海外エンジニアのレベルはどれくらい?未経験でもできる?英語力は必要?

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、

「海外のITエンジニアのレベルはどれくらい?」

「海外のエンジニアは実務経験がない未経験でもできる?」

「海外のエンジニアは英語力は必要なの?」

この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転職希望者に向けて、必要とされているエンジニアのレベルから未経験でも就職できるのか、英語力は必要なのかについて解説します。

最後まで読むことで、あなたも海外に転職できるチャンスがあることがわかるでしょう。

リクルートエージェント アメリカや東南アジア中心に海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

\ 海外求人数業界No.1 /

公式サイトを見る

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「エンジニアが海外転職する方法は?」「エンジニアの海外転職におすすめの転職エージェントは?」この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転職希望者に向けて、エンジ[…]

海外のエンジニアのレベルは?

海外と日本のエンジニアレベルは人ぞれぞれですが、全体的には大きな違いはありません。

しかし、海外のほうが専門性を極める環境が整っていることもあり、仕事のやり方は日本と異なる点もあります。

そこで、エンジニアの海外転職で必要な英語力や技術力、文化適応能力について解説します。

英語力なくても就職はできる

エンジニアの海外転職では、高い語学力は必要ない場合があります。

これは、プログラミング言語が世界共通語であり、専門用語を駆使すればシンプルな英語でも業務をこなせるためです。

例えば、エンジニア間のコミュニケーションであれば業務上での共有知識も多いので、完璧な英語を話せなくても通じる場面はたくさんあります。

ただし、仕様書や書類を理解するために英語力が必要なので、就職後のために英語は勉強しておくと良いでしょう。

プレーヤーとして成果を出すのが大事

エンジニアとして海外就職する場合、プレーヤーとして成果を出すのが大事です。

なぜなら、海外では成果主義の国が多いためです。

例えば、ミーティングで一言も意見を言わなければ参加する意味がないと判断されてしまう可能性もあります。

プレーヤーとしての成果を出せれば、将来、給与交渉をしやすくなるメリットもあるので、チームの業績に貢献する力が必要と言えます。

低い英語力より高い技術力が必要

ITエンジニアとして海外で働く場合、低い英語力より高い技術力が必要と言えます。

なぜなら、プログラミング力がなければ成果を挙げられないためです。

例えば、多少日本語訛りの英語でも、簡単な英語や辞書を使えば最低限のコミュニケーションは取れるので、プロジェクトを完遂できるでしょう。

しかし、足りない技術力はその場で補うことはできません。

英語力は就職してからでも慣れや勉強で向上できるので、まず求人に応募するための十分な技術力が必要と言えます。

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「海外のITエンジニアの年収(給料)は高いの?そもそもいくらなの?」「日本のエンジニアと海外のエンジニアの違いは?」この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転[…]

海外のITエンジニアの年収(給料)は高い?アメリカなどの国際比較や日本との違いも解説

国によって価値観が違う文化に慣れることが大切

国によって価値観が違う文化に慣れることも大切です。

なぜなら、転職する国によっては労働文化や仕事への姿勢が大きく異なる場合があるためです。

例えば、納期を守る日本のITエンジニアと違い、アメリカのITエンジニアは質を重視するため、プロジェクトが遅れる場合があります。

また、日本と違って「職務内容にない仕事はやらない」とはっきり言われることも日常茶飯事です。

国によって価値観や文化が違うので、柔軟な適応力が必要でしょう。

そもそも海外エンジニアの需要は高い?

エンジニアとして海外転職を考えるとき、IT業界の将来性が心配になる方もいるでしょう。

そこで、海外エンジニアの需要について解説します。

エンジニアは世界的に不足しているので年々需要が高くなる

エンジニアの需要は年々高くなっており、今後も高まっていくことが予想されます。

なぜなら、ITエンジニアは世界的に不足しているためです。

例えば、IT業界で最先端技術を誇るアメリカでさえも人材不足が問題となっており、求人に対しての応募者が非常に少ない売り手市場になっています。

海外転職は日本からでもWEB面接を受け付けてくれる企業もあるので、IT人材が不足している国を狙えば日本からでも転職活動を進められる可能性は高いと言えます。

.NETコラム

IT人材が不足しているという背景から、エンジニアの需要は高くなっています。IT企業が増えてきていることにより、エンジニア…

エンジニアに英語力は必要?

エンジニアの海外転職は技術力重視とは言え、英語力は高いほうが求人応募や面接のときに有利になります。

そこで、エンジニアにとって必要な英語力について解説します。

海外との業務取引があるなら必要

海外との業務取引があるなら英語力は必要と言えます。

なぜなら、公用語が英語でなくても、取引では英語を使用するためです。

例えば、海外と業務取引がある企業の求人に応募する場合、履歴書に英語関連資格を記入したり、英語面接で自分をアピールできたり、英語力があることが有利になります。

また、英語でのコミュニケーション能力が高いと、狙えるポジションも高くなるので、給与や待遇も好条件で転職できる可能性が高まります。

エンジニアに必要な英語力はどれくらい?

エンジニアの海外転職はビジネスレベル以上の英語力が必要と言えます。

なぜなら、英語力があれば将来高いポジションに就ける可能性があるためです。

例えば、プロジェクトマネージャーになるとチームの立ち上げやスケジュール設定など、最低限以上のコミュニケーションを取れる英語力が必要です。

プログラマーであれば簡単な英語と専門用語で業務をこなせますが、就職後のキャリアアップを目指す方やより高い給与を得たい方は、技術力に加えてビジネスレベル以上の英語力は必須と言えます。

未経験で海外のエンジニアになるにはある程度のスキルを身につける

未経験で海外のITエンジニアになるにはある程度のスキルを自分で身につける必要があります。

なぜなら、海外は転職社会で即戦力を求めているためです。

例えば、エンジニア未経験で数十通履歴書を送っても、面接にたどり着くのは1件ということも珍しくありません。

未経験エンジニアが海外転職する場合は、自分で勉強を進めながら、現地のプログラミングコースや学位を取る方法が確実と言えます。

在学中にIT業界のコネクションを得られ、応募できる求人や企業に出会える可能性もあるので、スキルを身につけるために現地の学校に通うこともおすすめです。

まとめ|海外のITエンジニアはレベルが高いが日本人でも就職は可能

海外のITエンジニアはレベルが高いですが、日本人の技術力も負けていないので就職は可能と言えます。

自分の働きたい国や企業に転職できるようIT技術と英語力を磨くことが大切です。

今後も需要が高まることが予想される業界なので、国境を越えて活躍するITエンジニアも増えていくでしょう。

CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録