海外転職にかかる初期費用は国によって変わる!転職方法や未経験でも可能か解説

海外転職をしようと考えている人の中には

海外転職ってどれくらいの初期費用がかかるの?

安く抑えるコツは?

未経験でも海外転職ってできる?

こんな悩みを抱えている人はいませんか?

この記事では、海外転職を行う際に実際に掛かる費用について詳しく解説しています。

一読することで、具体的な転職費用だけでなく、転職方法についても学ぶことが可能です。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

海外転職の初期費用は100万円は欲しい

海外転職を考えるとき、初期費用がどれほどかかるか疑問に思うはずです。

地域にもよりますが、転職前に100万円貯めておくと安心と言えます。

それでは、海外転職にかかる費用について解説します。

海外転職にかかる主な費用は渡航費や1ヶ月分の生活費

海外転職にかかる主な費用は渡航費や1ヶ月分の生活費と言えます。

なぜなら、入社前に生活を整える必要があるためです。

例えば、1ヶ月分の生活費には食費や交通費、生活用品などの費用が含まれます。

転職する地域や就職先企業のサポートによって必要な金額は異なるので、入念に情報収集することが大切です。

アジアなら最低35万円!北米は100万円は欲しい

海外転職の初期費用はアジアなら最低35万円、北米なら100万円は用意しておきましょう。

なぜなら、渡航費や1ヶ月分の生活費の他にも、ホテル滞在費やビザ申請料、引っ越し費用がかかるためです。

例えば、アジアと北米、それぞれ海外転職にかかる費用の例は以下の通りです。

アジアの場合

就労ビザ関係費用1万〜2万5,000円
片道航空券3万〜5万円
ホテル滞在費(2週間)約6万円〜
引っ越し代(船便)10万円〜
家賃+敷金約5万円〜+家賃1〜2ヶ月分
1ヶ月の生活費約10万円〜

北米の場合

就労ビザ関係費用1万〜2万5,000円
ビザ取得サポート費(エージェントなど)約30万円
片道航空券約10万円〜
ホテル滞在費(2週間)約16万円〜
引っ越し代(船便)15万円〜
家賃+敷金約10万円〜+家賃1〜2ヶ月分
1ヶ月の生活費約15万円〜

