【海外転職】スカイプ面接やWeb面接のおすすめの場所!事前準備や注意点も解説

スカイプ面接に最適の場所ってどこ?

バーチャル背景を設定したいけど何色が良い?

海外のWEB面接のマナーは?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事ではスカイプ面接を行う際の最適な場所について解説しています。

結論、静かなプライベート空間が最適です。

一読することで、バーチャル背景のおすすめ設定やWEB面接ならではのマナーも理解できます。

回線が悪い際の注意点なども参考に、海外転職にチャレンジしましょう。

目次

スカイプ面接やWeb面接に部屋が汚いのはNG!おすすめの場所は?

スカイプ面接やWeb面接に部屋が汚いのはNG!おすすめの場所は?

SkypeやZoomなどのビデオ通話を使ったweb面接では、汚い部屋を見せないよう気を付ける必要があります。

部屋の綺麗さが直接選考基準と定めている企業が多いわけではありませんが、面接官への第一印象を良いものにするために求められる気遣いです。

自室や家を見せられないと感じる場合は、ホテルのラウンジやレンタル個室などを利用することをおすすめします。

面接に適しているおすすめの場所の具体例については、下記をご覧ください。

ホテルのラウンジ

ビジネスマンのオンライン会議などでも使用されるホテルのラウンジは、求職者のweb面接にも適したロケーションです。

ホテルのラウンジが選ばれる理由は、適度にプライバシーが保たれている空間で、照明や背景が清潔かつ静かなためです。

また、共用のWi-Fiが完備されていることも多く、パソコンで面接に参加しやすいところも選ばれている理由の一つです。

ホテルのラウンジや客室でweb面接をする場合は、事前にWi-Fiの速度や照明の明るさなどを確認しておきましょう。

一番おすすめはコワーキングスペースやレンタル個室

web面接を行う場所として最も優れているのが、コワーキングスペースやレンタル個室です。

コワーキングスペースは、ビジネスマンやノマドワーカーが仕事をするために最適化された空間で、企業研修や会議でも使用されています。

仕事をする人にとって役に立つ設備や、仕事の邪魔にならない最適な空間を用意されているため、パソコン一つで面接を始められるでしょう。

コワーキングスペースやレンタル個室にも、パスワード付きのWi-Fiが完備されている店舗が多くあります。

コワーキングスペースやレンタル個室のWi-Fiは、ホテルやその他商業施設等と比較して同時に利用する人が少なく、回線の安定性に優れているケースも多いため、安心して利用できるでしょう。

自室でデジタル背景などを設定するのもおすすめ

近所に借りられるコワーキングスペースやレンタル個室がない場合は、自宅でデジタル背景を設定して面接に臨むのもおすすめです。

Zoomなどのweb会議サービスには、任意のデジタル背景を設定できるものが多くあります。

パソコンの基本操作ができる人にとって、web会議アプリのデジタル背景設定は容易にできるため、一度確かめてみることをおすすめします。

WEB面接やスカイプ面接などオンライン面接はバーチャル背景や背景紙を使おう

WEB面接やスカイプ面接などオンライン面接はバーチャル背景や背景紙を使おう

SkypeやZoomを用いたオンライン面接では、本人の身なりだけでなく、部屋の清潔さも重要です。

自宅でオンライン面接に参加する場合は、バーチャル背景や背景紙を用い、好印象を与えられるよう気を付けましょう。

バーチャル背景は白が基本

オンライン面接時のバーチャル背景は、白色が基本です。

白以外の色や、図書館や自然などをイメージした背景写真などを用いることはおすすめしません。

バーチャル背景を使用する場合は、事前に設定を済ませておく必要があります。

また、グリーンスクリーンを使用するか否かで、バーチャル背景を設定するために必要なパソコンのスペックが異なるため、予めチェックしておいてください。

背景紙も白がおすすめ

バーチャル背景を設定できない場合は、壁に白色の模造紙を吊るす方法もおすすめです。

模造紙は100円ショップでも購入できるため、金銭に余裕のない求職者でも容易に準備できるでしょう。

模造紙を使用する場合は、紙にシワや汚れ、破れがつかないよう注意してください。

折角白色の背景紙を用意したのにもかかわらず、その紙に目立つ汚れがついていたら、面接時の第一印象を下げてしまう可能性があるためです。

カーテンで代用も可能

バーチャル背景は、カーテンやシーツなどでも代用できます。

使っていないカーテンやシーツがある場合は、洗濯物干しや室内物干し用のワイヤーなどを用い、吊り下げましょう。

特に布類は、面接時だけでなく、入社後のオンライン会議などでも使用できるため、模造紙の使い捨てコストが気になる場合は、何度も使用できるカーテンやシーツを用意しておくと便利です。

