ワーホリ後に就職できないって本当?理由や転職に不利の真相についても解説

ワーホリ後に就職できないって本当?

ワーホリ後に就職できない理由ってなんなの?

結局ワーホリって行かないほうがいいの?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事ではワーホリ後に就職できないと言われている理由や、ワーホリ後でも就職するための注意点を解説しています。

一読することで、就職を見据えたワーホリ中の過ごし方を知ることが可能です。

ワーホリに行かなかった人の後悔やワーホリのメリットも参考にしながら、ワーホリの不安を解消しましょう。

目次

ワーホリ後に就職できないってホント?ネットの声

念願のワーキングホリデービザを取得し、現地で充実した生活を送る方も多いでしょう。

しかし、ワーホリ後の将来について不安になる瞬間もあるはずです。

そこで、ワーホリ後の就職についてネガティブなネットの声を紹介します。

ワーホリは経歴が役に立たない

ワーホリは経歴が役に立たないことも多いと言えます。

なぜなら、ワーキングホリデー中に経験したことや英語力を帰国後の就職に活かせない場合があるためです。

例えば、就職できてもワーホリで身に付けた語学を使えない仕事に就いている男性や、女性ではそもそも就職先が見つからないという意見もSNSに寄せられています。

ワーキングホリデー中は楽しむだけでなく、帰国後の就職活動を計画したり、将来に役立つ資格取得を目指したり、少しでも有利になる経歴を積み上げることが大切です。

英語力つかないし遊んでいるだけと思われる

英語力が付かず、遊んでいるだけと思われることもあります。

なぜなら、ワーホリ中に日本人コミュニティの中だけで過ごしてしまい、英語力を上げられない方も多いためです。

例えば、Twitterでは「ワーホリでは英語力が付かず、帰国後に就職活動してもワーホリ経験は企業にとってマイナスイメージになる。」と言った厳しい意見に悩んでいる方もいます。

したがって、ワーホリで遊んでいただけではないと証明できる程度の英語力を得ることが大切です。

ネガティブな意見に悩み過ぎず、ワーホリ中は可能な限り英語に触れ、英語力を証明できるTOEICなどの英語資格の取得を目指すことがおすすめです。

ワーホリ後に就職できない!転職が不利になる理由は企業からのイメージ

ワーホリ後に就職できない理由の1つは、企業が持つワーホリに対するネガティブなイメージです。

ただワーホリ経験があるだけでは転職が不利になるので注意しましょう。

そこで、企業が持つワーホリのイメージについて解説します。

ワーホリに対して良くないイメージを持っている企業は多い

残念ながら、ワーホリに対して良くないイメージを持っている企業は多いと言えます。

これは、企業がワーキングホリデー期間を海外で長期間休暇を取っていた期間と捉えるためです。

例えば、面接で「長期間の休暇をまた取る予定はあるか」と、少し悪意のある質問する面接官もいます。

ワーホリに対して良くないイメージを持っている企業も多いことは理解し、面接でネガティブな質問をされても冷静に対応することが大切です。

ワーホリの期間は仕事のブランクと捉えられる

ワーホリの期間は仕事のブランクと捉える企業もあります。

なぜなら、ワーホリ中にできる仕事はアルバイトであることが多いためです。

例えば、日本食レストランやツアーガイドなど、正式に就職できず、キャリアに繋がらない仕事に就く方もたくさんいます。

帰国後の就職活動はブランク期間のない方が有利になるので、現地で得た向上心やグローバル感覚などブランクを帳消しにできる強みをアピールすることが大切です。

ワーホリの目的を答えられない人も多い

ワーホリの目的を答えられなければ、就職では大きく不利になります。

なぜなら、応募先企業が働きたくないから海外に出たという印象を持ってしまうためです。

例えば、ワーホリに行っても英語力やスキル、目的がないまま帰国すれば、ワーホリ経験を活かして就職することは不可能です。

したがって、就職したい会社や業種のマーケットシェアが大きい国や、日本よりも技術が発達している分野を持つ国でワーホリ経験があると、帰国後の就職活動に一貫性が持てるでしょう。

