海外を飛び回る仕事(世界を飛び回る仕事)16選!海外に関わる仕事の種類やつくための方法を紹介

海外を飛び回る仕事ってどんなのがあるの?

世界を飛び回る仕事(海外を飛び回る仕事)をするにはどんな準備が必要かな?

海外旅行と仕事を両立させる方法はない?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では海外を飛び回る仕事や海外移住ができる仕事を紹介しています。

最後まで読むことで、海外に関わる仕事の内容や転職方法について知ることが可能です。

海外旅行との両立できる仕事も参考にしながら、海外との深い関りを持てる生活を目指しましょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

目次

海外出張など海外を飛び回る仕事(世界を飛び回る仕事)9選

海外出張など海外を飛び回る仕事(世界を飛び回る仕事)9選

海外に憧れ、仕事で海外を飛び回りたいと思う方もいるはずです。

そこで、海外出張など海外を飛び回る仕事9選について解説します。

飛び回る仕事①ツアーコンダクター旅行関連業

ツアーコンダクターなどの旅行関連業は海外出張が多いでしょう。

なぜなら、日本人旅行者の出発から帰国までをサポートするためです。

例えば、近年、旅行会社に就職せずに、派遣会社に登録するツアーコンダクターも増えています。

長旅に耐える体力や顧客の海外トラブルに冷静に対応できる力は必要ですが、ツアーコンダクターなら、世界を飛び回れるでしょう。

飛び回る仕事②バイヤー

語学力が高く、マーケティングに関心のある方は世界を飛び回るバイヤーになれるでしょう。

なぜなら、バイヤーは日本で売れると思った商品を世界中で買い付けする仕事であるためです。

例えば、ブランド品や雑貨、食品、家電など買い付ける商品は会社によってさまざまで、消費者の傾向やマーケットの動向を分析して売れる商品を見極め、交渉します。

したがって、語学力が高いと通訳を挟む必要がなく、スムーズに仕事を進められるでしょう。

語学力やマーケティングへの興味関心が高い方にバイヤーはおすすめと言えます。

飛び回る仕事③商社マン

語学力を活かして海外出張が多い仕事に就きたい方は商社マンがおすすめです。

なぜなら、商社では高い英語力で交渉する必要があるためです。

例えば、総合商社ではTOEIC900点以上がないと仕事をこなすことは難しく、高い語学力を活かして、高品質のモノを安く仕入れるために交渉し、販売先に卸します。

語学力に加えて、商品やサービスの深い知識やノウハウが必要になりますが、商社マンなら世界で活躍できるでしょう。

飛び回る仕事④海外営業

海外営業も海外出張が多いでしょう。

これは、自社製品を海外企業に売り込む仕事であるためです。

例えば、売り込み先の国への出張が多くなる他、海外にある拠点に出向する場合もあります。

日本で働きながら、世界で活躍したい方には海外営業がおすすめと言えます。

飛び回る仕事⑤インフラ・建築業

理系の方なら、インフラや建築業に就くと世界を飛び回れるでしょう。

なぜなら、インフラ整備や建築の仕事は発展途上国で需要が高まっているためです。

例えば、施工管理や現場指導など、経験や知識が豊富であるほど海外出張できる可能性が高まります。

インフラや建築業の技術者や現場監督としての経験がある方は、海外出張できるチャンスを得られます。

飛び回る仕事⑥通訳

通訳として働くと国際的に活躍できます

なぜなら、通訳を必要としている日本企業は多いためです。

例えば、国際営業やバイヤー、建築業のサポートなど、たくさんの会社が通訳を重宝しています。

高い英語力を持っていると、さまざまな企業の通訳として海外出張できるでしょう。

飛び回る仕事⑦青年海外協力隊やNPO・NGO

正規の仕事にこだわらない方は、青年海外協力隊やNPO・NGOなどのボランティアとして海外に行くこともできます。

