タイの駐在員の年収(給料)はいくら?駐在員が辛いと言われる理由も紹介

タイで駐在員として働いてみたいなと思ったときに、

「タイの駐在員の年収(給料)っていくらくらいなんだろう…?」

「タイ駐在が辛いって言われている理由は?どんな日系企業が進出してるの?」

この記事では、そんな悩みを抱えているタイの駐在員への就職希望者に向けて、タイの駐在員の年収について詳しく解説します。

最後まで読むことで、タイの駐在員の年収相場を理解でき、駐在員として就職できるようになるでしょう。

リクルートエージェントアジア中心に海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント(RGF)」。
日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。海外の求人情報アジアへの就職を考えてるなら「リクルートエージェント(RGF)」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

【結論】タイの駐在員の平均年収(給料)は360〜600万円

タイの駐在員の平均年収は360〜600万円

タイで駐在員として働くとなったら、一番気になる箇所は「給与」。

実際にタイの駐在員はいくらくらいの給与なのかを解説します。

タイの駐在員の月収は約30〜50万円

タイの駐在員の月収は約30〜50万円なので、生活で金銭的に困る確率は少ないと言えるでしょう。

また、日本からの駐在員手当等も含まれているので、現地採用と比較してもお給料は高めです。

タイの駐在員として必要な生活費

具体的にタイの一人あたりの生活費の相場をは、およそ月5万バーツ(約15万円)あれば生活が可能だと言われています。

そのため、駐在員であればタイでの生活に困ることは少ないでしょう。

タイへの駐在期間中はお金に問題ないとしても、日本帰国後のキャリアや貯金に不安が残るという声も多く挙がっています。

タイへの駐在期間中で金銭面に不安がなくとも、考えておきたいリスクは以下の通りです。

  • タイは医療費が高いことで有名で、大きい病気をしてしまうリスクがある
  • 駐在先(現地)の人間関係でコミュニケーションがうまくいかない
  • 駐在先の業務内容が自分と合わない
  • 世界のビジネスのスピードに追いつけない

上記のリスクは起きてしまってからでは遅いです。

そのため、余裕のある早い段階から、何かあっても良いように転職できる選択肢を持っておく必要があります。

少しでも転職の選択肢を確保しておきたい方は、無料であなたに合った駐在求人を紹介してくれる転職エージェントへの相談がおすすめです。

タイの駐在員になるのにおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント(RGF)


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年9月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2019年12月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

Samurai Jobs


Samurai Job
・グローバル、外資系、ハイクラスに特化
・海外駐在の海外就職からバイリンガルまで対応
・求人数が20,000件を超える

イギリスを拠点とした11か国で40年以上も日系企業の海外進出をサポートし続ける「Samurai Job(サムライジョブ)」は、海外案件に強い転職エージェントです。

年間約8万5,000人がSamurai Jobの転職サポートに登録し、コンサルタントを受けています。

そのため、今まで約43万人もの海外転職希望者をサポートをしてきた実績があり、非公開求人も多いのでまずは登録をしてコンサルタントと打ち合わせをすることが大切です。

コンサルタントが希望や目的にあった最適なポジションを見つけられるでしょう。

\ 駐在で働きたい人にオススメ /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

リクナビNEXT


リクナビNEXT
・海外勤務のカスタマーサポート求人あり
・英語不問、語学不問の求人にすぐ応募できる
・海外勤務の未経験エンジニア求人がある


リクナビNEXT」は、転職者の8割以上が利用している定番の転職サイトです。

大手人材企業であるリクルートが運営しており、求人情報は週に2回、水曜日と金曜日に更新されます。

また、リクナビNEXTには企業からオファーが届くスカウト機能があります。

スカウト機能とは、職務経歴や希望条件を匿名で登録することで、経歴に興味をもった企業や転職エージェントから求職者に直接オファーが届くたいへん便利な機能です。

サイト上には掲載されていない非公開求人のオファーが届くこともあるので、ぜひスカウト機能を利用しましょう。

そのほかにも、リクナビNEXTには転職サービスのリクルートエージェントにも同時登録できるので、仕事を探す幅が広がるといえます。

\ 登録するだけでスカウトが届く /

いますぐ無料登録する!

