フィリピンに駐在するベストな方法とは?求人や駐在員の給料、ブログも紹介

フィリピンへの駐在を検討しようとしたとき、

「フィリピンへ駐在する方法は?駐在員の給料は?」

「フィリピンの物価や生活費は?治安はどうなの?」

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、フィリピンの駐在に関する情報を網羅的にわかりやすく解説します。

最後まで読むことで、フィリピンの駐在情報を深く知ることができるでしょう。

リクルートエージェントアジア中心に海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント(RGF)」。
日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。海外の求人情報アジアへの就職を考えてるなら「リクルートエージェント(RGF)」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

公式サイトを見る

海外勤務でフィリピンに駐在する方法

フィリピンで駐在するためには、転職エージェントの利用が近道

フィリピンに駐在する道は、コネクションを辿ることや、求人サイトの求人に応募することなどがありますが、1番の近道は転職エージェントを利用することです。

そこで、海外勤務でフィリピンに駐在する方法について解説します。

転職エージェントの利用が近道

フィリピンで駐在するためには、転職エージェントの利用が近道と言えます。

なぜなら、転職エージェントには膨大な求人情報や経験豊富なコンサルタントが揃っているからです。

ほとんどの転職エージェントが非公開求人を取り扱っており、個人のリサーチでは届かない情報も手に入ります。

また、キャリアや能力を加味してコンサルティングを行い、自分に合う就職先を紹介してもらうことも可能です。

コンサルタントがフィリピンに駐在している転職エージェントもあり、就職後の現地生活についても相談できるでしょう。

駐在の求人は個人で調べるには限界があるので、転職エージェントの利用がオススメです。

※英文レジュメの作成、履歴書や職務経歴書、面接対策、年収交渉も完全無料にサポート

フィリピン駐在に英語は必要?

フィリピン駐在に英語は必要と言えます。

なぜなら、フィリピンの公用語は英語であり、日本人を含む外国人とのビジネスシーンでは英語が当たり前に使われているからです。

具体的には、TOEIC600点以上、日常会話レベルの英語力があると安心と言えます。

対フィリピン人の営業職、現地労働者をマネジメントする管理職に付く場合は、より高い英語力があると実績に繋がるでしょう。

美容師や料理人など特殊な能力が必要な職業では英語が必要ない場合もありますが、フィリピン駐在で仕事の成績を上げるためには、ある程度の英語力は必要と言えます。

フィリピン駐在員の給料

フィリピン駐在員の給料

物価の低いフィリピンで働く場合、駐在員の給料は日本基準であるため、経済的に恵まれた暮らしができます。

海外赴任手当や住宅手当などをもらえる場合も多く、余裕のある生活が送れるでしょう。

そこで、フィリピン駐在員の給料について解説します。

フィリピン駐在後、日本帰国時の金銭リスク

フィリピン駐在後、日本帰国時の金銭リスクがあります。

これは、フィリピンで貯金し、日本帰国時に日本円に換金する場合、為替変動に大きく左右されることが理由です。

例えば、50万ペソの貯金があり、1ペソ2.3円の時に換金すると、115万円になり、1ペソ2.0円の時には100万円になってしまいます。

また、帰国後にフィリピン駐在時の賞与を得た場合は、フィリピンでの労働の対価であると見なされ、フィリピンで申告納税する必要があります。

フィリピン駐在後の金銭リスクを減らすためには、確かな情報収集が必要でしょう。

フィリピンに進出している企業

現在フィリピンに進出しているは1,502社あり、フィリピン経済の急成長から、企業数は年々増えています。

伴って、在住日本人も増加傾向にあり、外食産業やアパレル産業もフィリピンに進出しています。

具体的な企業名は以下の通りです。

  • ファミリーマート
  • ローソンフィリピン
  • 和民
  • 牛角
  • UNIQLO
  • 丸紅フィリピン
  • 全日本空輸マニラ支店
  • トヨタ自動車フィリピン
  • 東芝情報機器フィリピン
  • フィリピン味の素