ワーキングホリデーから帰ってきてから就職できないとならないための方法

ワーキングホリデーに対して良いイメージを持っていない企業は多く、帰国後の就活は難しいと言えます。

しかし、不可能ではないので、入念に就活準備を進めることが大切です。

それでは、ワーキングホリデーから帰ってきてから就職できないとならないための方法について解説します。

英語力を証明できるようにしておく

英語力は必ず証明できるようにしておきましょう

なぜなら、資格があるとワーホリに対するネガティブなイメージを覆せるためです。

例えば、TOEIC800点台あると好印象ですが、最低でも750点以上のビジネスレベルは取得しておきましょう。

ただ英語を話せると言うだけと、TOEICの具体的な点数を提示できる場合では、もちろん後者の方に説得力があります。

ワーホリで身に付けた英語力を就職に活かしたい方は英語力を証明できる資格の取得は必須です。

ワーホリに言った理由で得たものを自信を持って言う

ワーホリに行った理由で得たものを自信を持って言うことも大切です。

これは、目的や目標を持ってワーホリに行ったことが証明できるためです。

例えば「英語力を向上して外資系企業に就職したかった。帰国後はTOEIC820点を取得できた。」「ヴィーガンやベジタリアンなど食の選択が豊かな国で生活したかった。飲食店や小売店で身をもって食の選択の自由が学べた。」など、明確な理由と得たものがあると有利になります。

ワーホリに行った理由で得たものを自信を持って言えると、計画性や積極的な態度もアピールできるでしょう。

ワーホリでコネクションを作っておくこともおすすめ

ワーホリでコネクションをつくっておくこともおすすめです。

なぜなら、将来のキャリアに繋がる可能性があるためです。

例えば、アルバイト先の日本食レストランの他国新店舗のオーナーに抜擢されたり、語学学校でできた中国人の友人からビジネスパートナーに誘われたり、可能性は出会う人の数だけ増えます。