エン・ワールド


エン・ワールド
・アジア太平洋地域ハイクラス求人もあり
・英語力を活かした外資系企業求人が豊富
・派遣や契約社員もある


エン・ワールド」は、外資系専門の転職に強い転職エージェントです。

APAC地域と繋ぐ多国籍企業とグローバルに拠点を持つ企業をグローバル人材をマッチングさせることに定評がある日本で業界トップクラスの人材紹介会社と言えるでしょう。

またコンサルタントは転職者の希望に親身になって相談に乗ってくれますが、無理に転職を勧めないことで有名なので、あなたのキャリアプランに合わせたサポートを丁寧にしてくれるでしょう。

\ アジアの就職にオススメ /

いますぐ無料登録する!

doda


doda
・英語、中国語を活かせる仕事が豊富
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年9月)


doda」は、CMなどでも放映していることから知名度が急上昇している転職エージェントです。

転職エージェントですが、コンサルタントの力を借りることなく、自分で転職活動を進めたい方は、転職サイトとしても活用できます。

つまり、コンサルタントをつけるつけないなど選択をすることができる珍しい転職サービスです。

若い世代に人気で、年収査定を無料で行えるので、ぜひ試してみてください。

\ 知名度は抜群 /

いますぐ無料登録する!

ロバートウォルターズ


ロバートウォルターズ
・英語力や海外経験を生かした転職におすすめ
・国内向けのグローバル案件が多い
・海外営業などの求人取り扱いあり

ロバートウォルターズ」は、イギリスに本社があり世界31か国に拠点がある外資系の転職エージェントです。

「日本人材ニュース編集部」から「人材採用パートナーとして、継続的に質の高いサービスが期待できる会社である」と評価されている大変注目できるエージェントでしょう。

また、転職の準備段階から応募、面接、そして内定まで、転職に必要な活動をフルサポートするシステムがあり、グローバル人材の転職支援に特化していることから、英語力の高い人はロバートウォルターズに相談することで高い年収の求人を探すことが可能です。

\ 国内のグローバル求人が多数 /

いますぐ無料登録する!

タイ駐在なら貯金は貯まる?

タイ駐在なら貯金は貯まる?

タイの駐在であれば、給与が高いから貯金ができるとお考えのはずです。

そこで、現地の駐在員が貯金できているのかを見てみましょう。

タイ駐在でも貯金は難しい!?

タイの駐在員同士で、お金の話をする機会はほとんどないと言えるでしょう。

ただ、節約術の話はよくあることです。

駐在生活は、家賃などの大きな出費が無いため、生活にゆとりを持って行動できるのが特徴です。

しかし、日本に帰国になった場合に必要な家具家電や車、住居などの大きな出費の為にタイでの生活を節制している駐在員がほとんどです。

タイの駐在員に関するQ&A

タイの駐在員に関するQ&A

さいごに、タイの駐在でよくある質問をまとめました。

タイへの駐在・赴任の可能性が高い企業の業界や職種は?

タイの日系企業で活躍している駐在員の業界は、製造業や自動車産業が多く存在しています。

そのほかに以下のような日系企業が存在します。

  • 商社
  • 物流
  • IT
  • 百貨店
  • 旅行エージェント

今後、英語のコミュニケーション力に加えて、専門性のある技術指導ができる能力を磨いておくとことで、タイでの駐在員勤務が簡単になるでしょう。

タイの駐在は辛い?

現地でよく聞くタイの駐在が辛いと言われている原因は以下の通りです。

  • 日本食の価格が高い
  • 日本製の価格が高い
  • 日本まで距離がある
  • 日本より治安が悪い
  • 屋台や市場の衛生面が不安
  • 日本帰国後、再び仕事ができるのか不安
  • タイ語で身の回りの事を問題なく伝えられるようになるまでに、ある程度の勉強が必要
  • 病気になると大変
関連記事

タイへの駐在を検討しようとしたとき、「タイへ駐在する方法は?駐在員の給料は?」「タイの物価や生活費は?治安はどうなの?」この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、タイの駐在に関する情報を網羅的にわかりやすく解説[…]

まとめ|タイ駐在員の平均年収は360〜600万円

まとめ|タイ駐在員の平均年収は360〜600万円

タイの駐在員の年収はタイで充分に生活ができるくらいは貰えます。

またクラウドソーシングなどで副業も可能であれば、さらに稼ぐこともできるので、副業も視野に入れて駐在員として活躍してみることをおすすめします。

CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録