タイ駐在員になるには?駐在の求人種類も詳しく紹介

タイへの駐在を検討しようとしたとき、

「タイへ駐在する方法は?駐在員の給料は?」

「タイの物価や生活費は?治安はどうなの?」

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、タイの駐在に関する情報を網羅的にわかりやすく解説します。

最後まで読むことで、タイの駐在情報を深く知ることができるでしょう。

リクルートエージェントアジア中心に海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント(RGF)」。
日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。海外の求人情報アジアへの就職を考えてるなら「リクルートエージェント(RGF)」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

公式サイトを見る

タイ駐在員になるには?

タイ駐在員になるには?

タイでの働き方を考えるとき、まずは駐在員になるための道を検討する人も多いでしょう。

そこで、タイの駐在員になる方法を解説します。

転職エージェントの利用が近道

タイ駐在員になるには、転職エージェントの利用が近道と言えます。

なぜなら、転職エージェントに掲載されているタイ駐在員の求人が圧倒的に多いためです。

さらに、転職エージェントの求人は、就労ビザ発給の条件を満たしている企業ばかりです。

自力で求人サイトから検索し、駐在員の求人に応募しても、就労ビザの発給を満たしている企業でなければ働けません。

転職エージェントでは、求人検索と就労ビザの発行条件を確認するための膨大な時間と手間が省け、タイ駐在員になれる可能性を最大限に高められるでしょう。

プロである転職エージェントに頼ると、効率的にタイ駐在員になる計画を進められると言えます。

関連記事

タイで就職するにあたって、転職エージェントに登録したいと思ったときに、「タイの就職では、どの転職エージェントや人材紹介会社に登録したらいいんだろう…」この記事では、そんな悩みを抱えている転職希望者に向けて、タイでおすすめの転職エ[…]

騙されるな!タイ・バンコクでおすすめの転職エージェント(人材紹介会社)15選!

タイ駐在に英語は必要?

タイ駐在に英語は必須ではありませんが、簡単なビジネス英語を理解できる必要はあると言えます。

これは、社内外のメールや書類を理解する必要があるからです。

ただし、日本語を公用語としている企業で英語は必要ありませんが、小規模工場やIT業界など、日本語のみで働ける企業は限られています。

例えば、駐在員は現地でのマネジメントを任される場合がほとんどで、進捗状況に関するメールや書類の把握に英語が必要です。

翻訳機能などで大まかな意味は拾えますが、仕事の効率を考えると、初歩的なビジネス英語程度は理解できるといいでしょう。

タイの公用語はタイ語なので、英語が必要になることは少ないですが、駐在員としての仕事をこなす上では英語が理解できると効率的に働けます。

関連記事

バンコクに就職をしたいと思ったときに、「バンコクの求人で語学不問(英語力不問)・日本語のみ求人はあるの?」この記事では、そんな悩みを抱えているバンコクへの就職希望者に向けて、バンコクの求人で語学不問(英語力不問)・日本語のみ[…]

バンコクの求人で語学不問(英語力不問)・日本語のみ求人はあるの?
関連記事

タイで求人を探すときに、「タイの求人で語学不問や日本語のみ、英語不問などの求人ってあるの?」「タイには日本語教師の求人もある?」この記事では、そんな悩みを抱えているタイ移住希望者に向けて、タイに語学不問や日本語のみの求人[…]

タイ駐在員の給料

タイ駐在員の給料

タイ駐在員になることを検討するとき、1番気になるのは給料でしょう。

タイ駐在員の給料を得られると、経済的に恵まれた生活ができると言えます。

それでは、タイ駐在員の給料について解説します。

タイ駐在員の給料はどれくらい?