WEB面接やオンライン面接の場所や背景以外の面接準備は?スマホで受ける注意点

WEB面接やオンライン面接の場所や背景以外の面接準備は?スマホで受ける注意点

web面接やオンライン面接時には、背景だけでなく、スマホの設定や音声、アカウントなどにも気を配ることが大切です。

面接本番を迎える前に、下記の5点を確認しておきましょう。

スマホが揺れないように固定する

オンライン面接でスマホやタブレットを使用する場合は、揺れないように固定しましょう。

スマホを手で持って面接を行うと、手ブレで画面が揺れ、相手にとって見づらい状況になってしまいます。

また、自分自身も手が疲れてしまったり、面接中にミュートボタンや退室ボタンなどをうっかり触ってしまったりする原因にもなり得ます。

もしスマホやタブレットで面接を行う場合は、スマホスタンドを利用したり、本などで固定したりして、ブレないようにしましょう。

スマホカメラやWebカメラの位置に気をつける

スマホカメラやwebカメラの位置を把握し、面接本番前に画角を確認しておきましょう。

面接時に多いのが、カメラの位置や映る範囲を把握しておらず、本人が見切れたり目線が下に下がったり、メイキングしていないベッドや趣味のポスターなどが写り込んでしまったりするトラブルです。

これらのトラブルを防止するために、事前にカメラの位置や画面に映る範囲を確認しておくことが大切です。

カメラの位置は、自分の目線と同程度と高さに固定しましょう。

目線より上過ぎると上目遣いになってしまい、下過ぎると威圧感のある印象になってしまいます。

スカイプのプロフィールはビジネスを意識する

Skypeのプロフィールは、事前にビジネスを意識した内容に書き換えておきましょう。

特に気を付けるべき点は、下記の4つです。

  1. SkypeのID
  2. プロフィール文章
  3. アイコン
  4. 名前

趣味でSkypeを使用している人は特に注意が必要です。

本名や本人の写真を使うことがはばかられる場合は、苗字だけ設定したり、風景写真や後ろ姿などの当たり障りのない写真にしたりすることをおすすめします。

あるいは、就職活動用に新しいアカウントを取得する方法を取るのもよいでしょう。

マイク付きイヤフォンを使う

スマホやタブレットを使う場合、上手く音声が拾えず、相手にとって聞き取りにくい可能性があります。

そのため、面接中はマイク付きのイヤフォンを使用することをおすすめします。

マイク付きイヤフォンは、iPhone純正のイヤフォンでも充分機能するので、利用してみてください。

イヤフォンのコードが気になる場合は、ワイヤレスのものを選ぶのもよいでしょう。

WEB面接やスカイプ面接で回線が悪いときの対処法

WEB面接やスカイプ面接で回線が悪いときの対処法

オンライン面接では、パソコンや周辺機器の不調によるトラブルがつきものです。

面接に臨む前に、起こり得るトラブルの種類と対処方法を確認しておきましょう。

メールや電話で回線が不安定なことを伝える

スマホの回線やWi-Fiの調子が悪い時は、メールや電話で回線が不安定であることを伝えましょう。

連絡した後に、落ち着いてトラブルシューティングを行います。

尚、普段から不調になりやすい時間帯がある場合は、その事情を説明し、不調な時間を避けることもおすすめです。

その他、無線LANで調子が悪い場合や、自室の電波強度が弱い場合は、LANケーブルを引くことで解決する場合があります。

ルーターをリセットしたりデバイスを再起動

回線の調子が悪い時は、ルーターをリセットしたり、デバイスを再起動したりしてみましょう。

普段使い慣れているスマホやパソコンの再起動方法は理解している人が多いですが、見落としがちなのがWi-Fiルーターです。

Wi-Fiルーターの再起動が必要になるかもしれないことを念頭に置き、事前にリセット方法を確認しておくことが大切です。

再接続できない場合は面接の日程変更を依頼する

リセットや再起動をしても回線が悪く、接続できない場合は、面接の日程変更を依頼しましょう。

変更した場合は、再度面接不可能の状態にならないようインターネット環境を改善するか、あるいはホテルやレンタル個室などを利用することをおすすめします。

コツは決して慌てないこと

面接時にトラブルが起こっても、慌てないことが大切です。

