海外就職でおすすめの国は?海外就職しやすい国を英語圏で就職検討している方向けにも解説

海外に就職を検討しようとしたとき、

海外就職でおすすめの国は?

海外就職しやすい国は?おすすめの職種は?

この記事では、そんな悩みを抱えている海外就職希望者に向けて、海外就職でおすすめの国や海外就職しやすい国などを解説します。

最後まで読むことで、あなたも海外に就職できるチャンスがあることがわかるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

海外で働くなら知っておきたい海外就職のポイント

住み慣れた日本を離れて働く海外就職では、事前に調べることや準備することがたくさんあります。

そこで、海外で働くなら知っておきたい海外就職のポイントについて解説します。

関連記事

日本に住んでいて、海外就職に少しでも興味を持った時に、「海外就職の難易度ってどのくらいなんだろう…難しいのかな?」「海外で働くには何が必要なんだろう…」この記事では、そんな悩みを抱えている海外就職希望者に向けて、海外[…]

現地の治安や生活環境を知る

現地の治安や生活環境を知る

海外に就職する前に、現地の治安や生活環境を調べましょう。

なぜなら、仕事で成果を上げるためには、現地の生活を整えることが非常に重要であるためです。

例えば、海外就職先として人気のフィリピンは、アジアのなかでも治安が悪い国として知られています。海外で働くことを目標に渡航できても、軽犯罪に巻き込まれたり、最悪の場合は命に関わる事件が身に降りかかったりすれば、帰国を考えることも出てくるでしょう。

海外で仕事をこなし、業績を上げるためには現地の治安や生活環境を知り、リスクに備える必要があると言えます。

関連記事

海外就職を検討しようとしたとき、「海外就職するメリットやデメリットは?海外で働いている日本人はどれくらいいるの?」この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、海外就職をするメリットからデメリット、海外で働く日本人の数、海[…]

就労ビザが比較的簡単に取得しやすい国かを確認

就労ビザが比較的簡単に取得しやすい国かを確認

就労ビザの取りやすさを確認することも重要です。なぜなら、海外で働くためには就労ビザは必要不可欠であるためです。

例えば、シンガポールやベトナム、インドネシアでは大卒以上が就労ビザの取得条件ですが、タイやフィリピン、ミャンマーでは学歴制限がありません。

どの国でもジョブオファーと呼ばれる内定が必要ですが、その他の条件はあなたの学歴や職歴によって、どの国の就労ビザが取得しやすいか確認しておくと良いでしょう。

関連記事

海外就職を検討するときに、「海外で働く日本人の数は?」「外国で働く日本人が増える理由とは?海外で日本人が働くメリットは?」この記事では、そんな悩みを抱えている海外への就職希望者に向けて、海外で働く日本の数をはじめ、外[…]

関連記事

ヨーロッパで就職を検討するときに、「ヨーロッパで就職しやすい国ってどこなんだろう…」「ヨーロッパに移住して後悔したことってなんだろう…」「ヨーロッパで永住権の取得が難しい国は?」「ヨーロッパで国籍取得が簡単な[…]

ヨーロッパで就職しやすい国は?永住権が難しい国と国籍取得が簡単な国も紹介

その国で物価と年収を比較して生活に不自由がないかを知る

その国で物価と年収を比較して生活に不自由がないかを知る

働きたい国の物価と年収を比較し、生活に不自由がないかを計算しましょう。

なぜなら、年収が上がっても、物価が高いと経済的に余裕のない生活になってしまうためです。

例えば、OECD(経済協力開発機構)の調査によると、オーストラリアは最低賃金ランキングで世界1位になっていますが、その分物価が高く、求人倍率も高くなるデメリットがあります。

大変な思いをして海外就職するなら、現地生活を自由に楽しめるよう、年収だけでなく物価も調べることが大切です。

関連記事

海外に就職を検討しようとしたとき、「海外就職で年収は上がるの?」「海外で給料が高い職業は?」この記事では、そんな悩みを抱えている海外就職希望者に向けて、海外の年収事情及び海外就職したら年収は上がるのかまで解説します。[…]