駐在員か現地採用かによっても就職先企業のサポートが異なるので、入社前から入念にコミュニケーションを取って費用について確認しておきましょう。

海外転職の費用を安く抑えるコツは3つ

海外転職にかかる費用は決して安くはないと言えます。

抑えられる費用は低くし、経済的な余裕を持って海外生活をスタートできると現地で感じるストレスも減らせるでしょう。

そこで、海外転職の費用を安く抑えるコツ3つについて解説します。

シェアハウスにすれば家賃は抑えられる

物件を探すとき、シェアハウスを選ぶと家賃が抑えられます。

なぜなら、シェアハウスなら1つの物件の家賃を数人で割れるためです。

例えば、1人でマレーシアのコンドミニアムを借りる場合の相場は月約4万円〜5万9,000円ですが、シェアハウスでは約2万5,000円〜3万5,000円で済みます。

ルームメイトと現地情報も共有できるので、海外転職後、最初の物件は家賃を抑えられるシェアハウスがおすすめです。

渡航費は格安航空会社を選ぶ

渡航費は格安航空会社を選びましょう。

なぜなら、格安航空会社はサービスを最小限に止め、航空券の値段が比較的安く設定されているためです。

例えば、2021年11月現在、格安航空会社を利用してタイに行く場合、片道約2万円〜、大手航空会社を利用すると、安くても5万5,000円ほどかかります。

ただし、格安航空会社を選ぶと、到着時間が早朝か深夜になる場合も多いので、到着後のホテルまでの交通手段を確保しておくことが大切です。

海外就職の費用を可能な限り抑えたい方は、格安航空会社の利用を検討してください。

転職先を物価が安い地域にする

転職先を物価が安い地域にすることもおすすめです。

なぜなら、国や地域によって物価も大きく異なるためです。

例えば、東南アジアの国々は比較的物価が低く、ベトナムやマレーシアの物価は日本の約1/3、中国なら約1/2とも言われています。

転職先の物価が安ければ、海外転職するときだけでなく、転職後も生活費を抑えて暮らすことも可能です。

海外転職は現地の企業を目指す場合は未経験は難しい

海外就職を目指して現地の企業に転職したい場合、未経験では難しいと言えます。

これは、海外の企業は即戦力を求めているためです。

それでは、海外転職で必要な専門性やスキルについて解説します。

海外転職に専門性やスキルは必要

海外転職には専門性やスキルが必要です。

なぜなら、海外企業の採用基準は会社に利益をもたらす人材であるかという点が重視されるためです。

例えば、面接では志望理由や熱意、ポテンシャルよりも、持っている経験や資格、実績を重点的に質問されます。

もちろん、海外企業でも社風に合っているかなどの人柄についても多少は考慮されますが、専門性やスキルが最重要と言えます。

海外転職を未経験でする方法は日系企業や現地採用を目指す

海外就職では経験やスキルが重視されるとは言え、未経験では転職できる可能性が全くない訳ではありません。

しかし、事前に未経験でも転職できる可能性を高めておくことが重要です。

そこで、未経験でも海外転職を目指す方法について解説します。

未経験で日系企業に入り駐在員を目指す

未経験ならまずは日系企業に転職し、駐在員を目指すことがおすすめです。

なぜなら、駐在員なら日本である程度経験を積んだ後に、好待遇で海外転職できる可能性があるためです。

例えば、駐在員になれた場合、海外勤務手当や住宅補助などの福利厚生も整っており、日本水準の給料を得られます。

ただし、駐在員は派遣先や時期を選べないので、普段から希望する地域や国をアピールし、実績を残すことが大切です。

未経験でもまずは日系企業に転職して駐在員を目指せば、日本で経験を積めるので、自信を持って海外で活躍できるでしょう。

語学に自信があれば海外の現地採用を目指す

語学に自信があれば海外の現地採用を目指せます。

なぜなら、未経験でも高い語学力があれば、面接で今までの経験をどう応募先企業に貢献できるかアピールできるためです。

例えば、接客業から営業への転職なら、コミュニケーション能力を活かして、現地語や英語で商品やサービスの魅力を伝え、業績を上げられるとアピールできるでしょう。

また、高い語学力があれば社内のコミュニケーションもスムーズに取れ、円滑に業務を進められます

未経験でも語学力を活かして面接で正しくアピールできれば、海外転職できる可能性は比較的高いと言えます。

海外転職を目指すなら転職エージェントの利用もおすすめ

海外転職を目指すなら転職エージェントの利用もおすすめです。

なぜなら、転職エージェントではあなたのキャリアや希望に合わせて海外就職先を紹介してもらえるためです。

例えば、未経験でもこれまで日本で培った経験や資格を考慮して、希望する国の企業を紹介してもらえるでしょう。

さらに、面接対策や履歴書添削を行ってくれる転職エージェントもたくさんあり、入社まで丁寧なサポートを受けられます。

未経験での海外転職が不安な方は、まずは転職エージェントに登録・相談してみましょう。

海外転職におすすめの転職エージェント3選

海外転職を考え、転職エージェントの利用を検討するとき、たくさんあるのでどのエージェントに登録すべきか悩む方もいるはずです。

そこで、海外転職におすすめの転職エージェント3選について解説します。

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年10月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

doda


doda
・英語、中国語を活かせる仕事が豊富
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年9月)


doda」は、CMなどでも放映していることから知名度が急上昇している転職エージェントです。

転職エージェントですが、コンサルタントの力を借りることなく、自分で転職活動を進めたい方は、転職サイトとしても活用できます。

つまり、コンサルタントをつけるつけないなど選択をすることができる珍しい転職サービスです。

若い世代に人気で、年収査定を無料で行えるので、ぜひ試してみてください。

\ 知名度は抜群 /

いますぐ無料登録する!

