留学後の就職に失敗する人の特徴!正規留学や社会人留学で陥る勘違いも紹介

正規留学後でも就職に失敗するの?

社会人で留学する際は就職に失敗するリスクもあるの?

社会人での留学のデメリットやメリットを整理したい

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では留学後に就職に失敗する人の特徴や社会人で留学する際の注意点を解説しています。

一読することで、留学後の就職を意識したうえで本当に留学すべきなのか判断することが可能です。

海外に興味がある場合の留学以外の選択肢も参考にして、留学後の就職に対する不安を解消しましょう。

目次

正規留学後の就職は失敗しにくい

留学のなかでも正規留学は英語に加え、専門知識も身に付きます。

したがって、正規留学後の就職は失敗しにくいと言えます

それでは、正規留学後の就職について解説します。

英語ができれば就職先の選択肢が増える

英語ができれば就職先の選択肢が増えます

なぜなら、応募できる求人の幅が広がるためです。

例えば、TOEICの点数が高ければ日系企業に応募すると有利になったり、英語で書かれた現地求人を理解できたり、就職活動をスムーズに進められるでしょう。

英語ができれば就活に関する情報もよりたくさん収集でき、幅広い選択肢から就職先を選べます

異文化とのコミュニケーション能力などスキルを活かせる

正規留学後の就職は、異文化とのコミュニケーション能力などのスキルを活かせるでしょう。

これは、現地生活が長くなるほど、得られるスキルは多くなるためです。

例えば、現地の人やさまざまな国籍の学生とのディスカッションで培ったコミュニケーションスキルや互いを尊重する国際感覚、考え方の柔軟性など、正規留学ではたくさんスキルを得られます。

正規留学で培った異文化とのコミュニケーション能力などは、就職活動後、仕事をしていく上でも役に立つでしょう。

世界中にコネクションを作れる

世界中にコネクションを作れると、正規留学後の就職活動に活かせます

なぜなら、コネクションが多いほど、得られる情報や出会えるビジネスチャンスも多いためです。

例えば、日本に住んでいるだけでは関わることのない年代の日本人から就職情報を聞いたり、国籍の違うクラスメートからビジネスパートナーに誘われたり、就職の可能性を広げられます。

