重要です。

ワンタップで開けるスマートフォン向けアプリならば、わざわざログインしたり、パソコンから確認したりする必要がないので、円滑なコミュニケーションが可能です。

『クラウドワークス』と『ランサーズ』はアプリの操作性もよく、メッセージの確認がしやすいので、ぜひチェックしてみてください。

「Google Play」と「App store」にも対応している「クラウドワークス」

初心者の鉄板で最大手のクラウドソーシングの「クラウドワークス」

クラウドワークスのなかでも最大規模を誇る『クラウドワークス』は、Google PlayとApp Storeの両方に対応しています。

Android端末とiOS端末のどちらでも無料で利用できるので、ぜひ活用してください。

端末の大きさによって、ページのレイアウトが最適化されるように設計されているので、ストレスフリーで利用できます。

「App store」に対応の「ランサーズ」

案件数が200万件以上の「ランサーズ」

ランサーズ』はApp Storeのみに対応しています。

『クラウドワークス』と比較すると、やや操作性に劣る部分がありますが、近年ではレイアウトも改善傾向にあります。

メッセージの確認・返信はもちろん、案件探しの操作性も優れています。

クラウドソーシングサイトでおすすめライティングの仕事一覧

運営者

クラウドソーシングサイトには様々な案件が掲載されていますが、そのなかでも安定して大多数を占めるのがライティング作業です。

ライティングとは、メディアやブログの記事や商品のレビュー記事、コラム記事、体験談など、ありとあらゆる記事を書く作業のことを指します。

情報をリサーチし、文章を書くことができれば誰でも始められるので、初心者の在宅ワーカーにとってオススメの分野です。

ライティングを専門とするワーカーのことを「ライター」と呼びますが、一口に「ライター」と言ってもどのような記事を専門にするかで「コピーライター」や「Webライター」など細かく分けられています。

そこでこの項目では、主なライティングの業務について紹介します。

コピーライター

コピーライターは、商材のキャッチコピーやイベントのスローガン、見出しやスペックなどのクレジットを制作するライターのことを指します。

一口でコピーライターと言っても業務は幅広く、言葉を操るセンスや発想力を問われる場合が多くあります。コピーライターとして成功するためには、マーケティング力などが必要になることが多く、簡単そうに見えて意外と奥が深い仕事です。

クラウドソーシングサイトには、キャッチコピーを募集するコンペ形式の案件もあります。コンペ形式の案件で報酬をもらうためには、数ある応募者よりも優れたアイディアを提案しなければなりません。

かならず報酬を獲得できるわけではないので、キャッチコピーのコンペ形式だけで稼ぐことは難しいですが、勉強の一環として参加してみるのもよいでしょう。

セールスライター

セールスライターとは、商品を売るための文章を執筆する人です。

クライアントが商材について、一人でも多くの顧客をゲットするために使うライティングであり、セールスライティングという特殊なスキルを求められます。

活動領域は広く、メールマガジンの文章からブログ、ランディングページなどさまざまです。セールスライターとして成功するためには、顧客の心理を把握し、商材に対して「買いたい」「登録したい」と思わせ、行動に移させる訴求力が必要です。

コピーライターと同様、マーケティング力があると、高単価案件に巡り会える確率が高くなります。やや特殊で、専門的な技術が必要なので、ライターのなかでも競争率が低い仕事だと言えるでしょう。

WEBライター

Webライターとは、文字通り、Web上のあらゆる記事を書く人のことを指します。

オンラインで公開される記事であれば、種類は問わず、アフィリエイト記事、情報を解説する記事、レビュー記事、コラム記事や体験談記事までさまざまなジャンルで執筆できることが特徴です。

初心者ライターがもっとも始めやすい仕事だと言われており、現在は競争率が高くなっています。『クラウドワークス』や『ランサーズ』では、1字1円に満たない低単価なものから、1字10円の高単価なものまであり、ライターの技術もピンキリです。

記事の種類によって求められるスキルが異なることも、Webライターの特徴です。たとえば、アフィリエイト記事であれば商品を売り込むための訴求力を求められ、情報を紹介する記事であればリサーチ力やわかりやすく説明する力が求められます。

