エンジニアが海外転職する方法とおすすめの転職エージェントを紹介

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、

エンジニアが海外転職する方法は?

エンジニアの海外転職におすすめの転職エージェントは?

この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転職希望者に向けて、エンジニアが海外転職する方法を解説します。

最後まで読むことで、あなたも海外に転職できるチャンスがあることがわかるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

関連記事

海外に就職を検討しようとしたとき、「海外就職におすすめの転職エージェントは?」この記事では、そんな悩みを抱えている海外就職希望者に向けて、海外就職におすすめの転職エージェントを解説します。最後まで読むことで、あなたも[…]

海外就職・海外求人におすすめの転職エージェント8選
関連記事

海外に転職を検討しようとしたとき、「海外転職におすすめの転職サイト(求人サイト)は?」この記事では、そんな悩みを抱えている海外転職希望者に向けて、海外転職におすすめの転職サイトランキングを解説します。最後まで読むこと[…]

海外転職におすすめの転職サイトランキング&求人サイトTOP11
目次

エンジニアが海外転職する方法

エンジニアが海外転職する方法

エンジニアの転職は、海外就職のなかでも比較的成功率が高いと言われています。

海外でのスキルアップや、海外勤務で生活レベルを向上するなど、自分の目的に合った海外就職が実現しやすいでしょう。

それでは、エンジニアが海外転職する方法について解説します。

海外でエンジニアは需要がある?

近年、海外でエンジニアの需要は高いと言えます。

なぜなら、世界中でITエンジニアが慢性的に不足しているためです。

例えば、アメリカやフィリピン、ベトナム、シンガポールでは急速なIT化に伴って、エンジニアの需要が急速に高まっています。

エンジニアの海外転職ではIT人材が不足している国を狙って転職すると良いでしょう。

海外のITエンジニアの年収はいくら?

海外のITエンジニアの年収は国によって異なります。

これは、国全体の平均年収や、エンジニアの地位が国によって違うためです。

例えば、ヒューマンリソシア株式会社のレポートによると、IT技術者の年収ランキングは1位からスイス、アメリカ、イスラエルになっています。

  1. スイス(92,500USドル、約1026万円)
  2. アメリカ(83,389USドル、約925万円)
  3. イスラエル(79,511USドル、約882万円)

海外就職を考えるなら、自分の目的や経験、英語力に加えて、年収も考慮して転職する国を選ぶといいでしょう。

エンジニアが海外で働く方法

エンジニアが海外で働く方法

エンジニアとして海外で働くことを考えるとき、具体的にどんな方法があるか疑問に思う方もいるでしょう。

そこで、エンジニアが海外で働く方法について解説します。

転職エージェントに登録する

エンジニアとして海外転職を目指すなら、まずは転職エージェントへの登録がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントでは自分のスキルや経験、英語力、希望する仕事内容に合わせて応募できる求人を紹介してもらえるためです。

例えば、応募できる求人を探すには時間がかかり、見つけられる求人も限られていますが、転職エージェントでは非公開求人を保持しているので、応募できる求人の幅が広がるでしょう。

転職エージェントを利用し、求人を紹介してもらえると、応募のための履歴書作成や面接対策により多くの時間を効率的に使えるでしょう。

日系企業の海外支社に就職する(駐在)

海外転職して、安定した生活を送りたい方は、日系企業の駐在員として海外支店に就職することがおすすめです。

なぜなら、駐在になると、得られる手当が充実しているためです。

例えば、海外勤務手当やハードシップ手当、住宅手当などが付き、日本で働く給与よりも1.5〜2倍になる駐在員もいます。

派遣される国や時期は自分で選べないデメリットもありますが、日系企業の海外支店に就職すると経済的に余裕を持って現地で生活できるでしょう。

海外の現地で就職する(現地採用)