正規留学は期間も長いので、就職につながるさまざまなコネクションを得られるでしょう。

他の就活生をタイミングがずれ秋選考となることも

他の就活生とタイミングがすれ、秋選考になることもあります。

なぜなら、正規留学の卒業時期は9月であるためです。

秋選考に比べると4月入社枠の方が数倍多いので注意が必要ですが、留学生のみが参加できる就活イベントもあります

例えば、留学生や留学経験者向けのボストンキャリアでは、イベント中に内定が決まるケースもあるので、スケジュールや開催情報は入念にチェックすることがおすすめです。

正規留学で4月入社できない場合、秋選考やその他就活イベント情報を収集しましょう

大学卒業後の留学は失敗するリスクもある!よくある勘違い

大学在籍中に留学する経済的や時間の余裕がなく、大学卒業後の留学を考える方もいるはずです。

大学卒業後の留学は失敗するリスクに備えることが大切と言えます。

そこで、大学卒業後の留学でよくある勘違いについて解説します。

ワーホリは遊びと捉えられやすい

ワーホリは遊びと捉えられやすいので注意しましょう。

なぜなら、ワーホリ期間はブランクと判断されるためです。

例えば、ワーホリで就ける仕事は、レストランやカフェなどの接客業が多く、キャリアにつながる企業に就職できる方は非常に少ないと言えます。

遊びと思われないためにも、英語力向上を目指したり、インターンシップを経験したり、ワーホリで就職活動に活かせる経験を積むことが大切です。

海外の環境に慣れ過ぎて日本に馴染めないことも

海外の環境に慣れ過ぎて日本に馴染めないこともあります。

なぜなら、海外と日本の労働環境は大きく異なるためです。

例えば、海外ではワークライフバランスが日本よりも整っており、プライベートの時間を大切にできます。

したがって、海外の環境に慣れると、留学前は平気だった日本の労働環境でも辛く感じるでしょう。

留学に行く前に帰国後のキャリアプランを見据えて、海外生活と日本の生活のギャップを理解することが大切です。

高学歴が故に避けられる可能性もある

高学歴が故に避けられる可能性もあります。

なぜなら、高学歴を持つことでプライドが高くなる方もいるためです。

例えば、海外の大学を卒業し、学歴も資格も素晴らしい履歴書を持つ方でも、面接で会社に馴染めないと判断されると採用は見送られるでしょう。

海外の大学を卒業するには膨大な時間と努力が必要であり、自信もつきますが、謙虚さを忘れずに柔軟性や協調性もアピールすることが大切です。

27歳で留学したいけど遅い?社会人が帰国後の就職に失敗するパターン

27歳の留学は遅くありませんが、帰国後の就職に備えて留学生活を有意義に過ごすことが大切です。

過去に失敗した方の例を学び、意味ある留学生活を目指しましょう。

それでは、社会人が帰国後の就職に失敗するパターンについて解説します。

語学力が伸びない人は失敗する

語学力が伸びない人は失敗するでしょう。

なぜなら、語学力を証明できる資格がなければ、留学先で遊んでいただけという印象を与えるためです。

例えば、留学中は授業に出ることはもちろん、復習しなければ英語力は伸びません。

授業にも出ず、自主学習もしないなど、留学生活を無駄にする方を会社は採用したいと思わないでしょう。

留学中に努力を積み重ねて、帰国後の就活で有利になる程度の語学力を身につけることが大切です。

目的がない留学は観光と変わらない

目的がない留学は観光と変わらず、帰国後の就職活動も難しくなるでしょう。

これは、社会人の留学は計画性が大切であるためです。

例えば、英語力を上げるために留学する方もたくさんいますが、身につけた英語力を何に使いたいかまで明確にする必要があります。

目的もなく観光のような留学をしても、社会人経験があるにもかかわらず計画性のない人であるという印象を持たれるでしょう。

社会人が留学する際の注意点!休職できないや短期のデメリットもある

社会人の留学は学生とは違い、時間が限られる上に将来のキャリアにも影響するので、入念に計画を立てることが大切です。

それでは、社会人が留学する際の注意点やデメリットを解説します。

短期では英語力は飛躍しない

短期では英語力は飛躍しません

なぜなら、英語を習得するには時間がかかるためです。

短期留学なら、英語力を上げることよりも今後の英語勉強のモチベーションアップを狙うと良いでしょう。

例えば、ホストファミリーや現地でできた友人とメールやSNS上でやりとりを続けたり、より英語の必要性を感じてTOEICの点数アップを目指したり、短期留学は英語勉強を継続するきっかけになります。