自分が得意なジャンルの案件を見つけることができれば、楽しみながら始められる仕事です。

取材ライター

取材ライターとは、人や事象(イベントなど)を取材し、記事を制作する人のことを指します。案件によって必要な工程は異なりますが、主に下記のようなフローで仕事を進めます。

  • 記事のネタ・取材対象者の選定
  • クライアントへ企画提案
  • 前リサーチ
  • 取材
  • 写真撮影
  • テープ起こし
  • ライティング
  • 構成
  • 提出

クラウドソーシングサイトの案件に応募する場合は、すでに企画が決まっている場合もあります。

実際に人と会い、会話するなかで情報やエピソードを引きだす必要があるので、コミュニケーション力や会話の連想力が強い人に向いていると言えるでしょう。

また、得た情報をよく整理し、読者にわかりやすく伝える力も必要になるため、文章力や語彙力も求められます。さまざまな人に出会うことができ、場合によっては人脈作りにもつながります。

コラムライター

コラムライターとは、根拠を元に主張を展開し、読み手に共感や納得してもらうための記事を書く人のことを指します。

コラムは、通常のブログ記事やエッセイ記事とは異なり、常に一貫した主張と信ぴょう性のあるデータに基づいて記事を展開させなければなりません。

そのため、データを丁寧に扱え、的確に読み解ける人や、情報に責任を持てる人にオススメの仕事です。

何かしらの専門知識や、人より優れたジャンルがある人も、コラムライターに適任です。

テクニカルライター

テクニカルライターとは、専門的な技術に関する文章を執筆する人のことを指します。

仕事は大きく分けて2つあり、1つ目は取扱説明書の執筆や技術者に向けた文章を書くマニュアルライティング、もう1つは外国語で製作された取扱説明書や技術書を日本語に翻訳する技術翻訳です。

テクニカルライターは、文章を正しく、わかりやすく書く力が求められます。コラムやエッセイ、ブログ記事のような独創的な文章を書く力は必要ありません。

専門技術に詳しく、かつ正しい言葉遣いや文法の使い方に自信がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

クラウドソーシングサイトに関するよくある質問

おわりに、クラウドソーシングを利用するにあたり、よくある質問をまとめました。

運営者

クラウドソーシングで副業や在宅ワークを始める前に一度目を通しておくことをオススメします。

クラウドソーシングでの稼ぎ方は?稼ぐ方法は?

クラウドソーシングで稼ぐためには、継続することと、クライアントに信頼してもらうことが大切です。

クラウドソーシングは、すでに多種多様な経歴を持つワーカーが利用しており、今から始めるあなたは、いわゆる「後発組」と呼ばれるグループに分類されます。

はじめは案件に応募しても、なかなか採用してもらえないかもしれません。

そこで諦めるのではなく、どうすれば案件を獲得できるのか対策を考え、継続することが大切です。

運営者

案件を手に入れたあとは、発注してくれたクライアントと信頼関係を築くことが大切です。

クライアントとの信頼関係を築くためには、下記の言動・行動を心がけましょう。

  • メッセージは1日以内に返信する(音信不通にならない)こと
  • 案件を進める上でのルールや納品形式を守ること
  • ミスをしたときは謝罪し、誠意を見せること
  • かならず納期は守り、遅れそうな場合は数日前に連絡すること

クラウドソーシングサイトは、誰もが気軽に利用できますが、れっきとしたビジネスの場です。

会社で求められる最低限のマナーには気をつけましょう。

クラウドソーシングではじめてで簡単に稼げる仕事内容は?

クラウドソーシングで簡単に稼げる案件は、主に下記の4つが挙げられます。

  • アンケート
  • フォーム入力
  • レビュー記事
  • データ入力

そのほか「タスク形式」と呼ばれる記事は、誰でも参加できるため、実績作りにつながります。

ただ、これらの案件はどれも単価が安めに設定されています。

月に数万円レベルで稼ぐためには相当数こなさなければならないので、ある程度実績を作ったあとは、ほかのジャンルにも挑戦することをオススメします。

クラウドソーシングで使うのに必要なものは?