海外の現地で就職する現地採用は比較的自由度が高いと言えます。

なぜなら、働きたい国や企業、転職する時期を自分で選べるためです。

例えば、2021年12月現在、ベトナムやフィリピン、タイでの求人が募集されています。

さらに、仕事内容や条件もさまざまで、ブリッジSEや開発プロジェクトマネージャー、IT講師、英語力不問などの求人が掲載されていました。

現地採用では転職先が現地企業か日系企業かによって求められるスキルや経験、英語力が違うので、自分に合った就職先を自由に選べるでしょう。

エンジニアが海外転職するメリット

エンジニアが海外転職するメリット

エンジニアは海外でも特殊なスキルとして認識されており、海外転職すると得られるメリットは大きいと言えます。

そこで、エンジニアが海外転職するメリットについて解説します。

プログラミング言語は世界共通言語

ITエンジニアの海外就職するメリットは、プログラミング言語が世界共通言語であることです。

なぜなら、日本で得たスキルをそのまま海外で活かせるためです。

例えば、JavaやPHP、Swift、Rubyなどのプログラミング言語は、世界各国で使われています。

会社によって必要な言語が違うので、開発経験のあるプログラミング言語を活かせる転職先を選ぶと良いでしょう。

グローバル人材としてステータスが向上する

エンジニアとして海外転職するメリットに、グローバル人材としてステータスが向上することも挙げられます。

なぜなら、現地で培った海外経験は帰国後日系企業で就職するときに大きなアドバンテージになるためです。

例えば、海外との取引がある日系企業の場合、現地の労働文化を理解し、高度なコミュニケーションを取れる人材は重宝されるでしょう。

将来的に帰国し、再就職を目指すなら、グローバル人材として向上したステータスを武器にすると就職しやすくなります。

エンジニアが海外転職するデメリット

エンジニアが海外転職するデメリット

 

メリットだけでなくデメリットも知ることで、リスクやトラブルに備えられます。

そこで、エンジニアが海外転職するデメリットについて解説します。

コミュニケーションが難しい

ITエンジニアの海外転職では、コミュニケーションが難しいことがデメリットになります。

なぜなら、仕事を進める上で現地語の理解が必要になるためです。

例えば、コミュニケーションが取れなければプロジェクト内容や業務上の連絡が理解できないでしょう。

つまり、日本で培ったプログラミングスキルを活かすにはコミュニケーションを取るための語学力は必須と言えます。

自分の意見を明確に主張する方が多い海外では、それに対応できる英語力や現地語力がなければミュニケーションが難しくなる可能性があります。

現地の治安や文化が異なる

現地の治安や文化が日本とは異なることもデメリットと言えます。

なぜなら、現地生活で感じるストレスが大きくなるためです。

例えば、海外転職に成功しても、現地の治安に不安があったり、労働文化が違いすぎたりすると、仕事で力を発揮できない可能性があります。

また、治安や文化の違いから精神的に追い詰められ、体調を崩してしまうと、帰国せざるを得なくなります。
海外転職では現地の治安や文化は転職前に入念に調べ、対策を練る必要があります。

現地エンジニアのレベルが日本より高い

現地エンジニアレベルが日本より高いこともデメリットになる可能性があります。

これは、海外転職の難易度が高くなることと、転職できても業績を上げられない場合があるためです。

例えば、現地採用で転職する場合、就労ビザを取得しますが、取得には企業からの内定が必要です。

このとき、現地エンジニアのレベルが高すぎると、日本で培った経験だけでは内定が取れず、転職が難しくなります。

また、海外では成果主義の国も多く、転職できても現地のレベルに追いつけないとリストラされる可能性も高くなるでしょう。

現地エンジニアのレベルが高いと転職しにくい場合があるので、日本で事前にITスキルを上げる必要があります。

未経験のエンジニアで海外転職はできる?

未経験のエンジニアで海外転職はできる?

