ロバートウォルターズの評判悪いってホント?連絡ない?紹介料なども解説

海外転職や外資系企業への転職にロバートウォルターズを利用しようと考えている人の中には

ロバートウォルターズって評判悪いのかな…

ロバートウォルターズってどんな特徴があるの?

マイケルペイジやヘイズとどっちがいいの?

こんな悩みや不安を抱えている人もいるでしょう。

この記事では、ロバートウォルターズの評判を実際の口コミを基に解説しています。

どんな人に利用が向いているかも参考にしながら、上手にサービスを利用していきましょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

ロバートウォルターズの悪い評判

ロバートウォルターズの悪い評判を3つご紹介します。

下記の3点は悪い部分として紹介しますが、海外就職に強いミドルクラス~ハイクラス向け転職エージェントという特性上「当たり前」「あって当然」と考えることもできるため、チェックしてください。

ロバートウォルターズは営業が英語で敷居が高い

海外転職に強いロバートウォルターズの営業では、日本語ではなく英語が使われます。

電話でも英語で話されるため、TOEICや英検では測れない咄嗟の対応力や英語力が試されます。

スピーキングやリスニングに自信がない人だと、ロバートウォルターズを使用することの敷居が高く感じられるかもしれません。

その一方で、英語の営業をナチュラルに返せるほどの人材でなければロバートウォルターズで転職することは難しいことを表しているとも言えるため、一概に悪い評判とは言い切ることは難しそうです。