クラウドソーシングで案件をこなすために、特別な道具は必要ありません。

スマートフォンやタブレット、パソコンのいずれかがあれば充分です。

ただ、案件によってはスマートフォンでの作業禁止や、パソコンでの作業推奨のものもあります。

また、記事執筆に関して言えば、パソコンがあったほうが便利です。

スマートフォンよりも画面が大きく、ショートカットキーやソフトウェアが充実しています。

キーボードでの文字入力も、慣れればスマホフリックよりも速く打てるので、結果的にひとつの案件にかかる時間を短縮できます。

クラウドソーシングにおすすめの初心者の案件は?

クラウドソーシング初心者にはライティング案件がオススメです。

『クラウドワークス』や『ランサーズ』に掲載されているライティング案件には、そのジャンルの専門でなくても、ネット上にある情報を集める力さえあれば執筆できるものも多数存在しています。

また低単価ではありますが、「初心者向け」と記載されている案件は、実績がなくても依頼をもらえることが多いので、ぜひ挑戦してみてください。

はじめは単価が安く、時給換算にして300円、400円と割に合わない場面に遭遇しますが、根気強く続けていけば、かならず単価アップのチャンスに恵まれます。

クラウドソーシングのメリットは?

クラウドソーシングを利用する最大のメリットは、好きな時間に好きなだけ働けることです。

  • 「夜型人間だから、朝は寝て、昼に映画を見てから夜働きたい」
  • 「朝5時から仕事をして、12時には終わって夜まで趣味に没頭したい」

などの働き方ができるため、自分の時間を最大限有効活用できることが魅力です。

また、仕事量もすべて自分でコントロールできるので、

  • 持病があって長時間働くことが難しい
  • 社会復帰のための足がかりを作りたい

などの理由で働くこともできるのです。

そのほかのメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 好きな仕事を選べる
  • スキマ時間を有効活用できる
  • 営業する必要がない
  • 打ち合わせが必要
  • 交通費などがかからない
  • 人間関係に悩む必要がない

クラウドソーシングで稼ぐためのコツは?

クラウドソーシングで稼ぐためには、下記の6つのポイントを意識して働くことが大切です。

  • 目標を決める(月に〇万円稼ぐ、など)
  • 約束や納期をかならず守る(余裕を持ってスケジューリングすること)
  • 返信・返答は早めにする(原則24時間以内)
  • プロフィールを充実させる(すべての項目を埋めること)
  • まずはとにかく実績を積み上げる(最初は安請け合いも辞さない)
  • 体調を整える(フリーランスは健康が資本です)

とくに、目標と納期を意識したスケジューリング、および返信速度は、自身のキャリアアップのために必要です。

クラウドソーシングは自分の好きな時間、好きな分だけ働けることがメリットですが、さじ加減を間違えると、超過労働になってしまう場合もあります。

補足

超過労働を避けるために、カレンダーアプリやタスク管理アプリを有効活用しましょう。

また、クライアントへの返信は「来たら即すぐ返す」ほど意識する必要はありませんが、基本的に24時間以内の返信が必須です。

なお、クラウドソーシングで実績を積み上げていくと、直接案件依頼のメッセージが届くようになりますが、その際は、24時間以内とは言わず、気づき次第すぐに返信しましょう。

依頼主はあなただけでなく、ほかのワーカーにも声をかけている場合があります。

返信が遅れてしまうと「もう決まってしまったので、また今度機会があれば……」と断られてしまう可能性があり、もったいないからです。

おすすめのクラウドソーシングサイトのまとめ

この記事では、オススメのクラウドソーシングサイトと仕事内容について紹介しました。

クラウドソーシングはどれも類似して見えますが、実際に使ってみると、特徴や利用者層が異なります。

自分がやりたい仕事と相性のよいクラウドソーシングを見つけることが、仕事のしやすさにつながるので、よく吟味し、可能であれば複数同時に活用しましょう。

もし、まだ自分の活動内容が決まっていないのであれば、業界最大手の『クラウドワークス』と、手数料の安い『__ist』の2つに登録してみてください。

『クラウドワークス』と『__ist』を在宅ワーク開始の足がかりとし、自分の労働条件や持っているスキル、やりたい仕事、信頼できるクライアントを見つけるのです。

運営者

また新たにほかのサービスに登録してみたり、乗り換えたりしてみるのも一つの方法です。

この記事がクラウドソーシングサイト選びに役立ちましたら幸いです。

\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ
\ 高単価なリモート(副業)案件なら /
クラウドテックはコチラ