海外にはエンジニアの求人が多く、他業種からのエンジニア転職を考える方もいるでしょう。

結論から言うと、未経験でエンジニアの海外転職は難しいと言えます。

そこで、未経験の海外転職について解説します。

未経験で海外転職できる求人は見つかりづらい

改めてですが、エンジニアに限らず未経験で海外転職できる求人は見つかりづらいと言えます。

なぜなら、海外は転職社会である国が多く、経験のある職種で転職を重ね、専門性を高めるためです。

例えば、イギリスやアメリカでは、経験のない新卒では就職先が見つかりにくく、学生のうちからインターンシップを利用して実務経験を積みます。

つまり、未経験でエンジニアとして海外転職したい場合は、転職前に現地のプログラミングコースや学位を修了し、在学中にインターン経験を積むことが近道と言えます。

在学中にエンジニア就職のコネクションを得ると未経験でも転職しやすくなるでしょう。

エンジニアが海外転職するコツ

エンジニアが海外転職するコツ

エンジニアは海外転職しやすいとは言え、ITスキルがあれば誰でも転職できるわけではありません。

少しでも海外転職できる可能性を高めるための努力が必要です。

そこで、エンジニアが海外転職するコツについて解説します。

ビジネスレベルの英語力が必要

エンジニアとして海外転職するなら、ビジネスレベルの英語力が必要です。

なぜなら、コードを書くだけがITエンジニアの仕事ではないためです。

例えば、効率的にコードを書けるスキルがあっても、チーム内でのコニュニケーションやクライアントとの打ち合わせができなくては業務に支障が出るでしょう。

特に、クライアントとの打ち合わせが仕事内容にある場合は、ビジネスレベルの英語力がなければ会社の信用にも関わります。

海外転職を考えるなら、まずは仕事内容に関連した英単語から学び、ビジネスで通用する英語力を身につけましょう。

日本で実績を蓄積する

日本で実績を蓄積することも重要です。

なぜなら、蓄積した実績があれば応募できる求人の幅が広がるためです。

例えば、モバイルアプリの開発なら、JavaやKotlinなどアドロイドアプリ開発言語だけでなく、IOSアプリ開発に必要なSwiftも習得していると、より多くの企業に応募できるでしょう。

実務経験だけでなく、個人的な開発もポートフォリオなどにまとめると実績として評価される可能性が高いので事前に準備するといいでしょう。

エンジニアが海外転職するときの注意点

エンジニアが海外転職するときの注意点

海外転職する場合、日本での転職活動と異なる点があるので、事前の情報収集が大切です。

そこで、エンジニアが海外転職する時の注意点について解説します。

就労ビザの取得が難しい国がある

海外転職では就労ビザの取得が難しい国があるので注意しましょう。

なぜなら、海外転職で就労ビザの取得は最も重要であるためです。

例えば、アメリカで一般的な就労ビザであるH-B1ビザは世界的にも取得が難しいビザとして知られています。

H-B1ビザの取得には、転職先に関連した学位があることや内定先のビザサポート、実務経験が必ず必要な上に、近年審査が厳しくなっています。

転職したい国の就労ビザの取得条件を細部まで確認し、入念に準備するか、就労ビザを取りやすい国を選ぶ必要があるでしょう。

現地の国の給与になるので収入が低くなる可能性がある

現地採用で転職すると、得られる給与が低くなる可能性があります。

これは、世界的に見て日本の給与水準が比較的高いためです。

例えば、OECD(経済協力開発機構)の平均年収ランキングでは、日本は24位になっています。

上位は欧米諸国が占めており、海外転職先として人気の東南アジア諸国と比べると日本は高水準と言えます。

しかし、給与が低い分、物価も低い東南アジアの国も多いので、給与が低くなることが一概にデメリットになる訳ではありません。

現地で期待できる給与と物価を調べ、収支バランスが取れる国を転職先として選ぶことが必要と言えます。

エンジニアが海外転職する流れ

エンジニアが海外転職する流れ

エンジニアとして海外転職を考えるとき、どのようなステップを踏む必要があるか疑問に思う方もいるでしょう。

そこで、エンジニアが海外転職する流れについて解説します。

転職エージェントに公式サイトから登録する

海外転職を考えるなら、まず転職エージェントに公式サイトから登録しましょう。

これは、転職サイトなら効率的に仕事探しを進められるためです。

例えば、転職エージェントなら、スキルや経験、現在の給与に合わせた求人を紹介してもらえます。

また、非公開求人を取り扱っていたり、キャリアコンサルティングが受けられたりするので、転職エージェントのサービスを最大限に利用することが大切です。

転職エージェントを利用すれば、仕事探しから選考まで手配してもらえるので、スキルや英語力アップにより多くの時間を使えるでしょう。

英文レジュメ(履歴書)や職務経歴書を用意する

転職エージェントへ登録した後は、英文レジュメや職務経歴書を用意しましょう。

なぜなら、英文レジュメや職務経歴書は選考で最初に必要になる書類であり、慣れない間は作成に時間がかかるためです。

例えば、日本の履歴書は学歴を先に記入しますが、英文レジュメでは先に職歴を新しい順に記入します。

取得資格や卒業大学の英語名なども調べる必要があり、英文レジュメと職務経歴書の作成は早めに着手することが大切です。

作成がわからない人は転職エージェントにサポートしてもらおう

英文レジュメや職務経歴書の作成が分からない方は、転職エージェントにサポートしてもらってください。

なぜなら、転職エージェントは履歴書添削サービスも行っているためです。

例えば、謙虚になりすぎない英語の言い回しや、より伝わりやすい表現など、企業の印象に残る履歴書の作成に尽力してくれるでしょう。

客観的な視点でアドバイスももらえるので、自分で解決できない箇所は転職エージェントに添削を頼むことがおすすめです。

面接する(WEBのオンライン面接もあり)

