タイの平均年収は約140万円!医師やドライバーの給料も紹介

タイへの就職または移住を検討しようとしたとき、

「タイの平均年収は約140万円って本当?」

「タイの医師の年収は?ドライバーの給料は?」

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、タイの平均年収から税金についてまで解説していきます。

最後まで読むことで、タイの現地情報について深く知ることができるでしょう。

リクルートエージェントアジア中心に海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント(RGF)」。
日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。海外の求人情報アジアへの就職を考えてるなら「リクルートエージェント(RGF)」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

タイの平均年収は約140万円って本当?

タイの平均年収は約140万円って本当?

タイ就職や移住を考えるとき、まず気になるのは平均年収でしょう。

タイの平均年収は約140万円と、日本の平均年収より300万円ほど低くなっています。

それでは、タイの平均年収について解説します。

タイの平均年収は日本円で約140万円

タイの平均年収は約140万円ですが、地域で大きな収入の差があります。

これは、首都バンコクから離れると、多くの人々が農業に従事しているためです。

例えば、バンコク首都圏の平均年収は約170万円ですが、チェンマイなどがあるタイ北部では約76万円と、100万円近くの差があります。

タイの平均年収は約140万円ですが、地域の収入差はかなり大きいと言えます。

タイの平均年収は職業によって所得格差がある

タイでは職業によっても、大きな所得格差があります。

なぜなら、バンコク首都圏では高収入を得られる職業に就けますが、それ以外の地域では農業や林業、飲食業など、低収入の職業に就く人が多いためです。

例えば、高収入の職業である医師の平均年収は約210万円、航空パイロットなら約144万円になっています。

対して、林業や農業などの年収は約14万円〜15万円です。

このように、タイで高収入の職業に就く人は、低所得者の10倍以上の平均年収を得ており、所得格差が非常に大きい国と言えます。

タイの年収分布

タイの収入上位20%に入る高所得世帯の平均年収は1人約100万円で、全体の42.8%になっています。

対して、低所得者世帯の平均年収は1人約10万8,000円と高所得者の1/10程度です。

平均年収にここまで差があるのは、職業による収入格差と地域格差があるためと言えます。

低所得者世帯が多い地方からバンコクに出稼ぎに来る人も多く、バンコクの人口の約半数が出稼ぎ労働者です。

このように、高所得者と低所得者の収入には大きな差があり、年収分布からもタイの格差社会が窺えます。

タイで働く日本人の給料

タイで働く日本人の給料

タイで働くことを考えるとき、1番気になるのは給料でしょう。

日本人がタイで働く場合、現地の平均収入よりも高い給料を得られます。

そこで、タイで働く日本人の給料について解説します。

タイで働く日本人の年収は約70,000バーツで約276万円

タイで働く日本人の年収は日本円で約276万円で、タイ人の平均年収の約2倍に当たります。

日本人がタイで働くと年収が高くなるのは、日本人労働者の最低給料が5万バーツ(約17万円)と定められているためです。

つまり、最低給料で働いたとしても年収約200万円は得られるため、タイ全体の平均年収より高い収入を得られます。

さらに、経験や能力、勤続年数などによって、最低給料よりも高い給料をもらっている日本人も多いです。

最低給与である5万バーツ〜で給料を提示している日本人向けの公開求人も多いですが、実際のタイ在留日本人の年収平均はもう少し高いと言えます。

関連記事

タイへの駐在を検討しようとしたとき、「タイへ駐在する方法は?駐在員の給料は?」「タイの物価や生活費は?治安はどうなの?」この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、タイの駐在に関する情報を網羅的にわかりやすく解説[…]

【職業別】タイの平均年収

タイでは職業によって大きな収入格差があります。

そこで、職業別のタイの平均年収について解説します。

部長レベルの給料

部長レベルの給料は約8万8,000バーツ、約31万円です。

役職のない社員の給料の中央値が約16万円であり、部長レベルになると約2倍の収入になります。

医師の年収

医師の年収は約210万円です。

タイでも医師は高収入の職業であり、大学新卒者の平均月給水準が1番高い職業が医師となっています。

ドライバーの給料

ドライバーの給料は18,000〜30,000バーツ、約6万〜約10万円です。

渋滞の激しいバンコクではバイクタクシーを移動手段として利用する人が多く、ドライバーも意外と高収入で人気の職業となっています。

タイ国際航空の年収

タイ国際航空の客室乗務員の年収は360万円です。

月に7往復の勤務で福利厚生も充実しており、フリーチケットを1往復でもらえる制度があります。

ちなみに、タイ全体の客室乗務員の平均年収は約267万円です。

タイの現地採用の給料

タイの現地採用の給料

タイに進出する日本企業は年々増加しており、2021年には5,856社が活動しています。

伴ってタイ現地採用で働く日本人も増えています。

そこで、タイの現地採用の給料について解説します。

タイでの現地採用の最低月収は50,000THB

タイでの現地採用の最低月収は5万バーツと、タイ人の平均月収より高くなっています。

これは、タイで労働許可書(ワークパーミット)を取得する際、国別に最低給料が定められており、日本人は最低月収5万バーツであるためです。

タイで月収5万バーツは、マネージャークラスの給料と同等になるため、日本人労働者にも同程度の能力が求められます。

職業や年齢にもよりますが、専門性の高い職業や能力のある人は、定められている最低月収より高い収入を得られるでしょう。

関連記事

タイで駐在員として働いてみたいなと思ったときに、「タイの駐在員の年収(給料)っていくらくらいなんだろう…?」「タイ駐在が辛いって言われている理由は?どんな日系企業が進出してるの?」この記事では、そんな悩みを抱えている[…]

