海外就職の年収情報を徹底解説!給料が高い職業は?

海外に就職を検討しようとしたとき、

海外就職で年収は上がるの?

海外で給料が高い職業は?

この記事では、そんな悩みを抱えている海外就職希望者に向けて、海外の年収事情及び海外就職したら年収は上がるのかまで解説します。

最後まで読むことで、海外就職で年収を上げることができるはずです。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

海外就職で給料が上がるの?

海外就職で給料が上がるの?

海外就職を考えるとき、1番気になるのは給料でしょう。

海外転職すると、日本で働くより給料が下がることがあります。

そこで、海外就職で給料ダウンする場合について解説します。

海外に就職することで給料が下がることもある

海外就職すると、前職よりも給料が下がることがあります。なぜなら、日本は先進国であり、世界的に見て給与水準が高い傾向にあるためです。

例えば、OECD(経済協力開発機構)の平均年収ランキングによると、日本は24位となっています。

上位は欧米の先進国がほとんどであり、海外就職先として人気のアジア諸国に比べると、日本の平均年収は高水準と言えます。

生活するためには物価や税金も関わるので、一概に生活が苦しくなるとは言えませんが、給与額面だけで見ると海外就職によって給料が下がる場合があります。

年収は仕事内容によっても異なる

年収は仕事内容によっても異なる

海外で転職するなら、可能な限り高い年収を得て生活したいはずです。

年収は仕事内容によって異なります。そこで、海外就職で年収が高い職業と、理系卒業者の年収について解説します。

海外就職で年収が高い職業は?

海外就職で年収が高い職業は、プログラマーや看護師、会計士などです。なぜなら、これらの職業では専門知識が必要で、雇用需要が比較的高いためです。

例えば、オーストラリアのソフトウェアエンジニアの年収は約750万円以上、財務会計士なら約700万円以上となっています。

特別なスキルや専門性のある職業なら海外就職でも高収入を得られる可能性が高いと言えます。

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「海外のITエンジニアの年収(給料)は高いの?そもそもいくらなの?」「日本のエンジニアと海外のエンジニアの違いは?」この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転[…]

海外のITエンジニアの年収(給料)は高い?アメリカなどの国際比較や日本との違いも解説

理系を卒業でも年収が低いこともある

理系大学を卒業しても年収が低いこともあります。なぜなら、技術や知識を活かせる英語力がない場合があるためです。

例えば、GoogleやAmazonなどのグローバル企業は優秀な多国籍人材を集めていますが、英語が堪能なインド人やフィリピン人に比べると、日本人はごく少数しかいません。

昇給や昇進に必要なマネジメント能力にはコミュニケーションが取れる英語が不可欠なので、理系卒業者でも語学力が足りないと年収が低いまま昇進できない場合もあります。

自分の年収が適正かをチェックする方法

海外就職を検討中、今の年収がキャリアに見合っているのか気になる方もいるでしょう。

現在、日本での給料が適正年収より低い場合、海外就職なら自分の経験や能力に見合った年収を得られる可能性もあります。

そこで、自分の年収が適正かチェックする方法について解説します。

dodaの年収査定を利用する

dodaの年収査定

自分の年収が適正かチェックする方法として、dodaの年収査定の利用がおすすめです。なぜなら、このサービスを使うと、適正年収を元に将来の可能性を見つけられるためです。

例えば、適正年収から求人を探せたり、あなたと似たキャリアを持つ方の転職成功事例を確認できたりします。

あなたのキャリア価値に見合った適正年収を知ることで、海外転職のモチベーションに繋がる可能性もあります。

公式サイト:https://doda.jp/

海外就職で年収(給料)を高収入にする方法

海外就職で年収(給料)を高収入にする方法

海外就職する場合、入念に準備することで高収入を狙えます。

そこで、海外就職で年収を高収入にする方法について解説します。

転職する前に英語力を身につける

転職する前に英語力を身に付けましょう。なぜなら、培ってきたキャリアに加えて英語力もあると、高いポジションに就ける可能性が高まるためです。

例えば、シンガポールでソフトウェアエンジニアの平均年収は約624万円ですが、シニアソフトウェアエンジニアになると約818万円になります。

ポジションが上がればマネジメント能力も必要となるので、高い英語力があれば高収入も狙いやすいでしょう。

業務で英語を使うので転職後は英語力は向上しやすいですが、転職する前から英語力を磨くことで高いポジションからスタートできる可能性が高まります。

スキルや技術、経験を身につける

海外転職する前にスキルや技術、経験を身に付けることもおすすめです。これは、海外では実力主義の国も多く、能力が高ければ高収入を狙えるためです。

例えば、アメリカやシンガポールは実力主義と言われており、実績を上げれば昇給交渉しやすい環境が整っています。

日本で身に付けたスキルや技術、経験を活かせると、海外就職では高収入を目指せます。

転職エージェントに給与の交渉をしてもらう

ビズリーチ

内定が出たら転職エージェントに給与の交渉をしてもらいましょう。なぜなら、転職エージェントはプロであり、交渉力に長けているためです。

例えば、利用する転職エージェントに過去の内定者がいれば、企業の給料事情も把握しており、個人で交渉するよりも希望が通りやすい場合があります。

転職エージェントに給与交渉の代行をしてもらえば、入社前に最大限給与を引き上げられる可能性が高まります。

まずはカンタン登録!(30秒)

【補足】海外就職で年収を上げるコツ

【補足】海外就職で年収を上げるコツ

海外就職は内定を取ったら終わりではありません。海外でのキャリアを積み、年収アップを狙うスタートでもあります。

そこで、海外就職で年収を上げるコツについて解説します。

海外で転職を繰り返して経験を積む

海外就職後は転職を繰り返して経験を積み、年収アップを目指しましょう。なぜなら、海外は転職社会の国も多く、たくさんの企業で経験を積むと専門性を高められるためです。

例えば、アメリカの労働局の統計によると、アメリカ人は18〜54歳の間で平均12.4個もの職に就くという統計結果があります。

「転職=昇給・より良い待遇」という認識があり、海外で転職は年収を上げる最適な手段の1つです。

海外就職後も能力や経験を磨き、転職を繰り返すと年収アップが期待できます。

海外の求人が多い転職エージェント

海外転職を考えるなら、まずは海外の求人が多い転職エージェントに登録しましょう。

無料で手軽に登録できます。それでは、海外の求人が多いリクルートエージェントについて解説します。

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

まとめ|海外就職で年収を上げることは可能

まとめ|海外就職で年収を上げることは可能

海外転職で年収を上げるには高収入の職業に就いたり、転職前に英語力や技術力を磨いたりすると実現できます。

入社前に転職エージェントに給与交渉してもらえば、経済的に余裕を持って海外生活がスタートできるでしょう。

まずは転職エージェントに登録し、海外転職でも高収入を狙っていきましょう。

CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録