タイ駐在員の給料は月収約30万〜50万円で、経済的な余裕を持って生活できます。

これは、現地の平均月収が約15万円であり、駐在員の月収は現地平均の約2倍以上の収入が見込めることが理由です。

例えば、タイ駐在員はコンドミニアムに住んでいたり、専属の運転手がついていたりと、生活レベルの高さが窺えます。

タイ駐在員の給料があれば、経済的な心配をせず、現地の生活を思う存分楽しめるでしょう。

関連記事

タイで駐在員として働いてみたいなと思ったときに、「タイの駐在員の年収(給料)っていくらくらいなんだろう…?」「タイ駐在が辛いって言われている理由は?どんな日系企業が進出してるの?」この記事では、そんな悩みを抱えている[…]

タイの駐在員の年収はいくらくらい?駐在員が辛いと言われる理由も紹介

タイに進出している日系企業一覧

現在タイで活動している日系企業は5,856社あり、タイに注目している日本企業が多いと言えます。

なぜなら、近隣諸国へ数時間でアクセスできる立地の良さ、日本人にとっての住みやすさ、経済成長による消費市場の拡大など、タイには好条件が揃っているためです。

タイに進出している企業は、商社、コンサルタント、自動車や電気部品、食品業界など様々です。

具体的な企業名は以下の通りです。

  • RICOH (THAILAND) LIMITED
  • KOKUYO INTERNATIONAL (THAILAND) CO., LTD.
  • NICHIDEN (THAILAND) CO., LTD.
  • ACCOUNTING PORTER CO., LTD.
  • ABeam Consulting (Thailand) Ltd.
  • HOSHIZAKI
  • Jason

タイ駐在の求人情報

タイ駐在を目指す上で、可能な限り多くの求人情報を集めることは重要です。

そこで、タイ駐在の求人情報について解説します。

タイ駐在の求人数No.1は「doda」

※2021年7月当社調べ

タイ駐在の求人数No.1は「doda」

現在、タイ駐在の求人数が最も多いのが「doda」で、800件以上掲載しています。

例えば、技術営業職や保険業界向け戦略コンサルタント、プロジェクト管理者などの求人があります。

実務経験を重視している求人が多いため、求人数の多い「doda」なら、自分のキャリアに合った求人を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

経営・責任者・開発・コンサルティング求人は「ビズリーチ」

経営・責任者・開発・コンサルティング求人は「ビズリーチ」

ビズリーチ」には、経営・責任者・開発・コンサルティング求人が多くあります。

具体的には、コンサルティングファームや建設会社、設備会社などの求人を募集しています。

求められる能力が高い分、期待できる年収も高くなるので、自分の経験に合っていて、高収入の職業で駐在員になりたい人は「ビズリーチ」を利用してみるといいでしょう。

【補足】未経験OK求人は転職エージェントに登録しないとわからない

タイで未経験OKの求人は転職サイトや求人サイトでは見つけにくいので、転職エージェントに登録してみましょう。

なぜなら、転職エージェントには非公開求人があり、未経験でも自分の条件に合った求人を紹介してもらえる可能性があるためです。

未経験の職にチャレンジしたい人は、求人を見つけられないと諦めず、転職エージェントを利用してみましょう。

関連記事

タイで求人を探すときに、「タイの求人で日本人向けコールセンターの求人ってあるの?」この記事では、そんな悩みを抱えているタイ移住希望者に向けて、タイには日本人向けコールセンターの求人があるのかについて解説します。またコールセン[…]

タイの駐在に無料で利用できる転職サービス

タイの駐在に挑戦するにあたって、無料で利用できる転職サービスを紹介します。

これらを利用することで、英文レジュメなどの応募書類の作成や、面接対策、年収交渉などもあなたの代わりに行ってくれるので、まずは登録してみることをおすすめします。

リクルートエージェント(RGF)


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年6月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

無料で登録する

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2019年12月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