タイの駐在員の年収はいくらくらい?駐在員が辛いと言われる理由も紹介

タイの物価情報

タイの物価情報

タイの物価は日本の約1/5〜1/3と非常に安いと言えます。

現地の生活を楽しめれば、余裕を持った生活ができるでしょう。

それでは、タイの物価情報について解説します。

タイの物価は安い?高い?

タイの物価は日本や東南アジア他国と比べても、かなり安いです。

これは、タイが東南アジアの物流の中心であることと、安い人件費が理由と言えます。

例えば、500mlの水で約30円、ローカル屋台で食事すると1食100円程度で済みます。

しかし、日本製品の価格は、日本の2〜3倍と高いので、現地製品と比べるとかなり高額に感じるでしょう。

タイの物価は安いので、現地生活に慣れてしまえば貯金をしながら余裕のある生活を送れます。

タイの税金は安い?

タイの税金は安い?

タイの税制はシンプルで、日本と比べると払う税金の総額は安くなります。

所得税の累進課税率は日本より高く設定されていますが、住民税はありません。

それでは、タイの税金について解説します。

消費税ではなく「付加価値税(VAT)」と呼ぶ

タイは物品や飲食代を支払う際、消費税ではなく付加価値税(VAT)を支払います。

本来の税率は10%ですが、経済状況を考慮し、毎年引き上げが延長されており、現在は7%です。

税込表示の店舗も多く、普段の買い物ではVETを意識することは少ないでしょう。

このように、タイで生活していると内税で気づきにくいですが、全ての物品やサービスに付加価値税がかかります。

タイには住民税がない

タイには住民税がありませんが、代わりに所得税の累進課税率が高くなっています。

しかし、日本の所得税+住民税の総額に比べると、非常に安いと言えます。

例えば、日本の所得税と住民税を合わせた最高税率は55%になりますが、タイの所得税の最高税率は35%です。

このように、住民税がないおかげで、タイで支払う税金の総額は日本に比べると安いと言えます。

タイでの所得税を計算する方法

タイでは毎年、個人で確定申告をする必要があります。

日本と同じく累進課税制度を採用しているので、年収によって支払う所得税が異なります。

例えば、純年間所得が0~150,000バーツ(0〜約50万円)であると免税になり、5,000,000バーツ(約1,660万円)を超えると35%の課税率です。

タイにも所得控除があるので、同じ年収でも個人の状況によって年税額が異なります。

自分の税額を細かく計算したい人は下記のサイトを参考にしてください。

タイに広がる経営にすぐに活かせる最新情報

新型コロナウイルス感染症対策のため、2021年の給与所得に対する社会保険料料率が引き下げられています。 通常:会社5%、…

タイ赴任者の個人所得税を計算する方法

タイは日本と同じく累進課税制度になっています。

タイ赴任者の個人所得税の計算は、課税総所得×該当所得税率-所得税額控除となります。

このとき、課税総所得には給与・賞与などすべての収入に加えて、各種課税手当や課税現物給与の考慮が必要です。

主な控除としては、納税者本人控除30,000バーツ(約10万円)や配偶者控除30,000バーツ(約10万円)などがあります。

累進課税率を含めたタイの個人所得税を計算する方法は、下記のサイトも参考にしてください。

英語ができない日本人がタイで仕事するには?

英語ができない日本人でもタイで仕事をするチャンスはあります。

タイの仕事を探すには、転職エージェントがおすすめです。

それでは、転職エージェントを利用した仕事探しについて解説します。

関連記事

タイで就職するにあたって、転職エージェントに登録したいと思ったときに、「タイの就職では、どの転職エージェントや人材紹介会社に登録したらいいんだろう…」この記事では、そんな悩みを抱えている転職希望者に向けて、タイでおすすめの転職エ[…]

騙されるな!タイ・バンコクでおすすめの転職エージェント(人材紹介会社)15選!

転職エージェントを利用するのがおすすめ

英語ができなくてもタイで仕事をしたい場合、転職エージェントの利用がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントでは求人数が圧倒的に多く、自分の条件にあった就職先を紹介してもらえるためです。

転職エージェントは自分の代わりに給与交渉なども行ってくれるので、タイで働く日本人の最低給与である5万バーツ(約17万円)よりも高収入を狙える可能性もあります。

このように、英語ができなくても自分に合った条件の就職先を見つけたい人は、まず転職エージェントに相談してみましょう。

リクルートの公式サイトへ

まとめ|タイの平均年収は約140万円

タイの年収は日本よりも低いですが、物価や税金も低く、日本人の最低給料があれば余裕を持って生活できるでしょう。

本気でタイ就職や移住を考えている人は、英語ができないなどの条件があっても、まずは転職エージェントを利用して、就職や移住計画を成功させましょう。

CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録