なぜなら、需要がある発展途上国に特定の技術や知識、経験があるボランティアが派遣されるためです。

例えば、海外青年協力隊なら任期は最長2年、生活費や居住費などは支給されます。

海外に出て人のために働きたい方は、青年海外協力隊への参加やNPO・NGOへの就職を検討すると良いでしょう。

飛び回る仕事⑧カメラマンなどのクリエイティブ職

カメラマンなどのクリエイティブ職でも海外を飛び回れます

なぜなら、世界中の絶景をカメラに収めながら働けるためです。

例えば、フリーカメラマンはもちろん、海外挙式のカメラマンやテレビ番組、広告映像を制作している会社に就職すると、海外出張できる可能性が高まります。

個人で仕事を受けるときには高い英語力は必要ありませんが、現地のチームと働く場合は日常会話程度の英語力は持っておいた方が良いでしょう。

飛び回る仕事⑨客室乗務員やパイロット

客室乗務員やパイロットなら仕事で世界を飛び回れます

なぜなら、国際線で働く場合、世界中の国々を移動するためです。

例えば、パイロットには年齢制限があり、転職は難しいですが、近年、LCCの客室乗務員への転職は未経験OKのケースがあります。

ただし、業務には高い英語力が必要なので、TOEICなど英語関連資格を取得することがおすすめです。

英語力を活かし、仕事で世界中を移動したい方は客室乗務員やパイロットがおすすめです。

日本と海外をつなぐ仕事の種類4選

日本と海外をつなぐ仕事の種類4選

積極的に海外に関わりたい方は、日本と海外をつなぐ仕事に就くこともおすすめです。

そこで、日本と海外をつなぐ仕事4選を解説します。

日本と海外をつなぐ仕事①貿易関連業

日本と海外をつなげる仕事なら、貿易関連業があります。

貿易関連業は海外出張があまりないポジションもあるので理解しておきましょう。

なぜなら、内勤になると海外出張の機会を望めないためです。

例えば、貿易事務は輸出入に関する海外取引先の発注処理や、関税とのやり取りが主な仕事であり、日本オフィスで働くことがほとんどでしょう。

商品企画や営業なら世界を飛び回れるチャンスもあるので、ポジションの仕事内容は事前に確認しましょう。

海外に行かなくても日本と海外をつなげる仕事に就きたい方は、貿易関連業がおすすめです。

日本と海外をつなぐ仕事②メーカーの品質管理や製造責任者

メーカーの品質管理や製造責任者も海外と関われるでしょう。

なぜなら、現地視察や品質の管理試験のために海外に出張する場合があるためです。

ただし、日本で十分な知識やスキル、ノウハウを得なければ海外に関わる仕事は任されないので注意しましょう。

例えば、まず日本で自社製品やサービスの知識、技術を身につけ、管理者としての能力を高めた後に海外に出張したり派遣されたりする場合がほとんどです。

日本で確かな経験とスキルを身につけ、自信を持って国際的に活躍したい方にはメーカーの品質管理や製造責任者が最適と言えます。

日本と海外をつなぐ仕事③コンサルタント

日本企業と海外の架け橋になりたい方はコンサルタントがおすすめです。

なぜなら、海外進出を進める日本企業はたくさんあるためです。

例えば、日系コンサルティングファームなら、日本企業の海外進出を支援し、現地でもコンサルタント業務を拡大できるでしょう。

世界で活躍する国際的な日系会社の支援を仕事にしたい方はコンサルタントを検討してください。

日本と海外をつなぐ仕事④翻訳家

英語力を活かした仕事に就き、将来フリーランスを目指したい方には翻訳家がおすすめです。

これは、翻訳家なら日本か海外、自分の拠点を選びやすいためです。

例えば、小説などの書籍を翻訳する文芸翻訳や専門的な分野で翻訳する実務翻訳、映像作品を翻訳する映像翻訳など、翻訳家はさまざまな分野で活躍できるでしょう。

語学力はもちろん、経験やスキルを身につけると、グローバルに活躍でき、フリーランスで海外出張したり移住したり、自分のスタイルに合わせて海外と関わる仕事に就けるでしょう。