2021年11月現在、dodaにある公開海外求人は366件あります。

dodaは特にアジア求人に力を入れているので、アジア転職を目指す方にはおすすめと言えます。

海外転職がしやすい職種は技術職や日本語が必要な職種

海外転職を目指すとき、日本語ネイティブであることやスキルを活かすことも大切です。

そこで、海外転職しやすい職種について解説します。

エンジニア

エンジニアとしての海外転職は比較的成功率が高いと言えます。

なぜなら、IT技術者は世界各国で不足しており、エンジニアの需要が高いためです。

例えば、カンボジアやマレーシア、フィリピンでITエンジニアとして働く日本人も多く、高収入を得ています。

日本でエンジニアの経験があれば、アジアだけではなく、欧米転職も検討できるでしょう。

和食料理人

和食料理人も海外就職しやすい職業と言えます。

これは、世界中で和食ブームが到来しており、各国で求人が募集されているためです。

例えば、オーストラリアやアメリカ、シンガポールでは寿司職人や日本料理店で働く日本人がたくさんいます。

細かい衛生法や人気料理は国によって異なりますが、日本で和食料理人の経験があれば、大きなストレスは感じず対処できるでしょう。

日本人向けコールセンター

語学力に自信のない方は日本人向けコールセンターへの就職がおすすめです。

なぜなら、日本人向けコールセンターでは日本語ネイティブであることや日本のビジネススキルを身に付けていると重宝されるためです。

例えば、フィリピンやマレーシアではコールセンターのアウトソーシング拠点として日系企業が多数進出しています。

英語や現地語に自信がなくても、日本人向けコールセンターなら海外転職の可能性を広げられるでしょう。

日本語教師

海外転職では日本語教師もおすすめの職業です。

なぜなら、特にアジアでは日本語を学ぶ人が多く、日本語ネイティブ教師の需要が高いためです。

例えば、フィリピンやベトナム、中国では日本語学校や教室、家庭教師の求人が募集されています。

日本語教師になるためには日本語教育能力検定などの資格が必要な場合もあるので、募集要項を入念に確認することが大切です。

保育士

保育士も海外就職にはおすすめの職業と言えます。

これは、移民が多い国では現地語以外の言葉を使える保育士は重宝されるためです。

例えば、オーストラリアやニュージーランド、タイなど、在住日本人が多い地域では現地に住む日本人の子供向けの保育園や幼稚園もあります。

ただし、国によっては資格やライセンスが必要、または日本の保育士資格から1部しか書き換えができない場合もあるので、転職先の保育士資格の情報を集めることも大切です。

日本人が多い地域では日本人保育士は就職しやすいでしょう。

旅行業

海外転職では旅行業も比較的就職しやすいと言えます。

なぜなら、現地に来る日本人顧客の対応では日本のマナーを身に付けており、日本語でのコニュニケーションを取れることが重要であるためです。

例えば、日本人観光客に人気のグアムやハワイ、タイ、フィリピン、シンガポールなどで就職できるチャンスがあります。

日本人顧客の対応だけでなく、現地の宿泊や観光施設との連携も必要になる場合があるので、語学力も活かして海外で活躍できるでしょう。

留学エージェント

日本人をサポートし、語学力を活かしたい方は留学エージェントへの就職がおすすめです。

これは、留学エージェントでは現地学校の事務作業や日本から来る学生とのコミュニケーションが主な仕事であるためです。

例えば、事務作業にはインボイスの作成や入国後の送迎とホームステイ先の手配があり、学生サポート業務には学校紹介やカウンセリング、仕事紹介などがあります。

現地に来る日本人学生の手伝いや現地学校との連携など、さまざまな人と関わりたい方は留学エージェントへの転職がおすすめです。

まとめ|海外転職は費用が掛かる!転職エージェントに相談がおすすめ

海外転職には費用がかかるので、事前に計画を立てて準備しておくことが大切です。

自力で見つけられる海外就職求人は限られており、国によって転職活動の戦略も変わるので、まずは転職エージェントに登録し、希望条件と併せて相談してみましょう。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録