冷静にトラブルに対応する姿を見せることで、むしろ冷静さや対応力の高さをアピールするチャンスになるためです。

まずはトラブルが起きてしまったことについて謝罪し、その後落ち着いて原因を取り除きましょう。

WEB面接やスカイプ面接のメモを取る際などのマナー

WEB面接やスカイプ面接のメモを取る際などのマナー

SkypeやZoomを使用したweb面接では、メモを取る機会も多いでしょう。

メモを取る際や、必要な情報について相手に聞き返す際の注意点やマナーをまとめました。

タイピング音は意外と響く

オンライン面接でメモを取る際は、目の前にあるパソコンとキーボードを使用する人が多いでしょう。

しかし、キーボードをタイピングする音は意外と響くもので、面接の進行を阻害してしまう恐れがあります。

静音タイプのキーボードを使うか、手書きでメモを取ることを意識しましょう。

接続の問題で聞こえにくい時What?と言わない

英語の面接をしている際に起こりがちなのが、接続不良で聞き取れず「What?」と聞き返してしまうことです。

しかし、この「What?」は、ビジネスの場ではフランクすぎる言葉で、あまり相手に良い印象を与えません。

英語で聞き返す際は「Sorry, I couldn’t catch what you just said.  Could you say that again?」と丁寧に聞き返すようにしましょう。

日本語で面接する際も同じことが言えます。

「え?」「はい?」と聞き返すのではなく「すみません。音声が途切れて聞き取れませんでした。もう一度お願いします」と丁寧な言葉でお願いするよう心がけましょう。

スマホの通知は切っておく

面接をする際は、スマホの通知を切っておきましょう。

また、パソコンのデスクトップ通知を入れている場合も、通知を切るか音がならないように設定します。

キーボードのタイピング音と同様、通知音は意外とマイクが拾いやすいため、相手に聞こえています。

対面面接時にスマホを機内モードや電源オフにすることと同様、通知設定にも気を配ることが大切です。

スカイプ面接でも服装に気を配る

オンライン面接で見落としがちなのが、服装についてです。

見えていないからといって、下半身はルームウェアのままで行うことは望ましくありません。

また、web面接で相手にしっかり肌が見えないからと言って、ノーメイクのままで行うこともやめましょう。

対面面接時に求められるマナーはweb面接時にも求められるため、気を抜いてはいけません。

WEB面接やスカイプ面接でも挨拶は大切!海外転職時のコツを紹介

WEB面接やスカイプ面接でも挨拶は大切!海外転職時のコツを紹介

海外転職の面接をオンラインでやる際のコツをご紹介します。

画面ではなくカメラを見る

オンライン面接を受ける際は、画面に映る相手の目線ではなく、カメラを見るようにしましょう。

普段自撮りをする人ならわかると思いますが、写真を撮る際に画面上の自分を見ると、どこを向いているのか分からない写真が撮れるものです。

それと同じで、面接時もカメラを意識しないと、相手に「この人は目が合わないな」という印象を与えてしまう可能性があるため注意してください。

WEB面接でもスモールトークは行われる

web面接や英語を用いた面接でも、スモールトークは行われます。

気分や天気を問う質問のほか、いい週末を過ごしたかどうかなどのプライベートに踏み込んだ雑談まで行われるため、事前に答え方を考えておくことが大切です。

スモールトークでは、単純にYES/NOで答えるのではなく、自分の言葉をセンテンスで答えられるよう意識してください。

まとめ|スカイプ面接やWEB面接や場所選びが大事!面接のマナーも忘れずに

SkypeやZoomを用いたweb面接では、本人の身なりだけでなく、部屋の印象も問われます。

場所選びが重要となるため、自室を映すことが憚られる場合は、ホテルのラウンジやコワーキングスペース、レンタル個室などを利用しましょう。

あるいは、模造紙やカーテン、シーツなどの背景や、バーチャル背景を利用する方法もおすすめです。

この記事で紹介したweb面接時のマナーを的確に押さえ、本番前に準備しておきましょう。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録