海外を飛び回るではなく海外勤務もおすすめ!海外に住む仕事3選

海外を飛び回るではなく海外勤務もおすすめ!海外に住む仕事3選

海外で活躍したいなら、移住して働くことも選択できます

そこで、海外勤務できる仕事3選について解説します。

海外勤務の仕事①IT関連業

IT関連業は比較的海外勤務しやすい仕事と言えます。

なぜなら、IT技術者は世界各国で不足しているためです。

例えば、IT関連業なら、英語力はあまり必要なく、経験とスキルが重視されます。

また、日本よりもITエンジニアの地位が高い国もあるので、年収アップも狙えるでしょう。

海外勤務して移住したい方には、IT関連業がおすすめです。

海外勤務の仕事②日本料理の料理人やすし職人

日本料理の料理人やすし職人としても海外勤務できるでしょう。

なぜなら、近年、海外では日本食人気が高まっているためです。

例えば、イギリスやフランス、シンガポールではすしが非常に人気です。

未経験OKの求人もありますが、日本で少しでも経験があると年収や待遇アップが狙えます

海外勤務の仕事③日本語教師

日本語教師も海外移住しやすい職業と言えます。

なぜなら、東南アジアでは日本語学習者が増加しているためです。

例えば、オンライン家庭教師や大学の日本語授業サポート、外国人労働者向けの日本語研修講師など、日本語教師としての仕事はたくさんあります。

移住して現地で授業したり、オンライン講師として世界中を移動しながら働いたり、近年需要が高まっている日本語教師なら積極的に海外と関われるでしょう。

日本とは違う?海外で食えない仕事ランキング

日本とは違う?海外で食えない仕事ランキング

国が変われば平均年収や稼げる職種も異なります。

日本で高収入を得ていても海外では年収が下がる場合もあるので注意しましょう。

そこで、日本とは違う海外の食えない仕事ランキングについて解説します。

広告業やニュースキャスターは日本では年収が高い

広告業やニュースキャスターは日本では年収が高いと言えます。

なぜなら、海外では業績を上げられない部署やポジションを容赦なく減給、もしくは解雇するためです。

例えば、近年、インターネットの普及に伴い、新聞記者や広告業が淘汰されています。

また、テレビを見ない方も増加しており、海外ではニュースキャスターも危険職種です。

日本よりも海外の方が効率的な企業が多い傾向があり、メディア消費の変化に伴って広告業やニュースキャスターの年収が減っています。

世界を飛び回る仕事で働くためにするべき準備

世界を飛び回る仕事で働くためにするべき準備

グローバルに働くためにはある程度素質や語学力、知識、スキルが必要です。

そこで、世界を飛び回る仕事で働くためにするべき準備について解説します。

英語は話せた方が良い

英語はもちろん話せた方が良いと言えます。

なぜなら、コミュニケーションが円滑になり、業務も効率化できるためです。

例えば、海外出張が多いポジションにTOEICや英検の明確な点数を条件に設定する会社もあります。

仕事で世界を飛び回りたい方は、まず英語などの語学力を上げる努力が必要でしょう。

仕事への専門性は必須

仕事への専門性は必須です。

これは、専門性がなければ業務をこなせない場合があるためです。

例えば、どれだけ英語力が高くても、業務スキルなしでは仕事を進められず、効率も悪くなるでしょう。

海外出張が多いポジションに就くためには、日本で十分なキャリアを積み、専門性を身につける必要があります

なりたい仕事の給与水準を調査

なりたい仕事の給与水準を調査しましょう。

なぜなら、海外出張は体力や精神力が必要であり、自分が納得できる給料を得られなければ仕事を続けられないためです。

例えば、海外出張での長距離移動はもちろん、現地の文化を理解し、行動したり、日本とは違う食生活になったり、気づかないうちにストレスが溜まります。

したがって、給与が見合っていないと感じれば、世界を飛び回れても精神的な疲労が蓄積されるでしょう。

なりたい仕事の給与水準を調査し、海外を飛び回っても続けられる仕事か、やりたいと思えるかを明確にすることが大切です。

保険の扱いも違うため体調管理は大切

世界を舞台に活躍するなら、体調管理は大切です。

なぜなら、保険の扱いが違うためです。

例えば、歯科治療は海外保険ではカバーされず、歯のトラブルがあったときには高額な費用を負担する可能性もあります。

保険を利用すれば現地で病院に行けますが、慣れない英語で対処する必要もあるので、普段から体調管理することが大切です。

異文化を受け入れる柔軟性を持つ

異文化を受け入れる柔軟性を持ちましょう

なぜなら、日本と海外では文化が大きく異なるためです。

例えば、日本人は謙虚な方もたくさんいますが、海外のビジネスでは発言しなければ意見がないとみなされてしまいます。