その国の就職に有利になる資格を持つ

その国の就職に有利になる資格を持つ

就職する国で有利になる資格を持っておきましょう。これは、就労ビザや内定を取りやすくするためです。

例えば、イギリスの就労ビザはポイント制であり、不足技術者リストにある職業に関連したスキルを持っているとポイントが高くなる可能性があります。

ちなみに、IT、地学、土木、建築関係などがイギリスの不足技術者リストに入っています。

就労ビザを取りやすい資格を持っていると、企業も安心して内定を出せるので、就職したい国で有利になる資格は取得しておきましょう。

下記の記事では海外就職に有利になる資格を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

海外就職を検討しようとしたとき、「海外で働くのに有利な資格はある?」「海外で取れる資格はある?」この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、海外で働くのに有利な資格と海外に移住して取得できる資格を解説します。[…]

関連記事

新卒で海外に就職を検討しようとしたとき、「新卒が海外に就職する方法とは?」「新卒採用OKの求人や海外に行ける仕事を探す方法は?」この記事では、そんな悩みを抱えている新卒で海外就職希望者に向けて、海外に就職する方法を少[…]

新卒が海外に就職する方法とは?一年目から海外勤務したい新卒必見!

公用語の言語を知る

公用語の言語を知る

公用語の言語を知り、業務で必要なレベルを目指して勉強しましょう。なぜなら、海外就職後、仕事や生活でのコミュニケーションで公用語が必要になるためです。

例えば、タイの首都バンコクでは英語も通じますが、タイ人全員が英語を話せるわけではありません。

タイ人が顧客である場合、取引に多少タイ語が必要な可能性もあります。また、現地で買い物や外食する時にタイ語がある程度理解できるとストレスなく生活できるでしょう。

公用語の言語を調べ、語学力を可能な限り高めておくと、仕事も含め充実した現地生活を送れます。

海外就職でおすすめの国をランキング形式で紹介

海外で働くことを考えるとき、どの国で就職すべきか迷う方もいるでしょう。

そこで、海外就職でおすすめの国をランキング形式で紹介します。

1位、アメリカ〜英語圏かつ英語が公用語〜

1位、アメリカ〜英語圏かつ英語が公用語〜

語学力を磨き、高いビジネススキルを身につけたい方にはアメリカがおすすめです。

なぜなら、アメリカは能力の高いグローバル人材が集まり、専門性の高いスキルとネイティブレベルの英語が必要になるためです。

例えば、アメリカでは各産業で世界最先端の技術を誇っており、シリコンバレーではIT産業、金融はニューヨーク、貿易・物流は南カルフォルニアで発展しています。

レベルの高い技術やノウハウを習得するには相当の語学力も必要となり、海外就職で自分の可能性にチャレンジしたい方には最適の国と言えます。

就労ビザの情報

海外就職のなかでも、アメリカの就労ビザの取得は難易度が高いと言われています。

アメリカの就労ビザ取得条件は以下の通りです。

  • 専門職に就くこと
  • 4年制大学以上の学位、または相当の実務経験を持っていること
  • 申請職種に関連した大学の学位か実務経験を持っていること
  • 労働市場の平均以上の給料を得ること