経歴によってはロバートウォルターズから連絡ない人も

悪い評価として、経歴によっては登録後の連絡が来ない可能性があることが挙げられます。

ロバートウォルターズは、ミドルクラスからハイクラス向けの転職エージェントです。

自身の学歴や職歴のレベルについて現実を突きつけられ、今後の就職活動で及び腰になってしまうケースもあるため、利用時には注意が必要です。

スカウトへの返信の要求が偉そう

ロバートウォルターズから送られてくるスカウトに対し、求められる返信への要求が高く、偉そうに見える場合がある点も悪い評価です。

口コミでは、ロバートウォルターズが選んで送信した案件について、「なぜ自分がこの案件に向いているか書け」と言われ不満に思っている人が散見されました。

しかし誰でも就職活動や転職活動をする時は、企業に向けて自己PRや志望動機を書くことが当たり前です。

そう考えれば、一見偉そうに見えるロバートウォルターズの要求も、今後確実に内定を取るためにむしろ必要な返信だとも考えられます。

ロバートウォルターズの良い評判

ロバートウォルターズの良い評判を3つご紹介します。

年収1,000万円も狙える

ロバートウォルターズの最も良い評判は、年収1,000万円クラスの転職を叶えられることです。

特に市場価値の高いエンジニア職で、なおかつ英語力に自信のある人であれば、年収1,000万円も夢ではありません。

今の年収に満足していない方で、エンジニアリングと英語に自信がある方はロバートウォルターズに登録してみましょう。

給与水準が高いうえに職種も豊富

ロバートウォルターズの求人は、給与水準が高いだけでなくニッチな職業が豊富な点も高く評価されていました。

ロバートウォルターズが日系企業だけでなく、外資系や海外企業の求人も取り揃えています。

そのため、日系企業では見つけられないような面白い職業を見つけられるところが優れています。

「自分のスキルを生かせる仕事が見つからない」「生涯全力を尽くせる仕事を見つけたい」と考えている方はロバートウォルターズを利用してみてください。

役員や採用担当者と直に繋がれる

役員や採用担当者と直に繋がれることも、ロバートウォルターズの良い評判の一つです。

大手企業や優良企業で内定を取るためには、スピード感のある転職活動が求められます。

なぜなら、良い企業は引く手あまたで、多くのハイキャリア求職者が集まるためです。

役員や採用担当者からダイレクトにフィードバックしてもらえるロバートウォルターズであれば、魅力的な優良企業への内定チャンスを逃すことはありません。

ロバートウォルターズは専門性が特に高い!特徴を解説

ロバートウォルターズが他の転職エージェントと異なる点は、専門性が高いことです。

海外転職を目指しているミドルクラス~ハイクラスの求職者にロバートウォルターズを進める理由を、ロバートウォルターズの特徴にフォーカスして解説します。

エージェント全員がバイリンガルで専門性が高い

ロバートウォルターズは、エージェント全員がバイリンガルで、専門性が高い点が特徴です。

海外の企業や英語力を生かせる企業について知るためには、その分野についての知識量が豊富なエージェントを頼ることが大切です。

それは例えば、IT系の企業に就職したいのに花屋専門の転職ページを見ていては意味がないことと同じことだと言えるでしょう。

しかしロバートウォルターズには、海外転職に必要な知識が豊富にあります。

自分がインターネットや書籍で調べるだけでは見つけられなかったような情報が手に入るため、転職活動を有利に進められるでしょう。

具体的な転職アドバイスが得られる

ロバートウォルターズでは、他の転職エージェントよりも具体的な転職アドバイスをもらえる点も特徴で、求職者に評価されています。

ロバートウォルターズの転職アドバイスは、シチュエーションごと4カテゴリに分けられています。

 

  • 転職アドバイス
  • 職務経歴書アドバイス
  • 面接アドバイス
  • 外資系転職アドバイス

 

相談できる内容は、「英文履歴書の書き方がわからない」と言ったことだけでなく、今後のキャリアプランの描き方や自身の市場価値を高める方法、転職中や入社後のストレス解消方法など多岐に渡ります。

転職に関わるすべての悩みを相談できるため、1つでも不安や疑問があるとスムーズな決断や思考ができなくなってしまう人も、ロバートウォルターズであればスピーディーに転職できるでしょう。

英文履歴書が作れる機能を利用可能

ロバートウォルターズでは、海外転職で必須となる英文履歴書を作成できるサービスを利用できます。

入力欄に沿って名前やメールアドレス、スキル、学歴などについて入力するだけで、簡単に作成できる点が優れています。

Awards / Certificationsの項目では、文字装飾やリスト表示などの機能も使えるため、自由度も高く、自分の理想の履歴書を作成できるでしょう。

海外では手書きではなくワープロ等を用いて作成した履歴書が一般的なため、PC入力した履歴書の作成方法に慣れる点でも、ロバートウォルターズの履歴書作成サービスの利用がおすすめです。

ロバートウォルターズジャパンではヘッドハンティングも盛ん

ロバートウォルターズでは、ヘッドハンティングも盛んにおこなわれています。

業界に詳しい採用コンサルタントが、相性が良いと思われる企業と候補者をマッチングしてくれるため、効率よく転職活動を進められるでしょう。

もしロバートウォルターズからヘッドハンティングされたら一度話を聞いてみることをおすすめします。

もしその求人が魅力的であれば面接に向けて準備を始めましょう。

その求人が自分の理想とずれている場合も、すぐに拒否するのではなく、条件の異なる求人がないかどうか尋ねてみてください。

ロバートウォルターズのキャリアアドバイザーは外国人の場合や、英語を用いて行われるケースが多々ありますが、基本的には日本国内の転職エージェントと変わりません。

積極的な姿勢を見せることで、求人紹介やヘッドハンティングをしてもらえる機会を増やせるでしょう。

ロバートウォルターズは紹介料が貰えるキャンペーンも実施中

ロバートウォルターズでは、現在紹介料を貰えるキャンペーンが開催されています。

紹介された求職者がロバートウォルターズを利用して転職した際、半年に1度、抽選で1名様に10万円相当のギフトカタログ「THE PREMIUM GIFT」が贈呈されいます。

それに加え、ロバートウォルターズを通して転職した際、紹介者には2万円分のVISAギフトカードが進呈される模様です。

もし、身近に転職を考えている人がいる場合は、ロバートウォルターズを紹介してみましょう。

ロバートウォルターズはマイケルペイジやヘイズと比較しても良い?