英文レジュメや職務経歴書を送った後は、面接を受けます。

近年、現地に渡航しなくてもWEBのオンライン面接をしてくれる会社もあるので積極的に利用するといいでしょう。

また、面接を受ける前に、転職エージェントで面接対策を受けてください。

なぜなら、面接対策で質問に慣れたり、海外の面接の雰囲気を掴んだりしておくと、本番でも落ち着いて自分をアピールできるためです。

例えば、利用する転職エージェントに過去内定者がいる場合、質問内容を予測し、事前に回答を準備できるでしょう。

面接を通過するためにも、転職エージェントで面接対策を受けると、より効果的に自分をアピールできる可能性が高まります。

内定後、給料交渉

内定が出たら、必ず給与交渉しましょう。

なぜなら、入社前が最も交渉しやすい時期であるためです。

例えば、入社後に給与交渉する場合、業績を上げ、昇給に値することを証明する必要があります。

日本人は給与交渉に慣れておらず、働き始めてからでは言い出せない可能性も高いので、内定後のタイミングが最適と言えます。

また、転職エージェントを利用した場合、あなたに代わって入社前に給与交渉してくれます。

転職エージェントを利用でき、1番交渉しやすいタイミングである内定後に給与交渉することが大切です。

IT系エンジニア求人を探すのにおすすめ転職サイト

海外IT系エンジニアの仕事探しに、どの転職サイトを利用すればいいか疑問に思う方もいるでしょう。

そこで、IT系エンジニア求人を探すのにおすすめの転職サイトについて解説します。

ITの求人が多い「リクルートエージェント」


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

リモートワークの求人もある「doda」


doda
・英語、中国語を活かせる仕事が豊富
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年9月)


doda」は、CMなどでも放映していることから知名度が急上昇している転職エージェントです。

転職エージェントですが、コンサルタントの力を借りることなく、自分で転職活動を進めたい方は、転職サイトとしても活用できます。

つまり、コンサルタントをつけるつけないなど選択をすることができる珍しい転職サービスです。

若い世代に人気で、年収査定を無料で行えるので、ぜひ試してみてください。

\ 知名度は抜群 /

いますぐ無料登録する!

海外/ITエンジニア求人もある「リクナビNEXT」


リクナビNEXT
・海外勤務のカスタマーサポート求人あり
・英語不問、語学不問の求人にすぐ応募できる
・海外勤務の未経験エンジニア求人がある


リクナビNEXT」は、転職者の8割以上が利用している定番の転職サイトです。

大手人材企業であるリクルートが運営しており、求人情報は週に2回、水曜日と金曜日に更新されます。

また、リクナビNEXTには企業からオファーが届くスカウト機能があります。

スカウト機能とは、職務経歴や希望条件を匿名で登録することで、経歴に興味をもった企業や転職エージェントから求職者に直接オファーが届くたいへん便利な機能です。

サイト上には掲載されていない非公開求人のオファーが届くこともあるので、ぜひスカウト機能を利用しましょう。

そのほかにも、リクナビNEXTには転職サービスのリクルートエージェントにも同時登録できるので、仕事を探す幅が広がるといえます。

\ 登録するだけでスカウトが届く /

いますぐ無料登録する!

エンジニアがアメリカに転職するならリクルートエージェントがおすすめ

関連記事

アメリカで就職するにあたって、転職エージェントに登録したいと思ったときに、「アメリカの就職では、どの転職エージェントに登録したらいいんだろう…」「登録不要でアメリカ求人をチェックできる転職サービスはあるの?」この記事では[…]

まとめ|エンジニアが海外転職するなら転職エージェント

エンジニアが海外転職するなら、仕事探しから面接対策まで行ってくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

実績の蓄積や英語力向上と並行して転職エージェントを利用すると、海外転職の成功率をより高められるでしょう。

エンジニアは海外転職しやすい職業でもあるので、まずは登録・相談し、夢の海外就職を実現させてください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録