2位、タイ〜日系企業が多い〜

2位、タイ〜日系企業が多い〜

東南アジアのなかでは、タイが海外就職先としておすすめです。

なぜなら、日系企業が多く、日本人雇用がたくさんあるためです。

例えば、タイにある日系企業は5,856社あり、商社、コンサルタント、自動車や電気部品、食品業界などさまざまな企業が進出しています。

日系企業が多い分、日本人コミュニティも広く、物価も安いので、大きなストレスを感じず現地生活を楽しめることもタイ就職の魅力です。

就労ビザの情報

タイで働くためには就労ビザと就労許可証の取得が必要です。

渡航前に就労ビザを取得すると、90日間の滞在が認められます。

主に就労ビザと労働許可証に必要な書類はそれぞれ以下の通りです。

就労ビザ

  • ビザ申請書
  • パスポート
  • 航空券や予約の確認書
  • 経歴書(英文)
  • 雇用主からの推薦状(英文)など

労働許可証

  • パスポート
  • 雇用、職歴書
  • 卒業証明書(英文)
  • タイ人医師からの健康診断書
  • 雇用先の業務内容の説明
  • 予定給与 など
  • 労働許可証を取得すると、就労ビザの滞在期間が1年に切り替わります。

3位、ベトナム〜日本人も生活しやすい〜

3位、ベトナム〜日本人も生活しやすい〜

海外就職の難易度をできる限り下げ、現地生活を楽しみたい方にはベトナムが最適と言えます。

なぜなら、ベトナムは東南アジアのなかで日系企業数がタイの次に多く、親日国家でもあるためです。例えば、チャイナ・プラス・ワンという生産拠点の分散を目的に、ベトナムに生産拠点を持つ日系企業が増加しています。

さらに、ITのオフショア開発拠点としても注目されており、急速に発展している国です。

ベトナムの日系企業で働く場合、日本語を学ぶベトナム人も増えているため、それほど高い英語力は必要ありません。

日本人と親日家現地人との距離は近く、物価も低いため、日本人にとって生活しやすい環境が整っています。

就労ビザの情報

ベトナムの就労ビザ発行条件は、4年制大学卒か、5年以上の実務経験です。しかし、この要件を満たしていなくてもビザを取得できる場合もあります。

また、ベトナムで働くためには就労ビザだけでなく、労働許可証も必要です。

4位、オーストラリア〜ワーホリにおすすめ〜

ワーキングホリデーを利用して働きたい方にはオーストラリアがおすすめです。

なぜなら、オーストラリアはワーキングホリデー提携国のなかでも労働者が手厚く保護されているためです。

例えば、最低賃金は2021年現在、時給$24.36(約1,900円)となっており、残業や休日出勤すると1.5〜2倍の手当が付きます。

また、定時になったら帰る人も多いので、充実したプライベートの時間も確保できるでしょう。

オーストラリアは物価が高いデメリットはありますが、ワーキングホリデーでワークライフバランスが取れた生活を送りたい方に最適な国と言えます。

就労ビザの情報

オーストラリアの就労ビザにはいくつか種類がありますが、最も一般的なビザはTSSビザと呼ばれるものです。

国内の失業率低下を受けて、2018年から外国人労働者のビザ取得条件が厳しくなりました。

TSSビザの取得要件は以下の通りです。

  • 雇用主の審査、職種の審査、就労者の審査を通過すること
  • 企業からのビザサポート
  • フルタイムの正社員として働くこと
  • 許可を得た職種のみの就労

ちなみに、ワーキングホリデーは就労ビザよりも簡単に取得できます。

オーストラリアのワーキングホリデーの取得要件は以下の通りです。

  • 申請時に18〜30歳であること
  • 扶養家族の子どもは同伴しないこと
  • 十分な滞在資金を持つことの証明
  • 健康診断証明(不要な場合もある)

5位、マレーシア〜住みたい国13年連続1位〜

5位、マレーシア〜住みたい国13年連続1位〜

日本人に人気で、生活しやすい国に就職したい方は、マレーシアがおすすめです。これは、マレーシアの物価は安く、外国人にとって住みやすい環境が整っているためです。

例えば、マレーシアの物価は日本の約1/3と言われており、生活コストを抑えられます。

また、東南アジアのなかでもインフラ整備が整っており、住みたい国13年連続1位になっています。

マレーシア政府は外資企業誘致に力を入れており、今後進出する日系企業の増加も期待でき、ますます日本人にとって住みやすい国となっていくでしょう。

就労ビザの情報

マレーシアの就労ビザは、学歴や社会人経験、関連経験年数によって判断されます。

  • 4年制大学卒業+社会人経験3年以上の就職先に関連する業務経験年数
  • 専門学校、短期大学卒業+社会人経験5〜7年以上の就職先に関連する業務経験年数
  • 高校卒業+社会人経験7〜10年以上の就職先に関連する業務経験年数