異文化理解を深め、柔軟に対処することでグローバル感覚も養えるでしょう。

世界を飛び回り海外に関わる仕事に就く方法

世界を飛び回り海外に関わる仕事に就く方法

世界を飛び回りながら働きたいと思っても具体的に何をすれば良いか分からない方もいるはずです。

そこで、世界を飛び回り海外に関わる仕事に就く方法を解説します。

海外に拠点がある日系企業に転職する

海外に拠点のある日系企業に転職すると、海外で働ける可能性があります。

なぜなら、海外拠点をもつ日系企業は近年増加しているためです。

例えば、トヨタ自動車やソニー、デンソー、三菱商事などは海外勤務者がたくさんいます。

海外出張や海外勤務の可能性が高い仕事に就きたい方は、海外に拠点がある日系企業への転職を目指すと良いでしょう。

海外に本社がある外資系企業に転職する

海外に本社がある外資系企業への転職も、海外を飛び回れるでしょう。

これは、本社や他国の海外拠点に派遣される可能性があるためです。

例えば、社内で業績を積み、スキルや経験を持っていると優秀な人材として本社に派遣される場合があります。

外資系は英語力が高いことが当たり前である会社も多いので、語学力に加えて業績を上げることが大切です。

語学が堪能でスキルに自信があるなら現地採用もおすすめ

語学が堪能でスキルに自信があるなら、現地採用もおすすめです。

なぜなら、現地の求職者と対等に渡り合う必要があるためです。

例えば、不自由なくコミュニケーションを取れ、実務経験があると、現地採用でも高待遇で高収入の職業を目指せます。

現地採用の場合、応募先企業が就労ビザをサポートする必要があるため、現地の方よりも会社に貢献できるスキルをアピールすることが重要です。

海外転職に強い転職エージェントに相談する

海外転職に強い転職エージェントに相談すると、海外を飛び回れる仕事を見つけられます

なぜなら、転職エージェントでは経験やスキル、希望条件に合わせて就職先を紹介してもらえるためです。

例えば、リクルートエージェントやJACリクルートメント、ビズリーチなどは海外転職に強いエージェント言えます。

転職エージェントでは非公開求人も取り扱っているので、自力で探すよりも見つけられる求人情報も増え、希望に沿った海外転職を目指せるでしょう。

海外を飛び回る仕事に強い転職エージェント

海外を飛び回る仕事を探すために転職エージェントの利用を検討する方もいるはずです。

転職エージェントはそれぞれ得意分野があるので、海外関連求人をたくさん保持するエージェントを利用しましょう。

そこで、海外を飛び回る仕事に強い転職エージェントについて解説します。

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が261件(2022年5月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2022年5月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと有料プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

海外を飛び回るなら海外旅行と仕事を両立させるのもおすすめ

海外を飛び回るなら海外旅行と仕事を両立させるのもおすすめ

海外を飛び回る方法は出張や海外転職だけではありません。

そこで、海外を飛び回るために海外旅行と仕事を両立させることについて解説します。

長期休暇が取りやすい業界に転職する

長期休暇が取りやすい業界に転職する方法もあります。

なぜなら、長期休暇の間に海外旅行を満喫できるためです。

例えば、銀行や金融業界、旅行業界、製造業界、IT業界は比較的長期休暇を取りやすい職業と言えます。

1週間ほど長期休暇を取れると仕事を気にせず、思う存分海外旅行を楽しめるでしょう。

ノマドワーカーを目指すのもあり

ノマドワーカーを目指せば、世界を飛び回れるでしょう。

なぜなら、ノマドワーカーは世界中どこからでも働けるためです。

例えば、フィリピンやタイなどの東南アジアは物価が低く生活費も抑えられるので、ノマド人気国と言えます。

時間と場所に縛られないノマドワーカーなら、好きな国で仕事ができ、空いた時間には旅行も楽しめるでしょう。

まとめ|日本だけでなく海外も飛び回る仕事を目指してみよう

まとめ|日本だけでなく海外も飛び回る仕事を目指してみよう

日本だけでなく海外も飛び回れる仕事はたくさんあります。

海外に関心があるなら、海外出張や海外就職できる職業について情報収集することがおすすめです。

積極的に世界と関わり、優秀なグローバル人材になることを目指しましょう。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録