ワーホリ中は家に引きこもらず、日本で出会えないさまざまな方とコネクションを持つと、将来の幅を広げられるでしょう。

ワーホリ後の現地就職は容易ではないが可能

ワーホリ中に現地の生活が気に入り、そのまま現地就職したいと思う方もいるはずです。

ビザの問題もあり、現地就職は難しいですが、不可能ではありません。

それでは、ワーホリ後の現地就職について解説します。

ワーホリで作ったコネクションを活かせられる

ワーホリ後に現地就職したい方は、コネクションを活かせられます。

なぜなら、海外に新卒一括採用という概念はなく、コネクションを使った就職も一般的であるためです。

例えば、日本語と英語のランゲージエクスチェンジで出会った方に日本語教師やアシスタントのポジションを紹介してもらえることもあります。

ワーホリ後、現地就職したい方は、まずコネクションを活かして仕事情報を集めると良いでしょう。

前職の経験があるものがおすすめ

前職の経験がある仕事を狙って現地で転職活動することもおすすめです。

これは、海外では即戦力になれる人材を求めているためです。

例えば、現地人でも大学卒業直後の未経験人材より、実務経験を持つ外国人を雇って業績を上げることを希望する現地会社もたくさんあります。

実力主義で即戦力を求める海外で就職するには、前職の経験がある仕事を軸に就活を進めると良いでしょう。

職歴がない場合は日本語を活かせる職種を探してみる

職歴がない場合は日本語を活かせる職種を探してみましょう。

なぜなら、日本語ネイティブであることが有利になる可能性があるためです。

例えば、対日本企業営業や対日本人観光業、日本食レストランを顧客に持つ卸業など、日本語の読み書きやコミュニケーションできる力が重宝される仕事があります。

日本語を活かせる職種なら、現地の労働力では補えない分野と判断されることも多く、就労ビザも比較的取りやすいでしょう。

ワーホリに関する知恵袋の回答は本人次第と言語力

ワーホリに関する疑問は多くの方が抱えており、知恵袋でも質問されています。

そこで、ワーホリに関する知恵袋の回答は本人次第と言語力であることについて解説します。

ワーホリがダメではなく本人次第

ワーホリがダメではなく、本人次第と言えます。

これは、ワーホリ経験者でも就職できる方はたくさんいるためです。

例えば、知恵袋にもワーホリ後は就職できないのは本当かという質問が寄せられています。

こちらの質問に対して、バイタリティのある素敵なワーホリ経験者と同期で入社した経験のある方からは、ワーホリがダメなのではなく、人の魅力が重要と回答しています。

ワーホリがダメというネガティブな意見は気にせず、ワーホリ経験に加えて自分の強みやスキル、経験をアピールすることが重要です。

結局は人間性

ワーホリ経験など関係なく、結局は人間性という意見もあります。

これは、人間性で内定を得る方もいるためです。

例えば、知恵袋の回答では、ワーホリ経験よりも人柄やポジティブな姿勢を評価され外資系企業に内定をもらった経験談が記載されています。

ワーホリ経験の有無に関わらず、社風に合うか、上司と働けるかなどの人柄や人間性を評価され企業からの内定を得ることも多いと言えます。

意味のあるワーホリなら評価に繋がる

意味のあるワーホリなら評価に繋がるという意見もあります。

なぜなら、キャリア形成において、ただワーホリしただけはブランクであると判断されるためです。

例えば、目的もなく渡航し、英語力も上げられずに帰国すれば、もちろん帰国後の就職活動で残るものはワーホリ期間のブランクだけです。

しかし、TOEICで高得点を取れば、意味のあるワーホリと評価されるでしょう。

帰国後の就職活動を有利に進めるためにも、現地で英語力を鍛えることが大切です。

ワーホリや留学で行かなきゃよかったとなっている人は少ない

ワーホリや留学は手間や時間、お金がかかるので、行かないほうが良いのではないかと悩む方もいるはずです。

しかし、行かなければよかったと思っているワーホリ経験者は少ないと言えます。

そこで、ワーホリ経験者の意見について解説します。

ワーホリ行って何の後悔もない

ワーホリに行って何の後悔もないという意見を持つワーホリ経験者は多いと言えます。

なぜなら、ワーホリで得た経験がその人の人生を豊かにしているためです。

例えば、周りに止められてもワーホリに行った方や、大変なことはあっても行かなければよかったと思ったことはないと断言している方もいます。

ワーホリには年齢制限があり、将来ワーホリに行きたいと思っても行けない年齢になる時が必ず来ます

ワーホリに行って後悔する方はほとんどおらず、ワーホリに行きたいなら行った方がいいという意見がたくさんあります。

留学しなきゃよかったと思ったことはない人が多い

留学しなきゃよかったと思ったことがない人も多いと言えます。

これは、海外でしか得られない経験や出会いがあるためです。

例えば、留学に来たことを後悔していないことはもちろん、海外でできた友人やホストファミリー、先生との出会いを大切にしている方もいます。

海外で得た経験や出会いは、今後の英語勉強のモチベーションにもつながります。

留学に行って後悔する方は少ないので、あなたの留学したい気持ちを大切に、留学計画を進めましょう。

ワーホリや留学は行かなかった後悔の方が大きい

ワーホリや留学に行きたい気持ちがあっても決心できなかったり、日本でのキャリアを優先して行かなかった方もいます。

そこで、ワーホリや留学に行かなかった後悔について解説します。

行けば良かったなと後悔している人は多い

ワーホリや留学に行けば良かったなと後悔している人は多いと言えます。

なぜなら、できなかったことはいつまで経っても大きな後悔として残るためです。

例えば、自由な時間があったはずなのに行かなかったことや、留学経験者のTOEICスコアを見て留学に行かなかったことを後悔する方もいます。

ワーホリや留学に行けば、海外生活に対して後悔することはなくなるでしょう。

ワーホリ後に就職できないと考えているのはもったいない!メリットを紹介

ワーホリ後に就職できないと考えているのはもったいないと言えます。

そこで、ワーホリのメリットについて解説します。

海外に長期滞在できる

ワーホリの最大のメリットは、海外に長期滞在できることです。

これは、ワーホリはビザ条件が比較的緩く、自由度が高いためです。

例えば、ワーホリでは国によって1年〜2年長期滞在でき、観光や就労、就学など自由に選択できます。

ワーキングホリデービザは比較的簡単に取得でき、長期で滞在スタイルを自由に選べるビザです。

環境を選べば語学力がつく

ワーホリでは環境を選べば語学力がつきます

なぜなら、現地語に長時間触れられるためです。

例えば、現地で働くとき、ほとんどの場合、英語でコミュニケーションを取ります。

また、住む場所の契約や食材の買い出しでも英語を使う機会は日本より格段に多くなるでしょう。

日本人コミュニティで過ごす時間を少なくし、現地の友人や留学生とたくさん関わるとより語学力が身に付きます

現地で働く経験が得られる

現地で働く経験が得られることもワーホリのメリットと言えます。

なぜなら、ワーキングホリデービザは比較的自由な就労が認められているためです。

例えば、就労ビザでは内定先の企業でしか働けない場合がほとんどですが、ワーホリに働く場所の制限はほぼありません。

長期滞在で気になる経済面もワーホリなら働くことで生活費をカバーできるでしょう。

語学力が低くても働ける職業を選んだり、キャリアアップのためにオフィスワークに挑戦したり、ワーホリなら自由に現地で働く経験が得られます。

まとめ|ワーホリ後に就職できないかは自分次第!後悔しない選択をしよう

ワーホリ後に就職できないかは自分次第です。

帰国して就職活動をしたい場合、現地にいる目的を明確にしたり、英語力を上げたりすることが大切です。

あなたのキャリアプランに合わせて後悔のない選択をしましょう。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録