マレーシア就職には経験が必須なので、あなたのキャリアに合わせて就職先を選ぶ必要があります。

アジアで一番おすすめの国は「タイ(バンコク)」

アジアで一番おすすめの国は「タイ(バンコク)」

アジアで1番おすすめの国はタイと言えます。

なぜなら、就労ビザが取りやすく、就職のハードルが低いことと、生活レベルを上げられるためです。

例えば、タイの就労ビザには就職先の内定が必要ですが、日系企業の多いタイでは、日本人の内定は比較的取りやすいと言えます。

また、物価も日本の約1/3であり、都心でも5万円〜10万円あればジムやプール、庭園付きの家を借りられます。

日本人ならタイ就職は比較的簡単に実現でき、日本で生活するよりも少し豪華な生活を送ることも可能です。

海外求人が多い海外就職におすすめの転職エージェント・転職サイト

海外就職先を探すとき、転職エージェントへの登録や、転職サイトをチェックすることがおすすめです。

そこで、海外求人が多いおすすめの転職エージェントや転職サイトについて解説します。

リクルートエージェント(RGF)


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年10月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


Samurai Job
・グローバル、外資系、ハイクラスに特化
・海外駐在の海外就職からバイリンガルまで対応
・求人数が20,000件を超える

イギリスを拠点とした11か国で40年以上も日系企業の海外進出をサポートし続ける「Samurai Job(サムライジョブ)」は、海外案件に強い転職エージェントです。

年間約8万5,000人がSamurai Jobの転職サポートに登録し、コンサルタントを受けています。

そのため、今まで約43万人もの海外転職希望者をサポートをしてきた実績があり、非公開求人も多いのでまずは登録をしてコンサルタントと打ち合わせをすることが大切です。

コンサルタントが希望や目的にあった最適なポジションを見つけられるでしょう。

\ 駐在で働きたい人にオススメ /

いますぐ無料登録する!

海外でおすすめの職種

海外就職について調べていると、どんな職種に就けばいいか疑問に思う方もいるでしょう。

そこで、海外でおすすめの職種について解説します。

駐在員

駐在員

海外で安定して働きたい方には駐在員がおすすめです。なぜなら、日本の給料を維持でき、経済的に余裕を持って働けるためです。

例えば、駐在員は現地採用とは違い、派遣元の日本企業があなたの給料を支払います。

さらに、海外赴任手当やハードシップ手当など、駐在員特有の手当が付くので、日本で働いていた頃よりも駐在員になるほうが高収入になる場合がほとんどです。

派遣先や時期を選べないデメリットはありますが、現地情報に詳しくなったり、グローバル感覚を身につけられたり、今後のキャリアで有利になる能力を身に付けられるでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニア

海外就職しやすい職種としてITエンジニアも挙げられます。これは、プログラミング言語は世界共通であるためです。

例えば、ITエンジニアとしての技術やコミュニケーションを取れる語学力さえあれば、どの国で就職しても即戦力として活躍できるでしょう。

世界的にITエンジニアの需要は高まっているので、就職先を見つけやすいITエンジニアはおすすめの職種と言えます。

コールセンター

コールセンター

語学力に自信がない、未経験の仕事にチャレンジしたい方は、コールセンターがおすすめです。

なぜなら、コールセンターには語学力不要の求人もあり、マニュアルが完備されているので未経験でも働きやすいためです。

例えば、タイやフィリピン、マレーシアでは日本語対応のみのコールセンターの求人が掲載されています。

キャリアアップを目指す場合は外資系企業のコールセンターへの転職もでき、海外就職で最初のステップとしてコールセンターは最適と言えます。

飲食レストラン

飲食レストラン

飲食レストラン勤務も日本人にとって海外就職しやすい職種と言えます。

これは、近年世界中で日本食人気が高まっており、日本食レストランが増えているためです。

例えば、2012年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、フランスやアメリカ、タイ、シンガポールでも日本食レストランが人気になっています。