無料で登録する

doda


doda
・英語、中国語を活かせる仕事が豊富
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年5月)


doda」は、CMなどでも放映していることから知名度が急上昇している転職エージェントです。

転職エージェントですが、コンサルタントの力を借りることなく、自分で転職活動を進めたい方は、転職サイトとしても活用できます。

つまり、コンサルタントをつけるつけないなど選択をすることができる珍しい転職サービスです。

若い世代に人気で、年収査定を無料で行えるので、ぜひ試してみてください。

\ 知名度は抜群 /

無料で登録する

タイの物価は日本より安い

タイの物価は日本より安く、日本の物価の約1/5〜1/3

タイの物価は日本の1/5〜1/3程度と非常に安いと言えます。

タイ駐在の生活を考えるとき、物価について知っておくと現地生活のイメージをしやすいでしょう。

それでは、タイの物価について解説します。

タイの物価

タイの物価は日本より安く、日本の物価の約1/5〜1/3です。

なぜなら、タイは人件費が安いことに加え、東南アジアの物流の中心になっているためです。

例えば、500mlの水で約30円、ローカル屋台で食事すると1食100円程度で済みます。

さらに、生活費の大半を占める家賃も、在留日本人に人気のコンドミニアムでも月4万円〜と、安い家賃でもプチセレブ気分を味わえます。

物価の安いタイでは、住居で少し贅沢しても、充分に余裕のある生活を楽しめるでしょう。

タイの治安情報

タイの治安情報

外務省によると、首都バンコク周辺は十分注意する必要のある、危険レベル1の地域に設定されています。

これは他の東南アジアの国々に比べれば安全であると言えますが、油断はできません。

なぜなら、日本が特別安全な国であり、日本人の防犯意識が低くなりがちであるためです。

例えば、日本人を狙った、スリや置き引き、タクシートラブルなどの軽犯罪が実際に起こっています。

貴重品は身につける、タクシーのメーターは注意深く確認するなどの対策が必要でしょう。

比較的治安の良いタイとは言え、日本の治安の良さは特別であることを理解し、念を入れて防犯対策を行いましょう。

外務省 海外安全ホームページ

海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。…

タイの住宅や家(コンドミニアム)の情報

タイの住宅や家(コンドミニアム)の情報

タイで日本人に人気の住宅形式は、主にサービスアパート、コンドミニアム、アパートがあります。

サービスアパートは月13万〜26万円と家賃は高めですが、メイドサービスや家具がついており、すぐに不自由のない生活が始められます。

コンドミニアムは部屋ごとにオーナーが違う、分譲マンションのような形態です。

また、家賃は月4万円〜、高い物件だと月30万円以上することもあります。

バンコクの中心街で、ジムやプールなどの設備がそろっている高級コンドミニアムもありますが、バンコクから地下鉄で2〜3駅ほど離れると、同じ設備や広さの物件を安く借りることもできます。

アパートは日本の賃貸と同じで光熱費等は含まれていませんが、約2万〜3万5,000円と3つの中で1番安い住宅形式です。

タイ駐在に関するブログ

タイ駐在を計画する場合、在住者のリアルな声であるブログは非常に参考になるでしょう。

そこで、タイ駐在に関するブログについて解説します。

アメブロでチェックできる

タイ駐在に関するブログはアメブロでチェックできます。

アメブロは多くの在住者が利用しており、駐在生活について様々な情報収集ができるのでオススメです。

例えば、バンコクの外食情報や、医療情報、光熱費などの生活費に関すること、一時帰国時のお土産情報などが得られます。

在住者の生活を見られるブログをチェックすることで、タイ駐在に関する悩みや疑問を解決できるでしょう。

#バンコク駐在妻に関する一般一般の人気記事です。'|'タイのピークはいつなのか'|'初めてのピアス'|'機内&隔離に便利…

まとめ|タイで駐在する方法は転職エージェントが有利

タイで駐在する方法は転職エージェントを利用すると有利になります。

タイは1度住むと帰りたくないと言う人も多く、魅力的な国です。

求人はもちろん、物価や治安などの生活情報を入念に集め、タイ駐在の計画を成功させましょう。

関連記事

タイで就職するにあたって、「タイで就職するのに失敗したくない…失敗例などあれば知りたい」この記事では、そんな悩みを抱えているタイの就職希望者に向けて、タイ就職を失敗しないためにも失敗例を紹介します。最後まで読むことで[…]

\国内外の転職におすすめの無料転職サービス/
\ 国内外求人数No.1 /
リクルートに無料登録