フィリピン駐在の求人情報

フィリピン駐在の求人情報

フィリピン駐在で就職を目指す場合、自分に合う求人情報を探す必要があります。

そこで、条件別のフィリピン駐在の求人情報を紹介します。

日本語のみの求人

日本語のみの求人

日本語のみの求人には、カスタマーサポート、マーケティング、日本語教師などがあります。

英語やタガログ語が不要な代わりに、日本のビジネスマナーや日本語でのコミュニケーション能力が必要と言えます。

これは、対日本人の職が多く、日本レベルの対応が求められることが理由です。

語学手当が充実している企業もあり、就職後に語学力向上を図れる場合もあります。

dodaの公式サイトへ

コールセンターの求人

コールセンターの求人

フィリピンは世界一コールセンターが多い国と言われています。

なぜなら、人件費が安く、世界中の企業が注目しているためです。

コールセンターの求人には、主に対日本人向けの仕事と、外資系企業での仕事に分かれます。

日本人が顧客のコールセンターでは、その後のキャリアアップが難しいので、グローバルに活躍し、キャリアを積みたい人は外資系企業のコールセンターへの応募をオススメします。

dodaの公式サイトへ

シニアの求人

日本語のみの求人

シニアの求人にはシステムエンジニアや人事、管理職など、企業の中核を担う求人があります。

これは、日本で培ったシニアの経験やノウハウを企業が求めていることが理由です。

40〜60代の人が活躍している企業もあり、フィリピンは充実したセカンドライフを実現できる可能性のある国と言えます。

アジア[シニア]の仕事をするなら | 【カモメアジア転職】は海外・アジアの求人に特化したサイトです。東南アジア・海外の就…

海外勤務・出張・転勤の求人

海外勤務・出張・転勤の求人には、広告営業、電気や機械エンジニア、アパレル工場長などがあり、なかでも求人数が多いのが、IT業界です。

なぜなら、フィリピンはスマホ大国としても知られており、多くの日本企業が消費市場として注目しているためです。

まだまだ市場拡大が期待される分野なので、フィリピンの海外勤務や出張、転勤のある職につきたい人は、IT業界は狙い目と言えます。

マイナビ転職グローバル

フィリピン/海外勤務・出張ありの転職・求人情報を紹介。海外勤務や語学スキル歓迎求人の転職サイト【マイナビ転職グローバル】…

飲食求人

飲食求人には、レストランやバースタッフ、マネージャー、和食料理人などがあります。

近年フィリピンでは多くの日本外食チェーン店が進出しています。

これは、在住日本人が増えたことと、世界的な和食ブームに後押しされたことが理由です。

なかでもラーメン店が人気になっており、フィリピン人にも日本のラーメンが浸透してきています。

飲食店なら日常会話程度の英語があれば働けるので、英語に自信がない人にもオススメです。

フィリピン掲示板

フィリピンの「求人・アルバイト - 飲食・レストラン」の掲示板です。フィリピンで就職や転職をしたい人は無料で応募できます…

フィリピンに駐在するのに無料で利用できる転職サービス

フィリピンに就職するにあたって、安定した生活をするために、平均年収が高い仕事に就く必要があります。

そのためには、転職エージェントを利用してフィリピンで平均年収が高い企業を見つけましょう。

転職エージェントを利用すれば、年収の交渉もあなたの代わりに行ってくれるので、平均年収が高くなる傾向にあると言えます。

フィリピンで駐在するなら「リクルートエージェント」


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年6月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