日本食だけに限らず、日本のおもてなし文化や調理技術はどの国でも重宝されるので、飲食レストランは海外でおすすめの職種です。

日本語教師

日本語教師

日本語教師としての海外就職もおすすめです。なぜなら、日本語需要が高まっている国が多くなっているためです。

例えば、ベトナムやフィリピン、タイでは進出する日系企業の増加に伴って、日本語学習者が増えています。

また、日本に働きにくる東南アジアの方も増えており、今後ますます日本語教師の需要が高まるでしょう。

現地教師だけでは高いレベルの日本語教育は難しいため、ネイティブの日本語教師は東南アジアで重宝されると言えます。

通訳・翻訳

通訳・翻訳

語学が堪能な方は通訳・翻訳の仕事を検討すると良いでしょう。

なぜなら、英語や他言語でコミュニケーションを取れる方は日本企業ではまだまだ少ないためです。

例えば、会議通訳やメール翻訳、ビジネス通訳として能力を持っていると現地で就職しやすいと言えます。

また、観光通訳も日本人観光客の多い地域では重宝されます。

現地語と日本語の能力に長けており、現地のビジネスマナーや労働文化に詳しいと海外で通訳・翻訳として就職するときに大きな武器になるでしょう。

貿易関係

貿易関係

日本で社会人経験があり、英語力に自信のある方なら、海外での貿易関係の仕事もおすすめです。

なぜなら、貿易関係の仕事は輸出入業務、日本との取引、買い付けなど、幅広い業務に関わるためです。

例えば、日本から買い付けに来たバイヤーと現地展示会や生産現場との通訳や、交渉、契約書の翻訳などを行うこともあります。

日本のビジネスマナーと英語力があれば、海外で貿易関係の仕事に就くと活躍できるでしょう。

美容師

美容師

海外で働くなら美容師もおすすめです。

なぜなら、海外移住した日本人やアジア人の間で、日本人美容師の需要が高いためです。

例えば、欧米人に比べるとアジア人の髪は太く、毛量が多い特徴があり、現地の美容師ではアジア人の髪をうまくカットできない場合があります。

アジア人の髪に慣れており、技術力も評判がある日本人美容師を選ぶ日本人やアジア人もたくさんいます。

海外就職すると日本よりも美容室の営業時間が短く、プライベートも楽しめる可能性が高いので、美容師の海外就職はおすすめと言えます。

日本人向け不動産

日本人向け不動産

日本人向けの不動産も海外就職にはおすすめの職種です。

なぜなら、日本人の海外不動産の需要は高く、今後も伸び続ける可能性が高いためです。

例えば、東南アジア諸国では日系企業の進出が増加しており、オフィスや社員の住宅を確保するために現地の日本人向け不動産を頼る機会が増えています。

現在、マレーシアやミャンマーはオフィスビルやコンドミニアムの建設ラッシュとなっており、不動産の需要も増え続けるでしょう。

物価の安い東南アジアでは、高級物件を取り扱う場合もあり、海外就職なら日本の不動産ではできない経験を積める可能性も高いと言えます。

まとめ|海外就職におすすめの国はアメリカ

まとめ|海外就職におすすめの国はアメリカ

海外就職するなら、高い語学力とビジネス経験を得られるアメリカがおすすめです。

ビザの取りやすさやあなたのキャリア、現地情報を入念に調べ、就職したい国や職種を選びましょう。

希望条件が絞れたら、転職エージェントに登録し、着実に海外就職の計画を進めてください。

CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録