ロバートウォルターズと同様外資系転職に強いマイケルペイジやヘイズを比較して解説します。

全てを登録して利用するのがおすすめ

ロバートウォルターズとマイケルペイジ、ヘイズは全て登録し、併用することをおすすめします。

なぜなら、ロバートウォルターズには掲載されていない求人が、マイケルペイジやヘイズになら掲載されている場合があるためです。

また、複数のエージェントを利用することで、転職にかかる期間を減らすことができます。

それに加え、複数のエージェントで複数のキャリアアドバイザーから話を聞くことで、業界やキャリアアップに関する知識を深めることができ、有意義で濃厚な転職期間を過ごすことができるでしょう。

ただし、全ての転職エージェントに同じ熱量をかけて利用することは、時間を無駄にしてしまう可能性があります。

そのため、メインで使うエージェントを一つ決め、そこでは得られない情報や求人の取りこぼしを防ぐためのサブエージェントとしてその他2つを利用することをおすすめします。

ロバートウォルターズもマイケルペイジも話せることを重要視

ロバートウォルターズやマイケルペイジでは、TOEICスコアだけでなく、実際のスピーキング力も重要視されています。

エージェントから送られてくる英語のスカウトや営業電話に対し、卒なく受け答えできていれば問題ないようです。

もし英語力に不安がある場合は、転職を見据えて英会話の勉強をしたり、単語や文法の復習をしてみたりすることをおすすめします。

もしスピーキング力に自信がないとしても、TOEICで高得点を取ることが転職を有利にするので、挑戦してみましょう。

ヘイズは取り扱い職種が多い

ヘイズは、取り扱いのある職種が多いところが特徴です。

昨今市場が拡大しているIT系やデジタル系だけでなく、営業や金融、マーケティング、人事、保険や法務・事務などのジャンルがあります。

雇用形態も、正社員、契約社員、派遣社員の3つを用意しており、給与ガイドや年収査定などの転職ツールが充実しています。

ヘイズに掲載されている求人は、東京23区だけでなく、東海地方や大阪、九州などの勤務地なども選べるため、ハイキャリア転職を目指している地方在住者でも理想の企業を見つけやすいところが魅力的です。

ロバートウォルターズがおすすめな人の特徴

ロバートウォルターズを利用した転職がおすすめの人が誰か解説します。

英語力を活かして働きたい人

英語力を生かして働きたいと考えている人は、ロバートウォルターズの利用がおすすめです。

ロバートウォルターズに掲載されている求人は海外企業や外資系、国際系のものがほとんどです。

そのため、自分の希望する条件や英語レベルにマッチした企業を容易に見つけることができます。

英語は使えば使うほど上達するので、まだ英語を生かせる仕事に挑戦したことがない人でも、一度ロバートウォルターズのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

グローバル企業や外資系企業に転職したい人

海外に取引先やコネクションを持つグローバル企業や外資系企業に転職したい人も、ロバートウォルターズの利用がおすすめです。

日本国内の大手転職エージェントは、日本法人に特化しているため、取り扱っている外資系・グローバル系企業の数は多くありません。

また、海外企業や海外就職に特化した知識が乏しい影響で、効率的な転職活動が難しいというデメリットもあります。

しかし、バイリンガルのスタッフが在籍し、海外企業と強いコネクションを持つロバートウォルターズであれば、情報不足や回り道の心配はありません。

必要な情報を的確に提供し、真剣にサポートしてもらえるため、質の高い転職を体験できます。

今よりも上のキャリアを目指す人

今のキャリアに満足しておらず、もっと上を目指したい人もロバートウォルターズの利用がおすすめです。

ロバートウォルターズに掲載されている求人は、ミドルクラス~ハイクラスばかりです。

また、求職者のキャリアレベルに合った求人を紹介してもらえるため、自分の実力に見合った年収やポジションを実現できることが特徴です。

まとめ|ロバートウォルターズの評判が悪いは嘘!求人もエージェントも質が高い

ロバートウォルターズは、連絡が英語で敷居とスカウトへの返信要求が高いが、求人の給与水準が高くニッチな職種にも対応しており、英語力を生かした転職ができる転職エージェントです。

一見悪い評判に聞こえる「英語の連絡」と「高い返信要求」ですが、それらはロバートウォルターズでハイクラス転職を叶えるために必要なスキルと熱意があるかどうかテストされているとも言い換えられます。

本当に実力がある人のみしか使用できないロバートウォルターズは、確実に年収をアップしたい人や、レベルの高い海外就職を実現したい人におすすめだと言えるでしょう。

理想のキャリアを最短で描くために、ロバートウォルターズの利用を検討してみてください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録