無料で登録する

フィリピンの物価は日本より安い

フィリピンの物価は日本より安い

フィリピンの駐在を考える上で、物価を知っていれば、具体的な生活をイメージしやすいでしょう。

フィリピンの物価は日本より安く、生活費も抑えられます。

それでは、フィリピンの物価について解説します。

フィリピンの物価

フィリピンの物価は日本の1/5〜1/3と言われています。

フィリピンの物価が安いのは、発展途上国であり、人件費が安いことが理由の1つです。

特に外食費が安く、例えば、ローカル食堂では1食約100円、カフェではコーヒー1杯200円、バーではビール1杯約100円で購入できます。

ただし、アメリカ資本のスターバックスや、日本資本のCoCo壱番屋などの外国資本の店舗では日本の値段とあまり変わりません。

物価の低いフィリピンでは、現地の生活を楽しめるほど生活費を抑えられると言えます。

フィリピンの治安情報

フィリピンの治安情報

フィリピンに駐在する上で、治安情報を知っておくことは非常に重要です。

危険な地域には近づかないことや、防犯対策を入念にしておくことはフィリピン生活では命に関わります。

そこで、フィリピンの治安情報について解説します。

アジアで犯罪数が多い国

昔に比べて治安は良くなってきているとは言え、フィリピンはアジアの中でも犯罪数が多い国として知られています。

なぜなら、かつてフィリピンでは貧困層を中心に麻薬が蔓延していたためです。

特に、スリ、置き引き、ぼったくりなどの被害が多く、観光客や外国人を狙った犯罪もたくさん起こっています。

夜の1人歩きは避け、危険な場所には行かないほうがいいでしょう。

マニラなどのビジネス街は比較的安全ですが、どこにいても貴重品は身につける、チャックが閉まるカバンを持つなど、防犯の意識を常に持っておくことが重要です。

政府が2016年に麻薬使用者の取り締まりを強化したことをきっかけに、治安は変化してきていますが、フィリピンはまだまだ安全な国とは言えないのが現実です。

フィリピンの住宅や家の情報

フィリピンの住宅や家の情報

フィリピンでは多くの日本人がコンドミニアムに住んでいます。

なぜなら、コンドミニアムはセキュリティ面が安心で、ほとんどの物件が家具付きであるためです。

フィリピンの物価が安いとは言え、コンドミニアムに住むと単身者でも少なくとも月4万円はかかります。

しかし、フィリピンのコンドミニアムには高級マンション並みの設備があり、日本よりも広い部屋に住みながらシティライフを楽しめるでしょう。

詳しい住宅や家の情報については、下記サイトも参考にしてください。

フィリピン駐在に関するブログ

フィリピン駐在を計画する時、駐在者の生の声であるブログは非常に参考になります。

そこで、フィリピン駐在に関するブログを紹介します。

フィリピンプライマー

フィリピンプライマー」ではブログや求人情報、不動産情報、掲示板などを掲載しています。

フィリピンの労働環境や法律、ビザの情報もあり、駐在する上で必要な情報を網羅しています。

生活に関する情報も充実しているので、フィリピン駐在についての疑問を持っている人は、フィリピンプライマーで調べてみてください。

駐在ママのアイデアメモ

駐在ママのアイデアメモはフィリピン在住で、2児の子供を持つLalaさんが運営するブログです。

等身大で書かれている文章は読みやすく、家族で駐在したい人の情報が網羅されています。

ジャンルが細かく分けてあり、子供がいる家族の休日の過ごし方や、病院や薬などの現地医療情報、フィリピン生活の体験談などがあります。

日本で生活しているだけでは入手できない、リアルなフィリピン生活情報を知られるでしょう。

静かにどこかで駐在妻

静かにどこかで駐在妻は、マニラ在住のしずかさんの運営するブログです。

現在投稿をお休みされていますが、水道料金の支払いなど身近な話題について、画像をたくさん使って紹介し、マニラの生活を本音で語っています。

画像のおかげで現地生活のイメージがしやすいので、ぜひ1度読んでみてください。

まとめ|フィリピンで駐在する方法は転職エージェントが有利

フィリピンで駐在するには転職エージェントが有利になります。

就職後の生活を整えるためにもフィリピンの物価や治安情報も入念に調べ、駐在する計画を成功させましょう。

\国内外の転職におすすめの無料転職サービス/
\ 国内外求人数No.1 /
リクルートに無料登録