短期では英語力は飛躍しないことは理解し、あくまでも英語に対するモチベーションを上げるためのきっかけとして捉えることが大切です。

留学前のレベル分けテストで経験が変わる

留学前のレベル分けテストで経験が変わるので注意しましょう。

なぜなら、低いレベルのクラスに入ると留学期間を無駄にしてしまうためです。

例えば語学学校では”elementary”や”intermediate””advanced”などのクラス分けがされています。

”elementary”クラスに入ると、be動詞や自己紹介などの基本的なことしか授業で習えず、わざわざ海外に来て習う必要のない授業を受講する場合もあります。

留学でできる限りたくさんのことを学ぶためにも、渡航前から勉強し、高いレベルのクラスを目指すことがおすすめです。

帰国後の自分のキャリアを決めておく

帰国後の自分のキャリアを決めておくことも大切です。

これは、目標を持って留学に挑めるためです。

例えば、留学後は外資系企業に就職したい、自分の持つスキルと英語力を掛け合わせ、収入アップを目指したいなど、可能な限り帰国後のキャリアを明確にすると良いでしょう。

目指すキャリアを事前に決めることで、帰国後も就職活動にスムーズに移行できるでしょう。

休職してまで留学できる人は稀

休職してまで留学できる人は非常に稀です。

なぜなら、留学できるほど長期で休職できるのはハイキャリアの方が多いためです。

例えば、大企業で責任ある役職に就く方や、大病院の医師など、会社が長期間の休職後も再雇用したいと思う人材なら休職して留学できるでしょう。

休職して留学する人は帰国後のキャリアについて心配する必要はありませんが、期間が限られた中で結果を出すプレッシャーに耐えられる精神力が必要であると言えます。

社会人での留学には費用もかかる

社会人留学は受けられる奨学金などの経済的サポートが少なく、費用がかかります

そこで、社会人の留学にかかる費用について解説します。

1年間で300万円~500万円は必要

社会人留学では、1年間で300万円〜500万円は必要と言えます。

なぜなら、授業料や生活費を全て自分で負担するためです。

例えば、ワーキングホリデーなら働きながら語学学校に通えるので、80万円〜と費用を抑えられますが、大学や大学院に通う場合、500万円程度かかります。

選ぶ国や留学する期間によって必要な費用は異なるので、経済的状況と希望する留学スタイルの間でバランスを取ることが大切です。

社会人が留学するメリットは就労経験を活かし現地の仕事を探せること

社会人は学生の留学とは違い、帰国するか現地に残るか自由に選択できます。

現地に残れば、日本での就労経験を活かし、現地で仕事探しもできるでしょう。

そこで、社会人が留学するメリットについて解説します。

そのまま現地就職を目指せる可能性も

留学後、そのまま現地就職を目指せる可能性もあります。

これは、社会人なら海外で就職活動できる実務経験やスキルがあるためです。

例えば、留学中に前職に関連するインターンやアルバイトし、そのまま正社員として採用される場合や、現地で就職活動をして内定を得られることもあります。

キャリアもスキルも十分に持っている社会人なら、現地就職を目指せる可能性が高まります

高い学力の大学院に通えることも

社会人留学なら高い学力の大学院に通えることもあります。

なぜなら、社会人経験を入学条件に設定する大学院があるためです。

例えば、MBAは社会人経験や経営に関する経験がなければ、授業についていくことが難しいと言えます。

社会人経験があれば、目指せる学力の高い大学院の幅も広がります。

留学後の就職に失敗しないためには計画性が大事

留学後は日本に帰国することを検討している場合、その後のキャリアも見据えて計画することが大切です。

そこで、留学後の就職に失敗しないための計画性について解説します。

英語力を身に着ける以外も目指す

英語力を身に着ける以外も目指すと良いでしょう。

なぜなら、英語はコミュニケーションを取るツールであり、英語を使って何ができるかが重要であるためです。

例えば、どれだけ英語レベルが高くても、ビジネススキルや知識がなければ仕事をこなせません。

ビジネスの場で活躍するためにも、英語力以外に何か身に着けることが大切です。

留学カウンセラーに相談もおすすめ

留学カウンセラーに相談することもおすすめです。

これは、帰国後の最適なキャリアプランを形成できるためです。

例えば、留学カウンセラーは現地や学校の情報に加え、コース修了者の転職事情や最新の動向を元に必要な資格や学校を紹介してくれるでしょう。

留学カウンセラーに相談して、留学中や留学後に踏むべきステップを明確にすることが大切です。

会社に留学制度があることも少ない!社会人は語学力を身に着けて海外転職もおすすめ

社会人が海外に出る方法は留学だけではありません。

留学制度がある会社は少ないので、語学力を身に着けて海外転職することもおすすめです。

そこで、海外転職について解説します。

海外転職は異文化を学びながら働ける

海外転職は異文化を学びながら働けます

なぜなら、日本で働くよりもさまざまな国籍の方と仕事をこなすためです。

例えば、アメリカやシンガポールには世界中から優秀な外国人が集まり、多国籍人材と働けます。

海外転職なら、現地の文化だけでなく同僚が持つ文化を理解し、グローバル感覚を身に着けられるでしょう。

海外駐在のある日系企業なら語学力が重要視されないことも

海外駐在のある日系企業なら語学力が重要視されないこともあります。

なぜなら、業務に高い語学力が必要でない場合があるためです。

例えば、駐在先にいる現地語を話せる日本人や日本語を話せる現地人からサポートを受けながら本社と現地支社のマネジメントを行う駐在員もいます。

語学力に自信のない方は、海外駐在のある日系企業への転職を目指すと良いでしょう。

留学後の就職に失敗したくない人は海外転職も!おすすめの転職エージェント

留学後の就職を失敗したくない人は、海外転職も視野に入れて検討すること良いでしょう。

そこで、おすすめの転職エージェントについて解説します

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年11月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年12月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

JAC リクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

留学後の就職失敗は計画性のなさが原因!留学の目的を整理しよう

留学後の就職失敗は計画のなさが原因と言えます。

わざわざ時間とお金を費やして留学するなら、目的を整理し、帰国後のキャリアを事前に検討することがおすすめです。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録